ヨーロッパ〜日本往復日記

2017-07-12 G20ハンブルグサミットで抵抗する市民

G20ハンブルグサミットでの市民の抵抗。

これは政治的圧力と市民の戦い。

https://www.facebook.com/pg/photojournalworld/photos/?tab=album&album_id=1441457082605467





長いものには巻かれろ精神を学ばされた人々には解らない。



90年代まで東西に別れていたドイツの人達はこの政治的な力の恐ろしさを骨身に染みて知っている。


それに屈しないと意思表示をする。

それでドイツ国内の政治的な動きは変わる。

ドイツ脱原発を市民の手で掴んだし、

各種権利も、外国人移民者や、社会的弱者にも行きと届いている。

有給休暇も5週間ある。(病気や怪我の時はまた他に休暇がもらえる)

口封じもない。



それでもヨーロッパ内の経済の牽引国だ。




一方、フランスは。。。。。。階級社会で、コネが一番大切で、口封じもあり、

移民が多く住むゲットーまがいの街で人々が鬱積している。それから銀行の力もものすごく強い。超クレジットカード社会

なので現金で払ったとしても品物には、税金クレジットカードの手数料がもともと入っている。なのでフランスの方がドイツよりずっと物価が高い。



パリとベルリンでは物価は倍近く違う。収入はフランスの方がちょっと多いだけ。

身近な働く人々の話を聞く限り、職種はそれぞれ違うのでなんとも言えないが、ブラック企業度はドイツよりフランスの方がずっと上。



一つ例に例えて言えば、私立の語学学校の先生たち、私立の語学学校の先生はドイツでは正式な有給休暇も5週間つく契約社員だ。(月150ユーロで 毎日4時間づつ勉強できる格安のドイツ語学学校。クラス人数13人から20人 それでも社員としての契約)



だがフランスではフランス語学学校(月235ユーロで毎日2時間の格安の私立学校、クラス人数20人から25人)に毎日働いていてもフリーランサーとしての契約しかない。なので有給休暇はない。長期休暇は無給になるらしい。

なので私が習った先生は毎日6時間授業をしていた。6時間の毎日の授業ってすごいよ。普通は4時間程度、なぜなら準備や宿題の添削やテストの添削は授業以外でやるから。



なのでそのドイツの先生は一クラス4時間しか受け持っていなかったし、フランスの先生は3クラス毎日掛け持ちで6時間だった。そのフランス人の先生に言わせれば、ほとんどの私立の語学学校はどこもフリーランサーとしの契約ばかりだという。








それから彼の義理の父、生まれも育ちもフランス人はずーと電気整備の技術者として働いていたが、1つの会社(電気の大会社の下請け)にずっと勤めてはいても、契約はフリーランサーとしての契約だった!!


なので年金は最低額の毎月900ユーロこれは、実は労働者としての最低金額に近いらしい。。。。かなり日本を上まってブラックだ。電気の整備士の技術者なのにーーー。実はこの義理の父は16歳くらいから働き始め、47年も働いてきたのに、ものすごくショック。定年をしても重くのしかかる税金があり、

