ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2011/11 >>
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.111130

    hara-potter2011-11-30

    [][]

    今日は、スミ入れの続きから・・・

    スミ入れには、タミヤ・エナメルのブラックとブラウンを使用。この2色を混色しながらスミ入れをしていきますが、銀塗装の表面を傷めないよう、できるだけはみ出さないようにスミを入れていきます。

    ついでにインテークやアウトレットの開口部もエナメルのブラックで塗装していきます。

    う〜ん、このキット、レシプロエンジンのインテークの形状で随分と損をしているよう気がしますが、手に持たなければ開口部の形が違うのも目立たないで気にしないことにしよう(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20101129065813j:image

    f:id:hara-potter:20101129065926j:image

    GRB−36完成〜♪

    ん? ゴブリンも横に並べようと思っていたのに忘れてた(~_~;)

     

    で、残った時間でXP−67の製作に入ります。

    先ずは、機首のピンホール(空洞といった方が正しいか?)を埋めたポリパテの整形から。カッターで荒削りした後金ヤスリで整形。最後はペーパーで仕上げます。

    で、この時消えてしまうスジ彫りも彫りなおし。そのまま他の部分のモールド一部消えかかっているので目立てヤスリや目打ちを使って彫りなおしていきます。

    で、今日はこのスジ彫りを始めたところで時間切れ(^0^)

    航製暦.111129

    hara-potter2011-11-29

    []

    只今スミ入れ中・・・

     

    予想外に時間がかかってる(~_~;)

    航製暦.111128

    hara-potter2011-11-28

    [][]

    今日は、キャノピー等の透明パーツの接着から・・・

    で、機首先端の爆撃窓(?)、仮組みの時は問題ないと思ったのに、何故か一回り大きい(~_~;)

    なので、その擦りあわせ後接着。

    で、窓の関係が終わったら、最後に機首先端と尾部の銃座を接着し、リタッチしておきます。

    これで全てのパーツの接着が終わったことになりますが・・・スミ入れは明日にしよう(~_~;)

     

    で、次のキットの下拵えに入ります。

    f:id:hara-potter:20101127071734j:image

    次に製作するのは、マクダネルの試作機(失敗作)XP−67バット。この機体、結局試作機が1機作られただけなんだけど、この先進的な形が好きだったんですよね。

    で、このキット、レジンキットですが水平尾翼まで一体成形。う〜ん、水平尾翼ぐらいは別パーツのほうが整形しやすかったような・・・

    スジ彫りも彫りなおさないといけないしね(~_~;)

    で、この一体成形の関係で垂直尾翼下でパーティングラインと言うか、そこそこの段差が生じているので瞬着を盛ってサンディングしておきました。

    あと、エンジンナセル左右の大きなインテークも一部埋まっていたので、のみを使って掘下げておきます。

    続けて機首のパーティングラインを整形しようとすると・・・ピンホールが(~_~;)

    で、このピンホールにニードルを差し込んでみると、ピンホールの周りに肉が薄そう。つまり中で空洞が出来ているようですね(~_~;)

    なので、ナイフで肉の薄いところを削ると・・・かなり大きな穴が(~_~;)

    当初は、ゼリー状瞬着で埋めれば良いやと考えていたけど、それでは追いつかないのでポリパテで埋めておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

    航製暦.111127

    hara-potter2011-11-27

    []

    今日は、デカール貼りの続きから・・・

    で、デカール貼り終了後、機体側面のバブルキャノピーの接着。

    このバルブキャノピーの内側を黒く塗らないと・・・と、思っていたけど、ちゃんと黒ベタデカールが付属するのは親切。

    で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

    航製暦.111126

    hara-potter2011-11-26

    []

    今日は、塗装のリタッチから・・・

    銀塗装や赤、黒の塗り分けのはみ出しをそれぞれリタッチしていきます。

    続けて、脚柱や脚カバー、ホイール等を塗装。脚周りの塗装にはクレオスのC8番銀+C97番灰色9号を使用。脚カバーの外側は、機体外板のジュラルミン部分に使ったC8番銀+C13番ニュートラルグレー+黒を使用しました。

    で、ホイールの塗装が終わったら脚周りの組立て。

    プロペラは、先に先端部の黄色い部分をマスキングしてからC40番ジャーマングレー+黒で塗装。その後マスキングテープを剥がして、フリーハンドで黄色を塗装しました。ちなみに黄色の塗装は、下地にC113番RLMイエロー、本塗りにC329番特色イエローを使用しました。

