ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2013/02 >>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.130228

    hara-potter2013-02-28

    []

    今日は、アンテナ支柱の下穴を開けたらスミ入れに入ります。

    で、先ずは黒から・・・

    普段、スミ入れで真っ黒って動翼とかハッチとか動く部分と、インテーク、アウトレットの開口部ぐらいしか使わないので、すぐに終わっちゃうのですが、今回は波消し装置の排水用スリットを塗ってたらなかなか真っ黒にはならず、結構時間がかかっちゃった(~_~;)

    結局、黒以外のスミ入れは水平尾翼、垂直尾翼だけで終了・・・

    筋彫りも少ないから、すぐに終わると想ったんだけどなぁ(~_~;)

    で、このスミ入れ中に先日入れた錘の接着剤が一つ外れたらしく、機体を傾けるたびにカラカラ・・・と(~_~;)

    で、今日の製作が終わる頃には、かなりの数の錘が剥がれたらしく、商店街のくじ引きのガラガラみたいにガラガラガと・・・(~_~;)

    航製暦.130227

    hara-potter2013-02-27

    []

    今日は、錘詰めの続きから・・・(~_~;)

    で、大体6袋分ぐらいのガン玉を入れて尻餅をつかなくなったので、更に念のため4グラム分ほどのガン玉を投入して錘詰め終了。

    なので、養生に貼ったマスキングテープや紙を剥がして、接地状態確認。

    尻餅を付かないっていいですね(笑)

    錘の接着具合も暫く間をおいてから確認しましたが、振ってもカラカラと音がしないので上手く固定されたようです。

    で、錘のリカバリーが終わったら、いよいよ最終の組み立て段階へ♪

     

    先ずは、貼り線の準備として、水平尾翼にアンテナ線を貼る下穴を開口しますが・・・・・・世傑の表紙、ちょっと違うような(~_~;)

    今回作っている02号機のカラー写真を見ると、水平尾翼の付け根付近からアンテナ線が出ているのが確認できますが、世傑表紙は水平尾翼前縁の真ん中辺りから・・・

    で、世傑の図面も同じように・・・

    でも、実機写真を見ると02号機の写真と同じく根元から出てる機体の方が多いようですね。

    で、この下穴開けたら、脚周りと主翼にぶら下げる前照灯、魚雷ポッド、フロートを接着♪いよいよ形になってきましたね(^0^)

     

    キットには、アンテナ支柱がセットされていないので真鍮材で自作。

    最初は、真鍮線を植え込むだけで良いやって、思っていたけど結構扁平な楕円断面なようなので・・・

    f:id:hara-potter:20120227062902j:image

    内径0.4mm、外径0.8mmの真鍮パイプに0.2mmのピアノ線を通してからペンチで扁平に潰したものを4本用意。

    これは、スミ入れ後、ピトー菅等と一緒に接着しましょう(^0^)

    航製暦.130226

    hara-potter2013-02-26

    []

    今日は、ビーチングギアの組み立てから・・・

    塗り忘れていた脚柱は、基本色に塗った後、強制乾燥させて機体同様にドライブラシ。

    脚カバーの内側やホイールは白く塗ってから、タイヤのブラックを塗装。

    で、これも強制乾燥させたら、接着ですが・・・・・・主脚側のダボ穴が小さいので、ヤスリやピンバイスで調整・・・・・・しても取り付けがファジーで角度が決まらないというか、少し大きめに広げて調整しないといけないというか(~_~;)

    なので、仮組してOKならゼリー状瞬着で無理やり角度を調整した状態で接着します。

    で、足回りが組めたら・・・・・・やはり尻餅をついた(~_~;)

    塗装の途中で気が付いたんですが、このキット、かなりテールヘビーです(~_~;)

    特に水平尾翼の内側に補強の詰め物までしているので、ますます・・・(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20120226063019j:image

    なので、側面に空いた窓から錘投入(~_~;)

    錘は、釣り用のガン玉を使用。

    これを雪だるま状に開いて、ゼリー状瞬着を塗ってから窓から一つずつ・・・(~_~;)

