ヨンパチ学問ニッキ このページをアンテナに追加

2013-04-01

(今年も)春のご挨拶 00:56

本日付で、京都の某大学の准教授に着任します。ようやく任期のない仕事に就けました。

昨年10月から某夫が京都で単身赴任をしており、東京に取り残された私と娘でひとり親家庭をやっておりましたが、京都で家族一緒に住むことができるようになりました。どうやら京都に永住の見込みなので、娘は京女に育つのでしょう。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

それにしても、過去5年間でここが4つ目の勤め先だっていうのがあれな感じ。いや本当。

2012-08-20

夏のたより 15:14

採点をささっと仕上げ、カナダに行って海に行って研究室に戻ってきたところ。東京は暑い。

古巣に戻って最初の学期は、学生に恵まれてとても充実していた。私は英語で講義を担当する教員として雇われているのだが、留学生ばかりになるかと思いきや、なぜかいわゆる日本人学生ばかりで、英語で講義するのがなんだか気恥ずかしい講義も。学生の様子を見てから後で変更しようかなと結構な量のリーディングでシラバスを組んだら、学生がついてきてしまう。おかげで準備が大変だった。後期もがんばろう。

残りの夏休みは翻訳仕事(複数)を必死でやります。本当です。

娘は日々成長中。起きている間中、歩きまわってあちこち探索している。ここ数日は枝豆が気に入っていて、「まめ!」と要求します。

たにぐちたにぐち 2012/08/20 16:44 お久しぶりです。以前、ここで教えて頂いた或る本の翻訳が終わりましたので、10月末に刊行されます。まだ巻末の解説を書いているところですが、末尾の謝辞にはお名前入れておりますので、乞ご期待でございます(ヒント:ぞんび)。

hannahhannah 2012/08/20 17:10 ご無沙汰してます。きっとあのゾンビ本ですね。。。楽しみにしております!

2012-04-01

ご挨拶 09:16

本日付で、古巣の講師(任期付)に着任します。専任で常勤だけど任期付き。はじめて個室の研究室をもらえることになりました。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

あ、娘も元気にしております。あっという間にもうすぐ一歳。しばらく前から、名前を呼ぶと手を上げて元気に「はーい」というパフォーマンスでジジババをメロメロにさせています。

2011-07-06

産休明けフルスロットル 19:04

出産からあっという間に2ヶ月が経ち、2週間ほど前に産休明けで仕事復帰してしまいましたよ。そして今週から担当プロジェクトの本番で、毎朝5時起き。娘は元気です。娘だけが元気です。

娘は奇跡的に区の認可保育園に入ることができた。今週から預かってもらっているが、仕事の都合上、保育園への送迎はほぼ全面的に某夫まかせ。母の協力もあおぎつつ、どうにかやっているところ。

今年は(ようやく)科研費が当たった。カナダに行くつもりで応募したのだけど、娘を連れて行けるかなあ。はてさて。

とりあえず生存報告。

2011-05-01

生まれた 16:43

昨日、生まれた子供と一緒に病院から実家に戻ってきたところ。

予定日より9日遅れの4月25日、3500gの大きな女の子が生まれました。

22日の金曜日朝に破水して病院に駆け込んだものの、陣痛が遠のいたりして分娩室と準備室を行ったり来たり。ようやく生まれたのは25日月曜日の朝。4日間もかかった大変な出産になった。妊娠中はつわりもなくてだいぶ楽ちんだったわけだが、最後の最後でこんな目に遭うとは。

ともあれ、元気に生まれてきてくれてよかった。おかげで私は奴隷状態だけれども。自由っていつか手にできるんでしょうか。

2011-03-14 ここ数日の記録

3月11日(金)のこと 16:09

翻訳の打ち合わせで約1年と数ヶ月ぶりに母校へ。そういや5年前の3月11日にチャペルで結婚式を挙げたのよねえとか思い出しつつ。

その打ち合わせの最中に地震。また地震。しばらくして、流れたアナウンスに従って昨年できたばかりの食堂へ。明るくてきれいな食堂になっているのにびっくりしながら、大きなテレビでNHKに見入る。

あれ電車止まってる?帰れないかも?と思っていたら、打ち合わせに参加されていた某先生が私の実家から徒歩圏にお住まいで、車で来ていることが判明。実家まで送っていただき、温かいご飯やお風呂にありつく。

3月12日(土)のこと 16:09

帰宅難民になっていた某夫も実家に合流。風邪が悪化しているようす。大友克洋『AKIRA』をまだ読んでいないというので、読ませることにする。

3月13日(日)のこと 16:09

午後、母と一緒に自宅を見てきた。玄関を開けると、CDと本の山。いったい何が?と思ったら、階段上の踊り場にあった某夫の本棚が横に倒れて、中身が全部階段から下の玄関へ。

地震発生時、家にいなくて本当によかった。この本棚が勉強部屋の入り口を塞いでいたので、いつものように一人でPCに向かっていたら、部屋から出られなくなっていた。トイレにも行けず、電話も通じず、という事態を想像するとおそろしすぎる。

たまたま母校にいて、たまたま実家に送ってもらえたのは本当に奇跡。どうやら中の人はとても運が強い。

てか、この機会に、あの本棚に入っていた大量のCDとか、文庫本(SFや筒井康隆)、大学受験のときの参考書類を捨ててもらいましょう。

2011-03-06

ようやく産休 22:59

最近のこと。

2月14日

今日は某非常勤先で期末試験。ずいぶん遅い。

試験後に学生がやってきて、先生は来年度前期も講義を担当しますか?と言う。面白かったので、もう一度出てみたいのだとか。あらまあムフー。

産休をもらうので、前期は別の先生が担当します。後期には戻りますよと言うと、えええ、お腹に赤ちゃんがいるんですか!全然気づかなかった!と心底驚かれた。

てか、そろそろ9か月なのでお腹はパンパンに大きいのに、ハンプティダンプティみたいなのに、まさか自腹だと思われてたのですか。

[] 最近読んだ本 19:37

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

ここ最近読んだ中ではダントツの面白さ。とはいえ、World War Z: An Oral History of the Zombie War(邦訳:WORLD WAR Z)ほどではないが。

[] 最近読み始めた本 19:55

Theories of International Politics and Zombies

Theories of International Politics and Zombies

昨日、イギリス出張から帰ってきた某夫が買ってきた。学問本カテゴリの本なのですよ。Princeton UPから出てるしね。著者はTuftsのFletcher Schoolの教授だしね。

A spector is haunting world politics---the spector of reanimated corpses coming to feast on people's brains. (p.109)

という感じのノリ。(この箇所は「ヨーロッパに幽霊が徘徊している...」のパロディです。念のため。)

とりあえず映画「28日後...(特別編) [DVD]」は見て、ゲームの「バイオハザード」をある程度やってみてから読むとより面白いのではないかと。ロメロ作品も見ないとな。

たにぐちたにぐち 2011/03/09 16:35 お久しぶりです。そのゾンビ本、イイですね!私も早速注文します。

hannahhannah 2011/03/10 22:18 ごぶさたしてます。微妙な感じの挿絵もついた本です。注を読んでると、まだまだ見てないゾンビ映画がたくさんあることに気付かされます。

たにぐちたにぐち 2011/03/10 23:28 ゾンビ映画、山ほどありますからね。私も先日、スペインのを見て(El Zombie)、みんなホントにゾンビ好きだなあ、と思いました。kodamaさんとはこの話したことないですが、わたし、実はゾンビマニアなのです(まあ、そういうの丸出しの論文も書いてるのではありますが・・・)。