Hatena::ブログ(Diary)

枯れた知識の水平思考 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-11-10

ゲームの移動

脳トレは主観視点のゲーム、わがままファッションガールズモードも主観視点


日本人は主観視点のゲームが苦手なのではなく主観視点で、リアルタイムに3D空間を移動するのが苦手なのだと思われる。


しかし、そのような三次元アレルギーとでもいうべき状況も、モンスターハンターポータブルのヒットでかなり打開されるのではないか。


DS以降、移動が必要ではない、もしくは移動が極端に省略されたゲームが増えた


ゲームにおいて移動はほぼ十字キーで行うカーソルの移動も十字キーで行う



DSタッチペンはカーソル移動を簡略化し、一部のゲームではキャラクターの移動も担えるようになった。


その結果、タッチペン一つで操作出来るゲームが増えた。そうすることで、ゲームのハードルは劇的に下がった。


DSWiiの躍進の影にはキャラクターの移動の省略化という、流れがある。


なぜこのような流れが発生したのか?それは任天堂が64、GCでキャラクターの移動を真摯に突き詰めて、その限界に真正面からぶつかったからだ。


64のコントローラに搭載されている3Dスティック、あれこそが究極の移動の為のデバイスだったのである。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hamatsu/20081110/1226290615