ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2015/07 >>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.150731

    hara-potter2015-07-31

    [][]

    今日は。主翼の燃タン取付けから・・・・・・って、昨晩時間がったので昨日のうちに完成してたのよね(~_~;)

    で、昨晩のメニュー・・・

    主翼燃タンの接着後、ブラックをメインにスミ入れ。

    で、これで完成かと思いきや・・・・・・ピトー菅を忘れてた(~_~;)

    で、キットのパーツからピトー菅を捜してきて・・・・・・これを参考に真鍮菅とピアノ線で作り直し。

    これを機首に接着してリタッチすれば完成(^_^)

    f:id:hara-potter:20150731065446j:image

    f:id:hara-potter:20150731065459j:image

    f:id:hara-potter:20150731065408j:image

     

     

    で、昨晩のうちに次のキットにも手を付け、今朝から本格的に製作開始(^_^)

    今度のお題は302空のアニバーサリー記念塗装機2機。

    1機は30周年記念塗装。もう一機は先日発売された40周年記念機です。

    で、ハセのファントムを作る時に気になるのが胴体幅。

    どうも胴体後半が他のパーツに比べ若干幅狭目になっているのが、他のパーツとの合いの悪さになっているように思います。

    なので、製作都度厚みを変えたシムをかませながら作ってきたわけですが・・・前回同じ厚みのシムを噛ませても違う結果が出てきたので、今回は仮組みしながら厚み調整することに。

     

    f:id:hara-potter:20150731045716j:image

    先ずは主翼上下を貼りあわせ、胴体下面側の幅をこのパーツに合わせることにします。

    胴体上側は、垂直尾翼のフィンチップに厚みを合わせることとし、2機とも0.27mmのプラペーパーを挟むことに。

    で、この状態で胴体後半を仮組みし、主翼との合いを確認・・・・・・すると、40周年記念塗装機の新しいパーツは下側も0.27mmのプラペーパーでOK。

    厳密には、後ろ側が少しキツメなので、ちょっとだけヤスって調整することにします。

    で、古い方の30周年記念機のパーツは・・・・・・何も挟まなくても丁度良い(~_~;)

    昔のキットは、合いが良かったって聞いているけど、やっぱり古い方が金型が良かったのかなぁ?

     

    f:id:hara-potter:20150730214741j:image

    こちらは、今回初めてする工作・・・

    何時もリベットを打ち直す時、フィンチップ接着用のダボ穴の所で、プラが薄いので打ち抜いちゃったりするんですよね(~_~;)

    なので、ダボ穴になる所を瞬着で埋めておきました。

     

    f:id:hara-potter:20150731065638j:image

    で、今日はコクピットを組んで計器板などのデカールを貼って時間切れ(^0^)

    航製暦.150729

    hara-potter2015-07-29

    []

    今日は、塗り忘れてたノズル周りの塗装から・・・(~_~;)

    先日塗っておいた下面の白は基本色のC316番特色ホワイトに白を加えながらドライブラシ。

    次は明るい方のグリーン、暗い方のグリーンと塗っていき、ドライヤーで強制乾燥後、機体と同じようにドライブラシしておきます。

    で、ここまで塗れたら通常通りの金属色での塗装。

    ノズル周りは自家調合の焼鉄色を使用しますが、今回はちょっと黒を加えて暗くしてみました。

    機体色との明るい方の金属色も以前作ったシルバーベースの調合色を使用。

    これらが塗れたら機体に接着します。

     

    で、ノズル周りの塗装と並行して脚周りの工作も。

    主脚カバーは、カバー開閉用のシリンダーを塗り忘れてたので、これを塗装してから脚カバーを擦り合わせして接着します。

    最後にセンタータンクを接着したところで今日は時間切れ。

    あとは主翼の燃タンとスミ入れで完成ですね(^0^)

    航製暦.150727

    hara-potter2015-07-27

    []

