ヨーロッパ〜日本往復日記

2015-02-27 パリでの生活10

[]

今日は風邪を引いて家でのんびり、久しぶりにブログでも書こうかな。


人気ブログランキングへ

なんとなく久しぶりにランキング参加してみる。


最近の私の生活。語学学校へ行って、日本語を少々教え、それから少々ボランティア、それから少々三線


パリの生活って言っても、慣れてしまえばあまり東京生活と変わりないんじゃないかな〜と良く思うこの頃。



なんでパリの生活東京と一緒なの〜〜っとこのブログを読んでいる人は思うかも知れないけど、住んでみると、

売ってるモノや建物の外観や人種は違えど、生活スタイルの共通点は多い。




最近、語学学校でこんな作文練習をした。


インターネット人生相談に投稿するというお題。

内容は仮の相談で、現在のパリの生活象徴するものんだよね。

『パリ郊外に住む者ですが、仕事と電車の通勤時間にを取られ、ただ寝て起きて会社へ行ってまた寝ての繰り返し、

灰色の人生です。通勤時間が無くなれば、自分に時間が使える様になるので、インターネットを使って自宅で仕事ができないかと会社へ相談しようと思います。

皆さんはどう思いますか、アドバイスお願いします。』


これに返事をする作文練習。こういう生活フランス語で Métro-boulot-dodoというらしい。


みんなの意見もまたマチマチ。あるアフリカから来た写真家の男の子なんか、いかにアフリカの海岸での生活が素晴らしく

そんな仕事止めた方が良いと、本人はシリアスなんだか、なんか的外れな答えなんかもあったり。

子供が居たら家で仕事は出来ないという現実的な答えが多く。


私の答えは、先生がミニマリズムで良いと絶賛。

そして付け足しで、この日本の生活スタイルの本を読んでねと、あるフランス人が日本人と結婚し、自身の生活を書いた愛読書を授業中薦めたり。(なんでも所有物を100個に限定するらしい)

http://www.amazon.fr/Dominique-Loreau/e/B004MU318W


だだ、私的には、日本ではこんな相談の時に良くありがちな、

自分には何が必要で何が必要でないのか見つめる事を言っただけなんだけど。それがフランス人にはミニマルで良いという壷にハマったらしい。というかここにも日本文化ファンが居た。

それで会社へ行く利点と欠点、自分の家で働く利点と欠点を書き出して、何が自分に必要かリストにしてみればという、日本ではありがちな案にクラスメイトからも絶賛され、自分がシステマティックな教育を受けて来たかが良くわかる授業でした。

(クラスメイトはブラジルキューババングラディシュスリランカアフリカチベット中国





最近、この政府からの無償フランス語プログラムがようやく終わった。去年はA2クラスを一ヶ月、今年に入ってB1レベルで、週四回なんと朝9時から夕方の5時までという1ヶ月間の強化スケジュール。

それで先週終了テストに合格しました。会話と聴解だけだったけどね。

B1を勉強したのが足った一ヶ月間。

B1というと私の英語のレベルがB1とB2の間だから、ホントかよ〜緩すぎじゃない?たった1ヶ月だけでそんな上がるわけないと思いはするが、とりあえず証明書はもらっておいた。

前も書いたけど、この政府斡旋のフランス語学校に来ている人種は本当に今まで在った事が無い様な人ばかりで興味深かった。

フランス人配偶者難民、そしてフランス国籍を取る為に

勉強している人々が居る。



グルジア活動家ロシアとの戦争では軍人だったという男性。

もう5年以上婚約者と離ればなれで、パリで仕事をし、フランス国籍が取れるまでビザの関係からスリランカへ帰れないというスリランカ男性。

ウクライナ政府に拘束されそうになったのを命からがら逃げて来たという、あのFemen のフランス支部のリーダーなんかも居たり。

https://www.facebook.com/francefemen

(ちなみにクラスメートは右の金髪の女性)



プロの写真家で、アフリカの子供たちのボランティア活動をしている人

みんなかなりモノ静かなんだが、よくよく話すと人生の流れが、普段会う人と全く違う。





例えばチベット人の女性なんかは、すごく厳しい状況で生まれて来て、大変なんだろうと想像するけど、

なんか人懐っこくて、純粋な感じ。実はチベットからインドに渡ってインドで7年、

その間、フランス難民申請をして受理され、現在パリで約1年半。チベットを出てから両親とは電話で話すだけらしい。


難民申請で400ユーロフランスから援助されているが、もちろん400ユーロじゃ生活出来ないので、現在ベビーシッターの仕事をしている。


彼女の兄弟姉妹は、アメリカベルギーに住んでいる。世界に散らざるを得なかったチベット人

人生の悩みのレベルが違うし、この子の心の闇の部分なんて知る由もないけど、

この子の芯の強さを感じる。




このクラスメートとはたった一ヶ月一緒だっただけだけど、なにか人生を学んだ気がする。



は〜これで、学校が一段落付いたので、来週から生徒集めに精を出すか〜。







フランス国籍申請とは:フランスに5年住み続け、フランス語力B1が有れば、誰でも国籍申請が出来る。(犯罪歴が無ければ)

