Hatena::ブログ(Diary)

中国語は絶対、勉強するな!

中国語習得のためにしていることや考えたことを記録していきます。
目標は中国語の文章を読めるようになること。中国語の話を聴き取れるようになること。中国語で自分の文章を書けるようになること。ただ、それだけです。

2011-10-31

中国の腐女子文化

博雅汉语の第七章に載っていた課文「戏说中国人」の原文は、

中国の思想広場というサイトに載っていて、立派と言えば立派な文章かもしれないのですが、今までのこのテキストに掲載されていた他の文章と比べると、文体も全体の理論も、また特に最後の結論も物足りないものがありました。(何様?)

テキストには実はこの最後の段落が全部削除されていて、これがその最後の段落です。

読めない単語が多いので、もしかしたらここに、素晴らしい話と理論が隠されているのかと思ったところ、実はハリウッドの役者の名前でした。そもそも、どこからどこが名前なのかわからないというくらいのわたしのレベルの低さも問題があります。


  在上古时候,中国曾经以为外国人都跟兽类有点关系——不然怎么身上会有毛呢?后来进步一点了,叫外国人为“洋鬼子”,鬼虽然不是好称呼,但毕竟是人类的续集;后来慢慢的,才发现他们是洋人而不是洋鬼——这一点我一直认为大家都应该感谢好莱坞,他们把多么优秀的洋人样品送给我们看啊,我们的男人很快地就爱上了嘉宝、秀兰•邓波儿、伊莉莎白•泰勒、费雯丽或今天的费•唐娜薇,我们的女人也开始偷偷喜欢瓦伦蒂诺、克拉克•盖博、罗伯特•泰勒或理查•波顿、查尔斯•布朗逊……洋鬼子原来也有这么漂亮的,大家都同意,把“洋鬼子”改“洋人”比较有道理。


Hǎoláiwù【好莱坞】

〈地名〉ハリウッド.

嘉宝 Greta Garbo

秀兰•邓波儿(Shirley Temple,

伊莉莎白•泰勒(Elizabeth Rosemond Taylor,

费雯丽(Vivien Leigh

费•唐娜薇( Faye Dunaway

瓦伦蒂诺(Rudolph Valentino

克拉克•盖博(William Clark Gable

罗伯特•泰勒(Robert Taylor

理查•伯顿(Richard Burton

查尔斯•布朗逊(Charles Bronson


いちいちネットで調べてみると、なるほどな漢字なのですが、中文のブログやニュースを読んでいて、よくわからない単語にぶつかり、それが人名か地名か商品名?とすぐには見当もつけられなかったりします。

ここらへんも、日ごろのニュースなど読む量を増やさないといけないのかもしれません。と、殆ど読めていないのですが。。

また、この第七課の副文には、「差不多先生」の話が載っているのですが、これは「橋梁」というテキストの第二課の課文でもありました。しかし、それぞれのテキストの文章がかなり異なっていて、「テキトウさん」が、学生時代「陕西」と「山西」を言い間違える場面では、それぞれのテキストが逆の間違え方をしていました。とり違えたという意味では同じでも「差不多先生」が、どっちに間違えたのかくらいきちんとして欲しいのですが、そこはやはり「差不多」なのかもしれません。


今までは「橋梁」のテキストは、練習問題が多く、中国語テキストとしては使いでがあるのかもしれませんが、課文の内容は、あまり面白いとは思えませんでした。しかし、六課に「眼光」という短い物語が載っているのですが、この物語は、良くも悪くも中国語の短編にたまにみかける「え~」感に溢れていて、奇妙な印象が残ります。

概要を書いてしまうと。。と思ったのですが面倒なので止めます。いったい作者は読み手にどういう感想を持たせようとしているのか、もの凄い微妙感覚が癖になります。

そして、また「橋梁」の副課文には、胡适という学者が文語体をやめて口語体を使う運動を起こしたという文章があるのですが、「差不多先生」の作者を記憶している人には、胡适が、かの「差不多先生」の作者であることに気づくことができます。

