DIALIO このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-09-19

[]ブエルタ終わりました ブエルタ終わりました - DIALIO を含むブックマーク

いやあ、あっという間の3週間でした。見所満載のグランツールでしたね。

私的評価としては「ブエルタ>ジロ>ツール」となりました。


ポイント:

* アスタナ旋風吹き荒れる

 ヴィノ&カシェキンのカザフツインズには驚かされました。前半は鳴りを潜めてたというか

ぜ〜んぜん目立たなかったのに、中盤から後半にかけてはうってかわって大活躍!

衝撃度大大大ですよ。計算も何もない(<というわけではないけど)ただアタックするのみ!

というヴィノの熱い走りには、本命バルベルデ王子、対抗サストレだったhalohaloとしても

ハートを射抜かれてしまいましたよ、ほんとに。ヴィノは世界戦でアルカンシェルも狙うとか。

ホントに獲りそうで怖い。


* ツアベルステージ2勝&通算200勝

 第4ステージでの勝利にはみんなが涙しました。そして最終ステージでも・・・・。

最終のカーブでミルラムが絶妙に好位置につけるまではハスかオグレティかなーと思ってたんですが、

ミルラムのアシストGJでした。後ろでバンザイするヴェーロが微笑ましかったなあ。


* バルベルデにとってはほろ苦いブエルタ

 TTでの躍進など成長がみられたバルベルデでしたが、一歩及ばず総合2位。

でもまだ26歳、実力は誰もが認めるところですからこれからですよ、うん。

ケスデパのアシスト陣もお疲れ様でした。結果には繋がらなかったにせよ、オスカル・ペレイロのアタックが

見れたりしてよかったです。


* 若手がんばる&古豪復活

 ディスカバリーのブライコヴィッチ、エウスカルテルのアントンなど期待の若手が出てくる一方で、ミラーの

復活、ベテラン・アリエッタのステージ優勝など新陳代謝が激しい(笑)レースでした。


* CSCは不調、でもサストレ皆勤賞

 3大ツールに全て出場したサストレ。ポディウムはならなかったけど大健闘。最後のTTもすごかった。

世界戦も出るみたいですが、ここまできたらやれるところまで後悔することなく頑張ってほしいものです。

CSCはジロ、ツールに比べるとチーム力にやや欠ける?布陣だったせいか、諸所に動きは見られたものの、

どうもパッとしませんでした。

 チームで意外によかったのがディスカバリー。一時はリーダージャージもゲットしたし、ダニエルソンも

ステージ優勝&総合6位、最終的には山岳(エゴイ・マルティネス)とチーム賞を獲得。

予想以上の結果だったのではないでしょうか。


(つづく)<ほんとに?

2006-09-15

[]ブエルタ第18ステージ ブエルタ第18ステージ - DIALIO を含むブックマーク

またまたキターーー、カザフトレイン!どこまでもアグレッシブ。

リーダージャージの想定外のアタックに取材バイクもびっくり。


優勝はカシェキン。2位ヴィノ。ゴール後互いの肩を抱き合う師弟コンビなのでした。

追)カシェキンに勝利を譲ったヴィノの漢気や、ゴール後勝利をかみ締めている2人の何ともいえない表情に心を貫かれた人多数とみました。いやあれはグッときますよ、確かに。


あさってのタイムトライアルはヴィノの誕生日です。

金色のバースデープレゼントを手に出来るか??


ケスデパ&バル、アスタナに手も足も出ず。途中までは良かったんだけど。タイム差は広がってしまいました。

追)ツールで想定外なところでリーダーチームになったことでアシスト陣も予想以上に消耗してたんですかね。それでも序盤のコントロールやプラデラの入口の引きなどグッジョブでした。バルベルデにはつらいブエルタになりそうですが、この悔しさをバネに王道を行ってほしいものです


今日も山頂に中継車。山頂ゴールなのにキレイなライブ映像ありがとう。

2006-09-14

[]うわぁ うわぁ - DIALIO を含むブックマーク

ウ"ィノがきたーーーー。バルベルデ、遅れたーーーー。

すんごいステージだったのに、HDDレコーダーのトラブルのせいで落ち着いて見ることが出来ず。再放送に期待。トホホです。

2006-09-13

[]誰か教えてください。 誰か教えてください。 - DIALIO を含むブックマーク

昨日の第16ステージ、Ag2rの選手は何賞の表彰をされていたのでしょう???

2006-09-08

[]ブエルタ第12ステージ ブエルタ第12ステージ - DIALIO を含むブックマーク

ここ2日ばかり展開が速いこと速いこと。放送が始まるころには既に残り30kmとか40km。

山岳ならここから勝負だーとも思えるんだけど、平坦ですからね。

今ステージも序盤がアタック合戦だったため進行が速かった様子。


ようやく決まった逃げ集団から最後にアタックして優勝したのはパオリーニ(リクイガス)。

カメラに向かって結婚(?)指輪にチューする(がめんださんのイラスト参照)なんて憎いじゃないですか。

2位はドックス(DVL)、3位ベッティーニ。イタリア勢はザルツブルグに向けて着々と

コンディションを整えている様子。


ゲロルシュタイナーはリタイア続出:フォーテン、モレッタ、モンゴメリー

すでにストラウスがリタイアしてるから半分がいなくなったことに。

うわー厳しい、と思ったらTモバもでした:グレイペル、コール、ツィーグラー、コルフ。

がんばれドイツ勢。


今日のイケメン

オスカル・ペレイロ

http://www.cyclingnews.com/photos/2006/vuelta06/?id=/photos/2006/vuelta06/vuelta0612/11