happy-ok3の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-09-14 石にかじりついてもひねくれない誠子氏 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

isourounomituisourounomitu 2017/09/14 00:23 何かで読んだことがありますが、心にしみますね。

happy-ok3happy-ok3 2017/09/14 01:42 isourounomitu様、おはようございます。いつも感謝します。
ひねくれていると、ひねくれていることにすら、気づかなくなってしまいます。
だれでも、転んだり失敗はあるでしょうが、それでも起き上がって正々堂々と、生きたいと、私は願い祈っています。
誠子氏のことは、小説には書かれていませんが、存在と生き方は三浦綾子氏に影響を与えたと。三浦綾子氏の本は沢山、読みましたが、その都度、励まされた、頷くことが多かったです。
このような深い作家は、もう現れないと思います。そして三浦綾子氏を支えた義妹の誠子氏の愛情と献身。私も、多くの方々に支えられていると思います。今日、今、この瞬間に生かされているその事に感謝します。
いつも本当に有難うございます。お身体ご自愛くださいませね。

whitewitchwhitewitch 2017/09/14 02:28 環境のせいにしないで、自分の生きたいように善良な人生を選ぶ人、好きです。私はたまたま好きでやっている活動が、子供たちの健全な成長のために少しでもお役に立てるかもしれないことで、とても幸せです(*^_^*)。

aoikawanoaoikawano 2017/09/14 05:24 誠子氏の「ひねくれまい」という気持ち、少しわかります。
私が小学4年くらいから、母の方が不良になりまして(笑)そもそもは父が原因なのですが、田舎の住宅密集地域、夜中にこだまする母の酔っ払った大きな笑い声に恥ずかしいと思ったものでした。
でも私は、ぐれないしつっぱらない。って決意していました。その後も数年、家は荒れたけれど・・
でもまあ、私の場合「良い子」に見られたいっていう・・誠子氏の純粋な気持ちとはちょっと違うのかもしれませんね?
すてきなお話、ありがとうございます!

sufuretansufuretan 2017/09/14 06:31 おはようございます、happyさん。スフレです。「石にかじりついてでも ひねくれまいとして生きてきました」のことばに涙がでます。三浦綾子さんの本は読んだことないのですが。きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます。鳥さんたちの笑顔にきょうもしあわせをもらっています。きょうも鳥さんたちほんとうにありがとう! 天のハーリーちゃんおはよう! おからだに気をつけて下さいね。いい一日になりますように。

aoikawanoaoikawano 2017/09/14 06:32 追記:小学6年には私は160cmありました。マンモス校でしたが同級生でランドセル背負ってるのは私くらいでした。みんな違うバックを持ってました。
卒業式の時、上下ジーンズで揃えてくれて嬉しいと思いました。似合ってると言われたからです。
でも学校に行ったら、他の子はツーピースとかでした。
そういう時たいてい「あれ?」と思うだけで、それ以上考えられないのでした。でも忘れることもないのです。
私は両親が大好きで、今もとても大切に思っています。
ごめんなさい、場違いな発言でしたらhappyさんの判断で載せる載せないを決めてくださいね?

happy-ok3happy-ok3 2017/09/14 08:30 whitewitch様、おはようございます。いつも感謝します。
ETMの尊いお働き、頭が下がります。
その交流を通して、子どもさん達の心がほぐれてますます素敵になっておられる事を伺い、素晴らしいと思います。お金で得られるものではございませんので。
いつも本当に有難うございます。

happy-ok3happy-ok3 2017/09/14 08:33 aoikawano様、おはようございます。お母様、お辛い事があったのでしょうね…。でも、aoikawano様は、良い子で頑張ってこられたというのは、すごい事だと思います。
誠子氏の「ひねくれまい」という言葉、素敵ですね。
いつも本当に有難うございます。

happy-ok3happy-ok3 2017/09/14 08:37 sufuretan様、おはようございます。いつも感謝します。
誠子氏の子ども時代、1920〜1930年代。その時代に頼る親も居なくて、こんな考え方を持って生きてきたというのは、どれだけの苦労があったかと思います。
三浦綾子氏の小説は実話もあり、映画にもなりました。
背後で笑顔で支えた誠子氏、素晴らしいです。
いつも本当に有難うございます。

happy-ok3happy-ok3 2017/09/14 08:43 aoikawano様、おはようございます。(#^.^#)
ジーンズの上下、素敵ですね。
きっとお母様は、aoikawano様の好きな喜ぶものをと思われたのでしょうね。卒業式は正装とまではいかなくても、制服がない学校では、スーツやツーピース姿、多かったです。私はスーツでした。でも、aoikawano様のお母様は、aoikawano様に喜んで欲しい、その想いが一番に出たのでしょうね!素敵なお母様。(#^.^#)
ご両親を大事に想われるaoikawano様も素敵です。
いつも本当に有難うございます。

PSP-PAGFPSP-PAGF 2017/09/14 09:38 良く犯罪者の罪を語る時、本人の生育環境での不遇が挙げられる事がありますが、(勿論、同情もありますが)その時感じる違和感の中身がわかりました。

miyotyamiyotya 2017/09/14 10:20 こんにちは。
happy-ok3さん、私の事を色々取り上げて下さって本当に感謝です。
誠子氏の「石にかじりついても、ひねくれまいとして生きてきました」この言葉、心にズシ〜ンと響きました。
「人」という字のごとく、支え合える人がいればこそ生きられます。
私も「人」という字を見習って、お互いに支え合える人間関係を築いていきたいです。

happy-ok3happy-ok3 2017/09/14 10:23 PSP-PAGF様、おはようございます。いつも感謝します。
>その時感じる違和感の中身
色んな辛い事はございます。誠子氏は、その辛い環境、境遇にご自身の大切なものを潰されないように、守ったのだと思います。素晴らしいと思います。
いつも本当に有難うございます。

happy-ok3happy-ok3 2017/09/14 10:34 miyotya様、おはようございます。いつも感謝します。
先日のmiyotya様がコメントに書かれた事は紹介させて頂くと、皆様感動しておられました。その時に本来ならmiyotya様のブログを紹介させて頂く予定だったのですが、遅くなってごめんなさい。
辛い事や苦しい事があったとしても、だからと言って良くない事をしていいのか?というのは違うと思います。
私も誠子氏の「石にかじりついても、ひねくれまいとして生きてきました」この言葉には感動しました。このような想い大切にさせて頂きたいです。いつも本当に有難うございます。

kihaseason2015kihaseason2015 2017/09/14 15:32 「人の喜ぶ事、役に立つ事を喜ぶ方々は人のためにと、善い事を好んで行っている」。

おっしゃる通りです。

私も人の笑顔を見たいために生きています。

happy-ok3happy-ok3 2017/09/14 18:31 kihaseason2015様、こんばんは。いつも感謝します。
「人の喜ぶ事、役に立つ事」を喜ぶ方々は、
苦労をして育ったとしても、いくつになっても
人のためにと、善い事を好んで行っている。
そういう方がさらに、沢山になっていくと、平和な時間が増えるでしょうね。
kihaseason2015様は、人の笑顔を見たいために生きていらっしゃるとは、素晴らしいです。(#^.^#)
いつも本当に有難うございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20170914/p1