花房観音  「歌餓鬼抄」 このページをアンテナに追加

 | 

2011-04-04 「大阪女子会」満員御礼! & ご報告

 「大阪女子会」満員御礼! & ご報告

|  「大阪女子会」満員御礼! & ご報告を含むブックマーク

 金玉夫人ですっ!

 4月2日の映画「YOYOCHU SEXと代々木忠の世界」女性限定上映&トークショー、御来場の皆様、本当にありがとうございました!

 まさかの満員御礼で、急遽補助椅子を用意していただく事態となりました。

 「まさか」と書いたのは、通常この映画のお客様はやはり男性が圧倒的に多いと聞いておりましたことと、震災の影響で宣伝にも苦心されていたようですので、100人以上の女性が来ていただけるとは予想外の嬉しい事態でした。

 私は上映を一番後ろで立って観ておりましたが、画面を食い入るようにご覧になっておられる100人以上の女性達の姿に目頭が熱くなりました。石岡監督に、その場で「満員です!」とメールをすると石岡監督も喜ばれていました。後日、アテナ映像様を通じまして代々木監督にもご報告いたしました。

 上映終了後は休憩をはさみ、急遽出演してくれることとなったオケツ夫人こと元AV女優の桜一菜ちゃんと壇上にあがりました。そして、この日だけのために製作された映像が上映され、代々木監督&石岡監督からのメッセージが流されました。

 トークは約1時間ほど。あっという間でした。トーク終了後も、何人かのお客様とお話をさせていただいたりツイッター等を通じて感想をいただいたりしました。

 「YOYOCHU」をご覧いただいて想うことはそれぞれだとは思いますが、また機会があれば代々木忠監督の作品に触れていただけると嬉しいです。

 本当に、御来場の皆様、ありがとうございました。

 そして観客代表で感想を話してくれた女性専用リラクゼーションサロン「チャーミング堂」店主の亥戸碧さん、そして緊張しながらも誠実に私の質問に答えてくれた桜一菜さん、ありがとうございました。



代々木監督の作品はこちらアテナ映像HPから販売&ダウンロードできます⇒http://www.athenaeizou.com/

チャーミング堂⇒http://www.charmingdou.com/

この日のことを書いた桜一菜ちゃんのブログhttp://sakuraxxxlog.blog70.fc2.com/blog-entry-1838.html


 またこの日の昼間は、この女子会の会場、第七藝術劇場と同じビルに出来ましたトークライブハウス「シアターセブン」での、「コラアゲンはいごうまん」さんのライブに行ってきました。私はテレビを殆ど見ないのでお名前は今回初めて知ったのですが、この「ノンフィクション漫談」ライブ、めちゃくちゃ面白かった! あらためて人を笑わせるってすごいなーと思いました。

 夜の部も満員でこちらも100人以上のお客さんが詰め掛けておられ、上の階で開催された女子会と合わせるとこの日、このビルには200人以上が集まっていたのですね。

 この場所は「十三」(じゅうそう)と言いまして、関西以外の方には馴染みのない場所かもしれませんがディープな場所です。「おしゃれ」とか「サブカル」とは一番ほど遠い場所です。そんな場所に新しく出来ました「シアターセブン」ここはかなりおススメです。

 十三に関する個人的な思い出は……金に困り果ててSMクラブで働こうと面接に行ったことがあります。何故SMなのかというと本番しなくていいしなーという発想。行ってみれば普通のマンションの一室で、そこで普段着ですっぴんの「女王様」と話しているうちに身の上話になり、女王様の優しい言葉に、つい号泣しててしまいました。結局そこで働くことはなかったのですが、そんなことがありました。


 さて、大阪女子会の前日の4月1日に、昨年9月より交際していましたライター・放送作家吉村智樹さんと天王寺区役所に婚姻届を提出しました。エイプリルフールです、四月馬鹿です。出会ったその日に付き合い始め、半年後に結婚という自分でも驚く展開ですが、これからの人生を共に歩いていくパートナーとしては吉村さん以外考えられないと思っています。

 吉村さんと出会う前はいろいろ絶望する出来事もあり、自分は一生結婚どころか男の人とまともに付き合うことも無理だと本気で思っていました。なんせ知り合って半年でお互いこれからボロが出そうな気もしますが、その時はその時で、ただ話していたのは「取り繕う」夫婦にはならないでいよう、と。仲のいいふり、好きなふり、そういう「ふり」はしないでおこう、と。それなら喧嘩するぐらいがいい。

 とはいっても、人間のことに「絶対」なんてものは無いと思っていますのでこれから先はどうなるかわかりませんが、とりあえず長くこの「男運悪いネタ多め」ブログを読んでくださった方にご報告させていただきました。

 尚、しばらくは住所は今まで通りで、たまにお互いがお互いの家に行く形になります。


 次回のイベント出演は前々回の記事にもあります4月16日の京都のクラブメトロにてのササタニーチェ作品上映後のササタニーチェ中島貞夫監督とのトークショーになります。確実に濃いイベントになりますので、こちらもよろしくお願いいたします。

 金玉夫人(人妻)でした!

