ヨーロッパ〜日本往復日記

2013-02-13 コルシカ島滞在日記1

[]


人気ブログランキングへ


コルシカ島ナポレオンの出生地。日本人に知られているのははそれくらい。

彼と出会う前の私はそれすらも知らなかった。

ふ〜ん、コルシカ島、うう、何処にあるの?名前は聞いた事あるけど。。。そんな感じだった。


f:id:halloo:20130213080211p:image

地図wikipedia より





コルシカ島はいちを現在フランスの一部になっているけれど、

昔から住む島の人たちは自分たちはフランス人とは思っていない。

というのも、コルシカ語という今でも島で話されている固有の言葉と文化を持っているし、

歴史的にいくつもの大国にほんろうされ支配されて来た島だからだ。


イタリアのすぐ側にある地中海に浮かぶ島で、

主にイタリアに支配され、その次はイギリス、そして現在はフランス

そういう経緯もあって、独立運動なんかも活発だったんだけど、今は

フランスの中で高度な自治権を持って、収まっている。


海に囲まれた山々が連なる島。自然がほんとうに豊、ヨーロッパ内では有名な夏のリゾート地。EU各国から移住してくる外国人が増えて、現在10数年前に比べて人口が倍になった。



島のルールを守らずに、別荘とか建てちゃうよそ者がいて、それをことごとく

破壊する活動が今でもある。冬の誰も人が住んでいない時期に、どこかの家が爆破される。

私がコルシカに居る一ヶ月も家が爆破され、ニュースになっていた。

彼が言うには、コルシカは海の側に新しい家を建ててはいけない法があって、

それを破る人たちは大体金持ちで、袖の下で、役人にお金を渡して、家を建てる権利を持ち、家を建てちゃう。そういう家は、人が居ないときに爆破されちゃう。

f:id:halloo:20121208153141j:image


ぎょえ〜。凄いね。



それから、コルシカ島は今まで、歴史的に辛酸をなめてきているから、大企業とか国とか全然信用していないし、そんな人たちの言いなりになっていたら、どんどん好き放題されちゃうから自分たちで守るっているんだよ。



