Hatena::ブログ(Diary)

私的素敵ジャンク このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2013-11-07

盛岡にある三ツ石神社から臼沢塞と薄墨初美について読み解いてみる

第119局のカラー水着回は凄かったですね。はっちゃん達が泳いでいた霧島神境の海がどこにあるのか私、気になります!

ところで、先日東北地方の咲-Saki-舞台探訪をしてきました。東北といえばもちろんメインは宮守(と遠野)がメインだったんですが、そちらに関してはまた後日語るとして今回は同じ岩手県でも盛岡の舞台探訪とそれにまつわる考察を紹介しようと思います。


…とは言っても「盛岡に咲-Saki-の舞台なんてあったっけ?」と言う方が大半だと思うので、まずはそこの紹介を。これはかんむりとかげのつんさんの日記の以下の指摘がきっかけでした。*1

三ツ石神社があるので塞さんを盛岡の上に立たせてみました
最近気付いたんですが、10巻44Pの塞がれたハッちゃんが巨岩に繋がれてるコマ、向かって右側の岩の後ろに秘かにもうひとつ岩が重なってる(=岩が全部で3つある)んですよね
なので鬼がうんちゃらっていう由来も含めて三ツ石様も塞さんの元ネタの一つなのは確定かなぁと思ってます(…と書いたところで「そういえば実際の三ツ石神社の岩も大きいの二つの後ろに小さめのが隠れてたような」と思って今簡単に画像検索したら岩の配置どころか形や亀裂・ヒビまですっっっかり同じに描かれてました…びっくり…おそるべし立先生…)
かんむりとかげ : 名古屋の

f:id:hannover:20130123210455j:image:w360
このコマの事ですね。確かによーく見ると右側の岩の奥にもう一つ岩がある事がわかります。そして、この三ツ石神社が今回紹介する舞台となります。

という事で、舞台探訪記スタートです。
f:id:hannover:20131024132806j:image:w360
三ツ石神社は盛岡でも寺社が多数集まっている北山地区にあります。他の寺社も色々見て回りたかったんですがあまり時間がなくて他には報恩寺という所しか行けませんでした。今回の話とは全く関係ありませんが、ここの五百羅漢は素晴らしかったので盛岡を訪れた際には立ち寄ってみる事をお勧めします。
f:id:hannover:20131024133605j:image:w360
三ツ石神社は大通りから細い道を入って数分歩いた所にあります。ぱっと見た感じは何の変哲もない神社ですが…
f:id:hannover:20131107210159j:image:w360
近付いてみるとこんなに大きな岩が。大きさは大体4〜5mぐらいあると思います。これが神社の名前の由来にもなってる三ツ石です。
f:id:hannover:20131024134320j:image:w360
逆から見るとこんな感じで、確かに奥にもう1つ岩がありますね。
f:id:hannover:20131107211020j:image:w360
先程のコマと実際の写真を並べてみると確かに岩のキズも含めてほとんど同じように描かれている事がわかります。*2確かにこの三ツ石神社が咲-Saki-の舞台なのは間違いないようです。すげー!こういう所にネタを仕込む立先生も、気付いたつんさんやradさんもどっちもすげー!


さて、ここからはつんさんが書いている「鬼がうんちゃらっていう由来」とは何のことなのか詳しく見ていきます。
f:id:hannover:20131107211830j:image:w360
ちょっと読みづらいかな…。三ツ石神社のこの石にまつわる昔話について書かれています。要約すると、

  1. 昔この場所で羅刹という鬼が悪さをしていた。
  2. 怒った神様が羅刹を三ツ石に縛り付けた。
  3. 反省した鬼はその誓いのしるしとして岩に手形を残した。
  4. これが今の岩手県の名前の由来である。

となります。このお話と咲-Saki-がどういう繋がりがあるかというと

  • はっちゃんは北家の時に鬼門に北と東の牌をさらす事で裏鬼門(南と西)の牌が集まる能力者である。
  • そして、永水は姫様やはるるなど他のキャラクターにも鬼にまつわるエピソードがある。*3
  • 塞さんの元ネタである塞の神は主に石の神様であり、昔話と同様に塞さん(=三ツ石様)がはっちゃん(=鬼である羅刹)を縛り付けている。

