Hatena::ブログ(Diary)

Classic 8-bit/16-bit Topics

Classic 8-bit/16-bit Topicsでは、海外での出来事を中心に、旧世代のコンピュータ/ゲーム機に関する雑多な話題を書き散らしています。ただしゲームミュージックやチップチューンなどに関してはVORCで専門に扱っていますので、ご興味がおありのかたはそちらもどうぞ。

2014/05/29 長年放置しておりまして、申し訳ございません。ここやVORCで書いていたような研究は現在、主に各種『ゲームサイド』誌に書き綴っております。よろしければご覧くださいませ。またそのほか最近の動向に関してはtwitter:@hallyvorcにてお知らせしております。いずれ更新を再開したいとは思っております。



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 |
2014 | 07 |
2015 | 12 |

12.05.2015

「ゲーム音楽史」が登録商標になっていた

久しぶりの書き込みなのにまた書籍『ゲーム音楽史』関連の番外編です。恐縮ですが、これはちょっと看過できないと思ったので、ひらにご容赦を。

――先日Do.氏から「『ゲーム音楽史』が商標登録されているらしいよ」と教えてもらいました。

最初は「え、そんなことありえないだろう」と思ったのです。普通に考えれば、こんなのは普通名詞ですから。「ゲーム音楽史に残る○○」なんていう口上は、昔から誰でも言うし、どこででも耳にする言葉じゃないですか? そういう普通名詞は通常「出願しても登録にならない商標」と見做されます。そうでなくても書籍の題号は商標登録できないというのが一般的な解釈です。

そんなわけで、悪い冗談だろうと思いつつ商標を検索してみたわけですが……なんと、本当に「ゲーム音楽史」は商標登録されていました

(111)登録番号 第5740259号

(151)登録日 平成27年(2015)2月13日

(210)出願番号 商願2014−79493

(220)出願日 平成26年(2014)9月21日

先願権発生日 平成26年(2014)9月21日

(180)存続期間満了日 平成37年(2025)2月13日

商標(検索用) ゲーム音楽史

(541)標準文字商標 code=8351code=815Bcode=8380code=89B9code=8A79code=8E6A

(561)称呼(参考情報) ゲームオンガクシ

(531)図形等分類

(732)権利者

氏名又は名称 柴田 祐助

法区分 平成23年法

国際分類版表示 第10版

(500)区分数 1

(511)(512)【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】 【類似群コード】

16 印刷物

26A01

これが成立している以上、いまや「ゲーム音楽史」という名称を掲げる印刷物は、権利者の許諾を得なければ出せないことになりかねません。いやいや、そんなのどう考えても一般名詞なんだから無効だろ……と言ってもいられません。最終的に判断するのは裁判所です。もし許諾を受けずに使うのであれば、少なくとも訴訟リスクは覚悟しないといけません。

それにしてもこの権利を主張する「柴田祐助」とは何者でしょうか? 

『ゲーム音楽史』の著者名とは違いますね。著者は岩崎祐之助氏です。しかし「祐」と「助」の字が共通することから、「柴田祐助」は著者の本名ではなかろうかと推察することができます。

で、著者紹介によると、岩崎氏は某大手ゲーム制作会社に勤務しているそうなので、「柴田祐助」+「ゲーム会社」で検索してみました。真っ先に出てくるのは「ゲームセミナー卒業生インタビュー - 任天堂」という記事です。ここに登場するするのは任天堂株式会社情報開発本部、柴田祐助氏。

いや、これだけなら偶然の一致かもしれませんね。ですが、もうひとつ物証が見つかりました。日経新聞(2014年8月24日)の書評欄に掲載された、岩崎氏の写真入り記事です。その写真を、柴田氏の別記事における写真と比較してみましょう。

……同一人物かどうかのご判断は、ご覧の皆さんにお任せします。


同一人物であるとして――執筆内容についての問題点は以前に指摘しましたが、任天堂の社員でありながら個人として普通名詞を私物化しようとする姿勢には、本の内容以上に呆れざるをえません。 今回の商標登録がゲーム音楽の歴史研究にとって今後マイナスになることはあっても、プラスになることはないでしょう。そのことを何より危惧しています。

