Hatena::ブログ(Diary)

Hamazoの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011/04/14 (Thu) 根菜料理

[] 根菜料理  根菜料理 - Hamazoの日記 を含むブックマーク

毎日NHKの朝ドラを見るのが日課だが、この4月から始まった「ひまわり」に出てくる料理がおいしそうでたまらない。

戦前という時代設定と、安曇野という場所設定もあってか、出てくる料理はとても質素なのだが、妙に美味しそうだ。たいてい、根菜の煮物が何種類かと言うかんじで、動物的タンパク質はほとんどない。たまに目刺しみたいな焼き魚が付く程度。

特に主人公に作るお弁当は、大きな玄米のおにぎり2個を入れた弁当箱の隙間に、かぼちゃの炊いたのとか、人参の炒め煮なんかを詰めたという感じで、以前作っていた玄米菜食弁当を彷彿とさせる。

小学生の主人公に、お母さんが作ってくれたお弁当も、野菜のお煮染めに、ほうれん草とかんぴょう(?)と卵焼きを入れた太巻き、と質素だ。でも、卵焼き入りの太巻きは、ごちそうだったんだろうなあ。。。

そんな料理を見ていたら、無性に根菜が食べたくなって、今日は新じゃがの味噌煮と、根菜のきんぴらを作った。ごぼうのきんぴらは、普通に作るのも好きだけど、ざっくり分厚いささがき(ほとんど乱切り)にして、同じくらいのサイズに切った人参と一緒にきんぴらにするのが、最近結構気に入っている。ぶっといごぼうのは歯ごたえがあるので、満足感がある。

花粉症対策で毎日レンコンを要望する同居人のために、今日はついでにレンコンも入れてみた。なので、ごぼうのきんぴらではなくて、「根菜のきんぴら」。

f:id:hamazo_special:20110414213459j:image

ちなみに、毎日所望される関係上、レンコンだけのきんぴらも、良く作る。

レンコンも、薄切りにして酢水に漬けたのをきんぴらにするのが一般的だけれど、5mm〜1cmくらいの厚切りにしたやつも、むちむちして美味しい。火が通るまでじっくり焼くのがポイント。

花粉症対策としては、皮をむいたり、アクを抜いたりしない方がいいのだそうで、皮付きの厚切りレンコンがごろごろしたきんぴらが、最近の我が家の定番だったりする。縦長に、拍子木のように切るのもむちむちして美味しい。

味付けも、鷹の爪を入れて醤油で甘辛くして胡麻を振るのが定番だけれど、いつも同じだと飽きるので、いろいろやってみている。みたらし団子をイメージして、甘しょっぱく味付けして青のりをふるのもいいし、クミンと一緒に炒めてナンプラーで味付けしたのも、けっこういける。

最近社員食堂のご飯にも飽きたので、玄米菜食弁当もまた復活したいなと考えているんだけど、面倒くさくてなかなかその元気がでないのでした。

2010/02/24 (Wed)

[] まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本  まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本 - Hamazoの日記 を含むブックマーク

さて。アトピーが悪化してきたので、またしても日々のご飯をできるだけ菜食にしようとしている今日この頃である。(アトピーが悪化しかけているときには、動物性タンパク質の摂取を制限するという、昨年以来の経験的法則のため)

ところが、普段まったくといってよいほど甘いものを食べない私なのだが、菜食生活を始めると、とたんに甘いものが恋しくなる。どうも、摂取カロリーが足りてないのかもしれないが。かといって、極端に甘いものは食べたくないのだが、ほんのりした優しい甘さのお菓子などが、異様に恋しくなる。

でも、アトピーのために食事制限している身では、市販の添加物いっぱいのお菓子を買って食べるのも気が引ける。甘い味のものは糖分の多さが気になるし、塩味のものは大抵、旨味調味料過多。自分で作るにしても、普通のお菓子のレシピはバターや砂糖をたっぷり使うのであまり作る気にならない。

という、「甘すぎず、体に優しい薄口のお菓子」を求めているときに、思わず本屋でみかけて、「そうそう、こうい本が欲しかったの!」と買ってしまったのがこの本。

まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本

まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとビスケットの本

レシピのほとんどは小麦粉と植物油、少量の水分、を混ぜ合わせて作られる。また、焼くときは低温のオーブンで時間をかけてカリっと焼き上げているあたりも、工夫が見られる。試しに作ってみたけどすごく簡単で、手間が少ない。油を少ししか使わないわりに、さっくりと焼き上がってなかなか美味しい。味の方もレシピ同様にやさしい味で、なかなかグーッドなのであった。

