ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2018/02 >>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.180228

    hara-potter2018-02-28

    []

    今日は、残っていた窓パーツの歪取りと擦り合わせから・・・

    で、すり合わせが終わったら迷ったけど、胴体左側の物だけ接着して、すり合わせで消えちゃった機内色部分をリタッチしておきました。

    右側も接着しても良いんだけど、こちらは波板モールドを再現してからにします。

    なので、左胴にフロアを接着したところで胴体は終了。

    次は主翼に移ります。

    上下貼り合わせた合わせ目に溶きパテ塗布済みだったので、そのサンディングをしますが波板モールドを傷めないよう気を付けてサンディングします。

    で、左翼だけ一か所ゲートが波板モールドにかかっていたので、ここは波板モールドを修復する必要があります。

    大体、波板モールドの山の頂上部分に合わせてカットしたゲートを針ヤスリ、ナイフ、耐水ペーパー、スポンジやすりを駆使して彫りこんでいきます。

    f:id:hara-potter:20180228062518j:image

    で、こんな感じだけど・・・・・・まだ、ちょっとゲートの跡が残っていますね(~_~;)

    肉眼では気が付かなかったんだけど、やはり画像って凄いわ。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    なので、ここの処理の続きは後日に・・・

    しかし、注文したプラロッド待っている訳にもいかなくなってきたので、同時生産用のキットも考えよ(~_~;)

    0-sen(零銭)0-sen(零銭) 2018/02/28 13:04 腹ポ殿、先日はお見舞いコメント有難うございました。お陰様で、インフルエンザもほぼ完治しました。お腹の調子がまだ回復しませんが、もう少しで模型作りも再開出来そうです。
    Ju52良いですね。古いエアのキットを完成させた事がありますが、今は現存しません。ドイツレベルやイタレリ、それにエレールのJu52のキットを積んでいますが、私もいつか作りたいと思っています。波板加工の再生方法、ぜひ参考にさせて頂きます。

    腹ポ腹ポ 2018/02/28 17:31  
    ★0-senさん
     早く良くなると良いですね。
     私も先月A型インフルにやられましたが、熱が出ているだけで体調的には無問題だったので・・・3日目はおとなしく自分の部屋で模型作っていました(~_~;)

     波板モールドの再現ですが、頭の中では手法を考えてはいますが、頭で考えるほどうまくいくかどうか?
     これが上手くいかないと、このキット、このブログ始まって以来の放棄になるかも?(~_~;)

    LL 2018/02/28 22:59 こんばんは、はじめまして。古の模型誌で波板の表現法として(1)銅線を巻いて1列ごとに間引く(2)テグスを半分に割いて貼るというのがありました。テグスを割く道具を自作するのですが、真鍮管から押し出すとそこにカッターの刃が立っていてとかというやり方だったと思います。
     ま、この辺りは名人芸の世界ですが、今話題の100均「シルク」ででもシリコンゴムを買って型を取りテクスチャーをコピーして貼ってみるのはいかがですか?

    腹ポ腹ポ 2018/03/01 12:45 ★Lさん
     はじめまして。ご来訪ありがとうございます。
     テクスチャー写し取りは、ズレが生じないか気になるとこですね。
     何度かやり直せばできるかもしれませんが、今回は手慣れた手法の延長で考えています。

     幸い波板モールドを再生する部分は、波板モールドと波板モールドの間のカーゴハッチ1枚分+αの部分なので、
     キットの波板モールドの凹部分にガイドになるピアノ線を仮止め。
     で、仮止めしたピアノ線とピアノ線の間に半丸に削ったプラロッドを接着していこう思っています。
     この手法も問題となるのは、キットのモールドと追加したモールドの繋がり部分ですが、これはナイフとヤスリで何とかなるかなと思っています。

    航製暦.080227

    hara-potter2018-02-27

    []

    今日から本格的にJu52の製作に入ります♪

     

    ・・・と、言っても波板モールド用にポチッたプラロッドが来週にならないと届かないので、イマイチペースが上がんない(~_~;)

    で、今日は地道に窓の工作を進めていきます。

    キットの窓パーツ、表面が歪んでいるので当て木をしたペーパーで面出しをしておきます。

    で、仮組みすり合わせします。

    右側の前のドアはレジンのドアパーツに交換したのですが、改造パーツのインストにはキットの窓パーツを使うように指示されています。

    なので、窓サイズが一緒なのかと思えば・・・・・・大分小さくなってる(~_~;)

