ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2009/06 >>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.090629

    hara-potter2009-06-29

    [] 12:04

    胴体左右、貼りあわせました♪

    で、ここで問題になるのが機首に詰める錘。

    インストでは前脚収納部左右の隙間に30グラムの錘を詰めるように書かれていますが・・・当然、そんなに詰め込むスペースは存在いたしません(~_~;)

    なので、コクピット前のスペースにも錘を詰めていますが、これでも10グラムぐらいか・・・

    当初はレドームに詰めれば良いじゃん! って、思っていましたが、レドームは透明パーツでカメラ窓があるので、これを黒く塗りつぶしでもしないことには錘は詰められません(~_~;)

    結局、モーメントの関係上、効率は悪いですがコクピット後ろのスペースを利用するしかなさそうですね。

    航製暦.090626

    hara-potter2009-06-26

    [] 09:37

    昨日は朝のうちに机周りをお掃除・・・

    二式大艇に使った塗料などをそれぞれ所定の場所に戻し、机の上に敷いていた汚れ防止の紙も新しいものに交換。

     

    夜はダイニングテーブルで仮組みを兼ねてパーツをプチプチとカットしてゲート処理・・・

    主要パーツを仮組みしてみるとパーツの合いがもの凄く良い(@_@;)

    胴体左右と腹部、主翼上下面、左翼エンジンナセルとここまでの十の字+αまで組んでもテープなどの仮止めが必要ないぐらい。

    一時ハセのキットって、バリエーションの展開上の都合で主要パーツが細切れでしかもこの部分で合わせが悪かったり、段差が出来たりしていましたが、今回はそんな心配は無用のようですね(^_^)

     

    製作は、先ず左右、上下の貼り合わせが出来る部分を接着してしまいます。

    今朝は、昨晩のうち接着しておいたレドームや主翼、尾翼類のパーツ接合部に溶きパテを塗布するところから・・・

    ちなみにこれらのパーツの内側にはスポンジやゼリー状瞬着を内側に盛って、貼り合わせたパーツがパコパコしないよう補強してあります。

     

    特徴的な8枚ペラは一組だけ組み立て♪

    プロペラは4枚づつ二組のパーツを組みあわせるようになっていて、組み易いパーツ構成になっています。

     

    二式大艇からこのキットに変わると、流石に同じハセガワの72キットでも随分と違いますね。

    開発時期に40年以上の開きがあり、随分と組み易く、精密感の高いキットになっていますね(^0^)b

    航製暦.090623

    [] 15:17

    今日は、今週末に迫った展示会に向かって出品作品の箱詰めを・・・

    一応、全て終わったはずだけど漏れている作品はない?(~_~;)

    う〜ん、今回はテーマ機を各会員に割り振っての製作(旧作も有り)で、その割り振りも何度か変更があったのだけど最終の割り振り表が見当たらない(~_~;)

     

    それと箱詰めは出来たけど、各作品に破損がないかの確認は未だ未了・・・

    これは明日からチェックするとして、二式大艇を箱に詰める時、また補助フロートの張り線を引っ掛けちゃった(~_~;)

    なので、修理は二式大艇からですね。

    う〜ん、製作が終わった気がしないなぁ(~_~;)

    航製暦.090622

    hara-potter2009-06-22

    [] 13:00

    二式大艇、土曜日に完成♪

    画像が暗いのは気にしな〜い(~_~;)

     

    画像では判り難いですがコクピット後ろのループアンテナも追加しておきました。

    その代わりではありませんが・・・作業中、機銃窓の機銃を引っ掛けて外れちゃいました。

    外れた機銃は働体内でカラカラ・・・(~_~;)

    まあ、必ずしも機銃は全て装着状態を維持しているわけではないので善しとしましょう。

     

    あと、引っ掛けるといえば、作業中に補助フロートを引っ掛けたりぶつけたり・・・

    で、そのたびに張り線が外れる・・・

    最初のうちは、その都度張り線を接着していましたが、途中からはムダに気づき、最後に接着することにしました。

     

    で、胴体上面のアンテナ線をテグスで張り、魚雷、爆弾を接着すれば完成です(^0^)

    結局、これ一機に3ヶ月以上掛かっちゃいましたね(~_~;)

    航製暦.090619

    hara-potter2009-06-19

    [] 09:45

    昨日、今日の二日間で機首周りのアンテナ完成♪

    よく見ると実機とは支柱の形状が全く違うのはご愛嬌(笑)

    それでも色を塗ってしまうとそれらしく見えるもんです♪

    で、製作は支柱はキットのものをそれらしく削り、アンテナ類は0.3mmのピアノ線、伸ばしランナーなどで作りました。

    あとは胴体上面のアンテナ線と爆弾、魚雷などのお荷物だけになりましたね(^0^)

    航製暦.090617

    hara-potter2009-06-17

    [] 16:41

     前回から今日までの製作進行状況・・・

     前回気になると書いた異常に太い機銃の銃身は、パーティングラインの処理ついでに一回り細く削り込んでみました。その時、銃口のラッパ部分もオーバーな表現となっているので、削りこんで銃口をピンバイスで開口しておきました。まあ、この部分は真鍮パイプを加工して作り直したほうが早くシャープなものが作れそうな気がしますが、できるだけキットのパーツを生かす方向で製作してみました。