何百ユーロも国にそこから支払っている。。。。。。


この彼の義理の父の状況は日本よりも悪い。フランスのブラック度は

中に入らないとわからないよー。




私はフランス社会を傍観しかしていないけど、社会の仕組みはかなり怖い。

私の彼も一度ひどい経験をした。ある大企業Gaum●nt のアニメ制作部門。例えば、月に10日分の契約をし、その分の給料しか出さず、実は

1ヶ月丸々かかる仕事を渡す。自宅でのアニメ制作なので、勤務時間表はない。




それで毎月の契約はたったの10日分。(5日掛ける2週間)だけど

仕事がたくさんあるので1ヶ月家で缶詰になって働いている。

で、その残りの日数はどうするの?会社は支払わずに、実は芸術家用特別の

失業保険で、その間失業しているということに書面上して、

残りの日数の給料(というか失業保険)を国に払わせているということ。



それで、会社が支払うのを抑えている。大きい企業だったので、採用された時

ネームヴァリューになっていいねーと話していたら

一番の大企業が一番やばい契約だった。そこはもう3回の契約(30日分)の給料を会社からもらい、

残りは失業保険で日々の生活を忍んだ。


待機時間もあり4ヶ月間(30x4 120日 労働日数は土日祝を抜いて85日ほど、この間はみっちり働いた。。。。

その85日働いた中で、正規の契約期間は30日)で

他のアニメ事務所に移動した。もちろん彼もフリーランサーみたいなものだから、有給休暇なんていうものはゼロ。

将来の年金などは、書面上働いた中で計算されるので、こんなところで長く働いていたら、大変だった。




なので、実はドイツの方がフランスより表向き給料が安いとか言われているけど、各種権利は

ドイツの方がきちんとしていて、ブラック度が少ないような気がする。


もちろんミニジョブカテゴリーもあって、月収が400ユーロ以下に抑えなければいけない契約があり、外国人などはその契約で働かされたりもするけど。



二つの国それぞれ5年近くいて、思うことは、日本から見ると2国とも

ヨーロッパを牽引する大国ではあるものの、社会の性質は違う。

フランスの方がずっと社会的上位者の力と待遇面、そしてブラック度が上だという感じがする。

(フランス原発大国の政策も同様だ)
















646621

トラトラ 2017/07/27 02:14 こんにちは。初めまして。貴重な情報をありがとうございます。ルーマニアからです。昨年から住んでます。フランスは案外厳しいですね。いい印象ばかりが流れてくるものですから、目から鱗です。ルーマニアにはカルフール、CORA, Auchanから始まって、ミシュランの工場、BRD銀行とフランス系が多いです。工場も移転してきているので、フランス人の雇用をかなり奪っているのでは。。。。反面、45歳くらい以上の人々は第一外国語の習得がフランス語なので、出稼ぎか移住する人もいます。若い人たちはイギリスへ。。。ルーマニアの放射能汚染の過去の記事をありがたくみました。福島原発の近くで大量に被曝して体調が悪化し、とうとう日本を出たので、こうした情報は嬉しいです。内部被曝は極力避けたいものです。ではまた。

halloohalloo 2017/08/01 22:08 初めましてトラさん。原発が原因で移住されたのですね。大変な決意だったのでしょうね。内部被曝は私も何気なく気をつけています。
例えばヨーロッパでも未だに自然のキノコは汚染が続いているとよく聞きます。
私もキノコ類大好きなのですが、秋の味覚に並ぶ色とりどりのキノコは買いません、産地もわからないし、ヨーロッパの汚染基準値が基本高いので、
気をつけています。年中出回っている白と茶の良くあるマッシュルームで気を紛らわせていますよ。
30年経って、発病が減ったと聞きました。確か統計でも一度見たことがあります。
なので、汚染が続くキノコやイノシシ、それから実はウクライナなどからくるベリー系を気をつけていたら大丈夫だと思います。

そうですね、ルーマニアとフランスは昔から繋がりが深くフランス語が堪能な人も多くいますよね。
コルシカ島にルーマニアから仕事に来たカップルがいました。旦那さんがエンジニアなので、待遇はとてもいいらしいですよ。
職種や契約方法によるのだと思います。社会的上位の職には手厚い保障があります。
格差社会を痛感します。
コメントありがとうございます。いつでも気軽に書いてくださいね。

veinmxveinmx 2017/08/04 16:35 日本(西日本)からです。ヨーロッパにおけるチェルノブイリの影響を知りたくて、よくブログを拝見させていただいています。
事故後のスウェーデンやドイツの食品基準値や、土壌汚染の数値を見て、正直なところかなり高いのに驚いていました(こんなので大丈夫だったのか、と思いました)
チェルノブイリ後のヨーロッパや、トルコなどからの輸入食品についても、調べてみると、相当高い汚染の数値が出ることがあったようですね(最近計測しているものからも結構出ている)... 今もC137等については、汚染が残っているのは、事実だと思います。

正直なところ、セシウム137を指標として考えると、土壌汚染の数値を見る限り、例えば西ヨーロッパの特定の汚染された地域より、西日本のほうが汚染は低いのでは.. と考えています(現在でも)。流通食品の汚染についても、特定の品目に気をつける必要がありますが、市民測定所が監視している値を見ても、最近の西日本の農産物の数値は、幸いにしてあまり高い値が出ていません。これは、茶葉、ベリー類など汚染の出易いものでもそうです。(キノコは少し出ます)
ヨーロッパ圏の人はこの30年、あまり食物に気をつけていない人は相当の汚染のものをずっと食べていたのか、しかし、それで社会が完全に崩壊してはいなかったのだから、日本もまだなんとかなれば... と少し考えているところです。
しかし、残念ながら、関東・南東北の土壌汚染は相当なものなので、健康に関して、高汚染のあるウクライナ、ベラルーシのような状況になってゆくのではないかと危惧する毎日です。。

