Hatena::ブログ(Diary)

枯れた知識の水平思考 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-05-16

虚構新聞が仕掛けたゲームの行方

 なんか虚構新聞の件については色々思うことがあるので、久々にブログを更新してみる。


 今回の件で、虚構新聞中の人はこんなことを言っている。

そもそも虚構新聞って、記事のリンクを開いて虚構新聞だったときのガッカリ感、逆に「これは虚構新聞だろう」と思って開いて本当にそうだったときの勝ち誇った感を味わうような、僕と読者との一種のゲームだったのですよね。昔なら「くそー、釣られたー」か、「虚構新聞余裕でした」の反応をちまちま見ながらほくそ笑んでいたのだけど、最近は人が増えたせいか、本気で怒り出す人が「虚構新聞つぶれろ」とか「死ね」とか言い出すようになって、気持ちが滅入ってしまうことも多かったです。


 なるほど、虚構新聞とは一種のゲームサイトだったのだ。記事の虚構を見抜けたら勝ち、騙されたら負け、至ってシンプルなルールを設定したゲームサイト、それが虚構新聞であると。


 だから、今回の件で、虚構新聞を擁護する人はゲームとしての虚構新聞を楽しんでいた人だし、嘲笑されるのは、虚構新聞の仕掛けたゲームに負けた人だ。負けた人達はこの辺にまとめられてたりする。


虚構新聞の偽記事「橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」にだまされて怒ってる人たち - NAVER まとめ


 このゲームで勝ちたかったら知っておくべきことは至って単純、ツイッターとかでタイトルだけを見て早合点しないで、リンク元をちゃんとチェックすること、それとネットには虚構新聞という嘘記事を発表するサイトが存在するということを予め知っておくことだ。この二点を知ってさえいれば、大抵の人はクリアできる。


 では何故このような簡単なゲームすらクリアできない人が続出し、心ない人にまとめて晒し上げられるような事態が頻発するのだろうか?


 その理由もまた至って単純で、上に挙げたたった二つのルールすら把握出来ていない人が沢山いるからなのである。じゃあ何故これほど単純なルールすら把握出来ない人が大量に発生してるのか?


  それは、虚構新聞というゲームが、ツイッターを経由し配布されることで、大量の人間が参加するゲーム、しかも半強制参加型のゲームになってしまったことが最大の理由なのではないかと自分は思う。


 ツイッターが無ければここまで虚構新聞への参入障壁は低くはなかったし、ゲームに参加するプレイヤーも能動的にゲームに参加したがる人達が多かっただろうからここまでの騒ぎにはならずに済んだろう。だが、ツイッターによって虚構新聞というゲームに参加する人数は跳ね上がった。記事タイトルとリンクを表示さえ出来ればゲームは開始できるのだから、まさにツイッターにうってつけのゲームであると言える。そして、大量のゲームに失敗し、負ける人達を可視化することにもなった。

 

 だから今回の件について語る人も虚構新聞というゲームを楽しみ勝った人達の視点で語る人がいれば、ゲームに負けた視点で語る人もいる。勝った人は(それが全てってわけではないだろうけど)相変わらずの虚構新聞を楽しみ、負けた人(中には負けても楽しんでるって人もいるんだろうけど)は真剣に怒ってみたりする。今回の件を語る人がそのような二分法で語りがちなように見えるのは、そもそも虚構新聞がそのような形で勝者と敗者を生むゲーム性を持ったサイトだからなのだ。半強制参加型のゲームである以上誰もがある程度はプレイヤーの視点で語らざるを得ない。


 でもここで見落とされがちなのは、ゲームの存在そのものに疑問を持つ存在や、ゲームが存在すること自体はそうそう否定的でも無いんだけど、半ば強制的に参加させられることには拒否感を示す存在だろう。虚構新聞っていうサイトが存在することにはそんな否定的でも無いし、記事の内容についてもそこまでケチをつけたいわけでもないんだけど、ツイッター等を介してゲームの強制参加を促されるのだけは一度や二度ならまだしも、そう頻発されてはもうウンザリって層である。


 要するにある種の人間にとっては虚構新聞ってのは記事の内容以前に、管理人が意図的に仕掛けてくるゲーム内容がクソゲーにしか感じられないのである。そのことに対して文句言ったらあんたゲーム下手だからそんなこと言ってるんでしょとか見当外れな反論されちゃって、いやそもそもゲーム自体したくないんですけどって話なのである。


 どんなに面白いゲームだろうが強制的にやらされた瞬間にそれはゲームではなくて作業になる。たったワンクリックだろうとやりたくない作業は苦痛な作業でしかない。ツイッターという装置によって虚構新聞は大量のライトユーザーを獲得し、人によってはクソゲーの烙印を押されるようになった。問題の本質はコンテンツの内容ではない。作り手が仕掛けたゲーム性の質と配布された量なのである。


 だったらそもそも虚構新聞の記事を流すようなヤツをフォローしてる自分にだって責任あんだろうし、そんなにいやならfacebookでも見てろやって意見もまあそれはそれで正論なんだけど。なんとも新しいタイプのアンインストールし辛いメンドクサイアプリが現れたもんだってのが自分の率直な感想なんスよねえ。なんつうか飲み会でやりたくもない王様ゲームやらされるような感じっていうの?なんかノレない飲み会に強制的に参加させられてるような気分になるんですよねえ。ネット人気者の虚構の中の人や、ネットリア充(なんだこの言葉)の皆さんがキャッキャ言って楽しそうなのに自分が馴染めないから嫉妬してるってのもあんじゃないかと思いますけどね。

BBBB 2012/07/05 23:05 昔は虚構新聞に騙されて赤っ恥をかいて、リテラシーというものを学んだんですけどね。
この問題は、嘘という成分表示を隠したままのニュースサイトを、無理に擁護してやろうという人たちの存在が、議論をややこしくしているように思えます。