     で、機銃の塗装が終わったらキャノピー、銃座窓等のクリアパーツを接着していきます。

     

     補助フロートの貼り線は、0.2mmのピアノ線で再現しておきましたが・・・模型としての全体のバランスを考えれば0.3mmでも良かったかも(~_~;)

     

     胴体上面のアンテナ支柱もキットのパーツは、単なる太いテーパー状の丸断面となっているので、こちらも機銃同様、断面が楕円になるよう削り込んで機体に接着しました。で、実機の支柱は左右にオフセットされていますが、全てキットの指定どおりオフセットなしの中心に接着してあります(~_~;)

     

     そして今朝からは、製作前から一番気になっていた機首周りのアンテナですが・・・流石にキットのままでは辛い(~_~;)

     なので、機首上面のものは、ピトーカンの先端部分を0.4mmの真鍮線で作り直し、左右に張り出したアンテナも0.4mmの真鍮線で追加しておきました。

     機首側面のアンテナは支柱のみがパーツ化されていますが・・・実機とは全く形が違う(ーー;) で、こちらのほうも、あくまで模型として見た時におかしくない程度にデッチアップすることにしました。

     アンテナ支柱の形状は本来丸パイプを斜めに組み合わせたものですが、キットのパーツを楕円断面に整形し、それらしいステー状の形に整形(カレンダー画像参照)・・・実機とは似ても似てつかない形状なので、自由に形を作りました(~_~;) あとはこれを機体に接着し、0.3のピアノ線でアンテナを作り接着していくことにします(^0^)

     

    航製暦.090614

    hara-potter2009-06-14

    [] 10:43

    未だ自宅PC不調(ーー;)

    なので、ブログのみの更新となります。

    ・・・と。言うか次期FSX導入までHPのトップページは更新できない悪寒(~_~;)

     

    で、自宅では画像取り込みもできない状態なので、デジカメで画像を撮って事務所で見てみると・・・画像が悪い(ーー;)

    当分の間不手際が続きそうですが御了承お願いいたしますm(_ _)m

     

    肝心の二式大艇ですが、週末までの間に画像の状態まできました。

    メニューとしては・・・

    *台車の塗装&組み立て、取り付け

    *胴体側面窓はクリアパーツ表面を削ったままの状態だったので、コンパウンドで磨く代わりにスモークグレーを筆塗りして誤魔化すことに・・・(~_~;)

    *異常に銃身が太い機銃はパーティングラインの処理ついでに一回り細く削り、銃口をピンバイスで開口してお茶を濁すことに・・・

     実際問題として、銃身は真鍮パイプか何かで作り直したほうが早いのですが、今回はキットのパーツに拘る方向で製作して行こうと思います。

    航製暦.090611

    [] 13:07

    自宅パソコンが壊れて、更新がままならない状態ですが、とりあえず途中報告・・・

    PCの方は、Windowsが全く立ち上がらない状態だったのですが、昨日リカバリーディスクで再インストールするとでなんとか動くようになりました♪

    ただPCの頭の中が空っぽの状態なので、通常モードに戻るにはまだまだ掛かりそうですm(_ _)m

     

    で、二式大艇の方は、デカール貼り、クリアコート&艶調整が終了しました。

    あとは脚周りなどの小物やキャノピー等のクリアパーツの処理ですが・・・異常に砲身の太い機銃はどうしよう?(~_~;)

    航製暦.090603

    hara-potter2009-06-03

    [] 20:05

    今日は上面色のドライブラシの続きから・・・・・・残っていた補助フロートをドライブラシすれば一段階目のドライブラシ終了・・・・・・2段階目は更に黄色を少々加えた白を追加してドライブラシ・・・・・・キットの表面がリベットバリバリなので、あまりどぎつくならない様に色調を調整してドライブラシします・・・・・・で、ドライブラシが終了したところで時間切・・・かと思っていると突然雨が(@_@;)・・・・・・なので、ジテツウを中止して製作続行♪・・・・・・グリーンの色調を落ち着かせるためシンナーをグリーン表面にエアブラシしますが、この時シンナーにほとんど色が付かない程度にC15番暗緑色を加えておきます・・・・・・残った時間でプロペラ&スピンナーをC131番赤褐色+黄色を加えた白でドライブラシしておきました(^O^)

    航製暦.090602

    hara-potter2009-06-02

    [] 21:33

    今日から上面色のドライブラシに入ります♪・・・・・・ドライブラシには基本色として使ったクレオスのC15番暗緑色(中島系)に白と黄色を少々加えたいつものパターンで1回目・・・・・・クリアパーツも同時にドライブラシしますがゴム系のマスキングゾルneoはドライブラシで激しく擦れると捲れてきちゃいました(ーー;)・・・・・・なので、捲れないように叩くような感じでドライブラシしますが、それでも捲れてきたところは旧版のマスキングゾルで再度マスキングしました・・・・・・で、今日はここまでで時間切れ・・・・・・画像の色調は実際よりも明るくなっちゃいました(~_~;)

    最新コメント一覧