ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2007/10 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.071031

    hara-potter2007-10-31

    [] 15:22


    今日もまだブレーキレバーの整形をしています(~_~;)・・・・・・残ったブレーキレバーも大体の形が出来たので、ペーパーがけ後、グレーに塗って表面チェック・・・・・・表面チェック後、整形不良部分には溶きパテを塗っておきました・・・・・・サドルのフレームは、革のテンションを調整するネジが、プラベースのイノーには不要なのでカットしてお終いとしました・・・・・・厳密に言うとフレームの後部のRが少し違いますが、目立つところでもないので「これで善し」と言うことで(~_~;)・・・・・・ピラーは3mmのプラの丸棒から作ることにしました・・・・・・フレームに差し込む部分はシートラグが厚めになっているので、ピラーのフレームに差し込む部分だけを逆に細くすることで対応しました・・・・・・で、今日はピラー上部を曲げ加工したところで時間切れ・・・・・・ピラーのヤグラはどうやって作ろう(~_~;)

    f:id:hara-potter:20071031210239j:image

    航製暦.071030

    hara-potter2007-10-30

    [] 15:22


    今日もまだブレーキレバーの整形をしています(~_~;)・・・・・・製作の先行している方のブレーキレバーはペーパー掛けで完成、下地チェックと塗装を兼ねてジャーマングレーに塗装しました・・・・・・昨日先端が折れてしまった方のブレーキレバーは先端をカットしようとしたら、また折れてしまいました(-_-;)・・・・・・なので、金属線を一回り太いものに変え、差し込む奥行きも深くして再度接着しました・・・・・・瞬着、硬化後レバー部を曲げなおし、先端をカットし、形を整えました・・・・・・ブラケット部は、形が今一つだったので、再度瞬着を盛っておきました(~_~;)・・・・・・で、今日は出来上がったほうのブレーキレバーをハンドルに仮止めしたところで時間切れ(^0^)

    航製暦.071029

    hara-potter2007-10-29

    [] 15:22


    今日もブレーキレバーの整形の続きから・・・・・・片方のブレーキレバーはペーパーで磨き大体の形が出たので形状チェックと仕上げのチェックを兼ねてグレーに塗装しました・・・・・・結果は形状には問題がありませんでしたが、ヒケというか瞬着がちゃんと回っていないところがあったので溶きパテを塗っておきました・・・・・・もう片方のブレーキレバーは先に作ったブレーキレバーに形を合わせて整形しますが、レバーを曲げなおす時に先端が折れちゃいました(~_~;)・・・・・・なので、金属線を通して補強とし、再接着しますが、ダイキャストのパーツが硬いのでなかなか大変です(~_~;)・・・・・・どうにかレバー部の修復と曲げなおしをしましたが、まだ少しRが違うかな?・・・・・・ちなみに先端のカットはまだこれからです・・・・・・で、瞬着の硬化待ちの間にサドルの作業に入ります・・・・・・キットのサドルは見たところブルックスのプロフェッショナル、ピラーはサンプレでしょうか?・・・・・・これをサドルはターボ、ピラーはCレコードに改造するわけですが・・・ピラーはキットのパーツを使わずに自作した方が良さそうですね・・・・・・で、今日は軟質ゴム製のサドルのパーティング・ラインの処理の途中で時間切れ(^0^)

    航製暦.071027

    hara-potter2007-10-27

    [] 15:22


    今日はブレーキレバーの整形の続きから・・・・・・昨日プラ板と瞬着で太らせておいたブラケット部分をヤスリで削り込みながら形を整えていきます・・・・・・・実物のブレーキレバーパッドは手に馴染むように左右非対称の複雑な形をしていますが、そこまでの再現は私の技術では無理なので、らしく見える程度を目指して整形します・・・・・・整形していると瞬着の盛りが足りなかったところがあるので、その部分には再度瞬着を盛り付けます・・・・・・ある程度整形できたところでハンドルと合わせてみると、まだブレーキレバーのレバー部分が長く感じたので、画像左側のものだけレバーを曲げなおし、先端を少しカットしてみました・・・・・・なかなかいい感じになったかな? って、画像で差が判るかな(~_~;)・・・・・・で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