と、斯様に複数のテキストを見ていると、どうでもいい内容が関連していることがわかるのですが、もちろん内容や作者意外に、語彙や語法の説明もかなり重複されていて、一冊を徹底的にやることが苦手な人には、同じくらいの水準の複数のテキストを使って同じ単語に出会う機会を増やすという邪道な方法もあります。


わたしは、ただですら中国語のテキストを持ちすぎていると思っているのですが、中国で大量に本やDVDを買ったあとも、ヤフオクを覗いては数万円もする中国語関連の教材が数百円だったりすると、落札ボタンをポチっと押してしまいます。

最近、原価では高額だけど1000円程度で買ってしまった教材は、


CCTV「走遍中国」全30枚セット 

CD-ROM4枚組★ハイパー実用漢語課本

Serial.experiments lain

互動中国語CD-ROM16枚 テキスト5冊

似水年華DVD&シナリオ

倚天屠龍記 DVD1+2セット

神蟠⇔ DVDセット

とか、スターウォーズ全話、還珠姫全話とかとかもあるのですが、一番の収穫は、かなりオタク度が高めなSerial.experiments lain中国語版を580円で落札したことです。このアニメ中国語版があるとは思わなかったのですが、中国には寧ろマニア度が濃いものほど中国語化されているらしいです。


また最近は、中国の大学生の女子から、腐女子の説明を聞かされて、ようやく腐女子のロマンチック度や美学?を理解できたような気がするこの頃です。欧州アメリカにも腐女子文化の存在を聞きますが、中国腐女子文化はもしかしたら、日本を超えているのかもしれません。

これこそ、将来の「戏说中国人」として描かれる一段落になるのかもしれません。


serial experiments lain Blu-ray BOX|RESTORE (初回限定生産)

serial experiments lain Blu-ray BOX|RESTORE (初回限定生産)



ついでに、これあの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]中国語化されているとか。。ああ恐るべし中国文化。。

2011-10-16

“Hold住”的用法

いままでは、中国語の文章を書く時も、自分の書きたいことを主にして中国語では、どう書くのだろうという書きかただったのですが、なかなか単語や語法を自分の物に出来ていないので、寧ろ中国語のテキストに出てくる単語や語法を使う方を主として、そこに「ついでに」書きたいことを載せてみました。

今回は博雅汉语第六课の史铁生の文章を出来るだけ真似してみました。

あまり文章全体としての意味はないのですが、もし何かしら意味を読み取れれば、それはあなたの寛容な読解力のせいでしょう。

また、今は第七課を読んだところで、七課の原文はここにありました。

http://www.china-review.com/cath.asp?id=14270


“Hold住”这个词我套用得很生硬。

“Hold住”的用法


也许是因为人不善于什么就更憧憬什么吧。

我虽然是个五音不全的人,但却是个音乐迷。

我不光喜欢摇滚乐,爵士乐,古典音乐,以及其他各种音乐,也喜欢听流利的汉语,总之,对我来说中文是音乐,我是个全能音乐迷。

我对中国人以外的人说中文特别感兴趣。

在我看来,说中文比说任何外语都好听。

我最喜爱和嬖蘚人是加藤嘉一,他是我心中的偶像。

他身高一米八八,长得肩宽腿长。。。不对,不对,不对。我喜欢他跟他的样子没关系。

他之所以汉语说得流利、写得通畅,是因为费尽了心血去学。

他现在是不是流行的人?