    窓側は、瞬着で汚さないようにマスキングテープ等で養生してから錘を入れます。

    で、大体7袋分ぐらいの錘を詰め込んだらバランスとれるかな・・・

    と、今で3袋投入。まだまだ道は遠い(~_~;)

    航製暦.130222

    hara-potter2013-02-22

    []

    今日は、自作した係留索の取り付けから・・・

     

    f:id:hara-potter:20130221192714j:image

    先ずは艇体先端の3本の係留索の纏まったところから接着。

    艇体側をピンバイスで開口しておいて、そこへ輪っか作る時に捩じった根元を差し込んで瞬着で固定します。

    で、この時、順番に接着せず、次に差し込むところの隣のものは突き刺したまま指で押さえておくぐらいにした方が、次のものを差し込みやすいようです。

    で、接着ができたらメタルプライマーを塗って塗装しますが、メタルプライマー塗るついでに、後部側面のハッチの開閉用の取っ手も真鍮線をL字に曲げたもので接着しておきます。

     

    で、係留索の塗装は・・・・・・色がよく判んないや(~_~;)

    なので、青味のあるグレーを加えた銀色で塗装。明度も機体色のライトグレーに近いので善い雰囲気になったのでは・・・

     

    で、残った時間で細部の塗装に入ります。

    垂直尾翼の衝突防止灯に下地の白を塗装。

    その乾燥待ちの間に、整形のため削り落とした水平尾翼後ろの衝突防止灯を伸ばしクリアランナーで自作して接着。

    垂直尾翼のものと一緒にクリアレッドで塗装しておきます。

    前脚の収納部は内側を白で塗装。同じ色を塗るホイールなども塗装しますが・・・・・・前脚カバーの内側を塗る時間が足りなかった(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20130222072007j:image

    で、ビーチングギアは機体色と同じライトグレーで塗装済みですが・・・・・・内側と外側を間違えた(~_~;)

    画像下が塗装済みの内側。

    画像上が外側の塗装していない面だけど・・・・・・パーツ見ただけだとこっちが接着面に見える(~_~;)

    tochi_hangartochi_hangar 2013/02/22 11:41 hara-potterさま

    こんにちは♪おぉ~!凄く素敵です♪とても効果的でありますね♪(^-^)v
    取り付けを始めたって!事は…完成ですかね♪
    ボクも…頑張らなきゃ♪f(^_^;

    腹ポ腹ポ 2013/02/22 13:15 ★tochi_hangarさん
     ありがとうございます。
     あとは脚周りとフロート、魚雷ポッドの取り付けて、スミ入れですね。
     まあ、機体が大きいのでまだ少し時間はかかりそうですが・・・
     それに今週末は模型作れそうにないし(~_~;)

    航製暦.130221

    hara-potter2013-02-21

    []

    今日は、機首の係留策の製作の続きから・・・

    エナメル線の先端をU字に曲げマスキングテープを巻けば先端に輪っかが付いたロープの出来上がり。

    これを両端に施したものを3本作り、同じくエナメル線で作った真円に近い輪っかで一つに纏めます。

    で、3本のロープの反対側は、機体への固定用に作った輪っかに通します。

    こう書くと先にロープを作ってから輪っかに通したみたいに見えますが、実際の工作は・・・

    ロープにUの字を作る→機体へ固定用の輪っかを作る→Uの字部分に輪っかを通す→Uの字の根元をマスキングテープで縛る・・・を繰り返して作っていきました。

    更に機体固定用の輪っかは根元の捩じったところを残し、これを機体側に開けた穴に差し込んで接着する予定。

    で、昨日作ったロープは長さが微妙に合わなくなってきたので、結局没になりました。

    なので、ロープは3本とも今日作った分(~_~;)

    航製暦.130220

    hara-potter2013-02-20

    []

    今日は、金属色の塗装から・・・

    先ずは、BLCエンジンの排気口周りが無塗装金属色のようですが・・・・・・この色がよく判らない(~_~;)