特に難民指定の人は一年目から

かなり外国人に国籍を渡す制度が緩い。






465614

2015-01-13 Charlie Hebdo襲撃事件

[]

皆さん、遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

先週末にコルシカ島からパリに帰って来て

(正確には私のアパートはヴァンセンヌ市にある。

最後の銃撃戦のポルト ドゥ ヴァンセンヌはパリ市内でヴァンセンヌの玄関口という意味)

パリ中を震撼とさせる事件が起こり、昨日もパリの200万人近く集まったデモにも

友人と参加してきました。


電車には人が多過ぎてすし詰め状態、全く人が入れる気配がなく、4つも電車を見送って、しょうがないので

家からデモの中心地のリュパブリック広場の近くに住む友人の家まで歩き、その後、リユパグリックが人が多過ぎて閉鎖されていたので、また歩きでNationの広場へ行ってきました。帰りも家まで歩き、歩きっぱなしの一日でした。


普段のデモでは音楽隊とかラッパとかね、鳴り物が多いのですが、今回はそういった類いの物は全く無し。みんな静かに歩いていましたよ。

テレビで見ると凄い数なので、騒がしい感じに見えますが、あの人数なのに

かなり静かなデモでした。




Charlie Hebdo(シャルリーエブド)の襲撃事件を詳しく解説出来るほどの文章を読み解くフランス語能力が無いため、他の人のブログを紹介します。



現地で肌で感じる人々の考えや思想と、メディアで紹介される事とはやはり

違いが有るなって思うんですよ。

どうして標的になった新聞社はあんな風刺をするのか?とかフランス国内で400万人も集まるデモになったのかとの疑問があると思います。

その答えがかなり的確に述べてある文です。在仏歴が長い日本人の視点から。

解りやすく短いのですぐ読めます。激オススメ。

http://ringono.com/2015/01/12/


それから、上のブログに紹介されているブログ

日本人には文化的に理解するのが難しい、この新聞社のフランスでの意味が解りやすく書いてあります。

http://l-amusee.com/blog/log/20150108_post-44.php


それにしても、あのデモに各国の首相たちが集まったのは、フランスの人々の関心を政治的シナリオに利用している感じで何か嫌な感じがしましたよ。

市民の言論の自由と想いは、どんな権力や暴力にも口をつぐみ、屈する事は無いという意思表示。




政治家の言う言論の自由とは、権力争いで自分の有利な様にモノを言う事という感じで、全然違う感じがしますよ。




私がかなり気になった記事

在仏日本人用フリーペパー。フランスニュースダイジェスト

http://www.newsdigest.fr/newsfr/actualites/france-news/6880-2015-1-9.html

その中に人質を取って立てこもり中の犯人のインタビューが紹介されています!!

http://www.bfmtv.com/societe/bfmtv-a-ete-en-contact-avec-les-terroristes-856576.html





世界は長く続くアメリカの行き過ぎた戦争犯罪や画策が元で混乱の渦に

飲み込まれています。


この新聞社銃撃事件のフランス国籍の犯人もイエメンアルカイダで訓練を受けたらしく、

イエメンアルカイダは、もともとあった大元のアルカイダの幹部がイエメン帰国してから2009年に発足した新しい部隊


この幹部はイラク戦争の最中アメリカ軍に拘束され、その後、帰国このイエメンアルカイダを作りました。


そして、2011年にはこの幹部もCIAにより抹殺されています。このフランスの襲撃犯人はこの幹部と生前交流が有ったらしく、ブレインウオッシュを受けていたのではと思います。そしてこの幹部が生前からこの新聞社の襲撃をメンバーにたくしかけていた事も有名な話らしいです。



フランスにはたくさんのイスラムアラブ人が居て、2世以降のフランス生まれの人達も多いのですが、フランス国内で不遇からか?イスラム教の中でも極派に染まって行く若者も少なくありません。


例えば私の身近にこういう例があります。

私の彼のフランス人の友人の中でイスラム教を崇拝している人が居ます、彼は白人系のフランス人なんですが、人生の絶望に陥り5、6年ほど前から改宗、かなり信仰深く崇拝しています。