    なので、このパーツも表面を研磨した後、マスキングテープを使ってカットラインのガイドにしてよく切れるニッパーでカットします。

    あとは他のパーツと同じようにすり合わせすればOKですね。

    f:id:hara-potter:20180227063436j:image

    で、今日はここまでで時間切れ。

    早いとこ波板のモールドに取り掛かりたい(~_~;)

    航製暦.180226

    hara-potter2018-02-26

    [][]

    今日はスミ入れから・・・

    動翼類をメインにスミ入れして、余分を拭き取ったらほぼ完成。

    あとは灯火類とはみ出しなどのリタッチをして完成ですね(^_^)

     

    f:id:hara-potter:20180226062657j:image

    f:id:hara-potter:20180226062712j:image

    ミラージュF1CG

     

    f:id:hara-potter:20180226062740j:image

    f:id:hara-potter:20180226062750j:image

    ミラージュF1EQ

    航製暦.180224

    hara-potter2018-02-24

    [][]

    今日は残っていた小物パーツを組み立てていきます・・・

    シートは座面を塗っていなかったので、その塗装から。

    適当なオリーブグリーンで塗ったらコクピットに接着して、キャノピーも接着します。

    脚周りも組み立て接着に入りますが、脚カバーの一部が一体成型されてたハセの前脚の脚柱が未塗装だったので、これも脚カバーの内側と一緒に塗装しておきます。

    ピトー管は、0.7mmのアルミパイプの先に瞬着を盛り、これを削って先端の太くなっている所を再現しておきます。

    で、全てのパーツを接着したところで今日は時間切れ(^_^)

    航製暦.180223

    航製暦.180222

    hara-potter2018-02-22

    [][][]

    今日は、残っていた細部塗装から・・・

    イラクの方は垂直尾翼のブレードアンテナも垂直首翼前縁に塗ったのと同じ色っぽいので同じ色をフリーハンドで塗っておきました。

    ギリシャの方は、ブレードアンテナ自体は迷彩色の明るいグレーで、その縁部分だけがイラクと同じ色っぽいけど・・・・・面積が小さいし、色の差も大きくないからオミットしても良いか(~_~;)

    イラクのラダー下に明るい色が在るんだけど・・この色がイマイチよく判らないな(~_~;)

    なので、白に適当なグレーを少し混ぜたものをマスキングして塗っておいました。

    その後ろの後方レーダーは白っぽい黄色だったので、フリーハンドでクレオスのC113番RLMイエローに白を加えたものを塗装。

    機首下面のアンテナブレードが、写真ではもっと濃いく見える黄色だったので、瓶生のC113番RLMイエローで塗っておきました。

    ちなみに機首下面のブレードアンテナ、エレールのキットではバルジ仕様で付いていなかったので、ハセのファントムのパーツを流用しました。

    で、イラクの方は塗装図でも黄色だったので迷うことはなかったのですが、ギリシャの方はデカールインストでは機体色ですが・・・実機写真見ると違うっぽい(~_~;)

    白に近い色に内側が黄色の塗装?それとも全部黄色?

    なので、あっさりイラクの方と同じ色で塗装しておきました。

    後方レーダーもイマイチ判りにくいグレーだか金属色だか判らない色だったので、暗いシルバーグレーで塗装しておきました。

    イラクの方は、エアインテークの前縁が赤なので、簡単にマスキングしてC114番RLMレッドを下塗りした後、C68番モンザレッドで塗装しておきました。

    で、一通り細部塗装やリタッチが終わったら楽しいデカール貼りして、あとは乾燥を待ちます(^_^)

     

    で、その間に次のキットの製作に入ります♪

    次のお題はレベルのJu52.