それで、観光客も同じ、島を汚して帰るから、夏になると沢山のパトロールがあるんだ。






う〜〜む。日本も同じ事が言えるんだけど、歴史的に島国で、侵略されたりした

歴史が無いから、危機意識は低いよね。


それにコルシカ島じたい埼玉千葉を合わせたくらいの大きさで、そんなに大きくないから、島の人たちの団結力があるのかなというと、

でも北と南で、関西と関東みたいに、違う文化を持っていて、違う人って思っているんだってさ! 日本も昔は藩が違うと違う国みたいだったのと同じだね。



転々と沢山の村が山の頂上や中腹にある。小さなマチュピチュみたいな村がたくさん。



f:id:halloo:20130213080608j:image

こんなに山深く住んでいると、大国からの支配から遠ざかるから、独自の文化は守られる

よね。

昔は山羊や羊飼いがメインで、チーズや木の実などを食べて生活していたらしい。

昔の山の生活の様子

f:id:halloo:20130104151339j:image

f:id:halloo:20130104151250j:image

f:id:halloo:20130104151321j:image


昔、東ヨーロッパを旅したときに、スロベニアの話をここで書いた。

http://d.hatena.ne.jp/halloo/20111209

いろんな大国からず〜っと支配されて来た歴史から、自分たちで国を守る意識が高い

国って事を聞いたのと似ているな。



日本もこれから10年後ぐらいから危機意識が高くなるかもしれない。どうだろう。




247893

2012-09-19 自民党復権断然阻止&ペルーの旅

[] 03:44

f:id:halloo:20120919030859j:image

民主党も最悪なんだけど、自民党が復権するのも許せない。

次の衆議院選挙はどうなるのでしょうか。


皆さん、お久しぶりです。実はつい最近、ペルーから帰ってきました。

彼氏が長期夏休みという事と、私の誕生日プレゼントというのをかねて、

1ヶ月半ほどペルーに行ってきましたよ。

最初はマチュピチュを是非みたいという事で行ったのですが、ペルーを廻りに廻って、ようやくマチュピチュにたどり着いたのは帰国4日前。

バスや車の移動がトータル150時間ぐらいになる大移動でした。


ペルーの山岳地帯は半端無い。それも、砂漠だったり、木があまり生えていない乾燥地帯だったり。山崩れを良く起し、地盤がもろい。方や、岩盤の全くの岩山。

列車が通ってないのもうなずける大荒野。



いつもなら、旅行中は自然の中にすっと入り込んで、さわやか〜気分の私も

ペルーのあまりの荒野っぷりに、愕然。あまりにかけ離れた世界に、ここは映画のなかなんじゃないかと思うくらい。

一方、街は大気汚染も激しく、水も汚染されている。

水物を気をつけてはいても、目や皮膚がおかしい。

喉もいたい。ず〜〜と体調が悪い。

一度高山病にかかり、そのとき飲んだ山の水も悪かったようで、2週間も動けなくなった。




それでもあまり旅行者の行かない、北部をメインに廻って、アマゾンまで。車が一台やっと通る山道を通り、すぐ横は崖、なかなか

スリリングな、大変な旅になりました。


f:id:halloo:20120802054155j:image

f:id:halloo:20120802041717j:image

f:id:halloo:20120903020850j:image

212464

2012-05-19 宿の見つけ方いろいろ

[] 10:58

そういえば、2010年に8カ国をめぐる1ヶ月の東ヨーロッパの旅をしたのですが、

あまり詳しく書いていませんでしたね。

クロアチア編を思い出しながら書いてみますね。


私はここまで、友人の車に同乗させてもらって、ベルリンから東ヨーロッパの国々を周り

ルーマニア。それから一人で列車でセルビア、ボスニアを旅していました。

ボスニアのモスタール後、クロアチア国内をバスで周遊、

ドブロブニクから北上最終地点はスロベニアです。

ドブロブニク、スプリット、ブラチュ島、ザダール

それからプリトヴィチェ国立公園、ザグレブへバスで周りました。


ドブロブニクは今まで見たことが無いないほど、日本人旅行者がたくさんいてビックリしたのを覚えています。

とても美しいところでしたが、完全に一人旅で寂しかったな〜〜。大体私の場合

一人旅と言っても、どこか途中で誰かに出合って、一緒に流れたり観光するっていう感じが多いので、完全に一人で観光するとやっぱり寂しい!

でもラッキーな事にお祭りがありました。f:id:halloo:20100926174943j:image

f:id:halloo:20100926170145j:image

f:id:halloo:20100926175850j:image


ここは超有名観光地だし、バックパッカーとの出会いという感じは無かったし、

宿も高そうだったので、一日足早にいろんなところを見て周って、次の街へ

最終バスで移動しました。




1ヶ月の東ヨーロッパの無計画な旅でどうやって宿を決めていったか。




ルーマニアでは友人が一風変ったオーガニックな自給自足の良い宿があるのを誰かから聞きつけ、そこに約1週間と予約を前もってしていましたが、そのほかは

そのつどつど見つけていきました。

http://www.eutopia.in/gallery.html

f:id:halloo:20100910104209j:image



その1、車で途中下車。見晴らしの良い広い庭のあるお宅にキャンプしていいか聞いた。(ルーマニア)食事つきにするかしないかと即座に聞かれ。お金を払って、食事つきにする。(電話で英語の話せる娘と値段交渉)

一人10ユーロ。キャンプで普通のお宅なのに高いなと思ったが、三食すべて豪華な手作りのご飯に感動。子供たちと一緒に家の周辺を散策。

f:id:halloo:20100908182519j:image

f:id:halloo:20100908182044j:imagef:id:halloo:20100909064802j:image


その1、地元の人に直接聞く(スロバキア、プリトヴィチェ国立公園)

f:id:halloo:20100906222847j:image

スロバキアの宿のおじさんと一緒に飲んで

f:id:halloo:20100906200711j:imagef:id:halloo:20100906200404j:image

なんでもドイツ人やオーストリア人が狩猟の時期に泊まりに来る宿だとか。

一泊千円朝食付き。

f:id:halloo:20100906225733j:image


f:id:halloo:20100930173519j:imagef:id:halloo:20101001212146j:image

プリトヴィチェ国立公園と近くの地元民が経営する宿、この家族用アパートに

一人で滞在。確か2000円程度

その1、ネットの口コミサイト。(ブラチュ島)

