ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 |
カレンダー
<< 2018/01 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.180119

    hara-potter2018-01-19

    [][]

    今日は、二式水戦の紫の塗装から・・・

    今回の肝ともなる紫ですが・・・・・・ボックスアートを見るとほとんど赤に近いんですよね(~_~;)

    で、適当に前に作って残ってたダゴレッドの赤やら正体不明の紫を調合して、最後に下地用に作ってたピンクを加えて色調整したものを使いました。

    塗装済みの下面色をマスキングして、何時ものように筆塗りですが、この色隠ぺい力が弱いわ(~_~;)

    下地に違う色を塗っておけば良かったと思いつつ、結局そのまま塗り重ねで済ませてしまいました。

    で、紫乾燥後、マスキングしてカウリングをC126番カウリングブラックで塗装しておきました。

    あとはプロペラ表面の塗装ですが、これは現行C8番銀をフリーハンドで塗装。

    プロペラ先端の警告色はどうしようかな・・・

     

    紫乾燥待ちの間にP−51の銀を塗装しますが・・・

    最初、タミヤの新しいラッカー塗料の銀を試しに使ってみましたが、イマイチイメージと合わなかったので、結局いつものようにC8番銀+C97番灰色9号で塗装しておきました。

    もう少しでデカール貼りに入れますね(^_^)

    航製暦.180117

    hara-potter2018-01-17

    [][]

    今日から塗装に入ります♪

    先ずはP−51のキャノピーをマスキングから。

    マスキングゾル乾燥待ちの間に二式水戦の塗装に入ります。

    塗料は、単純にクレオスのC35番三菱系明灰白色をチョイス。

    普通に塗って今回はドライブラシなしでそのままOKとしました。

    で、マスキングゾルが乾いたらP−51の機首周りを青く塗ります。

    使った塗料は、以前セスナ172を作った時の調合色をそのまま使用しました。

    で、今日は二式水戦のキャノピーをマスキングしたところで時間切れ。

    航製暦.180116

    hara-potter2018-01-16

    [][]

    今日は、フロートのサンディングの続きから・・・

    あと、どちらの機体も主翼と胴体の継ぎ目に溶きパテを塗布済みだったので、これもサンディングで均しておきます。

    ここまで来たらそろそろ塗装の下ごしらえに入っていきます。

    フロートの補助支柱は機体と仮組みしてフロート側に接着してしまいました。

    あとはP−51の燃タン、スピンナーの組み立て。

    あと一体になった脚カバーなども分割します。

    で、主脚カバーの表面に少しヒケがあるので、主脚に付く方は薄く仕上げる感じでサンディングしてヒケを削ってしまいます。

    胴体に付く方は閉めた状態で接着。この時ゼリー状瞬着を使って気持ち浮き気味に接着。

    そのうえでヒケはパテで埋めておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    楽しい色選びだけど・・・しっくりした色が無いなぁ(~_~;)

    航製暦.180114

    hara-potter2018-01-14

    [][]

    今日は、二式水戦の主翼の組み立てから・・・

    このキット、コンパチの関係で主翼下面パーツが内翼と外翼の3分割になっているので、先ず下面だけを貼り合わせてしまいます。

    ただ、仮組みすると主翼上面側で胴体と隙間が生じるので、下面側のパーツの擦り合わせで事前にウィングスパンを調整しておきます。

    で、長さがOKならプラ片の補強を入れて内翼・外翼をプラ用接着剤で接着した後、内側表面に瞬着を流して補強しておきました。

    この状態で主翼上面を接着しますが、今度は右翼付け根の厚みが胴体側より分厚いので、これも調整しておきます。

    主翼の接着ができたら接合部に溶きパテを塗布して、パテ乾燥後にサンディング。

    P−51も同様ですが、こちらの方は特にすり合わせなどの必要もなく、ただ組むだけでOKですね。

    胴体は既に溶きパテ塗布済みだったので、こちらもサンディング・・・・・・って、実際にサンディングしたのは。こちらの方が先ですが。

    但し、二式水戦の方はカウリング先端が未接着だったので、エンジンを塗ってから接着し、カウリング先端を接着しておきました。

    カウリング先端のサンディングを残して粗方のサンディングをしたところで、排気管と機首上面機銃の銃身をそれぞれプラパイプと真鍮パイプで追加しておきました。

    主翼と水平尾翼を胴体に接着したら士の字ですね。

    で、今日は補助フロートのサンディング途中で時間切れ(^_^)

    航製暦.180109

    hara-potter2018-01-09

    [][]