私が、どうしてイスラム教になったの?との疑問に、彼の言葉は

「何かしらの人生の答えを探していた時に、コーランに出会った。

その中には目から鱗のたくさんの答えがちりばめられていたんだよ。」と言っていました。



去年まで、フランスのみで信仰、なんかおかしいなと思うくらいかなり頭が固い。融通の利かないイスラム教徒だったなのですが、去年新たな答えを探しに比較的イスラムでもゆるめの国のモロッコに旅行。

本場の生きたイスラム生活に触れ、現在のイスラム教の儀式などにもふれようやくイスラム教とは意外にゆるくても良い事に気づき、



最近は大分リラックスして、でもかなり敬虔に信仰中です。彼はモロッコに行っておおらかなイスラムに出会ったから良かったんでしょうね。


日本にもよる居と思うんですよ。

社会の疑問とか、人生の悩みから、なにか答えを探すかの様に

宗教に深くのめり込むって。

人生の意味を探るのに宗教に走るって良く有る事なんですよ。



そして、自分のルーツがアラブ系だと、世界で自分と同じイスラムアラブ人が戦争の渦に巻き込まれて、心を痛めている人がたくさん居る。



この容疑者もいろんな想いが工作し、イエメンまで行ってしまった。

とうとう重要人物に人に出会った事により、洗脳されてしまうんでしょうね。

上のリンクでの人質拘束中のインタビューだって、

事件中の犯人のあまりの落ち着いた口調に驚きましたよ。

私たちは、一般市民は絶対巻き込まないって豪語しているし。。。。??

彼の頭の中で作り上げたジハード(聖戦)なんでしょうね。



新聞社の方を始め一般市民の方々、犠牲になった方々に謹んで哀悼の意を表します。





455204

2014-12-12 複雑な社会情勢を背負ったクラスメート

[]

最近、フランス政府が斡旋する移民用のフランス語学校に行っているんですよ。

5月の下旬に申請して、とっくの昔に却下されたとばかり思っていたのですが、


いきなり、移民局管轄の語学学校から手紙が送ってきて、◎◎日の説明会に来てくださいって、もう日にち過ぎてるじゃん!

11区、14区、20区、とたらい回しにされ、ようやく3校目に自分のクラスを発見!

パリのお役所仕事のひどいこと。


とりあえず、一ヶ月だけ無料で一日3時間、週に5日の授業が受けられる。今2週間を超えた所です。

大体20人近く居るのですが、いままで私が通ったヨーロッパの私立の語学学校に居た人達とはかなり感じが違う。

国籍の事を言っている訳じゃなくて、ね。



まず、

政治的な理由で、追われ、命からがら国を脱して来た政治亡命者が二人ほどいる。

一人はネパール男性。もう一人はウクライナ女性。別に隠す事もなく複雑な事情を話してくれました。

そのネパール男性は以前、警察官として15年働き、(共産党武装組織の)マオイストの軍人に銃の使い方の訓練をするように命令され、それを断わった所、そのマオイストから殺されそうになったという。。。。なんちゅう話や。というか、信じられない話なんだけど、家族共々ネパールを出国、フランス難民申請を出して受理されたらしいです。

フランスで働く権利はないのですが、アパートも生活費も支給されるらしいです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ネパール内戦

http://www.lirung.com/infofile1/file008mao/

でも働き盛りで、家族4人のお父さん。仕事をする事も無く、こうやってパリに3年もいる。この移民用のフランス語学学校も、一回目は8ヶ月待ってA1レベルの授業を2ヶ月受け、

今回は5ヶ月待って、たった一ヶ月間のA2レベルの授業。この男性はフランス語ほとんど理解していない感じだし、ほとんど話せない。

なんか、これならもっと厳しい状況でも仕事が出来た方が、ずっとやりがいが出るし、語学も習得できて、フランスにこれから住みやすくなるんじゃないかな?って思うんだけど、

仕事をする権利を与えないで、でも家族4人の生活費を支給してってどういう事なんだろうね。









私が以前、ネパールに旅行に行った時、出国する日にマオイストが軍事パレードの様なものをしていてね、全ての商業施設を閉鎖させ、

ツーリストは、外国人専用バスで、ホテルを点々としながら、ようやく3時間かけて空港に到着。コンピュータも使えず、

手書きのチケットで5時間待ちで出国した事を思い出した。






方やウクライナ女性は、ジャーナリストで且つ活動家だったらしく、政府に目をつけられ、政治犯に仕立て上げられた所を逃亡。

今日聞いた話では、EUであるポーランドへまず逃げてから、フランスに来たらしい。

今でも旧ソ連国は繋がっているので、EUに逃げるのが安全だと言っていました。


本人は犯罪者でもなんでもなく、権力者に反対した為に国を追われるって、ね。話には聞くけど、本当に複雑な情勢を

身近に感じるパリです。



448448

2014-10-30 今回のアパート決定のいきさつ

[]