    今日は、脚周りの組み立てに入ります・・・

    先ずは脚柱等を塗装し、オレオはメッキシルバーで塗装。

    並行してジェットノズルも塗装しますが・・・

    f:id:hara-potter:20150727061650j:image

    このパーツ、一部機体色だったのね(~_~;)

    なので内側は焼鉄色と黒で塗り分け、下面側になる方をC316番特色ホワイトで塗装(~_~;)

    で、今日は脚周りの組み立て途中で時間切れ。

    航製暦.150725

    hara-potter2015-07-25

    []

    今日は、クリアトップコートから・・・

    昨晩のうちに3回ほどクリアを吹いておいたので、今朝はそこそこの厚みでクリアを一回吹いたら、次は艶調整の半艶クリアをエアブラシ。

     

    トップコートが終わったら垂直尾翼を機体に接着しますが・・・ 

     

    f:id:hara-potter:20150725072612j:image

    ドラッグシュート左右のバルジを接着するの忘れてた(~_~;)

    なので、この後リタッチしておきました。

    あとは翼端灯等を塗装。

    コクピットはシートやHUDを接着してキャノピーを被せます。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    いよいよ形が見えてきましたね(^0^)

    航製暦150724

    hara-potter2015-07-24

    [][]

    結局、デカールに印刷されていないベントラルフィンの25ANOSの文字は自作デカールで対応。

    何時ものように版下になる絵(今回は画像の実機写真を利用)のサイズを調整してからスキャナーで読み取り。

    で、そのデータをお絵かきソフトで加工したものをプリンターでデカールに印刷・・・と、ここまではいつものデカール作りと同じですが、今回はMDプリンターではなくレーザープリンターで印刷してみました。

    今回貼る所が白地なのと文字の色がグレーなのがレーザープリンターを使った理由。

    先ず下地が白なので、印刷したデカールの隠ぺい力が悪くても大丈夫。

    そしてMDプリンターは、グレーの様な淡い色が苦手なので、レーザーの方が有利と考えました。

     

    f:id:hara-potter:20150724045056j:image

    刷り上がったデカールと、版下データの元になった実機写真。

     

    f:id:hara-potter:20150724050223j:image

    デカールとそのインスト。

    インストには25ANOSの文字も描かれていますが、デカールには印刷されていない・・・と、思っていたら

     

    f:id:hara-potter:20150724050317j:image

    水に漬けると文字が浮かび上がってきた(~_~;)

    でも、白文字なので、貼ったらまた消えた(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20150724050717j:image

    なので、その上に自作デカールを重ね貼り。

    自作のグレーのデカール、やはり隠ぺい力が弱い・・・

    なので、もう少し濃い目に色を調整して印刷した方が良さそうですね<今後の課題。

    でも、今回は上手い具合に黒文字が透けて善い塩梅になりました(笑)

     

    で、残っていたデカールも全て貼り、垂直尾翼のデカールのリタッチをして今日は時間切れ。

    レーザープリンターのデカール、MDプリンターと上手く組み合わせれば今まで以上に自由度が上がりそうですね。

    それに、何と言っても色が豊富なのでありがたいし、場合によってはコピー機能だけでもデカールが作れるのが便利ですね(^_^)

    航製暦.150723

    hara-potter2015-07-23

    []

    今日からデカール貼りに入ります♪

    で、気になるのは垂直尾翼のデカールが上手く貼れるかどうか・・・

    先ずは、下側のチェッカーラインのデカールから貼りますが・・・クリアのままでいいはずのチェッカーライン下側まで白で印刷されてる(~_~;)

    なので、ここは先に塗っておいたグレーが見えるよう、余分な部分をカットして貼り付けます。

    幸いこのデカール、そこそこの硬さがあり貼りやすく馴染みも良い。クレオスのソフターとの相性もまずまずだけど、ソフターを使わなくても結構馴染んでくれる。

    ただ、問題は貼りつけた後の位置を移動させ難いことぐらいかな。

    透けないし、インストは兎も角、デカール自体の質は良いですね。

    でも、垂直尾翼のドラゴンデカール貼ったら、オーバーラップしているチェッカーラインが少しずれてる(~_~;)