     

    航製日誌補足;航製暦.070703〜070813UPしました。

    航製暦.071026

    hara-potter2007-10-26

    [] 15:22


    今日はブレーキレバーの製作から・・・・・・ブレーキレバーをハンドルに接着する際の補強と製作時の持ち手を兼ねて0.6mm真鍮線を埋め込みます・・・・・・・レバー部分は、実物と見比べながら再度曲げなおしを加えてみました・・・・・・ブラケット部は幅が足りないので0.3mmプラ板でレバーパッドを再現し、隙間と表面の両方にゼリー状瞬着を盛っておきました・・・・・・あとは、これを削り込めばエアロコンペのブレーキレバーが完成するはずですが上手くいくかなぁ?(~_~;)

    f:id:hara-potter:20071026192154j:image実物のブレーキレバーと比較

    f:id:hara-potter:20071026192234j:imageフレームの仮組み

    航製暦.071025

    hara-potter2007-10-25

    [] 15:22


    f:id:hara-potter:20071025185428j:image

    失敗したミスアメリカのウィンドシールドはメーカーにパーツ請求しました・・・・・・実際には少し磨きだしをしてみたのですが、表面は、つるつるになっても、内部までシンナー成分が浸透しているのか白い曇りを完全に取ることが出来ませんでした(~_~;)・・・・・・なので、パーツが届くまで完成はお預けです・・・・・・で、今日からは昨年から製作中断中だったプロターのロードレーサーの製作を再開します・・・・・・今回も製作期間は1ヶ月ぐらいと考えているので完成するの数年先になりそうですが(~_~;)・・・・・・ハンドルは途中まで作っていたので、作りかけのハンドルバーを左右対称になるように曲げ、必要な長さにカットします・・・・・・この時ステム側に接着する側は心棒の銅線をちょっと残し、内径1.1mmの真鍮パイプを咬ませてステムに接着しました・・・・・・バーエンド側の端は、バーエンドキャップをエポキシ接着剤を盛ることで再現しました・・・・・・で、昨年から悩んでいたブレーキレバーはハンドルと一体成型されたキットのパーツを切り取り、整形することにしましたが上手くいくかなぁ(~_~;)・・・・・・画像の右側がキットのままの物、左がレバー部を曲げなおし、少しだけ長さを詰めた物ですが違いが判るかな?(~_~;)

    昨年の製作記事はこちら

    航製暦.071024

    hara-potter2007-10-24

    [][] 14:41


    今日はキャノピーのマスキングを剥がして接着し、小物を接着すればいよいよ完成です♪・・・・・・先ずはイエロームスタングのキャノピーを接着して完成♪・・・・・・ミスアメリカの方は、ウィンドシールドのマスキングを剥がす時に、一緒に塗料も一部剥がれてしまったので、そのリタッチをしてから接着…するはずが、ピンセットから撥ねて接着剤の蓋の中に(@_@;;)・・・・・・蓋から取り出すと、ウィンドシールドにべったり接着剤が付いています(-_-;)・・・・・・とりあえず、接着剤は乾燥しましたが、磨きだすのとパーツ請求するのとどっちが良いかなぁ(~_~;)

    f:id:hara-potter:20071024193159j:imagef:id:hara-potter:20071024193216j:image

    航製暦.071023

    hara-potter2007-10-23

    [][] 14:42


    今日はミスアメリカの脚柱の修復から・・・・・・脚柱には0.6φの穴をピンバイスで開け、0.5mmの真鍮線を通して接着しました・・・・・・接着後、念のため補強に瞬着を流し込んでおきます・・・・・・脚の修復が終わったら脚カバーを接着しますが、アカデミーのキットは主脚カバーの取り付けがファジーなので、実機写真などで位置を確認して接着する必要がりますね・・・・・・一方、タミヤの方は流石に取り付け位置がピッタリ決まり、位置合せの必要もありませんでした・・・・・・で、今日はここまでで時間切れ〜・・・・・・折角なのでスピンナーを嵌めて画像を撮りました(^0^)