    昔、US−1Aの写真を撮ったと思うのですが・・・・・・データが見つからないし(~_~;)

    写真では、暗く見えたり明るく見えたりとマチマチですが、大体機体色のライトグレーと同じぐらいの明度のようなので、ジャーマングレーとクレオスとガイアのシルバーを適当に混ぜたものを塗っておきました。

    後は、各排気口の内側を黒、外側を自家製焼鉄色塗装・・・

    黒塗装ついでに、インテーク内側も一緒に塗装しておきました。

     

    f:id:hara-potter:20120220062344j:image

    キットには機首の係留策が用意されていないので、エナメル線などで自作。

    画像左側のものはループの縛っているところを太くし過ぎた失敗品。

    右側が作り直したものですが、これぐらいで良いかなぁ・・・

    え!?あんまり変わらないって?(~_~;)

    tochi_hangartochi_hangar 2013/02/20 23:42 hara-potterさま

    こんばんは♪おっ!かなり良い調子ですすんでらっしゃいますね♪
    もうそろそろ完成ですかね(^-^)v
    今年の展示会は…何機ぐらい予定されてらっしゃるのですか?

    腹ポ腹ポ 2013/02/21 12:39 ★tochi_hangarさん
     PS−1、あとは小物だけなんで今月中には完成するかな。
     まあ、心配なのはK画伯のUS−1が完成するかどうかなんですが・・・(~_~;)

     展示会は、新作は展示会以降に作ったPS−1までの8機+製作予定のF−15とファントムです。
     http://d.hatena.ne.jp/cyclo_harapo/20130123#p1
     ファントムはRFと一緒にEJ改(ブラックパンサー)も作るか思案中です←一応、こっちもパーツ洗浄は済ませました。
     あとは、もう一機ぐらい作れるかどうか・・・ぐらいかな。
     旧作は、まだチェックしていませんが、今までに展示していないテーマ機があればいくつか持っていくかもしれません。

    腹ポ腹ポ 2013/02/21 12:44 世傑テーマの分担は、PS−1とフューリーの2機。
    フューリー、忘れるところだった(~_~;)@忘備録

    航製暦.130219

    hara-potter2013-02-19

    []

    今日は、フロート等の小物のトップコートから・・・

    で、クリア吹いて、艶消しクリア吹いて艶調整ができたらOK。

    今日は、未だ少し時間が残っていたので、デカールの欠けたところをリタッチ。

    で、キャノピーのマスキングを剥がしたところで時間切れ(^0^)

    航製暦.130218

    hara-potter2013-02-18

    []

    今日は、デカール保護のクリアがけから・・・ 

     

    で、今日は、これだけで終了(~_~;)

     

    フロート等の小物は忘れてるし・・・(~_~;)

     

    なので、これらは明日以降に(~_~;)

    航製暦.130217

    hara-potter2013-02-17

    []

    今日は、デカール貼りの続きから・・・

     

    で、無事終了♪

    機首のプロペラ注意の赤ラインと02の機番の間にある小さな小判型の赤ラインのデカール、キットインストは位置を間違えているようなので注意が必要。

    試作1号機や2号機など初期の機体はインストよりも少し下に貼るのが正解。

    量産機だと逆にもっと上の少し前に移動するのが正解のようです。

    垂直尾翼の黄色いXマークは、途中で消されてナンバーだけになっているみたいですが・・・・・・ま、良いか(~_~;)

    航製暦.130216

    hara-potter2013-02-16

    []

    今日からデカール貼りに入ります。

    と、その前に艇体背部、主翼の後ろのBLCエンジン周りの黒塗装。

    本当は、ここはキットのデカールを使うつもりでしたが・・・・・・デカールとは形状が違う?

