Hatena::ブログ(Diary)

Classic 8-bit/16-bit Topics

Classic 8-bit/16-bit Topicsでは、海外での出来事を中心に、旧世代のコンピュータ/ゲーム機に関する雑多な話題を書き散らしています。ただしゲームミュージックやチップチューンなどに関してはVORCで専門に扱っていますので、ご興味がおありのかたはそちらもどうぞ。

2014/05/29 長年放置しておりまして、申し訳ございません。ここやVORCで書いていたような研究は現在、主に各種『ゲームサイド』誌に書き綴っております。よろしければご覧くださいませ。またそのほか最近の動向に関してはtwitter:@hallyvorcにてお知らせしております。いずれ更新を再開したいとは思っております。



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 |
2014 | 07 |
2015 | 12 |

01.18.2006

[] 著作権フリーなエミュレーション、その先にあるもの

たびたび述べているように、ZXスペクトラムというパソコンはクリーンなエミュレーションの実現にかけて最先端に位置する存在です。エミュレータの配布が正式に認可されているだけでなく、過去に市販されていたソフトの大半や関連資料まで公認・無償で入手できるといういたれりつくせりの環境には、旧世代機エミュレーションの理想像が示されているといっても過言ではないでしょう。こうした状況はひとえにユーザーたちの著作権問題意識の高さと積極的なボランティア活動のたまもので、その成果はWorld of Spectrumというサイトに集約され、誰でもアクセスできるものとなっています。

ところが英国のレトロPCジャーナリストであるコリン・ウッドコック氏は『Micro Mart』誌の連載コラムのなかで、次のように述べています。

毎年クリスマスが近づいてくると、eBayディスク問題に絡んだアンビバレンスの発作らしきものに襲われる自分に気が付く。これから述べることに、スペクトラム・コミュニティの住人はほとんど例外なく賛同しかねるだろう。私自身もそうなのだ。それにも関わらず、これが長期的にみればむしろシーンに利益をもたらす可能性があるのではないかという考えを、私は払拭することができないでいる。

eBayディスク問題とは? 単純なことだ。World of Spectrumのウェブサイトに行って、エミュレータ、ゲームファイル、雑誌スキャンなど――当然すべて無料――をありったけダウンロードし、ブランクDVDに焼きまくる。それから有名ゲームのスクリーンショットと「シンクレア」「スペクトラム」「メガ」とかいった単語をあつらえた悪趣味なカバーを印刷。そいつをeBayに持ちこんで、2.99ポンド (600円) ぐらいで違法販売するのである。原本を創り出すのに汗水流してきたスペクトラム愛好者たち全員に心底不快な気持ちを味わわせたいなら「これは製作にかかる手数料のみの価格で、当方は一切の利益を得ておりません」みたいな商品説明も欠かせない。いやもちろん、ダウンロードは今現在それくらい労力がいる作業ではあるが。

こういう言い訳をされるとやはり法的に取り締まることは難しいのでしょうか、この手の出品は後を絶たないようです。評価に傷を付けるためだけに入札してやろうかという気分に何度襲われたことか――ウッドコック氏はそう述べています。

しかし結局、若い頃に90分テープでソフトをダビングしていたスペクトラム愛好家が、いま現在スペクトラムのゲームを複製転売している輩に喧嘩を売ったところで、目くそ鼻くその偽善行為でしかないのではないか、という考えがいつも頭を過ぎるのである。それで頭が冷めて、私は特売品のチェックに戻る。もちろん私には腹を立てる資格がある。私たちが80年代にやっていたことに比べて、複製の規模がとんでもなく大きいということは確かなのだ。それに私たちは誰も利益を得ようとはしていなかった。よくできたことに、転売人たちの中には、盗み取った大元のコミュニティに属する人間はいないように思われる。連中は実際のところ、行きがけの駄賃に我々の善意を悪用し、美味しいところだけをさらっていく通りすがりの名無しさんなのだろう。

だがそうだとしても、私は真剣に考えてしまうのである。こちらの努力から転売人たちが得るものが、そんなに大きいだろうかと。頭が冷めた瞬間、連中はむしろ貢献しているのかもしれないのだという考えが――もちろんきわめて無意識的に――浮かんでくる。結局のところ、こういう転売ディスクを買ってしまった人が、事前に現在のスペクトラムシーンについて知っているということは、まずなさそうに思われる。知っていたら私たちと同じように、ネットから無料でダウンロードしているはずだ。こう考えてみると、ディスクが一枚売れるごとに、コミュニティに新しい人材を呼び寄せる可能性があるとも考えられるわけである。エミュレータ作者様へ: ヘルプファイルに適切なアドバイスを記すことをお忘れなきよう。