花祀り

花祀り

 

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hankinren/20110404
 | 
お暇なら読んでねん★★★雑誌の死 ★★★セックスがないと生きていけない ★★★煩悩系エロライター、飛鳥坐神社のおんだ祭りにいく ★★★Nちゃんとエロ子お姉さんの愛の始まり「美少女調教日記」 ★★★巷に雨の降る如く ★★★美しい言葉で綴られたゆっくりとしたサヨナラの物語「猫の神様」東良美季私の好きなあの人は、いい男です ★★★信長・秀吉・家康・夢の対談実現! 「英雄、AVを好む」 ★★★あなたしか知らない女 ★★★鳥辺山心中 ★★★桜の墓 ★★★花を恋うる歌 ★★★彼女からの年賀状 ★★★愛と感動と涙のAV讃歌☆エロ戦士エッチマンシリーズ☆ その1 その2 その3 その4 最終回 ★★★北の果てからの至高の物語「由美香」平野勝之 ★★★欲情する女は美しい「美しい痴女の接吻とセックス」二村ヒトシ ★★★旅情―ヨーロッパ不倫特急―「僕の愛人を紹介します」カンパニー松尾 ★★★一期は夢よ、ただ狂へ「ザ・面接」代々木忠 ★★★AV女優『すべては「裸になる」から始まって』森下くるみ ★★★痛みと共に生きること「たまもの」神蔵美子 ★★★「グロテスク」桐野夏生 ★★★恋二酔ヒ、愛ニ死ス「らも 中島らもとの35年」中島美代子 ★★★私がAVを見る理由 ★★★忘れてはいけない女優・林由美香 ★★★三十歳までに、死のうと思ってた ★★★この胸の痛みも、いつかは ★★★おもしろきこともなき世をおもしろく「狂」人伝・高杉晋作 ★★★傘がない ★★★映画を夢見た2人の男 ★★★憎しみ ★★★人は死ぬ ★★★うんざりするような優しさで ★★★織田信長妹・お市伝「戦国に咲いた一輪の花」・前編 後編 ★★★「恋愛できないカラダ」中村淳彦 ★★★いびつな私を愛してください「ふたなりレズビアンクライマックス」二村ヒトシ ★★★六道の辻 ★★★たまには真面目に政治の話 ★★★去年の桜・その1 その2 その3 その4★★★「まりこファイナル」カンパニー松尾 ★★★頑張れなんて、言えない「D−1クライマックス」 ★★★セックスとマゾとアダルトビデオ ★★★愛される自信などないけれど ★★★血天井の話前編 後編 ★★★神戸の話 ★★★心の栄養 ★★★元気の素 ★★★あたしの初体験 ★★★邪眼入道「平清盛」 ★★★かさぶた ★★★月夜の孤独 ★★★桔梗の女前編 後編 ★★★唇寂しい夜 ★★★ヒロシマの青い空 ★★★OL達の平凡な日常 ★★★あなたと、したい ★★★「焔」上村松園 ★★★大好きなNちゃんへの長い手紙前編 後編 ★★★純情少女Nちゃんと「ヒトシ!」★★★「マンコがマンコに恋する理由」二村ヒトシ ★★★恋をしなさい ★★★恋することのもどかしさ ★★★ラ・クンパルシータ 〜失われた場所への鎮魂歌〜★★★私の子供になりなさい「性感Xテクニック」南智子・代々木忠 ★★★私の彼氏を紹介します ★★★男根讃歌 ★★★友達っていいよね! ★★★「熟れたボイン」カンパニー松尾 ★★★AVとセックスと混乱と矛盾と ★★★私は飢えている ★★★プロポーズは突然に ★★★酔死 ★★★覚悟のある恋愛「それから」夏目漱石 ★★★愛を告白する日 ★★★学歴詐称する女 ★★★俺たちに明日がないわけがない ★★★竹久夢二、京都の恋「三年以内に死にます」 ★★★サヨナラと告げる隙も与えずに ★★★333メートルの里程標 ★★★大嘘吐きの、私 ★★★神の島 ★★★素人公開羞恥現場 ★★★今年の恵方は北北西 ★★★香水の理由 ★★★うたかた ★★★お前がこれから出会う全ての快楽のために★★★さらば甲子園の星―桑田真澄・清原和博―★★★名前のない女たち 最終章〜セックスと自殺のあいだで 著・中村淳彦★★★団鬼六という作家を知っていますか 前編後編★★★「いんらんパフォーマンス 恋人」代々木忠★★★あだしの野露きゆるときなく★★★長州を歩く 前編後編★★★鬼ゆり峠 著・団鬼六★★★濫読主義