在世界上,所有的人都向最流行的人欢呼,所有的旗帜与鲜花都在向最流行的人挥舞,浪潮般的媒体簇拥着最流行人走出赛场,而已过时的人则被冷落在一旁。

听说现在在中国“Hold住”是流行词。

听说现在加藤嘉一在日本可能受到了许多批评。

其实我对流行词,流行人不感冒

不过我读过加藤嘉一写的有关日本的日语文章。

我觉得他的文章也很有个性。

加藤嘉一是好样儿的。

虽然他受了那么多批评,但是整个场面他肯定能Hold住


D


收到老师的来信

现学现用挺不赖嘛,我相信你能hold住哩,加油O(∩_∩)O~

2011-10-11

あなたはそれをどうやってどこまでやりますか


おなじようなことを何度も書いている気もするのですが、もういったいテキストって、どこまでやればいいのでしょう。気が済むまでとなると一生気が済まないようでもあり、一回読めばそれで許していただきたくなることもあります。

たとえば、三か月間かなり真剣にやり続けた「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」と「初級を超えるための中国語単語BOOK」のテキストにしても、全く「やった感」が得られないのです。

その前にもかなりやりこんだ気がする「瞬訳中国語」にしても、見直すのが怖いくらい、単語は定着できませんでした。

そんなわたしの実力から適当に推測するに、市販の中国語テキストを一冊、「マスターした」という満足感とともに終わらせるのには、それだけを毎日やったとしても、半年はかかると思います。その満足感とは、当然暗唱までは至らず、なんとなく飽きてきたからもういいや、に限りなく近い満足感かもしれません。

ただ、一冊に半年かけては、今本棚に押し込んだテキストたちは100歳まで中語とつきあっても、生きている間に終わらすことはできそうもありません。特に来年こそは、できるだけ中国産のテキストや小説に移行をしたいという野望があるので、この大量なピンインつきのテキストたちを年内に次から次へとやっつけていきたいものです。

今、独学で読んでいるテキストは、中国の中級向けテキスト4冊もあるのですが、気持ちはこれを中心としながら、それ以外にこの3か月で、ピンインつきの大学生用教科書や市販のテキストをどんどん読んでいこうと思います。どちらも中国語を初めて1年たった人を対象としているテキストになります。


ということで、体育の日から、右の中国語本100冊プロジェクトにも書いた大学生用教科書「音読したい中国語」と昔のラジオ講座の応用編を集めたらしい「挑戦!朗読中国語」を読んでみました。両方とも一日で読めるのでは?とも思ったのですが、「音読したい中国語」は、全12課のうち、10課までやって飽きてしまいました。素敵なタイトルに反して、内容はよくある中国語文化についての普通の説明で、面白味が無く、特にテキストに何か工夫があるというものではありませんでした。と、不遜なことを書きつつ、それでも一冊をやりとげることは、作者達が学生へ伝えたかったことの上澄みの一部は味わえるのではないかと思います。

方法は、単純に本文も新出単語も例文もすべて5回ずつ読む、というそれだけです。わたしは未だに中国語文法の本を読んだことがないのですが、いろいろなテキストに出てくる文法的な解説を切れ切れに読んでは、断片的な知識をパタパタと頭のどこかへ張り付けています。


もう一冊の「挑戦!朗読中国語」の方は、最初はやはり一気に読んでしまおうと思ったのですが、内容が濃すぎて、こちらはかなり真剣に音読を重ねていこうと思いました。

前書きに、中国語の声調はいつも同じ声調を出しているのではなく、文の中で、それぞれの声調の高さが違っていて、それにもきちんと規則がある。というような説明があって、「ほうほう」と思って一課を終えたのですが、確かに、ここの2声と文末の2声は出す高さが違うという説明は納得できるものの、ではそれが他の文章ではどう考えればいいのか、声調やアクセントなどについて、全ての文章について適応できるシンプルな規則として、まだまだわたしには捉えられませんでした。

しかし、こちらのテキストの本文がとても読みごたえがあるので、もう少しこだわって付き合ってみたいです。


あと、「家有儿女」もDVDではなくて、テキストの方を去年から進めていて今は2冊目の後半あたりです。これらは3冊目を来年の中ごろには終わらせたいし、毎月挫折している「聴く中国語」についても、なんとか毎月一冊はきちんと読めるようにもしたいし、Podcastにしても、貯めずにコツコツと聞きたいし、作文もコソコソと書き続けたいし。。などと語学学習では全く褒められたことではない、「あれもこれも」と手を出してしまっています。