    今日から新しいキットの製作に入ります♪

    本来は映画に出てきたレース仕様のスーパーコルセアの予定だったのですが、日曜日のクラブ例会で面白いキットを頂いてきたので急遽変更になりました。

    今度のお題は、古〜っいジョーハンの二式水戦。

    あの紫の二式水戦の箱絵で有名なキットですね。

    なので、塗装も当然箱絵仕様に準じて作るつもりです(^_^)

    小さな機体なので、もう一機同規模ぐらいのキットと・・・物色して選んだのは旧ハセガワ(この時代なら長谷川製作所が正しい?)のP−51。

    このキットは、子供の頃からたくさん買って作ったり、作りかけで未だに残っていたり(苦笑)するのですが、そういえば箱絵のブルーノーズの機体を作ったことないなぁ・・・って、思ってたら作りたくなっちゃったんですよね。

     

    で、今回は珍しく枕が長くなりましたが製作に入っていきます。

    先ずジョーハンの二式水戦ですが・・・・・・このキットに限らずジョーハンのキットの中身を見るのは多分初めて。

    ぱっと、パーツを見るとスジボリだし何かいい感じ。

    ちょこっと例会会場で胴体左右と中央部分だけ別パーツになっている主翼下面パーツを仮組みすると合わせもそこそこ・・・

    箱自体は売っているのを子供の頃に見たことあるように記憶しているんだけど・・・・・・何で買わなかったのかな?

    で、先ずは胴体左右の貼り合わせですが・・・

    f:id:hara-potter:20180109045746j:image

    キットにはコクピットが無く、人形だけなので、人形をセットするピンを切り落として中は黒く塗っておきました。

    コクピットが無いのを気にする人も居るでしょうが(子供の頃の私?)、1/72なら単純にプロポーションを楽しむのも良いかと。

    で、コクピットは空っぽのまま左右を貼り合わせ、零戦と選択パーツになっている尾部パーツ接着しておきます。

    で、今日の二式水戦はここまで。

    フロートは前オーナーさんが左右を貼り合わせていたようです。

     

    P−51の方も特に何もせず簡単に(^_^)

    コクピットパーツは、インテリアグリーンに塗って、操縦桿や側壁にモールドを黒等でちょこちょこっと塗装。

    フロアは木製なのでウッドブラウンに塗装しました。

    シートは座面にクッションの様な(座布団の様な?)物がモールドされているし、シートの形そのものが実機と全然違いますが、それも気にせずに組んでいきます。

    ここを組んでて中学か高校の頃、1/32のキットを参考にフロアから全て作り直したの思い出しました。

    シートはヒートプレスで作ったし、フロアも彫刻刀で木目のモールドを入れたり・・・・・・と、今より頑張ってたかも(~_~;)

    f:id:hara-potter:20180109062140j:image

    で、今日は、ここまでで時間切れ。

    tochi_hangertochi_hanger 2018/01/14 12:46 腹ポさま
    こんにちは&#128515;旧ハセのキット…ボクにも回って来ましたね&#128517;…てか‼️アカデミーでしたっけ?&#128565;ボクも何か?考えましょうかねぇ〜&#128518;制作を楽しみにしてますね&#128077;

    腹ポ腹ポ 2018/01/15 11:08 ★tochi_hangarさん
     とちさんが持って帰ったものも同じハセでしたよ。
     全て箱なしインストなしだたので、カレンダー画像は自前ストックの箱を・・・
     この古いハセのP-51、当時結構の数買ったはずなんだけど残っているのは作りかけ3機。
     しかも全部翼端落としたレーサー仕様ばかりでした(~_~;)
     インストがどこかに在るはずなんだけど、見つからないのよね。
     今回、キット箱絵の仕様で組む予定なので、インストはネットから拾ってこようかと・・・(~_~;)

    航製暦.180108

    hara-potter2018-01-08

    [][]

    今日は、ミラージュのカメラ窓の切り出しから・・・

    カメラ窓の必要な大きさと形を、先ず機体側にマスキングテープを貼って写し取ります。

    鉛筆で必要な線を描いたら、マスキングテープを剥がし、そのまま透明板に貼り直します。

    で、マスキングテープ事、描いた線の外側でカットし、あとはすり合わせで調整します・・・・・・

    f:id:hara-potter:20180108060000j:image

    ちょっと削りすぎた(~_~;)

    なのでマスキングテープを剥がして新しい透明板に貼り直してやり直し(~_~;)

     