エミュレータを介したユーザーコミュニティというものがきわめて限定的にしか実現されていない日本からみると、随分迂遠な話に思えるかもしれません。同じようにしてフリーなエミュレーションを実現しているX68000でさえ、コミュニティは閑散としているわけですから。なんにしても、著作権問題が解決すればエミュレータの未来は薔薇色というわけでもないらしいということだけは、心の片隅に留めておきたいところです。

BKCBKC 2006/01/19 21:31  まず、フリーという曖昧な言葉が混乱させているのだと思います。
それはfree as in beerとfree as in speechとの違いで、
X68kのそれは無償なのであって自由ではないはずです。
また、シンクレアのはぱっと読んだ限り、自由な配布が可能とあった気がします。
そういう意味では幾分違った意味合いがあると思います。

X68kのコミュニティが閑散としているのは、オープンではないというのと、
ポータルが無いからだと思います。
それこそ、ニュースサイトとフォーラムを兼ねていて自由に好きな人が集まって書き込んだりできる所が。
例えばワタシが今X68kのソフトを作ったとしても誰も相手してくれないでしょうし。

ただ、それはヨーロッパ的スタイルなのかな〜、とも思いますが(^^;

hallyhally 2006/01/19 23:41 スペクトラムも根本的には「無償」の意味でのフリーです。X68000に比べてシステムの改変などに寛容ではありますが。

ポータルがあるかないかは大きいと思いますが、あってもコミュニティが閑散としているという例はいくつもあります。TI-99/4AとかTRS-80とか。いくら環境を整えたところで、その機種にしかない魅力というものを広くアピールできなければ、コミュニティは拡大しないのだと思います。

BKCBKC 2006/01/20 20:28 寛容さから言えば、これは「無償」以上のものだと思います。
もちろん、著作権的には自由ではないですけど、それはGPLなども同じですし。

TI-99/4AやTRS-80は検索してもポータルっぽいのを発見できなかったような…。
しかし、X68kはx68chなんかを見ると別にそれほど閑散とはしてないような気がします。
(新参者が入れるかは別として…)

魅力、旧機種の場合は既に知られていると思うので、
後はユーザー同士がお互いに新しい事や物を見せる場所をどう提供するか、ではないかと。
ある程度人数が集まったらコンペ開いたりいろいろ…。献身的な人が一人は必要ですね(^^;

ところで、wikipediaにHuman68kのソースが生産終了後に公開された、
と書かれていたのですが、事実ですか?(^^;

hallyhally 2006/01/20 22:13 > これは「無償」以上のものだと思います。

ええ、形態的にそういえるのは確かですが、もともと「自由」を意図したものではないですし、そのような性質が広く認知・活用されているわけでもないということです。

> TI-99/4AやTRS-80は検索してもポータルっぽいのを発見できなかったような…。

代表的なのは http://www.trs-80.com/ http://www.99er.net/ あたりですね。BKCさんが意図しておられるようなポータルとはちょっと違うかもしれませんが、現時点におけるユーザーコミュニティの中心地であることは確かです。

> X68kはx68chなんかを見ると別にそれほど閑散とはしてないような気がします。

それは何と比べるかによるでしょう。ここでは海外の有名機種に比べてという意味で捉えていただければ。

> 旧機種の場合は既に知られていると思うので、

実はそこが行き詰まりなんですね。たとえば海外では10代の少年がコモドール64を欲しがったりするような現状があるのですが、彼らは当然何も知らないところから魅力を発見している。そういうことを可能にする土壌があるわけです。それがないとコミュニティを維持することはできても発展させることはできないだろう、ということなんです。

hallyhally 2006/01/20 22:14 > ところで、wikipediaにHuman68kのソースが生産終了後に公開された、と書かれていたのですが、事実ですか?(^^;

興味深いですね、私はちょっと記憶にないですが。

通りすがりの人通りすがりの人 2006/03/20 02:54 > ところで、wikipediaにHuman68kのソースが生産終了後に公開された、と書かれていたのですが、事実ですか?(^^;

ソースは公開されていなく、バイナリーが無償公開されただけだと思われるので、修正してみました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hally/20060118
旧世代機専門ニュースサイト (日本語) :

         
Connection: close