halloohalloo 2017/08/04 22:10 始めましてveinmxさん、ご指摘のとうり、チェルノブイリの方が汚染範囲はずっと広いです。そして汚染はされても国が崩壊するということはないですね。ウクライナやベラルーシは国力は相当弱ったと思いますが。内部被曝については、最近内部被曝センターの調査で全国的に内部被曝が見られる結果が出ました。特に沖縄の男性の内部被曝が高かったことが印象に残っています。やはり沖縄の業者が買い入れているのではと疑われますね。
国や経済活動はそのまま続いていきますが病気の人の苦しみは大変なものです。そしてみんな必死に働いています。やはり生活がありますからね。日本も過去に色々な公害の歴史があり、それは病気になった人でない限り、その苦しみはわからないのでしょうね。西日本では普通に住んでいて問題はないと思いますよ。関東の人も今の現代的な生活、
アスファルトの舗装の中で生活し、食物自給率も低く、自然の森の中では暮らしていないという
ことで、多分ヨーロッパの過去汚染された先進国程度のダメージと同程度なのでは?と思います。

フランスにも汚染で病気なのではと疑われる人いますよ。でも周りの人は知らないのです。パートナーとか家族などにならない限り、口外はしませんから。。。。。

veinmxveinmx 2017/08/06 18:33 なるほど、そうですね。食品などによる内部被ばくについては、チェルノブイリ後のウクライナの農村で暮らす人々よりも、平均的に低いのは間違いないと思います。一般的に流通している食品に関しては、都会の人はあんまり被ばくしていないかもしれません。しかしながら、土壌汚染の数値を見ると、関東、南東北のエリアについては、チェルノブイリ後のヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア)の数値より、やはり相当、高いです。ウクライナ、ベラルーシの汚染地域の平均的な数値に近いです。つまり、初期の爆発と、その後の人々の都市生活における被ばくの影響は、西ヨーロッパの主要国よりも確実に大きいと見なければならないと感じています。
経済に関しては、国家としては全力をあげて汚染を隠蔽していますので、急速に落ち込むことはないでしょう。ソ連邦はチェルノブイリ事故がひとつの契機になって解体しましたが、日本は統合度の高い島国なので、国家的・経済的には解体はしませんね。やはり水俣病でかつて行われたように、社会が全力を上げて隠蔽しつづける、というそういう歴史になっていくばかりなのでしょうか。。。

veinmxveinmx 2017/08/06 18:35 ブログよく拝見しています。貴重な内容、情報をいろいろありがとうございます。ヨーロッパは行ったこともないので(笑)、勉強になります。

halloohalloo 2017/08/06 21:32 なるほど、私が参考にした資料よりveinmxさんがご覧になった資料の方が高いのですね。シーベルトとベクレル換算で私が読み違いをしたのかもしれません。今日facebookを覗くと突然死が始まっているという記事を見ました。
チェルノブイリ事故から29年後、私のイタリア人の友人から、彼女の友人も23歳で突然亡くなったことを聞いていたので、驚きはしなかったのですが、やはり6年目に出てくるのは私が思った以上に早いです。
ルーマニアやコルシカ島はやはり5年後から病気が増えてきたそうです。私の家族の発病は15年後でしたが。


毎年日本に帰るのですが、もう何事もないかのように進んでいますよね、仮に知識があったとしても、加工品などは産地はわかりませんからね。現代的な生活がどれだけ関東の人を守ってくれるのか。。。それを祈るしかないです。
コメントありがとうございました。

veinmxveinmx 2017/08/12 07:54 沖縄は食料自給率が低いので、おそらく外食産業を中心に汚染のある農産物が流れているのではないかと考えています。もちろん、最近は事故直後のような大きな数値のものはあまり流通していませんが、継続して食べていると内部被ばくの蓄積量は大きくなってしまうと思います。

veinmxveinmx 2017/08/12 09:59 手元の資料によると、86年当時のドイツはこれくらいだったようです。(抜き書き)
7月15日 毎日「西ベルリンの表土放射能汚染」
チェルノブイリ原発から約1000km離れた西ベルリンの表土は、日本の表土(当時)の50倍以上の放射能で汚染されていることを、日本国内に持ち込まれた土を分析した京大原子炉実験所の小出裕章助手が14日明らかにした。表土から検出された放射能は、1kg当り、ヨウ素131が6.78Bq、セシウム134が57.3Bq、セシウム137が124Bqなど。