    航製暦.071021

    hara-potter2007-10-21

    [][] 14:42


    今日はタイヤの塗装から・・・・・・タイヤは幾つか用意してある自家調合のタイヤ用塗料から青味のあるものを選んで使用しました・・・・・・タイヤの塗装が終わり、昨日接着しておいた主脚柱にホイールを接着しようとしたら、なんか変ですね?(@_@;)・・・・・・よく見ると主脚柱を2機とも左右反対に接着していました(-_-;)・・・・・・なので、接着部にシンナーを流し込み、接着を剥がします・・・・・・イエロームスタングの方は上手く外れ、左右を入れ替えて無事接着が出来ました・・・・・・ミスアメリカの方は、片方の脚柱の接着ダボが折れちゃったので、左右とも金属線を埋め込んで接着しなおすことになりそうです(-_-;)

    hara-potter2007-10-19

    [][] 14:42


    今日はミスアメリカのキャノピーのスモーク塗装から・・・・・・スモークもエアブラシで吹き付けますが、つい天井部分ばかり吹き付けて両サイドの部分が薄くなり易いので、意識的に両サイドの部分から吹き付けていきます・・・・・・時々マスキングテープを剥がし、色の濃さを確認しながら数度に分けて吹き付け、良い色合いになったところで吹き付け終了です・・・・・・イエロームスタングの主翼付け根上面に滑り止め塗装らしき黒い部分があるので、C40番ジャーマングレー+黒で塗装するついでにアンテナ等も一緒に塗装します・・・・・・昨日、脚カバーの内側に銀色部分があるのをミスアメリカの脚カバーと書きましたが、イエロームスタングの間違いでした(~_~;)・・・・・・なので、イエロームスタングの脚カバーの内側にC8番銀+C28番黒鉄色でラインを描きます・・・・・・排気管は整形後塗装して、それぞれ接着しますが、アカデミーのキットは型ズレがあるので整形に手間取ります・・・・・・いっそのこと排気管部分を基部型切り取って伸ばしランナーかプラロッドから作り直した方が早いかもしれませんが、今回は整形後、排気口の部分を少し切り詰めてシャープにするだけ済ませました・・・・・・で、主脚柱を接着したところで今日は時間切れ(^0^)

    航製暦.071018

    hara-potter2007-10-18

    [][] 14:42


    今日はデカール保護のクリアがけから・・・・・・今回もクリアはガイアノーツのものを使用しました・・・・・・いつものようにデカール付近から軽くエアブラシし、3回ぐらい吹き付けたところで、全体にクリアをエアブラシしました・・・・・・乾燥時間が短めなので全体にクリアを吹き付けたのは2回だけですが、今回は研ぎ出しをしないので、これぐらいで良いでしょう(~_~;)・・・・・・クリア乾燥待ちの間に脚柱のオレオなどを銀色に塗っておきましたが、ミスアメリカの脚カバーの内側の一部銀色の部分はクリアの乾燥中なので、まだ塗っていません・・・・・・で、今日は時間切れ(^0^)

    航製暦.071017

    hara-potter2007-10-17

    [] 14:44


    今日はミス・アメリカのデカール貼りの続きから・・・・・・って、昨日と同じ書き出しですね(~_~;)・・・・・・星デカールは全て昨日貼り終えたと思っていたら垂直尾翼の星が残っていました(~_~;)・・・・・・でも、こちらは左右2枚づつなので然程時間も掛からずに終了♪・・・・・・星二つだと位置調整も楽ですね♪・・・・・・で、デカール貼りが完了したので、残った時間で脚周りの塗装をして、今日は時間切れ(^0^)