    う〜ん、よく判らないけど、キットの黒デカールの形に塗られてたのは試作1号機でも一時期だけのような・・・・・・よ〜、判らんけど(~_~;)

    しかも、量産機でも一定のパターンはあるけど、それ以外にも黒く塗られた部分が有ったり無かったり、02号機がどうなってたか全然判らんのですよね(~_~;)

    なので、一番多いパターンにマスキングして塗装、ドライブラシしておきました。

    で、これが終わったらいよいよデカール貼りですが。先ずはキットでは用意されていない。主尾翼の黒ラインから。

    これは、昔のハセガワの黒ベタデカールを細切りにして使用。

    主翼の長さが足りない部分は、別に切り出したものを継ぎ足したけど・・・・・・よく考えれば、日の丸の所で2分割にすれば良かった(~_~;)

    で、主翼の黒ラインは、量産型ではなく、試作1号機と同じパターンに・・・

    と、言うのも、この黒ラインのデカール貼る段になって初めて気がついたけど、キットの外側のエンジンナセル、主翼と繋がる部分が小さすぎるんですよね。

    で、量産型は、このエンジンナセルの膨らみを除けるように黒ラインが一部曲線になっているんだけど・・・・・・キットのナセルのままこれすると、どう見ても不自然なんですよね(~_~;)

     

    続けて水平尾翼の黒ラインですが・・・・・・

    f:id:hara-potter:20130216185857j:image

    一度は、ここまで貼ったんだけど、どうも主翼と同じ幅の黒ラインだと太すぎる(~_~;)

    なので、この後全部剥がして、もう一度貼り直すことに(~_~;)

    で、今日はここまでで時間切れ。

    キットのデカール、昔風で貼り難いかと思ったけど、意外と馴染みが良いですね(^_^)

    航製暦.130215

    hara-potter2013-02-15

    []

    今日は、フロートと魚雷ポッドの黒塗装から・・・

    で、これが終わったら黒塗装のドライブラシに入ります。

    1段階目のドライブラシの塗料は、瓶生のC40番ジャーマングレーを使用。

    黒塗装したフロート等はドライヤーで強制乾燥させておいてから機体側のドライブラシ始めれば、一通り機体のドライブラシが終わったころには、こちらのドライブラシをしても塗料を舐めることはありませんでした。

    で、2段階目のドライブラシにはC40番ジャーマングレーに少し白を加えたものを使用。

    ドライブラシが終了したらマスキングテープを剥がします♪

    色を間違っていた主翼付け根の黒い口の字の内側は、再度マスキングをしてグレーに塗り直し、ドライブラシをしておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    航製暦.130214

    hara-potter2013-02-14

    []

    今日は、黒塗装の続きから・・・

    う〜ん、機体が大きいんで取り回しが悪い(~_~;)

    で、一通り塗り終わったらコクピットの後ろのレーダーバルジもフリーハンドの塗り分けで塗装。

    黒塗装は、未だフロートと魚雷ポッドも残っているので、そのマスキングも・・・

    一応、実機写真等を見ながらマスキングしているのだけど・・・・・・

    あ! 主翼付けなの口の字状の黒塗装の内側、白じゃなくグレーが正解だった(~_~;)

    う〜ん、今更塗り直すの面倒くさいなぁ(~_~;)

    tochi_hangartochi_hangar 2013/02/14 15:13 hara-potterさま

    こんにちは♪あらら!色違いでしたかぁ~!(>_<) ボクも…良くやりますよ♪

    T-2…ボクも!今回はブラシを使用しますよ♪筆塗りは厳しいです( ̄▽ ̄;)
    hara-potterさんのこの機体の塗装は?ハイブリット?ですか?

    腹ポ腹ポ 2013/02/15 12:39 ★tochi_hangarさん
     ちょっと遠回りをしましたが、間違ったところ塗りなおしておきました(~_~;)
     で塗装は、私の場合、筆塗オンリーの上からデカール保護にクリアをエアブラシするのが定番です。
     変則パターンとしては、筆塗、ドライブラシの上から、しゃぶしゃぶに溶いたほとんど色が付いていないぐらいまで薄めた塗料をトップコートすることもあります。
     一時スケビなど影響で流行った去病さん(http://zeke21.zero-city.com/)やペガさん(http://www.geocities.jp/yoyuso/index.html)のハイブリ塗りの逆パターンです。
     基本的に、このパターンで塗る時は・・・・・・色の調合に失敗した時ですが(~_~;)