    私の張り方が悪かったのかとも思ったけど、どう見ても長さ的に変ですね(~_~;)

    まあ、目立たないし・・・・・・このままで良いや(~_~;)

     

    ベントラルフィンの文字は・・・

    小さい黒文字はデカールにあるけど、重ねて描かれてる25 ANOSの大きな文字がない(~_~;)

    確かに時期によっては、文字自体が一切なかったり、デカールのような小さな文字だけの時期もありますが・・・

    f:id:hara-potter:20150723064902j:image

    インストには、しっかり図示されているじゃん!(~_~;)

    で、今日はデカール貼りの途中で時間切れ。

    少ない割には時間がかかっているなぁ(~_~;)

    航製暦.150722

    hara-potter2015-07-22

    []

    今日は、レドームの塗装から・・・

    で、デカールのカラー図を見ながら黒く塗ったレドームですが、実機画像を見るとグレー(~_~;)

    確かに黒っぽく写っている写真もあるけど、これは光の具合でしょうね(~_~;)

    なので、改めてマスキングしてグレーに塗っておきました。

    ちなみにグレーは、C37番RLM75グレー+C337番グレイッシュブルーを使用。

    機首両サイドのバルジも同色で塗装しておきました。

     

    垂直尾翼は、ドーサルフィン部分の内側をしっかり瞬着で埋めてから、短く削り込んでおきました。

    あと、実機画像見てると迷彩パターンもデカール塗装図と違うところが何か所かあったので、気になる一か所だけリタッチ修正したおきました。他にも違うところあるんだけど・・・・・・まあ、いいや(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20150722064513j:image

    で、今日はこんな感じ。

    明日はデカール貼りに入れるかな?

    航製暦.150721

    hara-potter2015-07-21

    []

    今日は、迷彩色のドライブラシから・・・

    迷彩に使った基本色に白を加えて明るくした色でそれぞれ2段階のドライブラシを施しておきました。

    ちなみにブラウンは白だけだけど、グリーン2色には、白と一緒にほんの少しだけ黄色も加えてあります。

    あとは、レドームの黒をRLM66ブラックグレーに黒を加えたもので塗装しておきます。

     

    で、垂直尾翼のフェアリングは・・・

    f:id:hara-potter:20150721055801j:image

    パテをサンディングしながら形を整え、グレーを塗って下地チェックをします。

    今回の継ぎ目や後端はOKだけど、C型パーツに合った横のフェアリングの跡が残っていたので、更にサンディンでして均しておきました。

     

    f:id:hara-potter:20150721063637j:image

    ドラッグシュート部の上に有るバルジは、適当なジャンクパーツを流用。

    今回、ほぼドンピシャの形のものを見つけられたの、後端の張り出しを少しだけ削って短くするだけでOKでした。

    ちなみにこのパーツ、ランナーにOA−4Mの文字があったので、多分フジミのスカイホークのパーツだと思う・・・

    両サイドに付くフェアリングはも、これまたジャストの形のものが合ったけど、これはF−16I作った時の不要パーツです。ひょっとしてこのフェアリングそのもののパーツ?

    で、両サイドのフェアリングはデカールを貼る時に邪魔になりそうなので、これは後付けすることにします。

     

    で、ここまで作ってから、本当にC型タイプの形で善いのか資料検索・・・(~_~;)

    実機写真を見ると・・・A型のままっぽいものあるし、どっちか判らないようなものも・・・で、明らかに長いと思われる写真が見つけられず・・・

    で、一枚垂直尾翼のアップ写真が、長い?