    これをスペイン内戦仕様で作ります。

    先ずは、デカールに付属する改造パーツでドアを変更します。

     

    f:id:hara-potter:20180222135126j:image

    買っておいたデカールにレジンのパーツと一緒にドアのための切り欠き用のエッチング製ゲージが付属するので、これを使ってカッターで切り取ります。

    で、後はすり合わせして瞬着でレジン製ドアを接着します。

     

    後ろのカーゴドアは、埋めて普通の窓だけにするので、これはキット開口部にレジンの外壁を接着するようになっていますが・・・

    f:id:hara-potter:20180223100755j:image

    仮組みすると、こんな感じ。

    画像では判りにくいけど、キットの波板モールドが、ドアの直前で切れているからレジンパーツの凸モールドと繋がらない(~_~;)

    流石に、これはこのままというわけにはいかないので・・・

    f:id:hara-potter:20180223100753j:image

    レジンパーツの波板モールドを全て削り落としました。

    で、レジンパーツを面合わせしながら接着。

    この時、接着は一度にせず、1っカ所点付けで接着したら、その隣を表面の面合わせをして接着。

    今度は反対側・・・・・・問う具合に、少しずつ面を合わせながら接着していきます。

    で、接着出来たら波板モールドの再製ですが、当初は伸ばしランナーを使うつもりでしたが、これだと太さをそろえるのが大変。

    なので、0.5mmのプラロッドをネットで注文しました。

    なので、kぉの工作は、それが届くまでお預けですね(~_~;)

    その間に主翼上下を接着しますが・・・・・・ゲート処理が大変(~_~;)

    で、主翼上下を貼り合わせたらコクピットなどの機内を組み立てて塗装・・・

    f:id:hara-potter:20180222192730j:image

    で、今日はこの途中で時間切れ。

    航製暦.180221

    hara-potter2018-02-21

    [][]

    今日は、ギリシャ迷彩塗装のリタッチから・・・

    で一通りのリタッチが終わったらレドームをマスキングして塗装します。

    ギリシャの方は、暗い方のグレーのドライブラシに使った塗料の残っていたものに自家調合のグレーを加えたものを使用。

    この自家調合のグレー、何に使ったものか記憶が残っていないけど、ラベルに書いた控えではC307番+C306番+白になっています。

    で、レドームが塗れたらこの基本色に白を加えたもので2段階ドライブラシしておきました。

    イラクの方はレドームと機首上面の防眩塗装を別々に塗装します。

    使う塗料はどちらもC40番ジャーマングレー+黒ですが、ドライブラシをかける時に少し色味が変わるかな?ぐらいの差別化をしておきます。

    どちらも1段階目のドライブラシは瓶生のC40番ジャーマングレーを使用。

    2段階目のドライブラシはC40番ジャーマングレーに白を加えたものを使用しますが、防眩塗装の方に使うものの方が気持ち白を多めにしておきます。

    次は垂直尾翼の前縁などの一部白い所をマスキングして塗装します。

    ギリシャの方はフィンチップの前縁だけですが、イラクの方はフィンチップと垂直尾翼前縁の上側、更に延長した垂直尾翼の前縁部分の3ヶ所を塗装します。

    塗料は、下地にC311番グレーを使用し、上塗りはGXカラーのホワイトにこのC311番グレーを少し加えたものを使用しました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    あと残っているのはチマチマしたところだけですね(^_^)

    航製暦.180220

    hara-potter2018-02-20

    []

    今日は、ギリシャ迷彩塗装のドライブラシから・・・

    先ずは、ブルーグレーのドライブラシから入ります。

    ドライブラシの1段階目の塗料は、基本色のブルーグレーに迷彩色の明るい方のグレーを少し加えたものを使用し、2段階目には、この塗料に少し白を加えたものを使用しました。

    次は暗い方のグレーのドライブラシですが、これも同様に1段階目は明るいグレーを加え、2段階目には更に白を加えたものでドライブラシしておきました。

    で、この時点で一番明るいグレーにはみ出したドライブラシ塗料をペトロールを含ませた綿棒で拭きとっていきます。

    一通り拭き取れたら明るい方のグレーも基本色のグレーに白を加えたもので1段階目、更に白を増量したもので2段階目のドライブラシを施しておきます。

    一通りドライブラシが終わったらはみだしなどをリタッチしますが・・・

    今日はブルーグレーのリタッチだけで時間切れ(~_~;)

    航製暦.180219

    hara-potter2018-02-19

    []

