Hatena::ブログ(Diary)

コードで気楽な日々を このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-08-28

wedataに、見ているページのAutoPagerize用SiteInfoがあれば表示するGreaseMonkeyScript

wedataのjsonデータを引っ張って色々弄る練習と、小さいポップアップメニュー作成の練習とか兼ねて作ってみた。

個人的にXpathの組み合わせを見てみたくて作ったけど、すでにwedata上には該当url用のSiteInfoがあった場合で、かつ指定ミスやhtmlの構成が変更されて動かなくなってる場合に、重複して新規項目としてwedataに作ってしまうことを防ぐとか、そんな用途にも使えるかもしれない。…やっぱ微妙かもしれない。

http://userscripts.org/scripts/source/32697.user.js

ポップアップメニューのmouseover時での、変更する位置の判定とかはAutoPagerizeを参考にしてます。getComputedStyleについてはgetComputedStyle について調べてたら深みにハマったのでメモ - IT戦記を参照で。

wedata上に^https?://.なurl判定のSiteInfoがありましたが、これに判定された場合は無効になるようにしてます。

os0xos0x 2008/09/01 12:04 こんにちは。
とりあえず、現状の実装だとページを開くたびにリクエストを投げていて、wedataに負荷をかけてしまいます。
適当にボタンを用意してクリックしたときとか、GM_registerMenuCommandでコマンドを登録してそこから呼び出すとかって実装にすれば、それだけでかなり改善されるかなと思いました。

hao_yayoihao_yayoi 2008/09/02 19:47 コメントありがとうございます。キャッシュ処理を盛り込んで、ユーザがコマンドを実行したときに読み込むようにしてみました。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hao_yayoi/20080828/1219928384