…と、このようにわずかな作中の描写から幾つもの共通点を見つける事が出来ます。よって、三ツ石神社とここにまつわる羅刹のお話が咲-Saki-で巧みに描写されているのは間違いないようです…が、実は三ツ石神社にはさらに隠された咲-Saki-にまつわるお話がもう一つあります。


それについては、三ツ石神社ではなくそのすぐ近くにあるこちらの
f:id:hannover:20131024132901j:image:w240
東顕寺について知る必要があります。
f:id:hannover:20131024133033j:image:w360
このお寺は建造当初は北山地区の現所在地にあった訳ではありませんでした。それが、どういった訳で現在の場所、三ツ石神社のすぐ隣に移転する事になったのか。東顕寺のパンフレットから引用してみます。*4

現在の東顕寺の本堂裏には三ツ石神社という三個の巨大な花崗岩の岩が立ち並んでいる神社がある。(中略)慶長四年(一五九九)十月二十四日、南部盛岡藩初代利直公が盛岡に城を移しつつあるとき、お城の鬼門(艮=北東方向)にあたるところから守護を願い奉り、この三ツ石神社に三戸南部初代光行公のみたまを迎え、東顕寺持ちとして掃除料を与えた。

また、東顕寺のHPにはより端的に

東顕寺は現在、盛岡市の北山地区を中心とする寺町に位置しますが、
この現所在地は、南部さんが盛岡城を築城した際、鬼門固めとして移転させられた場所であります。

と書かれています。このように、東顕寺が現在の場所にあるのは盛岡城の鬼門を守る為なんですね。三ツ石神社のすぐ側に移転させたのは先程の三ツ石様と羅刹の話にあやかっての事でしょう。

追記:コメント欄で指摘を頂きましたが、東顕寺じゃなく北山地区にある寺院の多くは同時期に鬼門固めとして現在の場所に移転させられたらしいです。だから、ここに固まって寺院が存在していたんですねー。

そして、塞さんの能力は必ずはっちゃんが北と東の牌をさらしてから…つまり、鬼門が開けてから発動しています。もし、塞さんが単に相手の能力を塞ぐ能力なのであれば何故はっちゃんが牌を鳴く前から塞ごうとしなかったのか。その理由がこのエピソードに隠されている訳ですね。
はっちゃんが北家の時に北と東の牌を鳴いて(=鬼門を開ける)そこから南と西の裏鬼門の牌を呼び寄せる…この後で塞さんは塞ぐ能力を発動させているという事はつまりは鬼門を塞いでいるという訳で、それはこのまま東顕寺が鬼門固めの為に現在の場所へ移転させられたというエピソードとそのまま重ね合わせる事が出来る事がお分かり頂けると思います。

更にいえば、実ははっちゃんの能力自体がこれらのお話から生まれたのではないかとも言えるのではないでしょうか。
はっちゃんは悪石島出身ですが、そこからも永水がある霧島神宮からもこの鬼門の能力を連想させるものはないからです。こう考えれば、一見宮守とは離れた無関係な場所にある盛岡の三ツ石神社が、咲-Saki-の中に登場する理由もより明快になりますよね。


ちなみに。
f:id:hannover:20131107222632j:image:w240
三ツ石神社のすぐ側には愛宕町という地名もあってこちらも中々に意味深ですね。まぁ、東北って本当にびっくりするぐらいあちらこちらに愛宕にまつわる地名やら神社やらがあるので偶々な可能性も十分にありえますが。

*1:また、ほぼ同時期に臼沢塞と塞の神、そして咲−Saki−の中に隠された柳田国男の初期の著作へのリスペクトについて - 私的素敵ジャンク内のコメント欄でradさんからも同様の指摘を頂きました。ありがとうございます。

*2:色々な角度から撮ってみたんですが、このコマと全く同じ角度で撮影する事は僕には出来なかったです…。どうしても奥の岩まで写す事が出来ないんですよね。

*3:詳しくは以前に永水女子の気になる謎まとめ - 私的素敵ジャンク石戸霞と鬼八伝説の繋がりに関して - 私的素敵ジャンクでまとめたのでそちらを参照してください。

*4:このパンフレット自体はお寺しおり案内【あ行〜か行】/寺院総合情報サイトいい寺.jpの東顕寺のリンクから誰でも読む事が出来ます。

やくよじのやくよじの 2013/11/08 00:05 足で稼いだ素晴らしい記事です。
こんなに深みに潜られるとは…

久は俺の嫁久は俺の嫁 2013/11/08 07:32 しゅごすぎィ!