    今日は、迷彩塗装のドライブラシから・・・

    先ずはブルーのドライブラシから入ります。

    自家調合した基本色のブルーに明るい方のグレーをほんの少し加えたもので1段階目のドライブラシ。

    2段階目のドライブラシは、白を加えるか迷いましたが、結局明るい方のグレーを少し増量したもので施しておきました。

    で、この時のドライブラシではみ出したところをあらかじめペトロールを含ませた綿棒で拭きとっておきました。

    次は明るい方のグレーのドライブラシですが、こちらは基本色のグレーに白を加えたもので2段階施しておきました。

    で、ブルーの所にはみ出したグレーは、使い古しの先がさばけた面相筆でリタッチしておきます。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    明日はギリシャの方のドライブラシですね(^0^)

    航製暦.180218

    hara-potter2018-02-18

    [][]

    今日は、塗装前に接着する小物類を取り付けてしまいます・・・・・・

    って、エレールの垂直尾翼にあるブレードアンテナのパーツ、接着面のゲート処理してたら弾いて跳ばしちゃった(~_~;)

    幸い片方が残っているので、これをゲージにしてプラ板から切り出して接着しておきました。

    で、一通りの接着が終わったら塗装に入りますが、イラクの明るい方のグレーの塗料を作っていなかったので、その調合から。

    写真によってかなり鮮やかだったりくすんでいたりと、なかなかイメージの掴みにくい色ですが今回は鮮やか目に写っている写真を参考に調合することにしました。

    で、白ベースにクレオスのC308番グレーを加えたものにほんの4滴ぐらい、先日調合したブルーを加えて色味を整えました。

    で、この明るいグレーを全体に塗ったら、ブルーで迷彩パターンを描き込んでいきます。

    で、これができたらギリシャの方も同じように塗っていきます・・・・・・って、こっちは3色同時進行で迷彩パターンを描き込んでいくつもりだったのに、一番明るいグレーを先に全部塗っちゃった(~_~;)

    なので、グレーを塗った後ブルーグレーと暗い方のグレーを同時進行で迷彩パターンを描き込んでいきました。

    で、乾燥待ちの間に脚周りの小物類の整形と塗装を進めていきます。

    で、今日はここまでで時間切れ(^_^)

    航製暦.180215

    hara-potter2018-02-15

    [][]

    今日は、エレールのベントラルフィン接着から・・・

    ここは、キットのままだとイモ付けなので・・・

    f:id:hara-potter:20180215092044j:image

    0.3mmのピアノ線を補強に通して接着します。

    次は主翼を摺り合わせして接着。

    接着面は、変わった構造で取付用のダボとかが一切ないけど、接着面が大きいので、すり合わせ後そのまま接着しておきました。

    次はキャノピーの擦り合わせ。

    キットのパーツを洗浄する時にキャノピーパーツを紛失しちゃったので、ハセガワのパーツを流用します。

    ハセガワのパーツの方が少し大きいので閉位置に仮組みして前後長をすり合わせで調整。

    開状態で作るつもりなので、完全に一致せずとも十分でしょう。

    高さもハセガワのパーツの方が高さがあるので削り込みたいところだけど・・・袴部分に影響が出そうなのでそのままとしました。

    で、、胴体側にはキャノピーのヒンジ部分彫りこんで・・・

    f:id:hara-potter:20180215061625j:image

    キャノピーヒンジ部に0.3mmピアノ線を植込み、胴体側にも差込穴を開口して差し込めるようにした置きました。

    航製暦.180214

    hara-potter2018-02-14

    [][]

    今日は、エレールの垂直尾翼の接着から・・・

    昨日の仮組みで、まだ合わせがきつい所が在ったのですり合わせ後接着します。

    自作した前縁を伸ばした部分も、流し込み系接着剤や瞬着などを使ってしっかりフィッティングさせておきます。

    で、できた隙間には溶きパテを塗布しておきました。

    前縁部分は使った5mm角棒を削った時に、たまたま在った空洞部分が顔を出してきたので、そこにはラッパーパテを摺りこんでおきました。

    で、ハセガワのギリシャ仕様の方のカラーを調合します。

    最初は同じギリシャのファントムを作った時に調合したカラーをそのまま使えばいいや・・・って、思っていたんだけど、いざ塗ろうとするとちょっとイメージとずれがあったので(~_~;)