    航製暦.130213

    hara-potter2013-02-13

    []

    今日は、黒塗装のマスキングの続きから・・・

    艇体背部のライン状のものは、この後別に塗装するか、それともデカール処理するか・・・と、迷っていますが、とりあえずこの辺りで一度塗装に入ります。

    塗料は、定番のクレオスのC40番ジャーマングレー+黒を使用。

    で、今日は1回目の塗装が終わったところで時間切れ。

    tochi_hangartochi_hangar 2013/02/13 18:11 hara-potterさま

    こんばんは♪ちょっと寄れない内に…塗装が進んでますね♪順調♪(⌒∇⌒)ノ"

    マスキングが面倒そうですねぇ~!(>_<)
    T-2の塗装!これから悩みですf(^_^;

    そう言えば…ギャラリーを拝見しましたら奥様も製作されてるのですね♪素晴らしい♪

    また、何か良いアドバイスがありましたら!よろしくお願いいたします(__)

    腹ポ腹ポ 2013/02/14 12:41 ★tochi_hangarさん
     T−2の塗装、筆塗りで白/青のあの塗装は悩みますよね。
     私も赤/白のF−15を製作予定に入れているんですけど、エアブラシで済まそうかと・・・(~_~;)

     うちの嫁さんが模型作ってたのは結構前の話・・・
     最近は、すっかり自転車の人になっていますんで・・・(~_~;)

    航製暦.130212

    hara-potter2013-02-12

    []

    今日は、機体のグレーのドライブラシから・・・

    で、ドライブラシが終了したら、黒塗装に控えてマスキング・・・

    で、今日はこの途中で時間切れ。

    小判型のモールドに合わせて塗り分けるところは、マスキングテープとマスキングゾルを併用してマスキングしてみました(^0^)

    航製暦.130211

    hara-potter2013-02-11

    []

    今日は、フロート等の小物のドライブラシから・・・

    ドライブラシに使った塗料は、機体と同じ使用。

    で、一通りドライブラシが終了したら2段階目のドライブラシに入ります。

    2段階目のドライブラシには、1段階目のドライブラシに使った基本色+C306番グレーに更に白を少量加えたものを使用。

    で、今日は、フロートなどの小物のドライブラシが終了したところで時間切れ。

    明日は、機体のドライブラシに入ります(^0^)

    航製暦.130210

    hara-potter2013-02-10

    []

    今日は、グレーのドライブラシから・・・

    機体のグレーの塗装をしたところにドライブラシを施していきます。

    1段階目のドライブラシには、基本色で使ったC334番バーリーグレー+C306番グレーにC306番グレーを増量したものを使用。

    で、今日は機体側のドライブラシが終わったところで時間切れ。

    明日は、フロートや魚雷ポッド等のドライブラシに入ります(^0^)

    航製暦.130209

    hara-potter2013-02-09

    []

    今日は、グレーの塗装の続きから・・・

    で、翼関係、艇体の塗装終了・・・

    続けてフロートなどの小物の塗装に入ります。

    まだ少し時間があったので、プロペラのグレーを塗ったところが乾燥しているの確認してマスキング。スピンナーとプロペラ付け根を黒く塗装しておきました。

    ちなみにキットのインストでは、この黒/グレーの塗り分けラインがクランク状に曲がっていますが、実機画像を見る限り直線の塗り分けで良さそうです。

    で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

    航製暦.130208

    hara-potter2013-02-08

    []

    今日は、昨日溶きパテや瞬着を塗布したところのサンディングから・・・

    で、表面処理が終わったもう一度グレーを塗りなおし。

    で、艇体の塗装は後回しにして主翼や尾翼を自家調合のグレーで塗装していきますが・・・・・・色味の割りに隠ぺい力が弱い(~_~;)

