ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2010/05 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.100531

    hara-potter2010-05-31

    []

    今日は、下面色ののドライブラシから・・・

    ドライブらしいは基本色として使ったクレオスのC308番グレーに白を加えたもの使用。2段階に白を増量しながらドライブラシします。

    ドライブラシ終了後、下面色をマスキングテープでマスキングし、上面色の塗装に入ります。

    塗料は、こちらも塗料はキット指定のクレオスC307番グレーを使用。

    で、今日はこの上面色の塗装の途中で時間切れ(^0^)

    航製暦.100530

    hara-potter2010-05-30

    []

    今日は、下面色の塗装から・・・

    塗料はキット指定のクレオスのC308番グレーをそのまま使用。

     

    f:id:hara-potter:20090529085935j:image

    少し時間が余ったので、キャノピーのパーティングラインを処理しておきました。

    キャノピーには、天井部分にパーティングラインが走っているので、これを1000番→2000番→4000番→6000番→8000番と徐々に目を細かくしながら水砥をし、最後はコンパウンドで仕上げました(^0^)b

    航製暦.100529

    hara-potter2010-05-29

    []

    今日はゆっくり寝てたので製作時間が短いです(~_~;)

    なので、今日はミサイルを組んだだけ。

    ミサイルのフィンが微妙に分厚ので、3分の2ぐらいの厚みに削ってから接着。

    これで時間切れ(~_~;)

    航製暦.100528

    hara-potter2010-05-28

    []

    今日は、胴体ストレーキーのサンディングから・・・

    で、サンディング後消えかけのモールドを彫りなおしたら機首を接着。前回作った時には、この機首と胴体に段差が生じたのですが、今回はすんなり合いました。う〜ん、前回の組み方が悪かったのかなぁ・・・

    とは、いうものの微妙に側面で段差が生じていたので、すり合わせ無しで接着した後、側面をナイフで軽くプラカンナがけしてペーパーをかけておきました。

    後は、インスト通りインテークを組んで、主翼と垂直尾翼を接着。

    後は細かいパーツですが、今日は動翼の操作ロッドを接着したところで時間切れ(^0^)

    航製暦.100527

    hara-potter2010-05-27

    []

    昨日の晩のうちに機首と胴体のパーツ接合部に溶きパテを塗布しておいたので、今日は、そのサンディングから・・・

    で、今日は胴体と機首を合体できると思ったのですが・・・ストレーキーの溶きパテがヒケてる(~_~;)

    なので、今日のサンディングは機首だけで胴体側には再度溶きパテを塗布しておきました。

    で、予定が狂っちゃったので今日は主尾翼の後縁を薄く仕上げることに。

    主翼上下接着の際には、パイロン用のメクラ穴を開口するよう、インストに書かれていますが、前に作った時にはフル装備で作ったので、今回は箱絵の実機写真程度にしようと確認してみると・・・胴体の燃タンしか装備されていませんねぇ。流石に主翼端に装備されたサイドワインダーも無し(ランチャーは装備されている)は寂しいので、今回はセンタータンクとサイドワインダーのみの装備としましょう。

    ・・・って、別に燃タンなどの整形が面倒くさいからじゃないですよ(汗;

    で、今日は燃タン左右を貼り合わせたところで時間切れ(^0^)

    航製暦.100526

    hara-potter2010-05-26

    []

    1週間開きましたが今日から新しいキットの製作に入ります♪

    今度の製作はホーネット・・・と、言っても先日買ったタダホではなくスパホのほうね♪

    ハセのスパホは今回2度目で3機目の製作になるので順調良く進むかな?でも、来月もう1回600キロブルベがあるので展示会には間にあわないか?(~_~;)

     

    早速製作ですが、先ずはコクピット内部を指定のグレーで塗装後、インパネ等のデカールを貼り、組み立て。

    このキット、合わせは良いので、接合部の表面は面一になるようにだけ気をつけていればOKです。

    3分割された機首は、先ず左右を普通のプラ用接着剤で接着した後、位置がずれないよう内側に瞬着+硬化スプレーで補強。

    下面側も同様に接着しますが、こちらは接合部が長いので入念に表面が面一になるように調整してから瞬着で固めます。

    胴体後半も内側に固定するパーツを塗装後組みますが、組む時は先ずはストレーキー側をプラ用接着剤で接着。この時内側にはタップリとゼリー状瞬着を補強に入れておきました。