また、昨年使っていたテキストを読んでみると、実は昨年も頭になかなか頭に入らなくて赤ラインを引いた単語やフレーズが未だに全く同じ個所に赤ラインをひきたくなってしまいます。薄々感じていたのですが、昨年の秋あたりから、自分の記憶力はますます忘却力に負けだしている気もします。


ただ、本当のことを書くと、なかなか上達しない感覚や、あのテキストをやってみたいとか、あれもこれもやってみたいとか思える今こそ、一番楽しい時期なのではないかなとも思ってしまう自分がいます。RPGでも、最初の方こそ面白くて、次第にレベルを上げるのが面倒になって、たいていラストの直前で満足感のような退屈感のような気持ちを持ってしまうような?そして、そういう潜在意識がために、ずっと初級から抜け切れないのかしらんと思ったりもするのですが。。イヤイヤ、わたしの場合はいかなる潜在意識も現実に影響されたことがないので、方法は都乱成一锅粥了でも、今はただただ中国語へ向いている自分の人生をそれなりに楽しむことにします。


f:id:hanyu07:20110922174613j:image:w360

2011-10-06

再访上海


「再访」という中国語は無いのかもしれませんが、昨日老師と話していて、「再别康桥」の「再别」が詩人の作った言葉のようなもの、と教わったので。であれば、「再访」くらいわたしが作っても罪にはならないのでは。。とフイツジェラルドの「バビロン再訪」のようなニュアンスで。


我住在上海的时候,最奇怪的事是没什么在海外的感觉。

高层建筑或者小胡同的样子都与日本不同,当然食物和语言也都完全不一样,不过不知为什么,我没怎么感觉到自己身处外国。

这是为何呢?在上海的期间经常都在考虑这个事情。返回日本到现在已经一周了,我却还会突然有种徘徊在散发香草味儿的上海胡同中的感觉。

简直像被谁招唤一样,我无数次回到上海,漫无目的地走在陌生的胡同中。


上海にいて、一番不思議だったことは、海外に来ているという感覚があまり無かったことです。高層ビルも、あるいは小さな路地の形も違うし、もちろん食べ物も、言葉も違うのですが、なぜか、外国という違和感はあまり持ちませんでした。

これは、なぜなのだろう。と上海にいる間よく考えていました。

また日本に戻ってから一週間もたったのに、今でも突然、あの香草の匂いがする上海の路地裏を歩いている気もちにさせられます。

これからも、思い出したように、上海の出来事は書いてみたいです。


上海にいる間、多くの人たちと自由に会話をしたというわけでは勿論なく、本当に簡単な言葉を並べる程度の中国語です。大雑把な感覚では、初級テキストを完璧に使いこなせて、必要な単語の知識さえあれば、相当自由な会話ができるのではないかと思いました。

中国には、日本から4冊のテキストを持って行きました。「汉语口语速成 提高篇」と「博雅汉语 中级冲刺篇」と「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」と「初級を超えるための中国語単語BOOK」です。


「汉语口语速成 提高篇」は昨年から、かなり使ったつもりになったのですが、このテキストをまだまだ消化できていないことを気づかされました。と同時に、このテキストの会話を自由に使えれば、もう用事を足すという意味においては十分だと思います。

「英会話は中学英語で十分」とよく言われている中学英語は、まさしくこの「汉语口语速成 提高篇」か、もしくは「汉语口语速成 基础篇」なのかもしれません。

「博雅汉语 中级冲刺篇」は、今年になって結構読んだり音読もしたいたのですが、現地の人の前で音読をすると、かなりボロボロでした。

「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」と「初級を超えるための中国語単語BOOK」は、7月から初めて、9月までの三か月で終わらそうと、本当に真面目に毎日続けていました。右にある100冊プロジェクトが7月から止まったのは、まさしくこの2冊を真剣にやっていたためです。