    この写真だけでは、単座型なのか複座型か判別できないので、機体ナンバーから確認すると・・・

    f:id:hara-potter:20150721064444j:image

    どっちとも違う(~_~;)

    この側面図だと単座型が「8924」、複座型が「9583」

      

    じゃ〜、カラーズの方は?

    f:id:hara-potter:20150721064503j:image

    単座型なのに複座型と同じ「9583」(~_~;)

     

    なので、更に実機写真を捜すと・・・

    f:id:hara-potter:20150721095246j:image

    3機居る(~_~;)

    てっきり単座型、複座型各1機の2機だと思っていたんだけど・・・(~_~;)

    で、確認すると複座型のナンバーが「9583」、単座型2機のナンバーが「8924」「0220」ですね。

     

    f:id:hara-potter:20150721095317j:image

    で、昨日は見落としていたのか、はっきり確認できる写真ミッケ・・・・・・って、A型の短いタイプですね(~_~;)

    航製暦.150720

    hara-potter2015-07-20

    []

    今日から迷彩色の塗装に入ります。

    先ずは、塗料選び・・・と、いうか結局自家調合。

    明るいベージュは、昔々に作ったセールカラーベースの正体不明のデザートピンクにC310番ブラウンを加えたもの。

    明るい方のグリーンは、C319番薄松葉色+C312番グリーンに白と黄色を少し加えて色味を調整。

    暗い方のグリーンはBv.138を作る時に作ったRLM72にC6番グリーンを加えたものに、ほんの少し今回作った明るい方のグリーンを加たもの。

    で、これらを薄め液でしゃぶしゃぶに近い状態まで希釈したもので迷彩パターンを描き込んでいきます。

    最初は、一番暗いグリーンから始め、次にブラウン、最後は明るい方のグリーンと進めていきますが、他の色を描き込んでいる途中でも、前に塗った色のパターン修正などもしながら進めていきます

     。

    f:id:hara-potter:20150721094907j:image

    で、とりあえずパターンが描けた(^_^)

    で、各色を色付けしていくと・・・

    f:id:hara-potter:20150721094906j:image

    こんな感じ♪

    で、塗装中に気が付いたけど、この機体、ドラッグシュート付きなのね(~_~;)

      

    f:id:hara-potter:20150721094905j:image

    なので垂直尾翼のフェアリングの後を延長します。

    幸い、今回のジャンクパーツにC型の垂直尾翼が余ってたので、これを利用して・・・って、塗装図の垂直尾翼のドーサルフィン(で、善いのか?)、C型みたいな長いタイプ?

    なので、C型のパーツをベースにA型のパーツから切り取ったフェアリング部を接着・・・

    若干幅の合わないところはプラ板を貼り付け、後から削り込んで調整。

    後端の幅を広げるのにもプラ板を貼り、隙間は瞬着で埋めます。

    f:id:hara-potter:20150721094904j:image

    で、削り込んで形を作るとこんな感じ。

    この後、表面処理の悪いところにはパテを盛っておきました(^0^)

    航製暦.150719

    hara-potter2015-07-19

    []

    今日は、下面の塗装から・・・

    で、下面色、デカールのインストを見るとガルーグレー時代のアメリカ海軍機の下面色の白の艶消し版・・・

    なので、クレオス特色のC316番ホワイトにフラットベースを加えればOKですね。

    で、一通り塗れたら朝モデ終了・・・

     

     

    で、夜の第二部でドライブラシ♪

    基本色に使ったC316番特色ホワイトに白を加えたもので第1段階。

    で、更に白を増量したもので第2段階のドライブラシを施します。

    で、垂直尾翼は下地チェック用のグレーを塗って時間切れ(^0^)

    航製暦.150718

    hara-potter2015-07-18

    []

