ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2019/02 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • お引っ越し

    hara-potter2019-01-23

    今まで使っていた「はてなダイアリー」のサービスが間もなく終了するので航製日誌、航製日誌:番外編ともに「はてなブログ」に移行いたしましたm(_ _)m

    航製日誌 

    https://hara-potter.hatenablog.com/

    航製日誌番外編

    https://cyclo-harapo.hatenablog.com/

    航製暦.190122

    hara-potter2019-01-22

    []

    今日は、上翼の操作ワイヤーの下穴開口から・・・

    で、これができたら車輪とプロペラを整形。

    車輪は、センターの印だけで車軸の穴が開口されていないので、これもピンバイスでザクっておきます。

    で、この車輪にもピンホールが有ったので、瞬着+硬化スプレーで埋めたあと、サンディング。

    ここまで出来たら下地チェックも兼ねてサフェーサーをエアブラシで吹き付けます。

    で、吹き付けると・・・・・・表面処理不良と気が付かなかった小さなピンホールが(~_~;)

    なので、そういった所には溶きパテを塗布しておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    前に作ったコロジーモデルの三式艦上戦闘機は、表面処理もほとんど要らなかったように思ったんだけど、今回は結構ピンホールが有るなぁ(~_~;)

    航製暦.190121

    hara-potter2019-01-21

    []

    今日は、胴体下面にある冷却器の取付から・・・

    で、この取付に限らず、細かいパーツの取付が、よ〜判らんのよね(~_~;)

    で、キットのレジンパーツ見ててもよく判らないのでキットの箱絵と図面、写真から見てそれらしく取付。

    f:id:hara-potter:20190121094414j:image

    おそらく、この筒状の丸いものが機首から移動してきたラジエーターだと思われるので、レジンパーツだと丸棒状の形していないけど、おそらく丸パイプだろうと前後の胴体と繋がる部分を真鍮線をい曲げたもので組付け。

    胴体側には仮組みでも差し込めるようにしたので、組みやすいし塗装もしやすくなりましたね。

    で、次は主脚柱の仮組み。

    f:id:hara-potter:20190121062405j:image

    パーツを整形して胴体との取付には0.2mmのピアノ線を埋め込んでみました。

    車軸になる支柱はイモ付けするつもりだけど。一応仮組して位置関係を確認しておきました。

    で、残った時間で張線の下ごしらえ。

    動翼の操作ホーンを先に接着するか迷いましたが、これは塗装後に後付けすることにしました。

    あとは操作ワイヤーの胴体側の出口をピンバイスでザクっておきます。

    太さはメタルリギングが2本差し込めるようにしておきます。

    主翼の張線は0.22mmのピアノ線を使うことを前提に0.3mmのピンバイスでザクっておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    上翼の操作ワイヤーの下穴を開けるの忘れてた(~_~;)

    航製暦.190120

    hara-potter2019-01-20

    []

    今日から本格的に一〇式艦上戦闘機の製作に入ります。

    先ずは、溶きパテ塗布済みだった胴体のサンディングから。

    これができたら水平・垂直尾翼を接着します。

    垂直尾翼は、キットのままだとイモ付けで強度的な不安があるので0.2mmのピアノ線を補強に仕込んでおきました。

    まえに作ったコロジーの三式艦上戦闘機では、ピンホールが有った覚えないんだけど、この一〇式ではラダー後縁と主翼にピンホールが有ったので伸ばしランナーと瞬着で埋めておきました。

    この時、垂直尾翼上端にもピンホールが有ると思って埋めちゃったけど、これライトパーツ接着用だったようですね(~_~;)

    尾翼の接着が終わったら次は主翼下翼の接着ですが・・・・

    f:id:hara-potter:20190121094055j:image

    これは、数日前の仮組で撮った画像ですが、ゲートとバリの処理しただけで・・・

     

    f:id:hara-potter:20190121094052j:image

    擦り合わせなしでピッタリ合いますね。

    胴体側のダボ穴をそのままなので、キットの精度の良さが判りますね。

    とは言え、ダボが短いのが気になるので、ダボピンを落として0.6mmの真鍮線に置き換えてから接着しておきました。

    で、接着ができたら支柱や張り線の下穴開口。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    やっぱり手のひらサイズのキットって良いなぁ(^_^)

