Hatena::ブログ(Diary)

家庭内インフラ管理者の独り言(はなずきんの日記っぽいの)

<< 2018/12 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

[インフラとは]
野村総合研究所によると、情報システムを動かすために必要となる部品のうち、業務アプリケーションを除くもの一式を言うそうです。
インフラは様々な部品を組み合わせて実現されていますので、構築する場合にはそれぞれの部品の専門知識が必要になります。サーバやPCの専門家、ネットワーク機器やネットワーク回線の専門家、付帯設備や配線システムの専門家という人がこれに相当します。
[所感]
...そんな、えらいものじゃありません。


Twitter ID:@hanazukin
まっちゃ139    openmyaML
Podcast    勉強会・セミナー情報 - Admintech.jp
はなずきんのアンテナ
日記の一覧
はなずきんてこんな人
IT勉強会カレンダーへ情報提供
Microsoft技術情報
きゃっとまーくめーるで作ったよ
RSS 


count: 忍者ツールズ
since:2004/05/23
この日記のはてなブックマーク数

◆最近の見出し

GPリーグ大阪大会のワークショップに参加してきた話
親子の日常会話から考える諸々のモラルなこと。
人は考える葦であるか?「子供とネットを考える会」が考えること
「私は普通の主婦ですよ?」さて、普通って何だろう
ポケモンタイピングで覚えるキーボード入力
我が家の子供とプログラミングのお話
「情報モラル」を「運用回避」にしたくない件
Amazon Echo(Alexa)で子供と通話をしてみた話
#関西インターネット老人会 に参加してきた話
Facebookのグリッド表示が超便利な件について
ITな女子会で『「Microbit」で簡単プログラミング体験』をやってきた。
マシュマロの説明がわかりやすい
詐欺サイトを見つけた場合の通報先などに、フィッシング対策協議会とサイバー犯罪対策課への通報を追記しました。
「urlquery」で「VirusTotal」の検知理由を調べよう!
Facebookの日本語イースターエッグ「大丈夫」「おめでとう」と英語でいろいろイースターエッグ
Facebookで「大丈夫」と投稿すると「いいね」のアニメーションががが
詐欺サイトを見つけた場合の通報先など
「電脳犯罪対策探究会」に京都府警ネット安心アドバイザーとして参加した
子供と作るアイロンビーズ
低学年児から育てる情報リテラシー/「子供/保護者/学校」×「情報リテラシー」 Advent Calendar 2017 #safewebkids
 | 

2018-12-01

[][]「情報モラル」を「運用回避」にしたくない件 02:53 「情報モラル」を「運用回避」にしたくない件を含むブックマーク 「情報モラル」を「運用回避」にしたくない件のブックマークコメント

このエントリーはどんな「情報モラル/リテラシー」啓発をしたい・聞きたい? Advent Calendar 2018の1日目の投稿です。


心を育てるだけでいいの?

ITな人として仕事をしていると「運用回避」という言葉を良く耳にします。

このフレーズ、好きな人いますか?

私は好きではありません。


運用回避をGoogle検索すると、後ろ向きな記事ばかりが目につきませんか?


「運用回避」とは、システム的に制御できないこと(もしかすると、できるにもかかわらず)を利用者が努力して頑張るということを指しています。


インターネットを利用する低年齢層のユーザが、フィルタリングやペアレンタルコントロールを使わずに、自ら怪しいサイトや相応しくないサイトを見ないように努力しよう!

って言われたら、頑張れますか?


私だったら断念します。


青少年のインターネット利用環境実態調査 - 内閣府を見ると、H29年度の速報では保護者が青少年のネット利用についてフィルタリングを利用している率は半数に届いていません。


青少年インターネット環境整備法・関係法令 : 青少年有害環境対策|共生社会政策 - 内閣府では、保護者の責務が謳われていますがこの結果を見ればその責務が果たされているかどうかは甚だ疑問です。


勿論、保護者だけに努力を課すのではなく、事業者には説明義務があるんですが...


これを踏まえて考えればNewニンテンドー3DSが発売された際に、クレジットカード番号を登録しないとフィルタリングが解除できない仕組みを予め導入していた任天堂は素敵な端末機器メーカーだと感じざるを得ません。


子供が利用することを想定して、フェイルセーフを選ぶというのは勇気が必要な判断だったのではないかなと。


せっかくの子供たちを守るための機能があるのであれば、使える状態にしておきたいし、知らない人がいれば周知する手助けをしたい。

事業者の努力が知られないままに、あれはアブナイ、あそこはアブナイと言われてしまっては勿体なくて仕方がないと常々思っています。


しかしながら、今後は運用回避になってしまうかもしれないもの

2018年度の初めに駆け巡ったニュースEMA事業終了、スマホ時代にキャリアの協力を得られず - ケータイ Watchを記憶している人はどのくらいいるでしょうか。


「モバイルコンテンツ運用管理体制認定制度」で認定されたサービス・アプリの運用監視が近々終了してしまいます。


EMAという第三者機関が認証した基準が存在しなくなれば、フィルタリングによって制限されるサイトやアプリはキャリアによって異なってきます。


あのキャリアなら見れるのに、こっちのキャリアでは見れない。


そうなった場合に、私たち啓発を行う側は何を基準に話をすればよいのでしょうか。

私たち保護者は、何を頼りにキャリアを選択すればよいのでしょうか。


ITな人として気を付けたいこと

タイトルにあげたように「情報モラル」を「運用回避」にはしたくありません。

勿論、心が育つことも必要ではありますが、心だけに頼るのではなく、心を支える技術もまた共にあって欲しいと思っています。


仕組みがあるなら周知したい。

仕組みが足りないなら、足りないこともまた周知する必要がある。

そんな風に感じています。

 | 



NINJA TOOLS あわせて読みたい Trendmicro Online Scan