Hatena::ブログ(Diary)

Classic 8-bit/16-bit Topics

Classic 8-bit/16-bit Topicsでは、海外での出来事を中心に、旧世代のコンピュータ/ゲーム機に関する雑多な話題を書き散らしています。ただしゲームミュージックやチップチューンなどに関してはVORCで専門に扱っていますので、ご興味がおありのかたはそちらもどうぞ。

2014/05/29 長年放置しておりまして、申し訳ございません。ここやVORCで書いていたような研究は現在、主に各種『ゲームサイド』誌に書き綴っております。よろしければご覧くださいませ。またそのほか最近の動向に関してはtwitter:@hallyvorcにてお知らせしております。いずれ更新を再開したいとは思っております。



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 |
2014 | 07 |
2015 | 12 |

06.01.2005

[] Generation NEX 発売決定

昨年NES/ファミコンおよびSNES/スーパーファミコン用のワイヤレスコントローラ「2.4GHz」を発売したメシア・エンターテイメントが、今年はNES/ファミコン互換機をリリースするそうです。ファミコン互換機はここ数年の間にずいぶんたくさん出たものの (まあ中身はどれも同じワンチップファミコンですが)、NES互換機というのはまだ大っぴらには出ていませんでした。これはNESのロックアウトチップ特許が依然有効だったためなのですが、それもそろそろ期限切れになるというわけです。

ジェネレーションNEXという名称のこの互換機は、日本版/海外版どちらのカートリッジも使用できるデュアルカートリッジ仕様が最大の特徴。ただ不思議なことに、日本版用スロットが対応しているのは、ファミコンではなくネオファミのカートリッジということになっています。ううむ、商標の問題を避ける意図は分かるとして、なぜ数ある互換機のなかでネオファミを名指ししているのでしょうか。ひょっとすると日本での発売予定もあるのかもしれませんね。

その他の特徴としては、スロー/クイック機能、振動機能、そして「2.4GHz」標準対応などが挙げられます。わりと欲張りなマシンになっているせいか、価格は59.99ドルと少し高め。まあいまのところ競合機種がないのですから、こんなものかもしれません。今年8月のクラシックゲーミングEXPO 2005で先行発売とのことで、現在Paypalでの予約を受け付けています。

…どうでもいいですけど、これはクラシックゲーミングEXPO 2005ではないですよ、ファミ通.comさん…。

旧世代機専門ニュースサイト (日本語) :