    航製暦.190119

    hara-potter2019-01-19

    [][]

    今日は、脚周りの組み立てから・・・

    先ずは前輪と主脚の後ろ側のタイヤだけ先に接着。

    この接着剤が完全に硬化してから、他の車輪も接着しますが、この車輪はダボ穴を少し広げて遊びを作っておきました。

    で。接着する時はゼリー状瞬着を使って、全てのタイヤが地面に接地するようにします。

    あとは、細々したアンテナなどの小物パーツの塗装と組付け。

    尾部下面にある二つのライトは型抜きの関係か、レンズ面がのっぺらぼうなので、ライト部を丸く銀色に塗った後、透明なエポキシ接着剤を少し盛り上げてレンズにしておきました。

    タンカーという性質上か、この機体、あちこちに小さなライトがありますが・・・・・・他の所は目立たないので、そのまま(~_~;)

    ピトー管は、組付けてから何度も引っ掛けたり、真っすぐに直したりを繰り返し、右翼側の物がよれヨレ気味(~_~;)

    f:id:hara-potter:20190121093422j:image

    なので、0.7mmのアルミパイプと0.9mmの真鍮パイプで左右とも作り直しておきました。

    あとはスミ入れをして完成ですね。

    f:id:hara-potter:20190120214758j:image

    f:id:hara-potter:20190120214836j:image

    f:id:hara-potter:20190120214940j:image

    このだらしないシャークマウスが作りたかったんですよね(笑)

     

    で、ヴィクターも完成したので、次のキットに入ります。

    候補は、お手付きになった強撃や、ストック棚からはみ出したスパホとかの候補が有ったのですが・・・・・・

    ヴィクターの反動で今は小っちゃい飛行機が作りたい気分。

    なので、コロジーの一〇式艦上戦闘機をチョイス。

    複葉機だけど、組みやすいコロジーのだから何とかなるでしょう。

    f:id:hara-potter:20190120060109j:image

    で、先ずはコクピットを組み立て塗装して胴体を左右に貼り合わせ・・・・時間切れ(~_~;)

    0-sen(零銭)0-sen(零銭) 2019/01/21 23:50 ビクターの完成おめでとうございます。まずはお疲れ様でした。
    機首のシャークマウスが良い感じですね。作りたかったキットが無事に完成して、感慨も一入ではないでしょうか? 素晴らしい完成品を是非この目で拝見してみたいものです。
    で、ビクターの次は、一〇式艦上戦闘機とは、驚きました。時代が一気に100年前にタイムスリップしましたね。こう言うキットの存在自体知りませんでした&#128531; 張り線をどうされるのか、興味深く拝見させて頂きます。

    腹ポ腹ポ 2019/01/22 12:37 ★0−senさん
     ありがとうございます。
     このシャークマウスのヴィクター、元々マッチのキット作ろうと考えていたんですよね。
     で、当時はデカール作るつもりだったのですが、エアのB型が出たので、K型も出るだろうと待っている間にデカールも出たので、結果的には良いタイミングで全てのピースが揃った感じです(^_^)

     一〇式艦上戦闘機、張線はいつものようにピアノ線とメタルリギング使う予定です。

    腹ポ腹ポ 2019/01/22 12:42 すみません。
    昨日からここの日誌を新しいハテナブログに移行準備中なのですが、データー移行に時間がかかっています。
    昨日からデーター移行させているのですが、未だ今日一日ぐらいかかりそうです。
    で、移行中の昨日からのコメントは、新しい方に反映されなさそうですm(_ _)m

    航製暦.190118

    hara-potter2019-01-18

    []

    今日は、クリアトップコートの続きから・・・

    クリア層を作るトップコートは昨晩のうちに済ませておいたので、今朝は半艶クリアで艶調整から。

    何回かに分けて自分の好みの艶になるよう吹き付けていくんだけど・・・・・・正直、自分の好みだと周りの人には艶を消し過ぎ(落とし過ぎじゃない)に感じるようなので、意識的に自分の好み艶消し具合の手前までで終了させるようにしています。

    で、これ繰り返していたら、以前ほど艶を消そうとしなくなりましたね(^_^)