その1、ガイドブックを使う(ボスニア、クロアチア、ポーランド)

http://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g295388-d1076818-Reviews-Majda_s_Rooms-Mostar.html

f:id:halloo:20100922131737j:image

このボスニアのモスタールという所は90年代の旧ユーゴ独立戦争で、大激戦地区だった場所。

この宿を経営する家族も銀行が爆破され、一家の財産がパアになり、この川沿いにある自宅を宿にする決心をする。

ここで週に3回ある一日のガイドがメチャ面白くて、深くて、劇オススメ。たしか24ユーロだった。

12時間ほどの旅。そのガイド中の川遊びの風景

その1、バス停で客引きしているおじさんおばさんの家(クロアチア)

その1、途中知り合った人と同じ宿へ(セルビア、ボスニア)

http://www.hostels.com/hostels/belgrade/12-monkeys-hostel/58783

f:id:halloo:20100920154436j:image




このときは、ロンリープラネットの東ヨーロッパ版を持って行ったのですが、

そこに宿の携帯の電話番号も書いてあるケースがある。

携帯からの国際電話は高いので

SMS(ショートメッセージ)を送って予約をしていました。

それにプリペイド式の電話って安く手に入るので、ネットなんて絶対付いてないし。

その時、私がドイツで買った携帯電話代が29ユーロでSIMカード付き、10ユーロの通話分が付いている。





ボスニアでもこのSMSで予約して、途中このクロアチアのスプリットでも使いま

した。

夜中に街に着いたりするケースでは、やっぱりガイドブックが役立ちましたね。




完全に話が脱線していますが、クロアチアのドブロブニクを最終のバスで出発して、夜遅くスプリットという街に到着。


途中、バスがエンコして、11時ぐらいだったかな〜到着は。。。次の日ここから島へ渡る予定です。

この宿が結構やばかった。ロンリープラネットに載っているせいか、比較的値段が高め、そして6人の相部屋ですが満員。

まあ、ギリギリの予約で宿に着いたのが

夜の11時ごろだったし、泊まれただけでも良かったんだけどね。


島の宿の予約をこの宿のネットでしました。

口コミで結構ヨサゲナのバックパッカー宿だったのですが、ナンパなチャラ系の旅人が多いし、

地元の不良娘たちがたむろする宿で、変なところでした。

http://www.hostelbookers.com/hostels/croatia/island-of-brac/45134/

でも、宿の客数人を連れて、無料で島中をガイドしてくれたその切符の良さと

ホスピタリティーは良かったですね〜。

f:id:halloo:20100928191711j:image

上の写真はオーガニックの手作りぶどう酒です。

が、地元の不良娘たちに私が寝ている間に飲まれてしまいました。とほほ。




島に渡った後、またバスでザダールという街へ

街に明るいうちに付くので、宿の予約はしませんでした。ガイドブックとネットで見つけた前の二つがかなりイマイチだったのでやっぱり自分で見つけようと。

ヨーロッパでは地元のおじさん、おばさんが

自分たちの家の空き部屋を旅行者に貸すことが普通に行われていて、

その客引きがたくさんバス停に居るんです。


以前、10年前のチェコ旅行で嫌な目には会っているものの、

なんとなくクロアチアは行けそうだなって感覚でした。



バス停に着くと、何人かのおじさんおばさんが、写真のブックレットを持って

立っています。みんな英語は話せませんでしたが、一人ドイツ語を話すおじさんが居て、そのおじさんについていきました。

やっぱりこういう年を取っている人たちは英語は話せません。

スロバキアの昔ながらの狩猟者が泊まる宿だってドイツ語使えたし、

ヨーロッパでのドイツ語は便利だな〜〜って思いましたね。

そういえば、トルコ旅行に行った時だって、ドイツ語で救われたし。

私のドイツ語は達者じゃないけど、こういう時、全部ドイツ語で話せると

やるじゃ〜〜〜んって自画自賛で気持ちいいです。

おじさんは車で行かないと市内へはいけないから、明日朝街まで車で

送ってくれるといわれました。

帰りは市バスを使って帰ってきてと、バスのナンバーと下車のバス停の名前とそこから家までの帰り方を入念に確認しました。


言葉が通じない場所でこういうのってドキドキなんだよね。

地元民の市バスって旅行者で使いこなすのはレベル高いって思うんだ。

街からの帰りは暗かったしさ〜〜〜。


180593

HinaHina 2012/05/21 23:09 はじめまして!
グーグルで日本語教師の検索から飛んできました。

クロアチアのお祭り、民族衣装が素敵ですね☆
ルーマニアのオーガニック宿のお料理にも心ひかれます。東ヨーロッパといえばロシア系の言葉なのかと思っていました!ドイツ語圏って広いのですね。
旅行記の続きを楽しみにしています。
それでは〜。