    で、今日はデカールを貼り始めたところで時間切れ。

    主翼上面のウォークラインの黒線、細くて長いのでヨレないように貼るのに注意が必要<あぁ、面倒くさい(~_~;)

    航製暦.111125

    hara-potter2011-11-25

    []

    今日は、ジェットエンジン・ポッドの赤塗装から・・・

    先ずは、細切りマスキングテープでマスキングしてから下地塗装として、クレオスのC114番RLMレッドで塗装。その後本塗りとしてC68番モンザレッドで塗装します。

    インテークのコーン状のものは、キット・インスト(と、言うより箱裏のカラー図)では、黒く塗るように指定されているけど、実機写真を見るとかなり明るい色・・・と、言うことで銀色と判断し、C8番銀+C28番黒鉄色で塗装しました。

    あとはグレアシールドやレドームのバルジの黒を塗装して時間切れ。

    グレアシールドの塗装もインストと違うけど、多分これが正しいと思う・・・

    航製暦.111124

    hara-potter2011-11-24

    []

    今日は、残っていた垂直尾翼、水平尾翼のマスキングの続きから・・・

    で、マスキングが終わったらいよいよジュラルミン部分の塗装。

    先ず、塗料は私が他の作品などでよく使っているクレオスのC8番銀+C13番ニュートラルグレーに少しだけ黒を加えて使用。黒を加えたのはマグネシュウム部の塗装に使った塗料を白っぽく見せたかったから。

    で、塗装終了後マスキングテープを剥がしたところで時間切れ。

    キャノピーのマスキングを剥がすのは、また後日(~_~;)

    航製暦.111122

    航製暦.111119

    hara-potter2011-11-19

    []

    今日は、不要なモールド等を埋めたところのサンディングから・・・

    で、サンディング終了後マグネシュウム部の塗装の続きですが・・・ん?普通のB−36とGRB−36とでは、マグネシュウム使用部分がちょっと違う?

    写真の見え方が違うだけかもしれないし、よく判らんなぁ・・・と、写真から受ける印象メインで塗り分けましょうか(~_~;)

    で、マグネシュウム部分の塗装が終わったら、ジュラルミン部分の塗装に入りますが、先ずはマスキング。

    f:id:hara-potter:20111119091600j:image

    キャノピーのマスキング、面倒くさい(ーー;)

    航製暦.111118

    hara-potter2011-11-18

    []

    今日は、マグネシューム部分の銀塗装の続きから・・・

    で、先日塗り始めた時から気になりだしたのですが・・・キットのパネルラインのモールド、変じゃない?(~_~;)

    普段は、少々おかしくても気にしないのですが、今回はパネルラインに合わせマグネシューム部分とジュラルミン部分の塗り分けとなるので、結構気になる(~_~;)

    なので、一部筋彫り追加と目立つ部分の不要モールドを埋めておきました・・・って、目立たないところの不要モールドは、そのまま(~_~;)

    で、胴体及び主翼上面に溶きパテや瞬着を使ったので、この部分を残し、主翼下面及び前縁と尾翼周り、ジェットエンジンのポッドを塗装。

    ついでにスピンナーも塗装して今日は時間切れ(^0^)

    航製暦.111116

    hara-potter2011-11-16

    []

    今日は、昨日接着した胴体上部のハッチのペーパーがけから・・・

    ハッチは厚みを薄くしたいので、軽くペーパーをかけておきました。

    後は、細かいパーツを接着したらいよいよ主翼と胴体の接着ですが・・・ん?ちょっと胴体が歪んでいる?(~_~;)

    なので、主翼と胴体の接着は、プラ用接着剤をメインに瞬着も併用し、力尽くで歪みを矯正して固着を待ちます。この場合、瞬着が硬化すれば手を離しても大丈夫なので、後はプラ用接着剤の硬化を待てば完全に接着されます。

    で、エンジンポッドを接着したらいよいよ塗装に入ります。

    B−36系の場合、無塗装のジュラルミン肌とマグネシュームの部分の質感が随分と違って見えるようなので、2色塗り分けで仕上げるとことします。

    先ずはマグの部分の塗装ですが、塗料は以前使ったガルグレーにピンクを加えたものをベースにガイアノーツのシルバーを加えたものを用意しました。

    で、金属色を作る時にグレーベースで作ったのは拙かったですねぇ。なので、一瓶分の塗料が出来ちゃった(~_~;)

