半坪ビオトープの日記

2007-07-24 クコ(枸杞)

クコ(枸杞)

[] 09:31

川の土手などに生える、ナス科クコ属のつる性落葉小低木。茎は根元から束生し、枝は弓状に曲がって垂れ下がる。葉は束生し小さく柔らかい。8〜11月、葉腋に直径1cmの淡紫色の花を1〜4個咲かす。花冠は鐘形で先は5裂する。果実は2cmほどの楕円形の液果で、鮮紅色に熟し食べられる。日本全土、朝鮮中国に分布する。

生薬では乾燥させた果実を枸杞子といい、滋養強壮薬として用いられ、薬膳料理にもよく使われる。若葉をごはんに炊き込んだクコ飯も喜ばれる。干して焼酎につけた枸杞酒は、健康ブームでも話題となる。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hantubojinusi/20070724/1350606669