Hatena::ブログ(Diary)

fantatica☆

2010-05-24-Mon 小沢健二と岡崎京子

[]ひふみよ 二零一零年 五月 六月@中野サンプラザホール

会場へ向かう途中、会場の脇の扉が開いていて、車いすに乗ったボーダーを着た人が男の人に押されて入っていくのを見かけました。ふと、岡崎京子さんだろうか?と思いながら会場へ向かいました。


ツイッターとか見るとみなさん今回のコンサートを絶賛していて、本当に小沢君が好きなんだろうなってことが伝わってくるけど、私は、好きだから素晴らしく見えただけなんじゃないか*1?と勘ぐっている自分と、素直に期待している自分と半々でした。


ここからはネタバレになるので気をつけてください。これから行く人は絶対読まないでー!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆









主に歌と朗読で構成されていたんですが、歌でうおおおって盛り上がると朗読で…みたいなのがちょっと。私には合わなかった。

でもその構成が小沢君らしいのだと思うし、朗読の内容もなかなか面白かったんだけど。ドゥーワチャライクみたいで。自転車の話は、普段自転車に乗らない自分が日頃感じてたことで、しかも最近買った自己満本で遠藤倫子さんもそのことについて書いてて、小沢君も感じていてなんだか面白いなあと思いました。


1曲めの流れ星ビバップ、朗読、ぼくらが旅に出る理由を暗闇で歌ったんだけど、うっすら見えてるライトの影とかそういうのに気が散ってしまって音楽をそばに感じるとか言うのはイマイチ伝わりづらかったような気がします。いつかダイアログ・イン・ザ・ダークみたいな完璧な闇の中で歌ったら面白いかも。

このときはこのままずっと暗闇のなかでやるのだろうか?やったら面白いかもなんてちょっと思ったり。

NYでの停電の話は坂本龍一さんもしていたような気がします。

野音のときにかすれてしまっていた声はちゃんと出ていたし、小沢君、かわってないねっていう印象でした。


セットリストはこんな感じだそうです


流れ星ビバップ

朗読01

ぼくらが旅に出る理由

朗読02

天使たちのシーン

苺が染まる【新曲】

ローラースケート・パーク/東京恋愛専科・または恋は言ってみりゃボディーブロー

朗読03

カローラIIにのって

痛快ウキウキ通り

天気読み

戦場のボーイズライフ

強い気持ち強い愛

今夜はブギー・バック

朗読04

夢が夢なら

麝香

朗読05

シッカショ節【新曲】

さよならなんて云えないよ

ドアをノックするのは誰だ

ある光(弾き語り)

時間軸を曲げて【新曲】

ラブリー

流れ星ビバップ

EN.1

いちょう並木のセレナーデ

EN.2

愛し愛されて生きるのさ


ある光をもっとちゃんと聴きたかったなー。

GAMOさんのダンスがかわいすぎてダンス中は彼に釘付けでした。

ツイッターのフォロワーさんの左後ろにBOSE、右後ろに平井堅がいたそうで。なにその濃い組み合わせ!すごい羨ましい…。ブギーバックではBOSEもみんなと一緒にラップしてたそうですよ。

小沢君はみんなで○○をやろうみたいなの好きですよね。「レヴュー96-ダイヤモンド組曲・甘夏組曲・サファリ96」のときも会場中が赤鼻(黄鼻だっけ?)つけてやりましたもんねー。懐かしい。このライブ、すっごく楽しかったな!


今回は全体的に周りの人の盛り上がりっぷりにいまいちついていけなかった…ちょっと引いてました*2すみません

やっぱ先日の野音のスチャダラパーアンコールでの小沢健二登場!の衝撃には全然かなわないというか。あの高揚感にはかなわなかったです。スチャダラとかいろんな仲間に囲まれて彼がステージに立っていたあの瞬間が、私にとっての小沢健二の復活だったんだと思う。


アンコールの後に小沢君がおでこに片手を当てて顔を真っ赤にしていたのでどうしたんだろうと見ていたら「あの、いいたくなかったんだけど」「これいうと泣いちゃうからいいたくないんだけど」「岡崎京子が来ています」ってステージの端を指して泣くのをこらえているように見えました。実は泣いていたそうなんですが、9列目という結構前の席なのに乱視のせいで表情が滲んであまりよくわからなかったの。

そのとき、やっぱりあの車いすに乗ってた人は岡崎京子さんだったんだ!とちょっとびっくり&感動しました。岡崎さん、小沢君の曲をまた聴くことができて良かったね。小沢君も岡崎さんが見に来れるようになって良かったね。


D

[]聖☆おにいさん5巻

聖☆おにいさん(5) (モーニング KC)

聖☆おにいさん(5) (モーニング KC)

*1:いや、好きだから素晴らしくみえて当然なんですけども。

*2SDP野音オザケンが登場したときに想像以上の客の反応に引いたって言ってたのわかる気がしました…

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/halmos/20100524