    で、艶調整が終わったら脚収納庫や金属色に塗装する部分を塗っていきます。

    垂直尾翼のフェアリング前後の金色っぽい部分は、以前レアベア用に調合した金色にカッパーを加えたものを使用。

    ジェットノズルは、自家調合の焼鉄色、脚収納庫と脚カバーなどの内側はクレオスのC8番銀+C97番灰色9号で塗装。

    あと機首の窓の内側はC2番黒を塗っておきました。

    で、今日は脚柱を接着したところで時間切れ。

    キャノピー等のマスキングも剥がしておきました(^_^)

    航製暦.190117

    hara-potter2019-01-17

    []

    さ〜、今日からクリアトップコート・・・・・・って、思ってたら昨日塗り間違いに気が付いた(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20190117122559j:image

    これ、今作っているXL190の実機写真だけど、機首先端の窓、下面を残して、左右の窓は嵌め殺しされているのね(~_~;)

    この辺りは、ヘンプ塗装の実機でも時期によって全ての窓が潰されていたり、逆に3枚とも残っていたり、いろいろなので、これから作る人は自分の作る機体がどうなっているか確認する方が良さそうですね。

    ちなみに私の作っているXL190、シャークマウスが描かれていた時期が短いみたいで、途中で描かれて、またシャークマウスの無い状態に戻っているんですね。

    で、最終的には残っていた下面の窓もなくなっているので、整備とかの時に窓交換が必要になった時に順次パネルに置き換えられているのかな?

    なので、マスキングして残していた左右の窓を黒で塗り潰した後、シルバーグレー、ヘンプで重ね塗りしておきました。

    明日は、ドライブラシもしておきましょうか。

    で、次はフラップの接着。

    クリアトップコートする時に手間を省くためできるだけブロックを纏めたいのと、フラップは上下面ともトップコートを吹きたいので持ち手の問題もあるので先付けしました。

    で、プラ用接着剤だと硬化まで時間がかかるのと強度的な問題があるので、一部ゼリー状瞬着を併用して接着してあります。

    で、ここまで来たらやっとトップコーート入り。

    軽くデカールの上にエアブラシでクリアを吹くを繰り返してクリア層を作っていきます・・・・・・が!

    デカールが浮いている所が(~_~;)

    浮いているのは別売りのエクストラデカールを使った国籍マークや部隊マークのデカールの4か所。

    デカール糊を増量したマークセッターを使って馴染ませてから、そのままクリアトップコート(~_~;)

    一応、表面の湿り気が無くなってから吹いているけど・・・・・・大丈夫か?(~_~;)

    で、数回クリアを吹いたら徐々に1回の吹き付け量を増やしていきますが・・・・・今日は、上面だけそこそこの吹き付け量で吹き付けたところで時間切れ。

    下面側に同じくそこそこ量で吹き付けたら、後は普通にクリア吹いていけそう(^_^)

    航製暦.190115

    hara-potter2019-01-15

    []

    今日もデカール貼りの続きから・・・

    で、今日は下面のコーション類を貼っていきます。

    下面なんて置いておけばほとんど見えないわけで・・・・・・バッサリ省略!しようと思ったのに、ついつい貼ってしまう(~_~;)

    で、ようやくデカール貼り終了しました(~_~;)

    航製暦.190114

    hara-potter2019-01-14

    []

    今日は、デカール貼りの続きから・・・

    側面と上面のコーション類を貼って時間切れ(~_~;)

    下面も多いけど・・・・見えないところは、できるだけ省略したい(~_~;)

    航製暦.190113

    hara-potter2019-01-13

    []

    今日からデカール貼りに入ります・・・

    国籍マークやシャークマウス等は別売で用意しておいたデカールを使用。

    で、コーション類や下面等のオレンジストライプは別売で用意されていなかったのでキットのデカールを使用しました。

    これが貼りたくて作っていたようなシャークマウスは微妙にRに馴染まなかったので、黒い部分にカッターで切れ目入れを入れて対応。

    デカール乾燥後、黒でタッチアップしておいたけど・・・・・ちょっと足りなかった(~_~;)

    で、今日は大まかなデカールを貼り終えたところで時間切れ。

    マーキングの類は少なく見えても、そこは現用機。コーション類が沢山残ってる(~_~;)

    最新コメント一覧