    翼関係が塗り終わったら、再度艇体を塗装して今日は時間切れ。

    塗料、結構多めに作ったつもりだったけど、追加で作り足さないといけないかも(~_~;)

    tochi_hangartochi_hangar 2013/02/08 18:00 hara-potterさま

    こんばんは♪細かな作業が続きますねf(^_^;
    この時が…一番モチベーション下がりますが…塗装して綺麗な機体を見ると嬉しくなりますよね♪
    こちらは…氷柱ごとで!寒いです(>_<)
    hara-potterさんも温かくして製作に励んで下さいね♪

    腹ポ腹ポ 2013/02/10 11:21 ★tochi_hangar さん
     白の筆塗は気も時間も使うんで、ついつい早く終わらないかと考えちゃいますよね。
     とりあえず、グレーも塗れたので、これからの塗装は楽しい時間になりそうでけど(^_^)

    航製暦.130207

    hara-potter2013-02-07

    []

    今日は、白塗装の部分のマスキングから・・・

    と、特に書くことはなく、普通にマスキングテープでマスクしてグレーの塗装・・・

    機体が大きいんで、今日は艇体下部だけの塗装ですが・・・・・波除装置のプラロッドを差し込んだ部分の表面処理が悪いところが・・・(~_~;)

    大きな窪みは瞬着、小さなへ込みはラッカーパテで埋めて、今日は時間切れ(~_~;)

    航製暦.130206

    hara-potter2013-02-06

    []

    今日は、白塗装のドライブラシから・・・

    ドライブラシは、基本色で使ったクレオスのC316番特色ホワイトにC1番ホワイトに艶消し材少々・・・これを2段階ドライブラシしておきました。

    で、少し時間が残っていたので、昨日溶きパテを塗布した魚雷ポッドをサンディング。

    更に少しだけ時間が有ったので、サンディングした所だけグレーを塗って表面チェックをしておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    プロペラの赤白ラインのマスキングを剥がしましたが、修正が必要なのは2ヶ所だけですみそう(^_^)

    tochi_hangartochi_hangar 2013/02/06 12:33 hara-potterさま

    こんにちはぁ~♪えっ!既に士の字になっちょりますね♪さすがに…製作が早いです(゜ロ゜)

    腹ポ腹ポ 2013/02/06 15:58 ★tochi_hangarさん
     製作自体は、2年前の6月から始まっていますから・・・
     で、前回士の字直前まで作って、今年製作再開したら・・・・・どう、作るつもりだったか随分と忘れています(~_~;)

    航製暦.130205

    hara-potter2013-02-05

    []

    今日は、プロペラのマスキングの続きから・・・

    で、マスキングが終わったら赤ラインの塗装。塗料は下地にクレオスのC114番RLMレッド、本塗りにC68番モンザレッドを使用しました。

    で、この赤ラインの部分もマスキングして、今度はプロペラのグレーを塗装。こちらの塗料は、先日機体塗装用に調合したC334番バーリーグレー+C306番グレーを使用。

    で、ついでだから同じ色に塗るフロートや魚雷ポッドも塗装・・・・・・すると魚雷ポッドに一か所整形不良が有ったので溶きパテを塗布しておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    tochi_hangartochi_hangar 2013/02/05 15:05 hara-potterさん

    こんにちは♪こちらには…始めて投稿します。これから…ちょこちょこ…お邪魔しますので…よろしくお願いいたします(__)

    PS-1って!アメリカ機のマーチンに似てたんですねぇ!…って!今更ながら…(*ToT)
    興味の無い機体は…いまいち無知であります。
    マスキングも面倒そうですf(^_^; 製作…頑張って下さいね♪(⌒∇⌒)ノ"

    腹ポ腹ポ 2013/02/05 20:03 ★tochi_hangarさん
     日曜日はお疲れ様でした。
     PS−1は地元神戸で作っていた機体なんで、ちょっと思い入れもあって作ってます。
     その割には、実機は見たことが無いんですが・・・(~_~;)
     今、新明和で生産されてるUS−2もハセ○ワさん辺りからキット化されると嬉しいんですけどねぇ・・・

    航製暦.130204

    hara-potter2013-02-04

    []