halloohalloo 2012/05/22 13:02 Hinaさんコメントありがとう!
日本語教師を目指しているんですか?本当にいろいろ、悩みおおき仕事ですが、やりがいと楽しみはある仕事だと思います。頑張ってくださいね。東ヨーロッパ言語はスラブ語系でドイツ語では無いのですが、昔からドイツ語圏のオーストリアに支配されたり、ドイツに侵略されたりと、ドイツ語系民族と深い関わりがあります。昔からドイツ語圏から多くの人々がやってくる保養地がたくさんあるんですよ。

2012-05-09 旅先でのお金の使い方1

[] 10:59

最近没ネタが増えて来て、前に書いた記事を、公開しようかなと思って出していきま〜す。

最近友達からお金どうしているの?という質問を多々受けるので、私の旅先でのお金の使い方を書きますよ。




まず一番最初の2年の放浪で大体日本円は120万円〜130万ぐらい使った。(2001〜2003年)

飛行機代込みです。

なぜそんなに使わなかったのかとよく聞かれる、ヨーロッパメインなのにさ〜〜。

まずアジアはタイとカンボジアで3ヶ月でしょ。旅の最初だったし、今考えるとそんなに節約はしていなかったかも。

多分25万ぐらいかな?タイまでの飛行機代入れてね。

タイで旅行かばん2つ分の雑貨類を購入して、イギリスで売りさばく。

コレはトータルいくらになったのか全く覚えていないが

2000ポンドぐらいにはなったかな〜〜?当時はポンド安で、35万ぐらいか。ほんとにあまり売り上げカウントせずに、稼いだら生活費に使いってしていたからね。

その金で、バルセロナへ2週間行けたし、イギリス2ヶ月の生活費に消えた。その当時はポンド安だったけど、やっぱりイギリス

他の国に比べて物価が高かったからすご〜〜く助かったよ。




ヨーロッパで長期滞在した国では居候状態。日本で作った知り合いもそうだけど、現地で、何とかして知り合いを作り、その知り合いから知り合いへ紹介で居候そんな感じでした。




じっくり旅派だったから移動も少なかったし、バスでの移動だったしね。

それから、アイルランドでベビーシッターとして住み込みで働いたこと。コレが3ヶ月ぐらいか。

そのベビーシッターでね、週に100ユーロもらっていましたね〜。結構大きいよ。月に400ユーロだからね。宿も食べ物にもお金かからないしから、飲み代遊び代かな。アイルランドも物価が高い国だから、働く必要性にかられたって感じかな。


それからアイルランドのWWOOF農家での住み込み労働が2ヶ月ぐらい。労働力→宿&ご飯になる。

これは、ほんとお金使わなかった。田舎だし、行くところないし、散歩ぐらい。一回だけ車でパブに連れて行ってもらった、ほんとそれだけ。。


それで1年8ヶ月ぐらいのヨーロッパ滞在で宿に金を払ったのはトータル4ヶ月ぐらいだと思う。

旅の一年目はねユーロが導入される前でね、かなり物価も安かったよ。

宿の高いイギリスで宿に1ペニーも払わなかった。


どうして、そんな居候が出来るって?