    ストレーキー部の接着が終わったら、後ろ側を流し込み系接着剤で接着します。

    で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

    航製暦.100519

    hara-potter2010-05-19

    []

    今日は、最終段階の組み立て♪

    エアブレーキを開状態に組み、脚カバーを接着。

    エキゾーストは、大きなヒケを事前に瞬着で埋めておいたので、その整形後、排気口をピンバイス&ナイフで開口。機体に接着後、焼鉄色で塗装し、開口部はコピックで黒く塗っておきました。

    シートも塗装が未だだったので、ジャーマングレーとオリーブ系の色で塗装してから接着しますが・・・幅が少々大きくてコクピットに納まりません(~_~;)

    なので、少し擦り合わせ後、サイドコンソールの間に押し込みます。このまま接着剤なしでも大丈夫そうでしたが、一応流し込み系接着剤で接着。

    キャノピーとプロペラ・スピンナーを接着し、昨日取れてしまったピトー管等を接着したら完成です(^0^)d

    f:id:hara-potter:20090518062837j:image

    f:id:hara-potter:20090518062929j:image

    あ!翼端灯を塗るの忘れてた(~_~;)

    航製暦.100518

    hara-potter2010-05-18

    []

    今日は、デカール保護のクリアがけから・・・

    で、クリアが付いて欲しくない脚柱を簡単にマスキングしていたら・・・落としかけて1本折れちゃった(~_~;)

    なので、これは後で修復することに(~_~;)

     

    で、クリアは最近定番のガイアノーツのクリアをエアブラシ。

    何度かに分けてそれなりのクリア層ができたら、最後に遠目から吹きつけて少し艶を落ち着かせ、クリアがけ終了。

    機首上面のアンチグレアは細切りマスキングテープでマスキング後、クレオスのC125番カウリングブラックに少しだけ白を加えたもの筆塗りします。

    ついでに主翼付け根もデカールの上から滑り止めを同色で筆塗り。こちらはマスキングなしのフリーハンドで仕上げました。

    さあ、ここまで来たら後は組み立て♪

    折れた脚柱には0.3mmのピアノ線を補強に通して接着しておきました(^0^)

    航製暦.100517

    hara-potter2010-05-17

    []

    今日は、デカール貼りの続きから・・・

    で、全てのデカールが貼り終えたら、アンテナやピトー管などの小物を接着。

    胴体背部のブレードアンテナの先端にはロッド状のアンテナがあるようなので、図面と箱絵を参考に0.2mmのピアノ線で追加しますが・・・本当にこんな角度でOK?(~_~;)

    一応、図面に合わせましたが、機軸よりもロッドアンテナが垂れ下がっているって、変な感じですねぇ。

    で、最後に取り付けたパーツ類を黒く塗って、今日は時間切れ(^0^)

    航製暦.100516

    hara-potter2010-05-16

    []

    今日は、脚収納部の塗装から・・・

    って、、ちゃんとマスキングしておけば要らない手間だったのですが(~_~;)

    で、脚収納部塗装後、脚柱を組み付けると・・・主脚柱が長すぎて地上姿勢がお辞儀しちゃう(~_~;)

    なので、主翼側の半円状のダボ穴を丸穴に開けなおし、脚柱の取り付け部も短く切り詰めて長さ調整後接着します・・・って、接着しちゃった!

    う〜ん、デカールを貼ってクリア塗装後に組み付けるつもりだったのに(~_~;)

    なので、早速デカール貼り。

    で、今日はここまでで時間切れ(~_~;)

    航製暦.100514

    hara-potter2010-05-14

    []

    あ〜!面倒くさい!!

     

     

     

     

     

    失礼いたしましたm(_ _)m

    プロペラの塗り分け、面倒くさいです。

    それにナゼか2枚づつ二組、塗る分けパターンが違うし、塗り分けラインがクランク状に曲がっていたりするし・・・なんか変な塗り分けですねぇ(~_~;)

     

    え〜、今日は、昨日使ったエアブラシの洗浄から・・・(x_x) ☆\( ̄ベ ̄*)まだ洗ってなかったんかい!バシッ!

