Hatena::ブログ(Diary)

Classic 8-bit/16-bit Topics

Classic 8-bit/16-bit Topicsでは、海外での出来事を中心に、旧世代のコンピュータ/ゲーム機に関する雑多な話題を書き散らしています。ただしゲームミュージックやチップチューンなどに関してはVORCで専門に扱っていますので、ご興味がおありのかたはそちらもどうぞ。

2014/05/29 長年放置しておりまして、申し訳ございません。ここやVORCで書いていたような研究は現在、主に各種『ゲームサイド』誌に書き綴っております。よろしければご覧くださいませ。またそのほか最近の動向に関してはtwitter:@hallyvorcにてお知らせしております。いずれ更新を再開したいとは思っております。



2004 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2005 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 |
2014 | 07 |
2015 | 12 |

02.09.2006

[][] セガマークIIIのプラグ&プレイ機、近日発売?

マークIII/マスターシステムのプラグ&プレイ型復刻機といえば、ブラジルだけで販売されているマスターシステム・ハンディがありますが、香港のアジアン・トイ・ソース社からそれとは別のタイプが登場するようです。イッギ氏が書いているように、同社が行うのは受注生産のみで、販売元の要望にあわせて50本のソフトから10本ないし20本をセレクトして組み込むとのこと。アレックスキッド・コレクションとかグレートスポーツ・コレクションとか、そういったものが出てくるではないかと思われます。販売元の詳細はまだ不明ですが、価格は10-in-1で29.95ドル、20-in-1で39.95ドルくらいが目安とのことです。

ちなみに発表直後にはDCEmuで写真を見ることができたのですが、後日メーカーの希望で取り下げられてしまいました。日本の有名デザイナとは何者でありましょうか。

11.01.2005

[] Golden Tee PlayTV 発売決定

ラディカ・ゲームズのプラグ&プレイ新作がアナウンスされています。今度は2006年秋にインクレディブル・テクノロジーズの代表作「ゴールデン・ティー・ゴルフ」をリリースするとのことですが、アーケードからの移植となるのか、体感路線の新作となるのかは、はっきりしていません。

08.13.2005

[][] Play TV Legends Outrun 2019 / Play TV Legends Menacer 発売中

ここのところプラグ&プレイ機方面はアタリ以外ずいぶん大人しいな―――と思っていたら、いつの間にかラディカゲームズから新作が登場していました。

ともにワンチップメガドライブをベースにした製品で、ひとつはハンドル型コントローラをフィーチャした「プレイTVレジェンズ・アウトラン2019」。収録は表題タイトルのみで、実売価格は25ドル前後。もうひとつはガンコントローラタイプの「プレイTVレジェンズ・メナサー」。ジェネシスのみで発売されたメナサー・ガンという光線銃システムを同梱のソフト6本とともに復活させたものですが、銃の形状はまったく異なり、よくあるガンタイプになっています。これも25ドル前後で販売中

どちらも国内外問わず評価の高くない (というよりむしろファンを失望させた) タイトルなので、よくまあ発売に踏みきったものだなというのが正直な感想ですが、最近プラグ&プレイの本流は低年齢対象製品になりつつあるので、これらもレトロ層を対象にしたものではなく、コントロールの面白さで十分に楽しめるローティーン以下の子供たちにアプローチしようとしているのでしょうね。

hiyokoyahiyokoya 2005/08/15 00:07  79歳というのはすごいですね…。
 冨田勝氏(というか私にとっては冨田先生ですが)、とは昔一度だけゲームをご一緒にさせていただいたことがありますが、ものすごく強かったですね。ボーリング、大富豪、卓球、と何をやらせても勝負にかける意気込みと集中力がハンパではなかったです。まったく相手になりませんでした。
 ゲームのみならず天才とはこういうものなのか!と、いう印象が強く残っています。

hallyhally 2005/08/15 07:21 hiyokoyaさんは慶応でしたか。それはなんとも興味深いお話ですね。当時のインベーダー名人がその後も継続的にスコアラとして活躍したケースは非常に少ないと思うのですが、冨田氏は続けていればいろいろ記録を残していたかもしれませんね。ぜひ一度、最近のゲームで本気プレイを披露してもらいたいところです。

旧世代機専門ニュースサイト (日本語) :