そして、中国に行く前に、毎日中国でも続ければ、無事に9月で終わる。というペースだったのですが、中国では殆どこの2冊のテキストを開くことはありませんでした。あまり時間も無かったとも言えるのですが、このようなトレーニング系のテキストを中国に来てまで続ける気持ちが湧かなかったのです。

「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」は、評判もいいし、「初級を超えるための中国語単語BOOK」については、比較的新しいテキストですが、単語集というより、于美香さんと于羽さんが作られて例文が読み応えのある面白さのテキストです。両方とも丁寧に読みこなしてから、何度も音読やシャドウイングをしていました。

しかし、中国に来ていると、こういった練習を重ねていく方法は、わたしには必要がないのではないのではないだろうかとも感じてきました。


効率的学習という観点では、日本で売られている、こういったトレーニング系のテキストは、きっと効果的なのかと思います。

ただ、現地での会話や、最近読み始めた、散文や短編小説と比べてしまうと、これらの脈略が無い短文を暗記していくことの退屈さが際立ってしまうのです。

とはいえ、貧乏性でもあるので、10月いっぱいは、しつこくこの2冊を続けて、それなりに内容を消化し、また大量にあるピンインつきの日本の大学生用教材や、市販の初級教材を、年内にさっとやっつけたいものです。中国語をはじめて2年目になる、来年の1月からはテキストではない、中国語の散文や小説やDVDを使っている自分を想像してみるのでした。


f:id:hanyu07:20110926223658j:image:w360



对了,我看到上海到处都有这样的桌子。使用的人是小宝宝?这是非常小又矮的桌子。

不过,在上海的处处地方都有卖,大学的校园也卖的。

有一次,我问在夜市卖这些桌子的人,这到底是什么?他回答,这些叫做“懒虫桌”。也就是说,那些很懒的年轻人,不起床,而是在床上吃饭和读书和游戏,都用的是这个。

你们知道吗?


f:id:hanyu07:20110927180446j:image:w360


これは、上海で買ったDVDと本ですが、恥ずかしくて公表できません。

本も、DVDも4,50冊程度を買ってしまい、スーツケースは体感重量30kgを超えていたのですが、なぜかお咎めがありませんでした。

whywhy 2011/10/07 09:17 >「再访」という中国語は無いのかもしれませんが
正確に言うと、辞書に載っていない言葉ですね。なぜかというとたった2文字ですが、2つの単語を組み合わせているものです。造語ではなく、こういう組み合わせはある程度私達も必要に応じて簡単にできます。
再訪、いい組み合わせですね。ぴったりですよ。

hanyu07hanyu07 2011/10/07 09:54 whyさん
賛同いただきありがとうございます。ところで、whyさんは、「懒虫桌」を知っていましたか?上海だけで流行っているのかと思ったら、中国の大学生ならみんな知っているとか、たいてい使ったとか?中国の大学生が、みんなベッドでこれを使っているのかああ。と天井を見ながら想像した昨日今日です。

KuliawaKuliawa 2011/10/07 23:29 我没怎么感觉到身处外国这种不同的感觉。
ごめんごめん、もう一度この文章を読むと、なんか「変な感じ」です。感觉は連発ですね。

我没怎么感觉到自己身处外国。 これでよいでしょうか。

whywhy 2011/10/07 23:51 懒虫桌、初めて聞きました。いかにもいまどきの大学生らしくて、ちょっと羨ましいですね。パソコンを置いたりするのに便利なのではないでしょうか。私達の時はこういうものはありませんでしたが、代わりに、中学、高校の頃だったのかしら、「懒汉鞋」が大流行しました。なんのことはない、黒色の、靴紐のない着脱しやすい靴ですが、男性も女性もみんな履いていました。

「通訳メソッドを応用した中国語短文会話800」、この本は耳の練習にいいかもしれませんね。そして、CDの使い方によって、口語のスピードアップも図れるかと思います。もう一つ、ケンカに強くなるのかしら。ちょっとお上品とは言えない表現が散りばめられていて・・・ま、こういう中国語もあると知っておく程度にしてください。