こういうルーツが見つかるのは本当に楽しいですね。
続きの?探訪記事も楽しみにしています!

hannoverhannover 2013/11/08 20:34 >やくよじのさん

ありがとうございます。先に三ツ石神社との繋がりに気付かれたつんさんたちの発見があってこそのものではありますが、思った以上の成果を挙げる事が出来て満足です。
やっぱり何事も自分で調べて現地調査をするという事は大事ですね。

>久は俺の嫁さん

続きは普通の探訪記になると思いますが…wなるべく早く書き上げます。

隣の隣の 2013/11/09 00:50 霧島神境の海はグーグルマップでは見つからずorz
やはり自分の足で稼がないといけないのでしょうが遠すぎですね。
それにしても、あえて海水浴場を外してる辺り、立先生らしい。
もし特定されて巡礼に行ったとき、先客がいたら十中八九、同士でしょうw

hannoverhannover 2013/11/09 08:18 >隣のさん

既に舞台特定班の方で現地を訪れた方もいるみたいですが、まだ見つかってないみたいですね。やはり、情報が少なすぎますしね。実際に存在する場所ではない可能性もありえますし…。

とおりすがりとおりすがり 2013/11/09 21:08  補足ですいません。

 私の調べた限りでは東顕寺だけではなく、北山に存在する寺院の多くが鬼門鎮護のためにもともとの南部氏の根拠である三戸、南部氏が征服した遠野や紫波などから移設されたようです。ほかに北山から少し離れた永福寺もその一つであり、永福寺には「盛岡城鬼門図」が寺宝として保管されているそうです。

http://www.d1.dion.ne.jp/~xxnakano/houjyu.htm

 そして、愛宕町に関してですが、現在の盛岡グランドホテルの周辺に盛岡藩主南部重直が寛永十五年(1638)に愛宕堂が建立されたことによるものでしょう。愛宕堂は代々の藩主の保護を受け、広福寺という寺院が管理していたようです。広福寺は日詰村の藉葯野(しゃくやくの)から移転した古義真言宗の寺院であったが、盛岡に移転してから天台宗に改宗して江戸上野の寛永寺の末寺となり、盛岡領内の天台宗総録となり、寛文十一年に法輪院の院号が許され繁栄しました。しかし、嘉永三年(1850)に焼失したまま、明治三年(1870)に廃寺となり、住職は愛宕神社の神主になったようですが、愛宕神社もいつしか消滅したようです。

http://www.d1.dion.ne.jp/~xxnakano/haiji.htm

エリア53エリア53 2013/11/10 01:50 探訪お疲れ様です。
おおぉ、これはすごいですね・・・。
宮守は遠野だけではなく岩手全体を注目するのがいいかもしれませんね。
あと全く関係無いのですが「鬼・羅刹」って見ると「鬼ヶ島羅刹」ってのが頭に浮かんでしまいます・・・w(このゲームはプレイしたことがないのですが動画では見たことがあるので)
立さんの仕事部屋、覗いてみたいですね。
いろんな資料がありそう。

hannoverhannover 2013/11/10 11:37 >とおりすがりさん

なるほど、あの辺りにお寺が固まっているのはそういった訳だったのですね。とすると、本文にも少し修正が必要ですね。いつも(?)ありがとうございます。

>エリア53さん

何のゲームかわからなかったので調べてみたら、アイマス2の事だったんですねwニコマスには一時期どっぷりとハマってました。
僕自身も詳しくは知らないんですが、羅刹という言葉は元々鬼神の総称みたいなもので、色々な話で鬼の名前として登場するんですよね。本文とは関係ありませんが、永水については日本の鬼のイメージだけじゃなく中国の鬼神にも注目した方がより理解が深まるんじゃないかと思っています。

岩手全体もそうですが、宮守と永水の共通点も他にもあるんじゃないかという気もするんですよね。

たぬきたぬき 2013/11/18 21:42 盛岡の三ツ石神社が塞の能力の描写にあったとは。さすがに花巻市民の俺もびっくりです。

hannoverhannover 2013/11/18 22:24 >たぬきさん

そうですね、盛岡というのは予想外でしたし、最初に気付かれたつんさんの着眼点が素晴らしかったですね。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証