    今日は、艇体のサンディングから・・・

    昨日溶きパテを塗布した部分を研ぎ出しの要領でペーパー掛け。

    それでも、どうしても塗料が剥がれる部分があるので、それらを含めて白の塗り直し。

    他にも昨日塗り足りないところが何か所かあるので、それらも更に白を重ね塗りしていきます。

    で、昨日溶きパテを塗布した付近で、ピンホールみいたいな整形不良があったところに溶きパテを塗布していなかったので、ここは塗料で埋めて研ぎ出しすることに・・・

    が、塗料を厚めに塗ってドライヤーで強制乾燥させると気泡のように膨らむ。

    なので、潰して再度塗装、強制乾燥させると・・・・・・やはり気泡が(~_~;)

    同じことを何回か繰り返し、何度やってもドライヤーの熱で気泡が出てくるので、あきらめて薄く瞬着を塗布して硬化スプレー。

    で、研ぎ出しして付近全体を白く塗りなおしておきました。

     

    まだ少し時間が残っていたので、プロペラ先端の白塗装マスキング・・・

    今日はプロペラ3組と一翔マスキングしたところで時間切れ。

     

    f:id:hara-potter:20120204062040j:image

    先端から同じ幅で白・赤・白のラインは、赤ライン部分も同じ幅のマスキングテープを貼って、これをガイドに根元側の白部分をマスキングすればマスキングしやすいですが・・・・・・画像では色が飛ん跳んで判りにくい」(~_~;)

    航製暦.130203

    hara-potter2013-02-03

    []

    今日から機体の塗装に入ります♪

    先ずは、キャノピーに塗ったグレーの下地塗装の上に明るいグレー(C97番灰色9号を使用)を塗って、プラ成形色との明度差を押さえておきます。

    この時一緒に、整形時に使ったパテ跡やら黒く塗ったところなども軽く塗装しておきます。

    で、いよいよ艇体上半分の白塗装から・・・

    白はC316番特色ホワイトを使用。

    艇体の塗り分けは、単純に一直線の上下塗り分けでなく、海上自衛隊の文字に合わせて白塗りされているので、デカールをカットして塗り足らないところがないかチェックしておきます。

    で、塗っていくと主翼付け根付近の艇体左右を貼り合せたところに整形不良が(~_~;)

    なので、溶きパテ塗布して乾燥待ち。

    その間にプロペラ先端の白塗装。こちらはC316番特色ホワイト+C62番つや消しホワイトを使用。

    で、残った時間で艇体に塗るグレーを調合。このグレーは、C334バーリーグレーと・・・何を混ぜたっけ? これは後で確認しておきます(~_~;)

    で、調合したグレーの試し塗も兼ねてサーチライトポッドを塗ったところで時間切れ。

    このグレー、プラ成形色に近いので塗ったところが判りにくい(~_~;)

    航製暦.130201

    hara-potter2013-02-01

    []

    昨晩のうちに、キャノピー周りの溶きパテをサンディングし、機体全体を流水で洗浄しておきました。

    なので、今日はキャノピーのマスキングから・・・

    マスキングは、いつものように細切りマスキングテープの口の字作戦ですが・・・・・・主翼を組み付ける前にしておいた方が良かったかなぁ(~_~;)

    と、いうのも機体がデカ過ぎて、取り回しがしにくい(~_~;)

    で、キャノピーのマスキングが終わったら、ハッチや機体側面の丸窓のマスキング。

    これは、一度マスキングテープを貼って鉛筆でカットラインを描き込み、一度剥がしてからカットしたものを再度貼り付けておきます。

    この丸窓のマスキングをしながら、機体側面と面一の平面でこのサイズならスターウォーズ仕様(キャノピー等はフレームのみでガラス面が入っていない)でも良かったかなぁ・・・なんて、思ってたら丸窓のガラスパーツが機体内側に落ちちゃった(~_~;)

    未だ塗装に入っていないので透明の丸棒差し込んで作り直すのは簡単だけど・・・・・ま、このままで良いか(~_~;)

     

    で、今日はキャノピーフレームに下地塗装のグレーを塗ったところで時間切れ。

    最新コメント一覧