    その後、機体のマスキングを剥がしたら全体像が見えてきますが・・・黒はもう少し青味を入れても良かったかなぁ。

     

    で、昨日の続きのプロペラのマスキングですが、冒頭に書いたようにマスキングが面倒くさいです。

    f:id:hara-potter:20090513061515j:image

    マスキングする際には、キットインストの塗装図を実物大に縮小コピーし、それをプロペラシャフトが差し込めるように穴の開いた板に貼り付け、それをゲージにマスキングしました。

    マスキング後、プロペラ表はクレオスのC125番カウリングブラック、裏側はC40番ジャーマングレーを筆塗り。

    マスキングテープを剥がした後、フリーハンドでプロペラ先端をC329番特色イエローを筆塗り。

    最後にもう一度黒をリタッチ修正して今日は時間切れ。

    あ〜、面倒くさかった(~_~;)

    航製暦.100513

    hara-potter2010-05-13

    []

    今日は、マスキングの続きから・・・

    で、マスキングが終了したら機体の塗装に入ります♪

    塗料は、最初は瓶生のカウリングブラックを使おうかも思いましたが、塗料ケースを見ると以前作ったエアブラシ用塗料に丁度良さげな正体不明塗料があったので、これをベースにほぼ同量のカウリングブラックを加えたものを使用しました。

    で、全体に何度かに分けてエアブラシすれば基本塗装終了・・・ですが、脚収納部をマスキングしていなかった(~_~;)

    なので、脚収納庫は後で、また白く塗ることに・・・(~_~;)

     

    残った時間でプロペラのマスキングに入りますが、キットの指定だと機体色がグロスブラック、スピンナー(の半分)とプロペラの表が半艶ブラック、プロペラの裏側が艶消しブラックとなっていますが、機体色とスピンナーの色が違うのもなんだか変なので、スピンナーも機体色と同じものをそのままエアブラシしておきました。

     

    f:id:hara-potter:20090512063211j:image

    それにしても、このプロペラの塗り分け、面倒くさいし、ペラ2本づつ塗り分けが違うのも変な感じ・・・(~_~;)

    航製暦.100512

    hara-potter2010-05-12

    []

    只今、黄色のマスキング中・・・

    マスキングテープのカットは、キット付属のデカールを型紙にしますが、この時、一度透明の板(私はポリカボネートを使用)に貼り付けて、その下に置いたデカールに合わせてカットするとカットしやすいです。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    胴体側面のライン、面倒くさい(~_~;)

    航製暦.100511

    hara-potter2010-05-11

    []

    今日は、昨日溶きパテを塗布した整形不良部分のサンディングから・・・

    サンディング終了後、再度白をエアブラシします。

    前回白く塗ったところとサンディングでプラの地肌がむき出しになったところで、色が揃わなくなる心配がありましたが、ガイアノーツの塗料の隠ぺい力が高いお陰か、それは稀有に終わりました。

    白塗装終了後、白く残す垂直尾翼のフィンチップをマスキングテープで養生してから黄色をエアブラシします。

    黄色はガイアノーツのサンシャインイエローとクレオスのC329番特色イエローを半々ぐらいに割って使いましたが・・・作った塗料状態と塗った後のイメージが違う(~_~;)

    どうもガイアノーツの塗料は普段使いなれていないせいか、塗るとイメージと違ってくるなぁ(~_~;)

    結局、塗料カップの塗料を一度取り出し、ほとんど特色イエロー状態に調合しなおして重ね塗りしました。

    う〜ん、こんなことなら最初から特色イエローをそのまま塗れば良かったかも(~_~;)

    で、今日はここまでで時間切れ。

    航製暦.100510

    hara-potter2010-05-10

    []

    今日は、キャノピーのマスキングから・・・

    マスキング終了後、下地と内部色を兼ねてグレーを筆塗りしておきます。

    コクピット内部もスポンジとマスキングテープでマスキング後、機体及び小物類にガイアノーツの白をエアブラシします。

    で、下地チェックをすると・・・結構、整形不良の部分が(~_~;)

    なので、そこに溶きパテを塗布して今日は時間切れ(~_~;)

    航製暦.100507

    hara-potter2010-05-07

    []

    今日は、水平尾翼のスジ彫りの続きから・・・

    スジ彫り終了後、胴体に接着すると士の字になりますが・・・あれ?主翼の上半角が左右で違う(~_~;)

    垂直尾翼左右に付くブレードアンテナは別パーツとなっていますが、分厚いので薄く削ってから接着します。

    塗装に控え、キャノピーのゲート処理&すり合わせ。すり合わせは胴体の後ろ側を削るだけ、あとは面だし程度で終了。

    残った時間で、小物の整形をして、今日は時間切れ。

    f:id:hara-potter:20090506063232j:image

    折角なので仮組みをしてみました(^0^)b

    最新コメント一覧