Hatena::ブログ(Diary)

Classic 8-bit/16-bit Topics

Classic 8-bit/16-bit Topicsでは、海外での出来事を中心に、旧世代のコンピュータ/ゲーム機に関する雑多な話題を書き散らしています。ただしゲームミュージックやチップチューンなどに関してはVORCで専門に扱っていますので、ご興味がおありのかたはそちらもどうぞ。

2014/05/29 長年放置しておりまして、申し訳ございません。ここやVORCで書いていたような研究は現在、主に各種『ゲームサイド』誌に書き綴っております。よろしければご覧くださいませ。またそのほか最近の動向に関してはtwitter:@hallyvorcにてお知らせしております。いずれ更新を再開したいとは思っております。



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 |
2014 | 07 |
2015 | 12 |

02.07.2005

[][][] Radica, Codemastersと提携

ワンチップメガドライブを武器にプラグ・アンド・プレイ市場で怪気焔をあげるラディカゲームズ。セガ、タイトー、カプコンときて、次はコードマスターズとの提携を発表しました。しかし発売タイトルはコードマスターズ作品ではなく、現在彼らが権利を持っているセンシブルソフトウェアの作品たち。具体的には「センシブルサッカー」「キャノンフォダー」「メガロマニア」の3本を収録したコンパクトな復刻機となります。

今回遊べるようになるのはメガドライブ版ですが、どれもアミーガ/アタリSTに起源を持つゲームたちです。このなかで日本でも比較的有名なのは「メガロマニア」くらいでしょうか。しかしこの三作はいずれもセンシブルの最後期を代表する三大傑作で、イッギ・ドロゥーゲ氏が指摘するように、とりわけヨーロッパで人気を博しました。なかでも「センシブルサッカー」はヨーロッパだけでシリーズ累計150万本を売ったビッグヒットとして知られいます (当時アミーガの普及台数は約400万台)。もちろん今回の看板タイトルとなるのはこの作品。2005年秋に29.99ポンド (イギリス先行ってことですか?) で発売とのことです。

(附記: 今回のプレスリリースは二人同時プレイ可能であることを強調しているのも興味深いです。以前このシリーズは二人同時プレイできないことがネックであると書きましたが、ようやく対処する気になったのですね)

mgkillermgkiller 2005/02/07 18:52 うぉ、このラインアップはアミガゲーマーとしては非常に嬉しいです。特にキャノンフォダー!未だにアミガ500を引っ張り出してはプレイしているくらい個人的にはまってました。センシブルサッカーシリーズも操作がシンプルで良かったですし。メガロマニアもレーザー兵器やら使いだす終盤は楽しかったなあ。

キャノンフォダーは2人協力プレイじゃないと後半はクリアが非上に難しいような気がしたのでこの仕様追加は有難いかもしれません。

hallyhally 2005/02/13 15:06 これまで発売されたプラグ&プレイ機のなかでは、もっとも遊べるものかもしれませんね。Radicaにはこの勢いでメガドライブ後期の優良タイトルをどんどん掘り下げて欲しいところです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hally/20050207
旧世代機専門ニュースサイト (日本語) :