◎東京は、事故直後が京大工学部河野さんの推定で40000Bq/m2(換算615Bq/kg程度)くらいとされています。現在は環境的低減で、平均10000〜20000Bq/m2(およそ150Bq/kg〜300Bq/kg)程度でしょうか。

halloohalloo 2017/08/15 10:50 venixさんこんにちは
https://www.amazon.co.jp/ドイツ・低線量被曝から28年―チェルノブイリは終わっていない-ふくもと-まさお/dp/4862090478
人に借りて読んで、すぐ返さなければならなかったので、さらっと読んだだけでしたが、この本にドイツの被害が詳しく載っていました。
ドイツは南部の黒い森周辺の被害が大きかったようで、健康被害も出たそうです。ベルリン周辺ではあまり被害の話は聞きませんでした。もちろん私が知らなかった時なので、気づかなかっただけの可能性もありますが。。。

沖縄はそうですね、安く売られていた農作物を積極的に取り入れたのでしょうね。
そのデータではやはり東京はコルシカ島の汚染度と同程度です。
なので、コルシカ島よりも関東の人の方が確実に内部被曝は低いと思います。食生活がまるで違いますし、自然の中でも暮らしていませんし、牛や羊などの家畜の放牧方法、イノシシや乳製品の摂取量も違います。なので、私は関東の人はどうにか健康被害はコルシカ島よりも大分低く抑えられるのではと思います。希望でもありますが。。。。現代人の体や食生活がどれほど、免疫系の抵抗力があるかにもよりますよね。やはり30年くらい経たないと、被害状況はわからないようです。
私の彼は、いろんなところをしょっちゅう痛がっていますが、免疫力は高く、ほとんど風邪をひかない体質です。
家族を見ても一人一人、全く症状が違っていて、出る病気も違います。一度病気になるとその症状は一生続くようですが、
その症状と一緒に暮らしていて、もう前を見るしかないという感じで、痛いと言ってもよくあることで済ましています。
もちろん、症状や病気や度合いによりますね。私が話しているのは、私が出会った人や話に聞いた事なので、データーとしては正確ではないですが、イタリアの研究者がコルシカ島の研究もしていてその詳細が見つかればいいですが、ただ
病気が増えたということしかわかりません。

veinmxveinmx 2017/08/16 16:18 なるほど、調べてみました。コルシカ島は、汚染が高いところで32000Bq/m2くらいだったようですね。確かにそうですね。地域によって、幅がありますが、東京の平均的汚染とおおむね同じくらいと考えられます。(但し、北関東の事故原発に近い県にはもっと高いところもあります)
web: コルス地方(コルス島):7カ所の土壌調査で1000〜32000Bq/m2、平均10000Bq/m2。(CRIIRAD)
確かに、食生活の違いを勘案すると、平均的な内部被ばくは、都市生活の人は低くなりそうです。森のきのことかは食べませんからね。流通食品に関しては、最近は、関東地方でも、一時期のような高い数値のものは少ないと思われます。

halloohalloo 2017/08/17 23:36 そうなんですよ。自然の中の放射能汚染は自然循環によって外には出れません。コルシカ島は長い間汚染が続きました。
そして自然に即した食生活も、今の日本人には考えられないくらい、家畜たちは自由に外を歩いています。柵の中で放牧ももちろんありますが、基本は広い土地の中で放牧されています。よく地元の人がイノシシ狩りをしますし、すぐ近くの裏山に散歩に行き、ベリーやナッツや自生のハーブなども採取するのは当たり前の生活です。
フランス政府がフランス全土、汚染されていないと宣言したため、その生活が変わることは今までありませんでした。

私が懸念しているのは、全国に広まっている食べ物での内部被爆で、ストレス社会の現代人がどれだけ免疫力があるかどうかです。コルシカ島やルーマニアよりも確実に内部被爆度は低いので、やはり産地を気にしたり、ストレスを溜めないように出かけたり、体を強くする為に運動したり、たまに長期で全く汚染の無い地域に行って(できれば3週間)
デトックスをしたり、この低汚染の実情を知って出来ることがことが沢山あるような気がします。