勢い。それから人脈をどん欲に作って行った。もう旅の為に生きているって感じでしたよ。


まずね、日本で旅をするって決めてからお金を貯めている一年間、ゲストハウスに住み、友達が出来た。それで、オーストリア、スイス、アメリカへ行ける事になる。

それから、その日本に居る間になんとなく、知り合いになった外国人と連絡を取りつづけた。

それでイギリス、ベルギーへ行く。

一カ国目のタイにいたときに、イギリス人の旅友が出来た。それでイギリスへ。

アイルランドで長期でゲストハウスに滞在し、友達が出来た。それでフランス、スペインへ行く。

ベルリンに居るとき、新しくイタリア人の友達ができてね、それでイタリアへいく。そして彼氏も出来て、実家のアイルランドに招待される。

ベルリンはその2年間の放浪で、7ヶ月ぐらい居たかな〜〜?それでも最初の2週間だけゲストハウスを使う後は居候。。。。すごい長期居候状態。居候させてくれた家は4軒。

いま考えると凄いよね。


今世界旅行をしているんだ〜〜!!!って最初から公表していて、すごくポジティブエナジー爆発って感じだったから

みんな協力してくれたんだなって思うよ。

やっぱり元気があるっていうのは、すごく大切みたい。





こう見ると、主要の物価が高いな〜〜というところは大体人の家に住んでいる。

でも、ただテイクだけじゃないよ。やっぱり悪いなって思うからね、私が出来るだけの事はしようって思う。

その人の家に居る時はね、その住人の分も食べ物を作るの、私が食材買ってね、本当によく日本

料理を家主に振舞っていたよ。ヨーロッパはもともと人を泊まらせるのに抵抗無い文化だし、

日本食も食べれて、結構ウエルカム状態だった。

家の壁塗りとかも手伝ったし、あるときは裁判所まで一緒に行ってあげた事もあるかな!

そして、当時の私の旅のスタイルが、現地の人と同じような生活をしてみる〜!

だったので、ガイドブックは持っていなかったし、ヨーロッパでは観光客があつまる所も行かなかった。

あまりお酒もタバコもやらない私は、結構安上がりに旅ができたのでした。




177954

yoskeyoske 2012/05/10 22:39 そんな旅のスタイルの日本人って旅していると出会うけどさ9割以上女性なんだよね。俺もパワー全開でがむしゃらにみんなに俺はこれからベルリンへ行くんだー世界一周旅行は中止したんだーってしゃべり続けたラオスの事を思い出すと今でも飲める。あはは

yoskeyoske 2012/05/10 22:40 りすぺくとひさこちゃん!

halloohalloo 2012/05/11 00:26 あははは、そうだよね、男も女も女性を気軽に泊まらせるしね。男性はいきなりあまり知りもしない女性から家に泊まって良いよ!なんて難しいね。でも女であるために気をつけなきゃいけない点もあるからな〜。今はcouchsurfingがあるから、男性も知らない人の家に泊まりやすくなったよね〜。いろいろ書かれて身分保証できるし。私はネット社会になる前に旅が出来てよかったなって思うよ。なんとなく。ふ〜〜〜ん、ラオスでもう世界一周中止を決めたんだ〜。
でもあの当時のベルリンは特別な時期だったからさ。決断がよかったんだよね。コイクラブももうベルリンで10年ぐらいやってんじゃない??凄いよね!

私は最近、南米行ってみたいな〜〜って思ってさ。洋介サンがポルトガルから500€って言っていたのが気になってね〜。

奈菜奈菜 2014/02/25 00:28 アイルランドで住み込みのベビーシッターはどうやって探したんでしょうか?教えてください!あとお給料は手渡しですか?

halloohalloo 2014/02/25 07:26 私の行ったゴルウェイという街は、毎週3行広告がたくさん詰まった市民情報誌が有ったんですよ。
その情報誌を扱う会社に確か12ユーロほど払い、3行広告を載せてもらいました。現地で一番安いプリペイド式の携帯を買って携帯番号を広告に載せたら、たくさん問い合わせの電話がかかってきました。何件か話を聞き、実際足を運んでそのなかで一番自分が働きやすそうな家庭を選びましたよ。語学学校で斡旋される例もありますが、週65ユーロ程度で、(私は90ユーロまたは100ユーロで働きました)契約が数ヶ月などもあり、辞めたくても辞められない人も居たので、ご自分で探すのが一番良いと思います。辞めたいときにいつでも辞められるし、
自分で家庭も選べますから。給料は手渡しです。でもヨーロッパでのオーペアーでの収入は不法行為ではありません。堂々としていて大丈夫です。

2012-04-02 モロッコの旅3 山の家族

[] 10:49

お腹をお腹を空かせた、歯が真っ黒の4歳の子出会い。

なにかこの子にしてあげる事があれば、なにか母親になったような気分でした。

鶏肉2キロをあげた次の日、お宅を訪ねてみると、残りのクスクスをごちそうになり

(6人でみんなで、足の鳥一本を分けて食べる。その食べる勢いがすごい)

f:id:halloo:20120210135319j:image


10歳のお兄ちゃんが、お礼に山まで道案内をしてくれるという。

すごい急な岩みちなのにどんどんあがって行く、それも案内も10歳とは思えないほど丁寧だ。

ビエン、ビエン、とスペイン語でここ大丈夫だよ。そんな感じで話している。

f:id:halloo:20120209135947j:image

10歳でも、山で仕事をして、4歳の弟も居る。本当に大人びていて、精神年齢が高い感じがしました。





この家にお邪魔してから、お節介ながらこの兄弟姉妹の動向が気になる。。。。

羊飼いの10歳のお兄ちゃん、13歳のお兄ちゃん、学校に本当に行っているのかな?