    すり合わせしてほぼOKならマスキングテープを剥がして、再度フィッティングチェックします。

    で、必要なら更にすり合わせて仮組みします。

    ちなみに折り曲げる時は、毛抜きで摘まんでガイドにすれば綺麗に曲がります。

    注意するのは、挟んだところの少し外側で曲がるので、どれぐらいずれるか確認してから曲げるのが良いと思います。

    当然曲げるのは、すり合わせ前です。

    で、問題は接着方法ですが・・・・・・接着シロが少ないので、結局瞬着を使うことにしました。

     

    f:id:hara-potter:20180108065020j:image

    カメラ窓中央部のみを機体側の接着シロに瞬着を細い金属線を流して透明板をセット。

    軽く止まったら、更に瞬着を流してシッカリ接着します。

    これができたら同じ要領で左右の窓を一つずつ接着します。

     

    f:id:hara-potter:20180109103153j:image

    接着ができたらマスキングして窓枠を塗装します。

    この時、仮組み時にできた塗装の剥がれた部分もタッチアップしておいました。

    ちなみに画像下に写っているのが、型取りに使ったマスキングテープと切り出しに失敗したカメラ窓です。

     

    ここまでできればあとは脚周り、兵装類とピトー管をセットして全てのパーツの接着が終了。

    この後スミ入れすれば完成です♪

     

     

    f:id:hara-potter:20180109062927j:image

    f:id:hara-potter:20180109063013j:image

    ミラージュ3CJ(偵察型)

     

    f:id:hara-potter:20180109062852j:image

    f:id:hara-potter:20180109062911j:image

    クフィルC7

    航製暦.180107

    hara-potter2018-01-07

    [][]

    今日は、ホイールの塗装から・・・。

    ミラージュ、クフィルのどちらのキットも前輪のタイヤとホイールの境目がはっきりしないモールドだったので・・・

    f:id:hara-potter:20180109102859j:image

    f:id:hara-potter:20180109102855j:image

    丸くカットされたマスキングシートでマスキングして塗装しておきました。

    あとは脚カバーの内側や脚収納庫も塗装しておきます。

      

    次は、ミラージュのカメラ窓の工作に入ります。

    先ずはカメラパーツをレジンパーツ2個を接着して作り、これを機体側に仮組み・・・・・・すると収まらない(~_~;)

    カメラの前後長が長すぎるので、削って調整し収まったと思うと・・・・・・今度は高さが余って飛び出す(~_~;)

    なので、カメラ側のパーツと機体側の削って調整すると・・・・

    f:id:hara-potter:20180107063238j:image

    収まった♪

    f:id:hara-potter:20180107063247j:image

    けど、機体側を削り過ぎて表面に膨らみが(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20180107063843j:image

    なので内側を瞬着で養生してカメラを接着。

    その後、表面の膨らみをペーパーで均して・・・

     

    f:id:hara-potter:20180107064631j:image

    リタッチしておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ(~_~;)

    航製暦.180106

    hara-potter2018-01-06

    [][]

    今日は、ミサイルのデカール貼りから・・・

    と言ってもミサイル2本に対してそれぞれ赤線2本、青線2本の4本だから、全部でデカール8枚貼ったら終了。

    スマート爆弾の方は、キットインストではデカール無し。ボックスアートでは黄色と赤い線が1本ずつ入っているので、どうするか迷ったけど・・・結局、線無しで。だって面倒くさいし(~_~;)

    で、デカール貼りが終わったらクリアトップコートだけど、デカールの乾燥時間が欲しい。

    機体側は十分乾いているけど貼ったばかりのミサイルのデカールが気になる。

    なので、その間に・・・・忘れていたパーツの接着(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20180109102645j:image

    ミラージュの延長された機首の関係か、レール上の細長い膨らみ2本のパーツがレジンで用意されているんだけど・・・切り出すのも面倒なのでプラ棒を削ったものを接着しておきました。

    このキット、各型共通のノーマル機体の組み立て用取説にレジン追加パーツの取付図だけの取説が1枚追加されているんですよね。

    で、最初は気が付いていても、塗装するまでにこのパーツのことを忘れていたんですよね(~_~;)

    画像右上に写っているのが2本の長い膨らみのパーツなんですが・・・・・・その間の太短い膨らみのパーツが無い(~_~;)

    欠品とかじゃなく最初からパーツリストにもインストにも書かれていないんだけど・・・・・・塗装図にはしっかり描かれているんですよね(~_~;)

    なので、これもプラ棒を削ったものを接着しておきました。

    あとはそれぞれ下面色と黒でリタッチすればOKと、ここまでが午前中モデリング。

     

