Hatena::ブログ(Diary)

人工無脳が作りたかった このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011-03-29

[]来月入社する数ヶ月か数年後のあなたに 19:09 来月入社する数ヶ月か数年後のあなたにを含むブックマーク 来月入社する数ヶ月か数年後のあなたにのブックマークコメント

このエントリは、新卒準備カレンダー2011春:ATNDという企画の為に書かれたエントリです。久しぶりにまじめな文章を書こうとしたら、久々すぎて元々ぐだぐだなのがさらにぐだぐだですが、勘弁してください。

昨日のエントリは @understeer さんの


まず5年は本気で基礎体力作りに取り組もうまず5年は本気で基礎体力作りに取り組もう | その他(キャリア) | こちら側からあちら側へ | あすなろBLOG

でした。

お前誰よ?

名前は岩間 亮です、今年28になります。IDは主にhappy_ryoです。Skypeだけ諸事情でhappy_ryo.です。
ここまで新卒準備カレンダーには何だか凄い人たちが顔を揃えていますが、ぼくは普通の会社員です。アライドアーキテクツという会社で「えんじにあ(表記まま」として働いてます。職業プログラマ歴約3年、その間コード書いてる期間1年位と経歴も普通を通り越して微妙です。現職では自社サービスの品品とか、最近はiPhoneアプリとかちょろっと作りました、多分またちょろっと作ります。ブログには全くといって良いほど出てきませんが、得意分野は本人の意志とは無関係にソースコードのバージョン管理のあれこれや、アジャイル的なあれこれです。要は環境整備ですね。NetBeansというIDEが大好きで、仕事でも使っています。人工無能が作りたいです。

贈る言葉

素晴らしい未来に向ける言葉や教訓は、凄い人たちが書いてくれているし、ぼくがそういうのを書いても全然面白くないと思うので、「就職した先が、どうしようもなかった時」や「転職したい時」の対処法を幾つか贈ります。願わくばここで得た知識が永年役に立たない事を祈りますが、残念ながら一定数そういう状況に直面する人が居る事は想像に難くないので、そういう状況に直面したとき「諦めない為」に心の片隅に留めておいて貰えればと思う次第です。

「辞めたい」と思ったとき。

まずは、どうしてそう思ったのかを明確にし、その問題が自身の努力により解決可能かどうかを検討しましょう。また、その問題を解決することによって、モチベーションを持ち直すことが出来るかどうかも併せて考えましょう。信頼の置ける人にアドバイスを求めるのも良いかもしれません。辞めたいくらい追い込まれている場合、正常な判断ができない可能性は十分に考えられるので、人に相談するというのはある程度効果的だと思います。その際、最後に決めるのは自分自身だということだけは心にとめておきましょう。ちなみに、残業が多い時期があるとか短期的にみて自分のしたいことが出来ないとか、一人二人あわない人がいるなんてのは、よっぽどじゃない限り、どこに行っても有ることです。

「〜年がんばる」という言葉に気をつける。

相談したり、自身で問題を検討する段階で「〜年はがんばる」という謎の目標が浮上してくることが多々あります。「〜年がんばる」ことで問題が解決されるのであれば良いのですが、多くの場合ただ年数を重ねるだけでは問題は解決しません。「〜年がんばる」のであれば、「〜年」の間に何をすることによって問題を解決するのかを具体的に考えましょう。最低でも、「〜年がんばった」後でどういう状態になっていればいいのか?ということを明確にしておきましょう。

問題が解決可能な場合

もんだいかいけつ
がんばれ、ちょう、がんばれ、それなりに、がんばれ
あわせて、これまでの新卒準備カレンダーを参考に自身を磨きましょう。

問題が解決不能な場合、または解決してももうどうにでもなーれな場合

転職を視野にいれて、これまでの新卒準備カレンダーを参考に自身を磨きましょう。

もう転職したいけど忙しくて無理だよ…

在職中の方を選考する場合、企業側も現職での仕事が有ることは理解していますのでフレキシブルに対応してくれるケースもありますし、「やってやんべぇ」という気持ちだと意外とどうとでもなります。まずは試しにやってみましょう。


ーーーーー転職しようと思う人へーーーーー

辞めない

よほど切迫した状況でもない限り、転職先が決まってから会社を辞めましょう。こういうご時世ですし、一時的にでも無収入になるのはリスキーです。

焦らない

こんなご時世ですから、すんなりとは決まらないかもしれません、でもどうか焦らないでください。「もうどこでもいいや」という思考は危険です。ぼくはそれで数年間、ワーキングプア的な何かとして生活していましたが

腐らない

IT業界は転職に対して他の業種に比べてそこまでネガティブではないので、転職に対して必要以上にネガティブになる必要はありません。自分にとって、よりよい環境を求めて努力しているのですから、ポジティブに行きましょう。


ーーーーーここまでーーーーー

最後に

だらだらと書きましたが、転職するにせよしないにせよ、勉強を続けるのは大事だよって偉い人やエロい人が言ってました。偉い人やエロい人は、そうなるだけの事を積み重ねてきた人たちですから、先達の言葉には耳を傾け、よく聞きよく考え、自分自身の判断を積み重ねて徐々に徐々に進んでいきましょう。


ぼくが微妙に暗い話を書いたから、この後は明るい話題だと良いなぁ。
明日はは @kenji_rikitake さんです。

おすすめの本

あまり論理的ではないぼくが勧めるのもなんですが、この本は勉強になりました。

論理学

論理学

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/happy_ryo/20110329
Connection: close