    やはり金属色を作る時は、金属色ベースで作る方が善いようです(~_~;)

    で、今日は、このマグの部分の塗装で時間切れ(^0^)

    航製暦.111115

    hara-potter2011-11-15

    []

    今日は、胴体とラダーのサンディングから・・・

    で、サンディング後消えてしまったスジ彫りを彫りなおしておきますが、ついでに深さが気になるスジ彫りも一緒に彫りなおしておきます。

    胴体上面前後にある二つのハッチは、別パーツで開閉選択できるようになっていますが、ちょっとハッチの厚みが気になる。

    実機でもこの部分は、外板よりも少し出っ張っていますが、もうちょっと控えた表現で良さそう。

    下面側のハッチのモールドは機体と一体成形になっていて、厚みも控えめなので、こちらに合わせて組むことにしましょう。

    ハッチのパーツ自体を薄く削ると強度的な不安があるので、ちょっと面倒ですがハッチ、胴体側両方を斜めに削って、少しだけハッチのパーツが機体側に落ちこむように細工してから接着することにしました。

    で、更に補強としてハッチの内側にはポリパテを詰めておきました。これで更に外側からペーパー当てても強度的な不安は無いでしょう。

    で、今日は胴体下面のバルジ等を接着したところで時間切れ(^0^)

    航製暦.111114

    hara-potter2011-11-14

    []

    今日は、胴体左右の接合部に溶きパテを塗布することから・・・

    で、一昨日溶きパテを塗布しておいた、主尾翼やエンジンポッドのサンディングに入ります。

    ジェットエンジンのエンジンポッドは前後のパーツが微妙に大きいので、ゲート部のサンディングと同時にサンディングして、ラインが滑らかに繋がるようにします。

    主翼は当て木を当てたペーパーで後縁が薄く仕上がるようサンディング・・・・

    う〜ん、サンディングしていると、レシプロエンジンのナセル前にあるインテークの形状が実機の表情と随分違うのが気になるなぁ・・・(~_~;)

    まあ、斜め下から見ないと気にならないのでキットのままでもOKか?(~_~;)

    で、今日は、ここまでサンディングが終わったところで時間切れ。

    ラダーのサンディングが残っちゃいましたね(~_~;)

     

    で、最近インストの文句が続いているような気がするけど・・・

    f:id:hara-potter:20101113054800j:image

    キットのインストでは、胴体左右を貼り合せた後、垂直尾翼下部の隠し穴を内側から開口することになってる(~_~;)

    ちなみに、ここに左右からバルジを接着することになりますが、このバルジ後端と上面に隙間が出来るので、プラ板とゼリー状瞬着で隙間を埋めておきました。

    航製暦.111112

    hara-potter2011-11-12

    []

    今日は、主尾翼等のパーツ接合部に溶きパテを塗布することから・・・

    で、結構主翼が長いので塗布も面倒(~_~;) 一度塗布してパーツの隙間に溶きパテが流れ込んじゃった所をチェックし、必要に応じ再度溶きパテを塗布。

    胴体は、パラサイトファイターの収納部とコクピット等を挟んで左右を接着。

    主翼同様長いので、主翼取付け部の真ん中辺りから、流し込み系接着剤を使って徐々に接着。

    で、一通り接着が出来たら、接合部が口を開かないようにマスキングテープで固定しますが、半乾きの状態で一度主翼を仮組みして歪が無いかチェックします。

    私は、機首が少し右によっていたので、もう一度マスキングテープを剥がして矯正。再びマスキングテープで固定しておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

    航製暦.111111

    hara-potter2011-11-11

    []

    今日から本格的にピースメーカーの製作に入ります♪

    しかし・・・爆撃機にピースメーカーなんて名前を付ける国民性って・・・(~_~;)

     

    先ずはコクピットの組立て。

    で、キットのインストでは、いきなりフロアパーツと脚収納庫の接着行程が抜けています(~_~;)

    まあ、パーツの形を見れば大体の察しは付くので問題ないといえば問題ないのですが・・・油断できない(~_~;)

    ちなみに胴体や主翼には、形式違いのキットのコンパチ化の関係で隠し穴が何箇所かあり、これらの開口が必要な所がありますが、その指示もインストから抜けている所多数のなので、事前にパーツの隠し穴のほうを先に確認し、一つづつ開口が必要かチェックしておくほうが良さそうです。