畢淑敏、多作な作家で巧みな文章ではありますが、私にはどうも御用文化人という雰囲気が拭えません。いろいろな作家のいろいろな作品を読み比べるのは面白いと思いますよ。そのうち、上質な中国語とそうでないもの、上質な本とそうでないものが自然にわかってくるでしょう。そうなってきたら、中国語の階段をさらに上ったと思ってください。
私自身も本を読んで日本語を勉強してきました。読むものの内容が次第に変わって、ああ、まだまだっだなとか、ちょっとだけ日本語が上達したのかなとか思って、一喜一憂していました。

whywhy 2011/10/07 23:54 そそっかしくてすみません。
>まだまだっだなとか
まだまだだな

hanyu07hanyu07 2011/10/08 00:11 Kuliawa さん
ありがとう。直しました。同じ文の中でも、そういう同じ言葉を二度使ってしまう間違いをよくします。

hanyu07hanyu07 2011/10/08 00:18 whyさん 
実は今晩も、中国の方と話をしたのですが、この「懒虫桌」で盛り上がりました。上海だけでなく、本当に中国では若い人はたいてい持っているのだとか。。なんでベットにテーブル置かなくても?と言うと、「だって便利でしょう」みたいなことを言われましたよ。
畢淑敏の文章は全くわからないのですが、何人かの方が同じく説明するのは、「彼女は軍人で。。通信教育で大学の勉強を。。医者になって」という説明で、よくわからないけど、普通の作家人生とは違う人なのかと思ったりしました。
いったい、これらの本を読むのに何年かかるのか。。ということにはあまり深く考えずに、易しい物から焦らずに、でも少しだけ急いで読む量を増やしていきたいものです。

千雫千雫 2012/03/08 21:15 ごめんなさい、突然訪問&コメントすみませんでしたOTL
私は中/国人…です…
偶然hanyu07様のプログ文章を見たと失礼ですが、ちょっとだけ言いたいことがあるんです…
中国語でもよろしいでしょうか…?
那个懒人桌在现在中国的年轻人当中真的很普遍,于是我也有一个=w=(←正在懒人桌上コメント的人(喂
然后看写真,认出一本书是《王小波全集》,还有一本是毕淑敏的《西藏,面冰十年》?
…で、本当にコメント失礼しました,では!ww

hanyu07hanyu07 2012/03/09 07:48 千雫 さん
コメントありがとうです。
そうそう《王小波全集》,还有一本是毕淑敏的《西藏,面冰十年》です。
しかし、買ったままにしています。。
ブログもしばらく書けませんでした。
夏の自分を見習って、また中国語漬けにならないといけませんね。

2011-09-28

即使所有的青藤树都倒了


この文章も「博雅汉语」というテキストの課文です。中国語の全文を打つのは、面倒だからとこの課文をネットで探してみると、テキストの1/2くらいの量になっている文章がみつかりました。テキストの文章はさらに長くやっかいなのですが、これだけ短くなるとさらに文章の道徳臭さばかりが強調されてしまって、前後の流れがつかめられないような気がします。テキストの方の長い文章を読むと、もう少し女性らしい作者の日々の生活の描写があり、その日々の生活と昔の同級生や昔の自分の対比が上手く描かれています。

しかし、例によって、わたしは上手く日本語に出来ず、意味不明は日本語の箇所も多々あるのですが、将来の自分のために、そのまま今の日本語訳能力を正直に載せてしまいます。


また、先生に一部間違いを指摘いただきました。ありがとうございます。


“即使所有的青藤树都倒了,你也要站着。即使全世界都沉睡了,你也要醒着。“六年前,我把这样的句子写在他的笔记本上,然后告别母校,各奔东西。他留给我最深的印象是沿校园长跑的背影,拖着残疾的右腿,一跛一跛的迎接一张张表情各异的面孔,一双双好奇的眼睛。足球场上,他在“跛子,射门”的叫喊声中,跌到又爬起......