写真は、ごまクッキーと、青のりクラッカー。

久々に粉をいじったので不格好になってしまったが、味はまあ好評だった。

f:id:hamazo_special:20100223193210j:image

コリスケコリスケ 2010/02/25 07:24 オレもこういう自然食スーパーに売ってそうなクッキー好きです。
低温で時間をかけてカリっと焼き上げるのなら、
ウチの壊れたオーブンでも作ってくれそうかも。

hamazo_specialhamazo_special 2010/02/26 20:55 コリスケさん、
ほとんどのレシピは170度くらいで30分くらい時間をかけて焼いています。また、フライパンで焼く方法も書かれてましたよ。

2010/02/09 (Tue)

[] 韓国精進レシピ  韓国精進レシピ - Hamazoの日記 を含むブックマーク

精進料理気分を高めるために、本を買ってみた。

家庭で楽しむ韓国精進レシピ

家庭で楽しむ韓国精進レシピ

ナムルとかジョンとかチゲとか麺・ご飯など、韓国の代表的な家庭料理の精進版を紹介している。(っていっても、このへんはもともと野菜中心の料理だけど)

チャプチェとかチゲとか作ってみたけど、あっさりして結構美味しい。最近口まずくてスパイシーなものが食べたいので、助かる。


韓国料理というと焼き肉のイメージが強いけど、家庭料理の店に行くと、席に着いたとたんにいろいろな種類のナムルを前菜として出してくれる。あれが結構すき。

私は韓国に行ったことはないのだが、韓国の国際学会に出席した人の話では、会食のときにでた食事がいろいろな珍しい野菜をナムルにしていて、とても美味しかったのだそうだ。ただ、肉食系の人々は「なんでこんな葉っぱを食べさせるんだ?」って、ポカーンとしてたらしい。

コリスケコリスケ 2010/02/10 00:56 Hamazoさんこんにちは。
うちは鷹の爪、韓国(粗挽き辛&細挽き甘)、大辛唐辛子、七味唐辛子。
ペーストは柚子胡椒(赤&青)、かんずり、生七味、コチュジャン、ヤンニンジャン、豆板醤。
リキッドはホットソース、ラー油、スイートチリソース、こーれーぐーす、ハラペーニョタバスコ
生はピクルスと三升漬、ハラペーニョのバルサミコ漬です。
結構ダブってますね。
韓国で食べたビビンバは野菜の味がむちゃくちゃしっかりして美味しかったです。

hamazo_specialhamazo_special 2010/02/10 22:40 コリスケさん、こんにちは。
うちにはピクルスとか生系はありませんが、それ以外は確かに結構かぶってますね。
この日記を書いた後、島唐辛子で作った、辛すぎて食べられない柚子胡椒も発掘されました。うーむ、って感じです。

2009/03/06 (Fri)

[] カレーな薬膳  カレーな薬膳 - Hamazoの日記 を含むブックマーク

薬膳料理に興味を持って本を見てたら、こんな本があったので買ってみた。

カレーな薬膳

カレーな薬膳

野菜が多く、油が軽くてヘルシーなインド料理のレシピがいろいろ。インド薬膳料理の薦めとともに、いろいろな症状にあわせた薬膳料理のレシピを紹介している。

ちょっと手間のかかるものもあるけれど、基本的にはシンプルで簡単に作れるレシピが多い。スパイスを揃えるのは最初だけちょっと手間だけれど、それほど多くの種類はいらないみたい。クミンにコリアンダー、ターメリックにレッドチリといったあたりが基本路線で、これだけでも本格的なカレーがいろいろ作れる。とにかく野菜が多いのが気に入って、最近ちょっとだけインドブーム。

昨日は、野菜ばかりのカレー2種。

f:id:hamazo_special:20090305205136j:image

左は、ムング豆とキャベツのカレー。ムング豆とはモヤシや春雨でおなじみの緑豆のこと。この本を読んで初めて使ってみたが、浸水もせずにいきなり煮ても圧力釜を使えば10分ほどでやわらかくなるのがうれしい。ぐずぐずにやわらかくなったところにザク切りのキャベツどさっと入れて、スパイスと塩で蒸し煮して全体的にドロっとした感じになれば完成。本当は最後に、スパイスを入れて熱した油をざっとかけてテンパリングするところを、油っこいのが苦手なのでとりあえず省略してみたが、優しい味でこれでも十分美味しいと思った。キャベツはビタミンUが豊富で胃腸に優しいというので、ただいま積極的に摂取中なのだ。