    今日は、キャノピーや小物類の組み付けから・・・

    マスキングを剥がす途中だったキャノピーのマスキングを剥がして、それぞれ所定の位置に接着。

    後部席の後ろ側の窓は、開いた状態にする都合上、ちょっと強引に接着しないといけないので・・・

    後端は普通のプラ用接着剤をたっぷり塗って、所定位置にマスキングテープで固定。

    左右の端が、ガイドレールの位置に合っていることを確認してそれぞれの端を瞬着で点付け。

    で、この状態でプラ用接着剤が完全に硬化するまでテープでしっかり押さえておきます。

    あとは脚周りとアンテナ類を接着し、タッチアップしておきます。

    で、問題はアンテナ線・・・

    長いアンテナ支柱に合計7本のアンテナ線を固定することになります。

    なので強度が不足するかもしれないのでアンテナ支柱を金属線で作り直すか考えますが・・・・・・キットのパーツ、というかプラ、結構硬い。

    なので、結局キットのパーツを使うことにします。

    ただ、キットのままだとイモ付になるので、接着面をしっかり擦り合わせたあと0.5mmの真鍮線を埋め込んで取付けピンとします。

    一通り全てのパーツが接着できたら、軽くスミ入れ・・・・・・

    って、キャノピーの内側がスミ入れできない(~_~;)

    う〜ん、キャノピーを接着する前にスミ入れするべきでしたね(~_~;)

     

    で、あとはアンテナ線を1本ずつ張っていくわけですが・・・・・・張り難い(~_~;)

    硬いと言ってもプラ、なのでアンテナ線が弛まないよう引っ張るとアンテナ支柱が撓む(~_~;)

    なので、適度にテンションを調整して片側のアンテナ線を瞬着で接着。

    てを放すと・・・・・・ちょっと弛んでいるけど、これぐらいなら許せるか(~_~;)

    で、一本張っちゃえば反対側は引っ張っても大丈夫なので、胴体からのアンテナ線を順次張っていきます。

    で、これができたら主翼左右。そして最後は垂直尾翼からの1本。

    で、計7本のアンテナ線を1本ずつ張っていくと・・・・・・アンテナ支柱の先っぽに瞬着の団子が(~_~;)

    で、瞬着のままだと透明なままなので、ここも機体色でリタッチしておきます。

    最後に忘れてたピトー菅を真鍮線で作ってリタッチすれば完成♪

    f:id:hara-potter:20150722064322j:image

    f:id:hara-potter:20150722064412j:image

    tochi_hangartochi_hangar 2015/07/22 15:35 腹ポ様
    こんにちは♪ マーチンB-10完成おめでとうございます&#127881;
    何とも言えない形をしておりますねぇ~f^_^;) キャノピーは鳥籠の様な形をしております♪お話をしておりましたアルゼンチンのイカリマーク良いですね♪mixiへは…恐れ入って中々コメが出せずにいます(;´Д`A
    あっ‼︎お話をしておりましたテキサンのイカリマークお願いしますね♪

    腹ポ腹ポ 2015/07/22 18:27 ★tochi_hangarさん
     この鳥かごみたいな銃座窓が魅力的ですよね。
     で、テキサンのデカールは、丁度今日インストをコピーしておきました。
     今度例会の時に持っていきますが・・・8月の例会、欠席になるかも?ですm(_ _)m

    航製暦.150715

    hara-potter2015-07-15

    []

    今日は、デカール保護のクリアトップコートから・・・

    クリアはガイアノーツのクリアをエアブラシ。

    で、全体にクリア層ができたら艶消しクリアで艶を調整します。

    で、トップコートが終わったら主脚柱を接着しますが・・・・・・尾輪の取付け位置がイマイチ決まらない(~_~;)

    なので、尾輪は後回しにして窓のマスキングを剥がしていきますが・・・・・・きょうは、その途中で時間切れ。

     

    F−16の方は機首左右側面にあるバルジのみ接着。

    今作っているキット、べりさんが昔作ったジャンクパーツを使って作っているんですよね。

    何でジャンクが一機分あるかというと・・・・・

    これ作る時にフラップダウンに失敗したのよね。

    で、主翼を作り直すのにキット1個購入。

    その後、足りない分の主翼はC型のパーツ(垂直尾翼以外は同一パーツ)をハセガワのジャンク市で買っておいたもの。

    で、これで全てパーツが揃っていると思っていたんだけど・・・・・・先に書いた機首のバルジパーツが足りない(~_~;)