今回のアパートはめっちゃスピーディーに決まった。

この一ヶ月間、なかなか手応えが無くてね〜。ようやく業者と連絡がついて見に行けたのはたった6件。

特に最初に訪れた、すっごく気に入ったアパートに、書類選考で落ちた事を引きずってね、


毎日ネットでいろんな地域の物件を探しては、実はこの先、いい物件見つけても選ばれないかもってやさぐれてた。


昼休み中の彼に頑張ろう、ちゃんと続けてれば見つかるからって、電話で慰められていた時に、月曜日なので新しいアパートがネットにアップされ始める。

速攻で電話。45分後にアパート見に来れますかって言われ、ハイ!っと


すでに用意していた書類をもって、彼氏も仕事の途中で抜け出して、アパートを見に行ったんです。きっかり45分後。



それで、この人イっちゃってるのかな??ってぐらいのテンションの高い不動産屋の仲介業者があらわれる。

ここの区画のアパートをよく扱っているんだよ僕〜みたいなかんじから始まり、

このアパート気に入った?明日契約出来る?すぐ入居出来る?奥さんの意見が一番大事っていわれてね。

もう速攻で出来ますって返事をした。


実は彼がアンテルミッタンで凄く選ばれるのが難しくて、私が学生でっていうことを話し始めたら、

大丈夫僕が決めるからさ!任せて!見たいな感じで。

それで日本人は良いよね〜〜って話題になる。昨日ブログに書いたように、日本人はちゃんとしているし〜みたいなね。




書類がちゃんとしていさえいれば大丈夫っていわれたんだよ。彼の月収が家賃の3倍以上で、私の保証人の給料も3倍以上なら問題ないって。僕が人を選ぶからさ!って初めて引っ越し出来るかもって手応えを感じて、本当に嬉しかった。



明日の朝、最終返答するからね〜〜とお別れ。内見は終わった。見ている間にも彼の電話にはこのアパートの問い合わせの電話が

かかってくる。

速攻で次の物件へ向かうという彼、歩きながら問い合わせの電話に応対。なんか電話対応が大変という感じ。

名刺を見るとこの人は、このアパートを管理している不動産屋と提携を結んで個人で動いている仲介業者。


怪しげ〜〜〜と思いながらも、次の日にはちゃんと午前中に連絡が来て、

実際にアパートを管理している不動産に今日行って契約してきました。


それで明日鍵をもらい管理会社の人と内見をします。


実は、アパートをネットで見つけてから鍵をもらうまで、所要時間たったの4日間です。


本当にタイミングというか、ラッキーというしかない。

2014-10-29 祝☆引っ越し決定!

[]

ああ〜、本当に長かった様な短かった様な。このアパートでの思い出が走馬灯の様に蘇る〜〜〜。

今回アパートを探しを再開してから約一ヶ月 見に行った物件は6件、結構早かったのかな。明日書類にサインをしに行きます。

ほんと〜〜〜に嬉しい。


2年前から物件を探し始め、一度友人がアパートを又貸ししてくれる事になり、中断し。すったもんだの末、引っ越しかなわず。


なので、ずっと長い間アパートを探していた様な気がします。


新しい物件はヴァンセーヌの森のすぐ側。パリ市内から2駅離れ、ヴァンセーヌ市というところ。

33平米で850ユーロ。がーん。パリ市内から出ても、抜群の環境なのでパリと同相場です。

1995年築の新しいアパートでバス、トイレ別でお風呂が大きく、バルコニーまで付いている。そんなこんなで、この冬安心して越せますよ。


この春シャワールームにリノベーションが入ったり、家具の配置を換えたり、今住んでいるアパート、大分快適になったけど、やっぱり

このパリの暗くて寒くて長い冬にはお風呂が無いとね!


実は広くはなってもキッチンや水回りが別々になっただけで、

リビングルーム兼寝室の広さは変わらない。部屋も一つしか無いし。


決め手となったのは、本当に静かで、周りの住宅街が広々しているってところ。









そして、彼がアーティストで私が学生という最悪のコンビを選んでくれたのは

入居者を決める人が大家ではなく、実際にアパートを見せてくれた仲介業者の人。

日本人はアパートを綺麗に使ってくれているし、僕の友達が日本人と結婚して、日本に行ったんだよ〜、日本はほんと良い所なんだってね。と日本びいき発言を!




今まで培ってきた日本人のマナーがね、私のアパート探しに一役かってくれましたよ。

ほんとありがとうございました!

は〜、ほっとした。


437334