    コクピットの話を戻すと・・・

    フロア等は世傑の写真を参考に昔作った調合色を使いましたが・・・なんとなくロシア機みたい(~_~;)

    シートの座面は、何故か機内部色見たいな色なので、クレオスのC27番機内部色をそのまま使用しました。

    GRB−36の特徴とも言える、パラサイトファイターの搭載部分は、キットでは展開状態で組むようになっていますが・・・肝心のRF−84は西ドイツ機仕様にしてしまったので、収納状態で組むことにしました。

    水平尾翼、ラダーは後縁内側を薄く削ってから接着し、更に表からも削り込んであります。

    ジェットエンジンのポッドは、中央部に対して前後のパーツのほうが少し太いので、接着剤硬化後、表面を削って面一に仕上げておきます。

    で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

    航製暦.111110

    hara-potter2011-11-10

    []

    今日は、最後のスミ入れから・・・

    で、基本凸モールドなんでスミ入れも控えめに。

    スミ入れに使うのはタミヤ・エナメルのブラック、ブラウン、バフの3色ですが、ベースを黒に他の色を混ぜながらスミ入れしています。

    で、スミ入れが終了して完成・・・ですが、ちょっと気になる(~_~;)

    丁度、胴体から主翼に伸びてる赤矢印根元の窪んだモールド・・・

    実際には、ここは穴が開いてて細いパイプ、丁度レシプロエンジンの排気管みたいなものが顔を覗かせています。

    しかもこのパイプの色が写真によっては真鍮パイプの色みたいに見える(~_~;)

    ディテールアップはしない派なのですが、今回はピンバイスで穴を開けて外径08φ、内径0.4φの真鍮パイプを埋め込んでおきました。

    真鍮パイプを固定するには瞬着を使うのですが、瞬着だと位置決めする時間がつらそう・・・ なので、昔のキット等に付いて来たペースト状のプラ用接着剤(チューブに入ったアレね)をシンナーで溶いたものを使って仮付け後、瞬着で本接着しておきました。

    で、最後に自家製焼鉄色+これも昔ラリーカーのホイール用に作った金色アルマイト用の塗料を混ぜたものを塗って完成です(^0^)

     

    f:id:hara-potter:20101109064141j:image

    f:id:hara-potter:20101109064151j:image

    f:id:hara-potter:20101109064204j:image

    f:id:hara-potter:20101109064212j:image

    航製暦.111109

    hara-potter2011-11-09

    []

    今日は、脚カバーの接着の続きから・・・

    で、内側の主脚カバー、それぞれ白、下面色で2機分塗装し、接着しますが・・・

    取り付け角度がインストではよく判らないので、実機画像を確認すると・・・ほとんど閉じてる(~_~;)

    微妙に隙間が開いているようにも見えるけど、閉じた状態で接着しました。なので、内側の色は塗る必要が無かったみたい(~_~;)

     

    後は、パイロン、キャノピー等を接着したら接着すべきパーツは、全て接着したことになります。

    で、ちょっとだけ時間が残っていたので、エナメルブラックで補助インテークやエアスクープの開口部を塗装して時間切れ。

    小さなエアスクープ、小さすぎて塗り難いのに数が多い(~_~;)

    航製暦.111108

    hara-potter2011-11-08

    []

    今日から脚周りの組立てに入りますが・・・その前に機体細部の塗装を。

    ピトー管とドラッグシュートのカバーはクレオスのC8番銀+C97番灰色9号を使用。

    翼端灯等の灯火類は下地に白を塗ってからクリアレッド、クリアブルーに塗装。

    脚周りのシリンダー類は銀色にタミヤ・ペイントマーカーのクロムシルバーを使用。塗装は、一度パレットに塗料を出してから面相筆で塗っていますが、一部はペイントマーカーをそのまま使用。慣れればこっちの方が楽かも?