ところで、一般名詞が過誤により商標登録されてしまった場合、どうすればいいのでしょうか? 登録から5年以内であれば、商標登録無効審判という制度を利用して、無効を主張することが可能です。しかしその手続きは意外と大変です。そして肝心なことに、その手続きは誰でもできるものではないんです。その登録商標に対して、利害関係を持つ者にしか手続きできないという決まりになっています。

簡単にいえば、出版社、ライター、あるいはゲーム音楽業界関係者にしかできないということです。たぶん僕自身も、何かしらアクションを起こすべきなんでしょうね。

fegsfegs 2015/12/06 18:21 商標を取ったと言う事は、合法です。無効審判も出来ますが。
個人が見知らぬ個人に対して、気に入らないからといって、さも正当である様な理由を挙げて、騒ぎたてる事は、人道的にどうでしょうか。
そして任天堂の社員の方であれば、ネット上では炎上しやすいのです。
行動を起こすのであれば、ブログなどに書く以外にも方法があるでしょう。
合法には合法。無法で返すべきではありません。

krowcykrowcy 2015/12/06 22:32 >fegs様
公開された登録商標の情報をブログで報告することがいつから合法じゃなくなったんでしょうか。
このブログの論理が正当でないというのなら、あなたもその根拠を明確に述べるべきではないでしょうか。

fegsfegs 2015/12/07 06:11 >krowcy 様
違法だとは言っていません。無法だと言っています。
論理が正当では無いのではなく、倫理的にどうかと言う話です。

今回の場合、無法であると感じたポイントは2つです
・任天堂の社員である事をアピールしすぎている
 ゲームとは関係の無い一般人なら良いのですか?
 最初は「ゲーム音楽史」という言葉が商標登録された事を問題視しているのに、途中から「任天堂社員」である事を論っています。論点はそこなのですか?
 この記事で何度も「任天堂社員」というワードが出ていますが、どう見ても炎上目的の様に見られます。

・商標の一区分での申請を大事化しすぎている
 試しにAmazonで「ゲーム音楽史」と調べてみれば分かりますが、印刷物という狭い区分でゲーム音楽史という言葉が制限されたからと言って、この記事で書かれている様な大きな影響はあるのでしょうか。
 恐らくそれが理由で登録出来たのでしょうが。多数の印刷物にタイトルとして使用されている言葉であれば商標登録出来ませんからね。

情報公開されているから、ネットで分かる範囲だからという理由で、炎上しやすい内容をあたかも「自分がやっている事は正しい」という口調で書いている事が無法だと言っています。

例えば個人が突然、赤の他人に写真を撮られてTwitterに挙げられたとします。
その写真を更に第三者がブログでリンクに貼る行為は違法では無いでしょう。
しかし、いたずらにネットで拡散しているのですから道理をわきまえていない、無法だと思われます。それと何ら変わりはありません。
このブログの管理人は、赤の他人の人生に大きな影響を与えている自覚はあるのでしょうか?

yuichi0508koamichoyuichi0508koamicho 2015/12/08 17:19 つか「一般的な言葉で商標をとる」ってのがこの場合「やってる事は合法だけど無法」なんじゃねーの?
WiiUけいさつこわいなー

hallyhally 2015/12/08 17:28 まず、私はこの商標に関して「赤の他人」ではありません。長らくゲーム音楽史の研究を生業にしていて、直接に影響を受ける可能性のある第三者です。そしてそういった研究者は私一人ではないのです。「印刷物という狭い区分」なら占有しても問題が起きないというのは、そのような背景を見ず現物だけを見る勝手な主張に過ぎず、一般名詞の商標化を正当化する理由にはなりえません。

私はこの商標登録が公益に反するものと考え、商標無効審判を視野に入れています。その過程において、登録者が何者で何を狙いとしているのか調べるのはごく自然なことでしょう。かような目的から柴田祐助氏のことを公知の事実に基づいて推測したまでです。それが「いたずらな拡散」に当たりますか。任天堂について書くのは、もし彼が任天堂の社員であるとしたら、そのことが商標の行使にどう影響するのかもまた、公益性を考える上での懸念材料になってくるからです。炎上がどうしたとか、そんなことは関係ありません。

どっちが正しいのかは最終的に役所が判断することです。自分勝手な倫理観をさも唯一無二の正答であるかのように主張されても、私はそう思いませんとしか言いようがありません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hally/20151205
旧世代機専門ニュースサイト (日本語) :