たとえ全ての藤の樹が、倒れても、あなたは立っていなければならない。たとえ世界が深く眠っていても、あなたは起きていなければならない。

6年前、わたしはこのような言葉を彼のノートに書いた。そのあと、母校に別れを告げて、皆は各々の場所へ去って行った卒業で離ればなれになった

彼がわたしに最も印象を深く与えたのは、校庭に沿った長距離走をしたときの後ろ姿だった。そこで他人のいろいろな表情や、好奇な眼差しに彼は迎えられ、不自由な右足を引きずって、一歩一歩歩いていた。またサッカー場で、彼は「びっこ、シュートを打て!」と叫ばれた声で転んでしまいという叫び声の中、彼がまた起き上がってきた場面だ。


六年的光阴不算长,忆起从前,却恍如隔世。这期间,我与许多同龄人一样承受了不少原以为承受不起的东西。但即使在绝望的时候,也不曾用勉励别人的英雄主义诗句来自勉,仿佛那种气概已全部赠与别人,而不再属于自己。倒是记得他一跛一跛的背影,于是很艰难地学会将痛苦与耻辱变成人生的财富,咬咬牙,俨然真正的英雄那样对自己说:“我不入地狱,谁入地狱。”为此,我对他充满感激。不想,六年后的今天相遇,他竟真诚的告诉我,直到现在,他还在读那几句留言。“即使所有的青藤树都倒了。。”他脱口而出。六年来他的工作和生活都经历了不幸,他说是这几句留言使他初衷未改。我一下子怔住了。原来,我们每个人都可以在有意或无意中留给别人很多很多。同样,也可以剥夺别人很多很多。岁月流逝,我们抓住了什么,又放弃了什么?


6年という時間は長くはないだろう。しかし、あのことを思い出すと隔世の感がある。この時期、わたしは多くの同年齢の人たちと同じように、本来は耐えられないような事すら我慢できるようになっていた我慢できないようなことも我慢してきた。しかし、たとえ絶望をした時ですら、他人を英雄主義の詩句で励ましたようには自分を鼓舞できなくなっていた。あの言葉はもうわたしの物では無くなっていたのだ。しかし、彼が一歩一歩足をひきずる後ろ姿を思い出しては、苦しみや恥辱をも人生の財産に変えて苦難に満ちた習得をし、歯を食いしばって、あたかも正真正銘の英雄が自分に対してこう言ったものだ。「私が地獄に入らずして、誰が地獄に入ろうか」と。これが故に、わたしは彼に対して感謝の気持ちで溢れている。

六年たった今日、また彼に会うとは思いもしなかった。しかし、なんと彼は真摯にわたしに教えてくれた。今でも、わたしが書いたあの言葉を読んでいたことを。

「たとえ全ての藤の樹が、倒れても、、、」彼はすらすらと言い出した。6年間の彼の仕事と生活はついていないことが多かった。ただ、彼が話したこの句は、彼の初志をまげさせなかったようだこの句があったから初志をまげなかった、と彼は話した。わたしは、あっと言う間にぼっとしてしまった。もともとわたしたちはみな、意識的にせよ、無意識にせよ、他人に多くのものを残すのだ。また同様に多くの物を奪う。年月が流れたが、わたしたちは何を掴み取り、また何を捨てたのだろうか。


每一个旁人都同自己一样,充满一种渴望,一种呼唤,一丝微笑,一道目光,一纸信笺,一次电话,一种关注,一个会意的眼神,甚至仅仅是那么一种认可或宽容,而我们常常忽略。每个人心目中都有一片绿荫,却不能汇成森林;每个人都在呼唤,却总是不能互相答应。


他人もみな、自分と同じなのだ。渇望に、呼びかけに、微笑みに、視線に、便りに、電話に、関心に、そして納得した眼差しに満ちている。あの僅かな認可と寛容にすら満ちているが、わたしたちはよく、これらをなおざりにしてしまう。すべての人の心の中には決して森にはなれないが、ひとかけの緑がある。すべての人は、呼びかけの中にいるが、いつもお互いに答えることが出来ない。