    航製暦.071016

    hara-potter2007-10-16

    [] 14:44


    今日はミス・アメリカのデカール貼りの続きから・・・・・・星デカールを一枚づつ切り離すことにしたので、余白カットに時間が掛かるうえ、デカールを貼る位置調整にも時間が掛かります(-_-;)・・・・・・でも、ようやった星デカールを全て貼ることが出来ました♪・・・・・・実機とよ〜く見比べると少し位置がおかしいですが、全体の雰囲気があっていれば良いでしょう(~_~;)・・・・・・で残りのデカールも貼っていきますが、今日はここまで貼ったところで時間切れ(^0^)

    航製暦.071015

    hara-potter2007-10-15

    [][] 14:45


    今日からデカール貼りに入ります・・・・・・デカールは30年近く前のモデルアート別冊に付録として付いていたものを使用します・・・・・・デカールは本に挟まれたまま、ず〜っと本棚に入っていたせいか、余白部に多少の横変が見られるほか、あまり劣化した様子がありませんでした・・・・・・先ずはイエロームスタングのデカールから貼りますが、こちらは機体色が黄色ということもあり、デカールの余白も気にならず貼ることが出来ました・・・・・・でも自作した垂直尾翼のアンテナの位置が少々上過ぎたため、ロックウェルのマークの位置に影響が出てしましました(~_~;)・・・・・・ミス・アメリカの方は、目立たない水平尾翼下面に3個の星マークをデカール1枚のまま貼ってみると、やはり余白が気になりますねぇ(~_~;)・・・・・・なので、星マークは1個づつ切り出して貼ることにしました・・・・・・で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

    f:id:hara-potter:20071015215944j:imagef:id:hara-potter:20071015220012j:image

    航製暦.071012

    hara-potter2007-10-12

    [][] 14:45


    今日はプロペラの塗装から・・・・・・ミス・アメリカのプロペラの表側の塗装とイエロー・ムスタングの黄色の塗装は既に終わっているので、残るは黒の塗装だけですが、イエロームスタングの黄色と黒を塗り分けないといけません・・・・・・簡単に塗り分ける方法がないか考えましたが、結局地道にマスキングテープでマスキングして対応しました・・・・・・黒は例によって原色系の黒は使わず、ジャーマングレーに黒を加えたものを使用しました・・・・・・ミス・アメリカのプロペラの裏側は、マスキングせずに直接筆で塗り分けたので、表に塗料がはみ出した時は、すばやくぺトロールを含ませた綿棒で拭き取ります・・・・・・で、今日はここまでで時間切れ・・・・・・今日は寝坊をしました(-_-;)

    航製暦.071010

    hara-potter2007-10-10

    [][] 14:45


    今日は主脚収納部の塗装から・・・・・・最近土日などの休日になると製作が進んでいません(~_~;)・・・・・・でも、先日の日曜日は少しだけ塗装していたのですがHP更新まで手が回りませんでした・・・・・・その割には番外編の方はシッカリ進んでいますが(汗;・・・・・・こうなってくるとどっちが本編で、どっちが番外編か判りませんね(~_~;)・・・・・・で、日曜日から始めた脚収納部の白塗装ですが、今回は試しに塗料はガイアノーツのホワイトを使ってみました・・・・・・このガイアノーツのホワイトですが、確かに巷でウワサされているように隠ぺい力が強いです・・・・・・今回、赤、青、黄色に塗装した上から下地塗装なしで塗ってみましたが、2〜3回重ね塗りすると十分でした♪・・・・・・でも、筆塗りだとなんとなく使いにくいと言うか、塗りにくいと言うか・・・・・・塗りにくい原因の一つは、塗料の乾燥が早過ぎて、パレットの中の塗料が直ぐ濃いくなったり、表面に膜を張ったりすることです・・・・・・でも、これはクレオスのエアブラシ用のレベリング・薄め液を使うことで解消できるようです・・・・・・しかし、まだなんとなく塗りにくいのは何故だろう? 塗料の伸び具合がクレオスと違うからでしょうか?・・・・・・この塗料の性質に慣れるには、まだ暫く時間が掛かりそうです(-_-;)