    今日はお休みなので午後からクリアトップコートに入ります。

    ミサイルのデカール乾燥時間がしっかりとれていないので、ミサイルは後回しにするぐらいのつもりで薄く砂吹き程度で済ませ、機体側にクリアを吹いていきます。

    クリアトップコートの合間に脚周りの小物やノズルを塗装しておきます。

    小物類のゲート処理も終わっていなかったので、それなりに時間がかかりましたね(~_~;)

    f:id:hara-potter:20180106223409j:image

    で、クリアトップコートが終わったらミラージュのカメラ窓の内側を黒く塗っておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    ミサイルの方も夜のうちにクリアトップコートが終了し、機体と一緒に半艶クリアを吹き付けておきました(^0^)

    航製暦.180105

    hara-potter2018-01-05

    [][]

    明けましておめでとうございます。

    本年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

     

    で、早速ですがミラージュ&クフィルの進捗状況。

    例年のことながら年末年始は日誌をUPしていませんが、合い間を見て模型製作の方は進めています。

    昨年の間に迷彩色のドライブラシを終了させ、ノーズやミラージュの垂直尾翼のグレー部分等を塗装しておきました。

    アバンギャルドのクフィル、垂直尾翼のフィンチップの上端から前縁にかけての黒塗装がキットインストでは無視されているので、これもミラージュと同じようにクレオスのC40番ジャーマングレーで塗装しておきました。

    で、一通り塗装が終わったらいよいよデカール貼り。

    今回嬉しいのが・・・

    f:id:hara-potter:20171231075332j:image

    どちらのキットもヘブライ文字のコーション類デカールが付属することですね(^_^)

    f:id:hara-potter:20171231075535j:image

    で、なぜかクフィルの国籍マークデカール、デカールナンバーは同じなのに一つだけ赤い点が印刷されている(~_~;)

    全く意味不明なので赤い点はパイロンで見えなくなりそうな位置になるように貼っておきました(~_~;)

    f:id:hara-potter:20171231142145j:image

    で、昨年のうちにマーキング類のデカールを貼り終えて、ミラージュのコーション類の途中でまで。

    今年に入って続きを貼って・・・

    f:id:hara-potter:20180104223457j:image

    ここまで・・・・・・って、画像じゃ違いがよく判らない(~_~;)

    あとは残っているウェポン類ですが・・・・・・ミサイルの塗装が少し残っちゃいましたね(~_~;)

    航製暦.171228

    hara-potter2017-12-28

    [][]

    今日は、キャノピーの塗装から・・・

    クフィルはブラウン単色なので、そのまま塗ればOKですが、ミラージュの方は迷彩色3色が全てかかってきているので・・・

    先ずは、キャノピーパーツを機体に当てがって、サンドイエローから塗装します。

    丁度色の境になる所にちょんと塗料を入れたらあとは普通に塗装。

    で、塗料を強制乾燥させたら同じ要領でブラウンを塗装。

    最後にもう一度機体に当てがって、グリーンの塗装部分がそのままでOKか確認して塗装します。

    これで迷彩色の基本塗装が全て終了したので、次は迷彩色のドライブラシに入っていきます。

    基本色に使ったC313番イエローに少しだけ艶消し白を加えたもので1段階目のドライブラシ。

    この時さは、はみだしも左程気にせずにドライブラシして、最終的にリタッチすることにします。

    このリタッチの時に色の境界のボケ加減も調整することになります。

    で、更に艶消し白を増量したもので2段階目のドライブラシを施して、今日は時間切れ。

    早くドライブラシを終わらせてデカール貼りに入りたい・・・

    0-sen0-sen 2017/12/30 02:28 今年一年、有難うございました。来年もよろしくお願いします。
    どうか、良いお年をお迎え下さい。

    tochi_hangertochi_hanger 2017/12/30 21:01 腹ポ様 今年は…今までで一番早く感じる年の瀬となりました&#128517;制作も着々と進んでるようですね✨今年一年もお世話になりました。来年もどうぞ変わらずによろしくお付き合いお願いいたします&#128591;☺️腹ポさんもお身体に気をつけてお過ごし下さいね&#127925;

    腹ポ腹ポ 2017/12/31 20:34 ★0-senさん
     何か大変なようですがよいお年を!
     新たな展開を期待しています。

    ★tochi_hangerさん
     今年は特に忙しかったようですね。
     とちさんも良いお年と模型ライフを!

    最新コメント一覧