其实,论年龄,我们都还年轻,但究竟是什么使我们的感觉日渐迟钝,使我们常常忘记年轻的本来内涵,忘记曾经有过怎样的初衷、梦想和志向。偶尔失眠,于夜深人静时扪心自省,疼痛会于内心深处漫起,记起许多业已淡漠、遗忘或丢弃的东西。然而,早上醒来却无暇拾起什么,甚至忘记曾在梦中哭泣。唯一可做的事情便是将自己绑在生活的车轮上,碾过一个又一个相同的日子。“即使所有的青藤树都倒了。。。”这回轮到我自己来读了,读别人的话时很轻松;读自己的话时,很沉重,很痛苦,也很必要。


実際に、年齢のことを言えば、わたしたちはまだ若い。しかしいったい何がわたしたちの感覚を日一日と鈍くさせるのか、何がわたしたちの本来の若さを忘れさせるのか、このような初志、夢、志をかつて持っていたことを忘れてしまっている。

偶然眠れなくなり、夜が更けて寝静まったとき、胸に手を当てて自省してみる。苦しみとは心の内側の深い所にゆっくりと起きたものであり、すでに多くの印象が薄くなっていること、忘れ捨て去った物事を思い出す。しかし、朝起きても拾い上げる暇さえなく、かつて夢の中でしくしく泣いたことすら忘れている。唯一できることといえば、自分を日常の車輪に縛り付け、似たような日々を一日一日と挽き砕くことだ。「たとえ全ての藤の樹が、倒れても、あなたは立っていなければならない。。。」今度は自分がこの言葉を読む番になった。他人の話を読むのは気楽だ。しかし自分の話を読むとなると、とても重く、苦しいのだが、またそれでいてとても必要なことだ。

KuliawaKuliawa 2011/09/28 22:03 豊かな感性ですね。それは外国語を勉強している私たちにとって大事なものだと思います。また、音感も必要です。外国語はつまり歌です。音感があってからこそ、初めて言葉のアクセントとかしゃべる時の口調とか区別できるのです。区別出来てからこそ、初めて正しく真似出来るのです。音痴の人は外国語を勉強する時、いくら聞いても母語者のようにしゃべれないのです。感性があれば、会話と文章の中に含まれている気持ちを把握できると思います。母語者の気持ちが分かれば、母語者のようにしゃべれるし、文章も書けます。普通の人は10年かかるかもしれませんが、豊かな感性を持つ人は想像以上にすぐ上達しますよ。それは言語の才能のひとつです。だから、頑張ってください。

もう一つは、毛丹青という日本語でエッセイを書く中国人、聞いたことがありますか。その作家の本がもしかして日本の方にとってもっと読みやすいのではないかと思いますが。《狂走日本》《闲走日本》をお勧めます。http://blog.sina.com.cn/u/1195883527 この方の中国語のブロッグです。もちろんその中に彼の日本語に関するリンクもありますので、役に立てればいいなと思います。

hanyu07hanyu07 2011/09/28 22:15 Kuliawa さん また貴重な情報をありがとうございます。
毛丹青さんのことは、中国の小説家、田原さんとの対談などで、名前を覚えていました。
しかし、中国語ブログのことは知りませんでした。これから、少しずつ読んでみます。
しかし、それよりも、Kuliawaさんの、日本語は凄いですね。この記事は書いたばかりなのに、これだけの日本語をスラスラ書いてしまうとは。間違いが無いというだけでなく、Kuliawa さんの 確かな考えと、優しい気遣いが感じれます。
谢谢你的亲切关照。←この使い方は丁寧すぎる感覚でしょうか?

KuliawaKuliawa 2011/10/06 12:04 谢谢你的亲切关照 能看出是个日本人说的中文,呵呵。倒也没有过分客气。可以换一种说法,谢谢你的关心,或,谢谢你的惦记。都比较地道。

hanyu07hanyu07 2011/10/06 12:08 谢谢你的惦记!我好好儿记住了!!