    どうやらべりさんが作る時に、やり直すかパーツ失くしたかで2機分とも使っちゃったみたいね(~_~;)

    で、確認するとスーファ作った時に、このパーツが余ったはず・・・

    で、ジャンク箱を漁って無事発見。

    なので、このパーツだけ今朝接着しました。

    これでF−16も塗装に入れるけど、暫くはB−10の方になりそうですね(~_~;)

    航製暦.150714

    hara-potter2015-07-14

    [][]

    今日は、B−10のデカール貼りから・・・

    昨日刷り出したデカールは、昨晩のうちにデカール保護材を塗っておきました。

    なので、前に貼った錨デカールを剥がし、自作デカールに貼り直していきます。

    で、数も少ないので直ぐに終了。あとはよく乾燥させてからトップコートに備えます。

     

    で、トップコートは明日になるので、その間にF−16の続きに入ります。

    先ずは、昨日盛っておいた溶きパテのサンディングから。

    で、サンディングが終わったら消えた凸モールドをカッターの刃を当てて再生します。

    f:id:hara-potter:20150714062516j:image

    で、今日はここまでで時間切れ。

     

    f:id:hara-potter:20150714062622j:image

    燃タンのお尻は一段凹んでてサンディングしにくいので、プラペーパーを丸く切り抜いたものを貼り付けておきました(^_^)

    航製暦.150713

    hara-potter2015-07-13

    [][][]

    今日は、F-16の胴体接合部に塗布しておいた溶きパテのサンディングから・・・

    で、サンディングが終わったらインテークを接着。ついでにベントラルフィンも接着しておきます。

    あとは燃タン、垂直尾翼の左右等の大まかなパーツを接着し、接合部には溶きパテを塗布しておきます。

    で、今回燃タンだけで兵装類はぶら下げないので、主翼の余分なパイロン取付けダボ穴は伸ばしランナーで埋めておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

     

    f:id:hara-potter:20150713123543j:image

    B−10のデカールはお昼の時間に事務所で刷り出しておきました。

    錨マーク4つの下にある錨マークはのデカールは元のデカールです。

    デカール版下は、このデカールではなく図面から読み込んだので刷り出したデカールの方がちょっとスリムになりましたね。

    航製暦.150712

    hara-potter2015-07-12

    []

    B−10はデカール待ちなので、別のキットの製作に入りました。

    次は空自ファントムのつもりでしたが・・・来月は模型を触る時間が減りそうなのでお手軽に作れそうなものを(~_~;)

    で、ファントムの次に予定していたF−16に先に手を付けました。

    先ずは、コクピット周り塗装して胴体上下貼りあわせ。

     

    f:id:hara-potter:20150712080610j:image

    インテークは、インテーク内部の奥を黒く塗るのが難しいので、奥の蓋をされた部分を削ってしまい、筒状部分白く塗装。

    くりぬいた底には、後で黒く塗ったプラ板を貼って蓋をすることにします。

    f:id:hara-potter:20150713042530j:image

    で、今日はここまでで時間切れ。

    B−10の方は、タイヤだけ黒く塗っておきました(^_^)

    航製暦.150711

    hara-potter2015-07-11

    []

    雑誌のカラー図面から機体ナンバーとイカリマークをスキャニングしてデカールの印刷データを作ります。

    イカリマークは、一つデータを作ったら、これをコピーして4つに増殖。

    機体ナンバーは「2」を一つ作ったら、やはりコピーして末尾の2の位置に移動させます。

    であいだの「−B−」を作ったら一組出来上がり。

    更に出来上がった「2−B−2」をコピー貼り付けすれば必要なデカールのデータ完成♪

    印刷は、週明け事務所で・・・

    航製暦.150710

    hara-potter2015-07-10

    []