右は、カリフラワーとジャガイモを蒸し煮にしたアル・ゴビ(これは別のインド本からのレシピ)。オイルにクミンシードと唐辛子を熱しておいて、ざっくり切ったジャガイモとカリフラワーを入れて蒸し煮し、火が通ったら他のスパイスと塩、ざく切りのトマトを入れてさらに少々蒸し煮する。ジャガイモもカリフラワーも、カレー味と本当に相性がいいと思う。

インド風カレーというのは家で作るには少々敷居が高い感じがしていたのだが、シンプルなレシピが多いし、いくつかの調理のパタンさえ覚えてしまえば色々応用が利くので、だんだん手になじんできた感じがする。それに野菜のカレーは全般に大好きなのだが、家で簡単に作れるというのがうれしい(上の2品を作ってもトータル30分くらいしかかからなかった)。ただ、カレー味はあまりお酒に合わないので、のんべの我が家ではその点だけは問題。

2009/03/05 (Thu)

[] うちの「もどき」料理  うちの「もどき」料理 - Hamazoの日記 を含むブックマーク

先日、立川の台湾素食店で食べた「うなぎもどき」が美味しかったので、うちでも適当なレシピで作ってみた。

f:id:hamazo_special:20090304081647j:image

おかずパートの真ん中の黒っぽい物体が、自称「うなぎもどき」。

精進料理の本を見ると「うなぎもどき」のレシピは色々あるけれど、これはごく単純に、レンコンだけで作ったもの。すりおろしたレンコンの水気を切って、片栗粉と塩少々を入れて海苔の上で平たく形作り、多めの油で揚げ焼きにしたもの。味付けは醤油と味醂でこってりと。うなぎっぽいかというと微妙だが、もちもちして面白い食感で、意外と好評だった。次は他のレシピにもチャレンジしてみたいところだ。

f:id:hamazo_special:20090226084519j:image

こちらは、「ちくわの磯辺揚げもどき」で、こちらのレシピを参考にしたもの。材料のちくわぶは、あらかじめ昆布出汁と醤油で下味をつけて煮含めておく。青海苔と小麦粉で衣を作って、ちくわぶにまぶして揚げ焼きにして完成。みためは本物のちくわっぽいが、食べるとむちむちした小麦粉感に裏切られて一瞬びっくりする。

ちくわぶに関する限り、人間は3種類に分類できると思う。

  1. ちくわぶの存在を知らないか、存在そのものが許せない人。
  2. ちくわぶの存在は知っているが、好きでも嫌いでもない人。
  3. ちくわぶをこよなく愛する人。おでんはちくわぶだけ大量に食べたいと思っているし、他の形態のちくわぶもあまねく愛せる人。

三番目のタイプにはお勧め...かな?

AB部長AB部長 2009/03/09 12:46 ちくわぶは愛しているが、ちくわに対する愛がないので、共感できず。
ちくわぶの"炊いたん"でえーんちゃうの?という意見でございます。

hamazo_specialhamazo_special 2009/03/09 18:30 AB部長さん、
そーですねー。1)ちくわぶを愛していて、2)ちくわの磯辺揚げも愛していて、3)菜食主義実行中、という3拍子が揃わないとそれほど萌えないですね、多分。現在この条件に合致する奇特な人が身近におりまして...

ちくわぶの炊いたんといえば、台湾風に八角や五香粉の香りをきかせたちくわぶの煮物が、最近の私のお気に入りです。

AB部長AB部長 2009/03/12 12:57 ためしてみました。八角滷菜。
ネット調査レシピで曖昧だったせいもあって、だいぶ醤油辛くなってしまい失敗。こんどリベンジします。でも、ちくわぶと香菜、よく合います。素晴らしいアイデア。

hamazo_specialhamazo_special 2009/03/13 08:44 おー、試してみましたか。
ちくわぶってトマト味でもいけるし(パスタみたいな感じ)、和洋中と応用幅の広い食材ですね。