ある日、山羊の世話をしながら、ボーっとしている

時に、算数の計算をしてみて、と問題を出してみた。

がーーーーん。

13歳の子は、2桁の足し算引き算があまりできない、20の位からどんどんあやふや。

10歳の子は、1桁はなんとか、ギリギリ、でも指を使っている。。。。。

1桁と2桁の組み合わせの足し算引き算があまりできない。

これは、私がここにいるあいだ、足し算引き算を教えた方が良い。歯磨きの次は

私に次なる課題が出て来た、そんな感じだった。

f:id:halloo:20120215121802j:image





最初は学校に全く行っていないのカナ?と思っていましたが、家族との交流が深まるにつれて

この兄弟姉妹は、ローテーションで山羊の世話をして、時間がある時に学校に行っていることが

わかった。


いちを一安心。

お姉さんは主に、お母さんと手伝いをし、午後から学校に行ったり、

学校に行かない日もある。兄弟の中では一番多く学校に行っている様子。

フランス語が少し話せます。

f:id:halloo:20120215133602j:image





10歳と13歳のお兄ちゃんは、大体2人一組で山羊の世話をして、



たまに午後だけ行ったり、午前だけ行ったり。

羊飼いに算数は必要ないよなんて素振りをする。

やっぱり、学校の勉強はついて行くのが大変で、算数の授業は捨てている感がある。




f:id:halloo:20120225080644j:image



私とこの家族の唯一のコミュニケーションの手段は、実は片言のフランス語、

それもお姉ちゃんとだけ。モロッコ北部は英語よりフランス語の勉強が普及されているんです。

フランス語をモロッコで特訓しましたよ。

お母さん、ほかの兄弟とはジェスチャーのみ。

でも、そこまで不自由な感じはしませんでした。なんとかなるんですね。


今までに無い、旅のパターンで充実感がありました。


子供たちも仕事に学校にたくさんやる事はあるのですが、全体的にのんびりはしています。

お母さんもやる事がた〜〜〜くさん。一番忙しそうなのはお母さんでした。


モロッコの山の家庭の家事は、やる事が本当にたくさんです。

薪集め 山から薪を切って来ます。それも崖を登って、大量の薪の木を運んで、崖を下ってくる。f:id:halloo:20120224151406j:image

こんなに沢山薪を集めてきます。

洗濯は手洗いそれも家族6人分。

パン作り、大体5日分のパンを一気につくります。

f:id:halloo:20120215133802j:image

山羊の乳搾り。栄養が足りない山の生活では子供に山羊の乳を与えます。

ご飯作り、洗い物、買い物、山に住んでいるので、街はそんなに離れていませんが、往復歩いて

買い物は3時間ぐらいかかります。



一緒にお母さんと居て、わかった事が、 字と数字を全く読めないし、書けないこと。

時計も読めません。

値段は書いてあっても読めません。聞けばわかります。

でも、どのお札はどれがどのくらいの価値というのはわかっています。だから買い物は出来ます。




もう一人の仲良くなった羊飼いの女性。

30歳、彼女が私が書いた数字、1のまねをして書いてみようとするんですが、

書けないんです。。。


識字率が低いというのはこういう事なのかと実感しました。

人間は学んだものだけ出来るようになるんですね。



本当にこういう昔ながらの生活って、憧れはあるけど、電気、ガス、水道、スイッチ一つで

出てくる生活で生まれた私。



実は山と宿を往復している間に、何度かこのお宅に泊まらないか?と聞かれていて、

寒そうだなとおもって断っていたのですが、あたたかくなったある日

とうとう決心をつけたのです。(2月の下旬からどんどん春っぽくなって行きます。)

この山の生活トライです。


つづく





171048

yoskeyoske 2012/04/03 20:49 あはは、すごい。この家族は孫の代まで久子ちゃんの事を話すだろうね。それはいいね。

halloohalloo 2012/04/03 21:57 yoskeってやっぱり洋介さんだったか〜。
久しぶりにyoskeさんのブログ読んだよ、面白いね〜流石。シュピーゲルの記事、シェアさせてね。