    今日は、機体各所の塗装のリタッチから・・・

    で、リタッチではみ出し等を修正したらデカール貼りに入ります・・・が、ここで失敗(~_~;)

    デカールの余白が大きかったので、予めカットして貼ったのですが、イカリマークの鍵の所で台紙がデカールに引っ掛かって折れ曲がっちゃいました(~_~;)

    で、これを直そうとすると・・・・更に他の所が割れたり裏返ったり(~_~;)

    で、最終的に再起不能まで(~_~;)

    なので、イカリマークは後日デカールを作り直すことにします(~_~;)

    で、残りのデカールを貼りますが・・・・・このデカール、薄くて馴染みが良いから貼るとほとんど余白が見えない。

    これだったら最初から余白をカットせずに貼れば良かったかも(~_~;)

    で、最後にアルゼンチン国旗の太陽マークを貼ると・・・・・・顔が描いてない(~_~;)

    なので、ラッカーと面相筆でそれらしきものを描き込んでいたら・・・・・胴体の機番コードが指に貼りついて剥がれちゃって・・・・・再起不能(~_~;)

    なので、これもデカール作り直しですね(~_~;)

    航製暦.150709

    hara-potter2015-07-09

    []

    結局、ラダー・エレベーターの水色は昨日塗った塗料に白を加えて塗り直しました。

    ちょっと色味が鮮やか過ぎて気もしますが、こんなもので・・・(~_~;)

    それにしても・・・・・・水色の塗料、結局クレオスの瓶一瓶分できちゃった(~_~;)

    で、動翼のアルゼンチンカラーが終わったらカウリング周りの黒塗装に入ります。

    主翼付け根上面とカウリング周りをマスキングテープで地道にマスキングしたらクレオスのC40番ジャーマングレーで塗装。強制乾燥後C40番ジャーマングレーに胴体などに使ったグレーを加えたもので軽くドライブラシしておきました。

    で、今日はマスキングテープを剥がしたところで時間切れ。

    あとは各塗装のはみ出し等をリタッチをしたらデカール貼りに入れそうですね(^_^)

    航製暦.150708

    hara-potter2015-07-08

    []

    今日は、尾翼動翼塗装のマスキングの続きから・・・

    で、マスキングが終わったらクレオスのGXカラーのホワイトで下地塗装。上塗り用の白にはC316番特色ホワイト+C62番つや消し白を使用しました。

    次は、アルゼンチンのライトブルーですが・・・・・前に作った塗料は使い切ったのか見あたらない。なので、新規調合します。

    丁度、昔東叡の自転車が水色だった時のタッチアップ用塗料をベースに正体不明の自家調合ブルーを投入し白を加えて調整。

    で、塗ってみると・・・・・・ちょっと濃いい?(~_~;)

    なので、更に白を加えてみたけど・・・・・・塗料が乾燥するとちょっと暗めになるようですね(~_~;)

    で、今日はここまでで時間切れだけど・・・もうちょっと白を増量したもので塗り直すかは明日考えよう(~_~;)

    航製暦.150707

    hara-potter2015-07-07

    []

    今日から模型製作再開(^_^)

    で、前にどこまで進んだか忘れかかってるけど・・・(~_~;)

    とりあえず機体色のグレーのドライブラシから。

    ドライブラシに使う塗料は基本色に使った旧ガルグレーベースの調合色に白を加えたものを使用。

    1段階目、2段階目の白を増量しながらドライブラシを施していきます。

    で、ドライブラシが終わったらラダー、エレベーターの塗装のマスキングに入ります。

    ここは先に動翼側のアルゼンチンカラーを塗っておいた方がマスキングは楽なのですが、プラ成形色が青と黄色だったの下地塗装が必要。なので、下地塗装を機体色のグレーで代用しました。

    で、今日はこのマスキングの途中で時間切れ。

    最新コメント一覧