    航製暦.071004

    hara-potter2007-10-04

    [] 14:45


    今日は青塗装から・・・・・・と、その前に残っていたプロペラのマスキングを済ませますが、赤はプロペラの裏側も塗ったのですが、裏側は黒一色で赤と青のラインは入っていませんでした(~_~;)・・・・・・全てのマスキングが終わったところで青の塗料を調合してエアブラシします・・・・・・今回、青は前にP−47を作った時に調合した青にクレオスのC110番キャラクターブルーを混ぜて作りました・・・・・・で、エアブラシ用に薄めた正体不明のブルーが少し残っていたので、これも薄め液代わりに加えておきました(~_~;)・・・・・・実機のブルーはもう少し水色っぽい感じがしますが、子供の頃のレベルの箱絵のイメージが頭の中にあるので、イメージ優先でこんな色にしてみました♪・・・・・・で、今日はここまでで時間切れ・・・・・・今日は使い終わったエアブラシの掃除をする間が無かった(~_~;)

    航製暦.071003

    hara-potter2007-10-03

    [] 14:46


    今日は青塗装のマスキングから・・・・・・赤を塗る時のマスキングと同様、細切りマスキングテープをメインにマスキングします・・・・・・水平尾翼のマスキングも赤の時と同様、10mm幅のマスキングテープを一度貼り、鉛筆でカットラインを描いた後、剥がしてカットします・・・・・・垂直尾翼のマスキングも左側は同様の処理をしたのですが、カットしたマスキングテープを再度貼り付ける時の位置合わせが難しかったので、左側は剥がさずに直接カットしてしまいました(~_~;)・・・・・・塗り分けラインの部分がマスキングできたら、塗料が付いて欲しくない部分もマスキングします・・・・・・で、今回初めて気が付きましたが、どうも主翼の青・白・赤の塗り分けライン、上面と下面とで微妙に違うようです・・・・・・下面に比べ上面の方が塗り分けラインのRが緩いように見えますが、これは私の気のせいでしょうか?・・・・・・最初は上下面とも同じようにマスキングしようとしていたのですが、途中で気が付いて上面のラインを修正してみました・・・・・・で、今日はここまでで時間切れ・・・・・・まだプロペラのマスキングが残っています(~_~;)

    航製暦.071002

    hara-potter2007-10-02

    [] 14:46


    今日からミス・アメリカのマスキングの続きから・・・・・・マスキングは細切りマスキングテープをメインに使います・・・・・・一部、細切りテープだけでは対応できない部分は、一度幅広のマスキングテープを貼り、鉛筆でカットラインを描いた後、剥がしてカッティングシートの上でカットします・・・・・・カットしたマスキングテープを再び元の位置に貼ればOKです・・・・・・赤の塗料はガイアノーツのブライトレッドをそのまま使用しましたが、色合い的には良い感じでないでしょうか・・・・・・で、今日はマスキングを剥がしたところで時間切れ(^0^)

    航製暦.071001

    hara-potter2007-10-01

    [][] 14:46


    f:id:hara-potter:20071001192709j:image

    今日からイエロー・ムスタングの塗装の続きから・・・・・・1回目の黄色の色調が今一つ気に入らなかった再度色を調合します・・・・・・今回は前回作ったものとは黄色2色の調合割合を入れ替え、C329番特色イエローとC109番キャラクター・イエローを1:2ぐらいの割合で調合し、白を少々加えてみました・・・・・・全体にエアブラシして、色調を確認すると今度は良い感じで仕上がりました・・・・・・次はミス・アメリカの塗装ですが、先ずはマスキングをしなくては塗装に入れません・・・・・・今日は赤の塗装のためのマスキング途中で時間切れ・・・・・・明日はジテツウの予定ですが、赤の塗装に入れるかな?(~_~;)

    最新コメント一覧
    カテゴリー