Hatena::ブログ(Diary)

反貧困でつながろう(イベント情報ほか)

2010-10-03

10/3墨田区の資源ごみ持ち去り禁止条例に反対! 10・3緊急行動への参加・賛同の呼びかけ

わしらの仕事は「犯罪」なのか?!

墨田区の資源ごみ持ち去り禁止条例に反対! 10・3緊急行動への参加・賛同の呼びかけ

【10月3日、浅草を出発するサウンドデモを予定しております】

日時: 2010年10月3日(日)15:00〜 集会・デモ

場所 :待乳山聖天公園(浅草駅より徒歩10分・台東区浅草)

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&rlz=1T4TSHD_jaJP346JP346&q=%E5%BE%85%E4%B9%B3%E5%B1%B1%E8%81%96%E5%A4%A9%E5%85%AC%E5%9C%92&um=1&ie=UTF-8&sa=N&tab=wl

一人でも多くの方の賛同・ご参加を必要としています!ぜひ、ぜひご参加ください。詳細が決まりましたらこちらhttp://www.jca.apc.org/nojukusha/san-ya/にて告知いたします。

◆わたしたちは墨田区をはじめ山谷隅田川、竪川、錦糸町などに暮らす野宿当事者とその支援者です。墨田区議会において、アルミ缶や古紙などの回収についての条例が改悪されました(※)。集積所からの持ち去りに対し、20万円以下の罰金が定められています。条例の施行は10月1日からですが、担当部署である墨田区リサイクル清掃課は、すでにアルミ缶・古紙を収集する野宿者の名前を名簿化し、ビデオ撮影によって人物の特定をはじめています。わたしたちは、この条例が、野宿し暮らす人々の生活に深刻な打撃を与えること、また、野宿する人びとと社会との関係が根底から覆されることを憂慮し、この条例に強く反対しています。

◆廃品を収集し換金することは、履歴書に載せられるような「住所」を持たない人びとが現金を得るための貴重な手段です。都市がわたしたちにもたらす仕事として、戦前より路上に放り出された多くの人がこの方法で生活の糧を得てきました。アルミ缶・古紙収集をする仲間には女性も高齢者もいます、けがや病気、障がいなどを抱え現状の雇用システムから排除された末に「最後の」仕事としてたどり着いた人も少なくありません。アルミ缶でいえば現在キロあたり百円前後。一晩歩きまわりうまくいけば10キロ程度集まります。重労働の割に実いりが薄いという苦労はありますが、皆生きていくために懸命に、誇りをもって働いています。

◆わしらの仕事は「犯罪」なのか

墨田区は現在、資源ごみ持ち去り防止対策として「町会パトロールを行う」「持ち去りの通報」を挙げ、さらには区民に対し「可能であれば監視カメラを設置しましょう」 などと呼びかけています。命をつなぐわしらの仕事が、行政主導のネガティブ・キャンペーンにより「違法行為」としての印象を強めつつあるのです。今回の条例改悪が野宿者に対する社会的排除を助長するおそれがあることは言うまでもありません。アルミ缶・古紙収集する仲間たちは長い間、地域住民とコミュニケーションを試みながら、社会に根づいて仕事をしてきました。そのわずかな絆さえも断たれようとしています。

◆たしかに、野宿者をめぐる行政の施策など、メインストリームの政治から見れば周縁に位置するものなのでしょう。墨田区は「やさしいまち」(※2)を表明する一方、このまちに住まう野宿当事者に多大な犠牲を要求しています。同区リサイクル清掃課はわたしたちの抗議に対し回答さえしようとしません。条例改悪に反対するためには一人でも多くの方の力を必要です。わたしたちの生の実践が、多くの皆さんの毎日と地続きであることを願っています。10.3緊急行動へのご賛同、ご参加をどうぞよろしくお願いいたします。

野宿労働者有志 支援者有志

山谷労働者福祉会館活動委員会

山谷争議団・反失実

(※)条例の正式名称は「墨田区廃棄物の減量及び処理に関する条例」です。

(※2)「すみだやさしいまち宣言」

http://www.city.sumida.lg.jp/sumida_info/yasasiimachi/sengentoha/index.html

◆ご賛同いただける方、お手数ですが下記の項目にお答えいただき、下記メールアドレスまでご返信ください。

【お名前】団体名/個人名(+所属名など)

【名前の公表について】公表可/公表不可

【連絡先(任意)】

【メッセージ等ありましたらお願いします】

【連絡先】

台東区日本堤1-25-11 山谷労働者福祉会館気付

03-3876-7073/070-5022-2641

メールアドレス

san-yaアットマークsanpal.co.jp(アットマークを@に変換してください)

【参考資料】

http://san-ya.at.webry.info/201009/article_2.html?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+at%2Fwebry%2Finfo+%28*.at.webry.info+Feed%29

「アルミ缶、古紙収集って、どんな仕事?」

「地域住民との関係は?」

「中高生による野宿者襲撃との密接な関係」

「今回の条例改定で、どんな影響がでるの?」等々、詳しい説明をまとめています。ぜひご一読ください!

10/3、24働く人のエンパワメント講座 「燃え尽きない働き方」 〜いま、働き方を考える〜(東京)

★2010年度 ボランティア・市民活動支援総合基金「ゆめ応援ファンド」助成事業★

働く人のエンパワメント講座 「燃え尽きない働き方」 〜いま、働き方を考える〜

この度、女性のエンパワメントにつながる活動を行うNPO法人サポートハウスじょむでは、働く人のための講座を企画しました。働く人がすぐに役立つ2回の講座と、お寺という非日常空間で、自分を見つめなおす時間を体験してみませんか。どなたでもご参加いただけます。お気軽にお申し込みください。

日時: 2010年10月3日(日)、24日(日)13:30〜17:00(13:00開場)

定員: 各回先着35名

参加費: 各回2,000円

主催:サポートハウスじょむ

協力:日蓮宗 大乗山 経王寺

内容:

第1部 10月3日(日)

講座:「肯定的に話すスキル」(講師:高山直子)

場所:男女共同参画推進センター ウィズ新宿 3階会議室

第2部 10月24日(日)

講座:「自分を癒す方法いろいろ」(講師:高山直子)

法話と瞑想:「非日常を体験する」(お話:経王寺住職 互井観章氏)

場所:日蓮宗 大乗山 経王寺(新宿区

会場アクセス:

男女共同参画センター ウィズ新宿 (東京都新宿区荒木町16 )

http://www.city.shinjuku.lg.jp/kusei/file12_01_00001.html

都営地下鉄新宿線曙橋駅」A4出口から徒歩3分、東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅」から徒歩10分

日蓮宗 大乗山 経王寺(東京都新宿区原町1-14)http://www.kyoouji.gr.jp/

地下鉄大江戸線牛込柳町」駅下車 東口駅前、東西線早稲田」駅下車 馬場下口改札より徒歩15分、新宿線曙橋」駅下車 曙橋口改札より徒歩15分

お申し込み方法:

下記の内容を明記の上、jomu@orion.ocn.ne.jpかFAX(03-3320-5307)でお申し込みください。

                                    • 切り取り-----------------

「燃え尽きない働き方」申し込み

■お名前(ふりがな)

郵便番号・ご住所

■電話番号

■E-mail

■希望の日程(10/3・24)

------------------------------------------------

【お申し込み・お問い合わせ】

NPO法人 サポートハウスじょむ

TEL&FAX:03-3320-5307

E-mail:jomu@orion.ocn.ne.jp

URLhttp://www15.ocn.ne.jp/‾jomu/