    タイヤブラックは、自家調合のものを使用。

    制空迷彩の方の脚カバー内側はC316番特色ホワイトを使用しますが・・・主脚内側の一番大きいカバーを塗るの忘れてる(~_~;)

    で、両機とも脚周りを接着し、イスラエルカラーの脚カバーを接着し始めたところで時間切れ。

    とりあえず2機とも大地に立ちました(^0^)

    航製暦.111107

    hara-potter2011-11-07

    []

    今日は、デカール保護のクリアがけから・・・

    何時ものように艶ありのクリアから吹き付けていきますが・・・ガイアのクリアが切れてた(~_~;)

    なので、普通のクレオスのクリアを吹きつけ、最後に半艶クリアを吹きつけて艶を調整します。

    で、今日はここまで時間切れ。

    明日から脚周りの組立てですね(^0^)

    航製暦.111105

    hara-potter2011-11-05

    [][]

    今日もデカール貼りの続きから・・・

    で、デカール終了後、必要な部分のリタッチ・・・

    ドーナツ状のアンテナの周りに貼った白デカールは、リタッチと同時にアンテナも白で塗装。

    制空迷彩の一部剥がれちゃった赤ラインも不要な赤ラインのデカールを使って補修しておきました。

    で、残った時間で脚周りの塗装。

    イスラエルカラーの方は、インスト通り機体下面色で塗装。

    制空迷彩の方は白で塗装しておきました。

     

    で、今日から次に作るキットの下拵え・・・

    f:id:hara-potter:20101105054844j:image

    とりあえず、胴体左右貼り合せまでもって行きたかったのが、時間足らず(~_~;)

    主翼は長い上に厚みもあるので、中にスポンジとその周りにポリパテを盛って補強しておきました。そして接着は真ん中辺りをタミヤの液体接着剤を使って接着し、ずれないようにマスキングテープ止め。そこから徐々に外側を流し込み系接着剤で接着しておきました(^0^)

    腹ポ腹ポ 2011/11/08 16:49 補足と言うか・・・書き忘れ(~_~;)
    イスラエルカラーの方の垂直尾翼前のエンジン冷却用インテークのリップの赤ライン、
    キットのインストでは、指定が漏れてると思ったけど、実機画像確認すると無いのが正解(~_~;)
    なので、一度貼ったデカールを剥がしてあります。
    インストに間違いが多いと文句ばかり言ってたら自分が間違っちゃいましたm(_ _)m

    航製暦.111104

    hara-potter2011-11-04

    []

    今日もデカール貼りの続きから・・・

    で、まだ終わんない(~_~;)

    インストでは、側面図と上面図でデカールの指定番号が違うし・・・(ーー;)

    航製暦.111102

    hara-potter2011-11-02

    []

    今日は、制空迷彩の方のデカール貼りの続きから・・・

    で、こちらはデカール貼り終了♪

    垂直尾翼前のインテーク上に貼る白い3本線は、実際に貼る間隔を開けて印刷されているけど、何故かデカールはバラバラ。多分3本一組で印刷する予定だったんだろうなぁ(~_~;)

    それと胴体背部の白線が何故かキットインストには無い。

    多分、これもインスト漏れのようです。

    で、他の塗装図では、45番のデカールで貼る位置が指定されていますが・・・実際にはもう少し後ろでは? これについてはバックスアートの写真でよく確認できるので、これを参考に貼るのが善いでしょう。

    このデカールについては他にも不思議ネタがあるけど・・・これは後日番外編のネタに使おうか<バキ!

     

    で、制空迷彩の方のデカールが終わったので、イスラエルカラーのデカール貼りに入りますが・・・今日は、機首側面の機番とインテークの国籍マークを貼ったところで時間切れ。

    このデカール、結構欠け易いので動翼前の赤ラインも最後に貼るほうが良かったみたい・・・

    制空迷彩の方は、一箇所欠けちゃったので、後日リタッチが必要(~_~;)

    航製暦.111101

    hara-potter2011-11-01

    []

    今日は、デカール貼りの続きから・・・

    で、意外と多いコーション類(~_~;)

    機首左側面のアンテナの周りに貼る白いドーナツ状のデカールは、中の穴が開いていないので、貼る前に穴を開けておく必要がありまが・・・小さいの難しい(~_~;)

    なので、穴は大きめに開けて後からタッチアップする方が簡単なようです。

    私は1枚目を失敗し、2枚目はカッターで三角の穴を開けて貼りました。

    で、このデカール、2機で2枚必要なところが、何故か4枚入っているので失敗しても問題なしでした。

     

    あと主翼前縁の白の縞々デカールは最後に貼るのが良さそう・・・

    先に貼ったら手に当ったりして何度かズレてしまいました。

    なので、制空迷彩の方は一度おいてイスラエルカラーの方のデカール貼り(~_~;)

    で、今日はここまでで時間切れ。

    イスラエルカラーもウォークラインだけだとクフィルのようなので、一枚だけ国籍マークを貼っておきました(^0^)b

    最新コメント一覧