    先ずインテークに塗るブルーグレーは前回ファントムに使ったものにC72番ミディアムグレーを加えてみました。

    暗い方のグレーは、新規にC305番グレー+C332番ライトエアクラフトグレーを加えたものに白を加えて微調整。更に先ほど調合したブルーグレーを少し加えて調整してみました。

    明るい方のグレーも新規調合でC332番ライトエアクラフトグレー+C305番グレー+C113番RLMイエローに白を加えて調整しました。

    で、この3色で適当なプラ板の切れ端に塗ってみて最初のブルーグレーに最後に調合した明るいグレーを少し加えてみました。

    で、インテークコーンなどを調合したブルーグレーで塗装したら胴体に接着。

    更に主翼を接着したら十の字ですね。

     

    f:id:hara-potter:20180214061853j:image

    エレールの接着出来た垂直尾翼は前後縁のセンサーらしきものの形状が変わっていますので、その工作にかかります。

    昨日0.4mmのピンバイスで開口したところは・・・・・・穴が開いてると思ったのは、画像の写り具合で黒い所が開口されているように見えていただけでした(~_~;)

    なので瞬着で穴を埋め、ついでに少し上面に塗って盛り上げておきました。で、やすりで大体の形ができたら溶きパテで塗布しておきます。

    後縁側のセンサーは、そのまま削り込むだけだとちょっと細いかな?とも思いましたが、結局削り込んだだけで良い感じになりましたね。

    で、こちらも主翼を接着したいところですが、まだ胴体の工作が残っているので仮組みしてすり合わせだけしておきました。

    次はベントラルフィンを接着しますが・・・・・・ハセガワは同体側に少し彫りこみがあるので、そのまま接着しましたが、エレールのキットは、完全なイモ付け(~_~;)

    ちょっと強度天気に不安が在ったので、ピアノ線を埋め込もうとしたら時間が無くなっちゃった(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20180214130520j:image

    で、エレールのキットの機首下面には、こんなバルジを接着するよう指定されているのですが、ハセガワのキットには無い(~_~;)

    実機画像調べたら、やっぱりない(~_~;)

    なので、この後パーツを引っぺがして、荒れた表面には溶きパテ塗布しておきました。

    航製暦.180213

    hara-potter2018-02-13

    [][]

    今日はエレールの垂直尾翼の整形から・・・

    塗布済みの溶きパテのサンディングと同時進行で追加した前縁部分の形状を整えていきます。

    メインになるのは追加部分の厚み調整ですね。

    サンディング前提で厚めに作っておいたので、サンディングでキットのパーツと厚み合わせ、更に側面形や断面を整えてきます。

    次はインテークの組付け。

    予めインテークコーンと前縁のリップ部分を機体色に塗る必要があるので、機体色の調合から。

    イラクのブルーは、KLMのジャンボを作った時に調合したものが瓶の底に僅かながら残っていたので、そこに塗料を足して調合しました。

    元のKLMの塗料もクレオスのC323番ライトブルーがベースだと思うけど、そのC323番ライトブルーを増量したところにタミヤのLP−6ピュアブルーを加えたもの使用しました。

    実機写真によって鮮やかに見えたりくすんだ色に見えたりするのですが、今回は鮮やか系でいってみることにします。

    で、もう一機のギリシャの方は、前回ファントムで使った塗料そのままで良いかと思っていたのですが・・・・・・やっぱり違うような気がしてきた(~_~;)

    で、いろいろ試し調合してみたんだけど、結局時間がかかっただけでどれもイメージに合わない(~_~;)

    これ以上続けても良い結果が出そうもないので、これは明日に先送りすることに(~_~;)

    で、残った時間でイランの垂直尾翼の工作を少々・・・

    垂直尾翼の形状だけでなく、前縁とフィンチップ付近の後縁側に付くセンサー等の形が違うので形状を変更します。

    元々イラクのベースキットにエレールを選んだのは、元々モールドされているセンサー類が少々太すぎる感じだったからなんですよね。

    で、イラクの物は前後縁のセンサー両方共が太くなっているので、これの形を削るだけで作れるかな?と・・・

     

    f:id:hara-potter:20180213062149j:image

    で、とりあえず実機写真を見ながら前縁側の物を形状変更。

    何故か先端に穴が開いてるっぽいので0.4mmのピンバイスでザクっておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    とりあえず胴体に垂直尾翼を仮組みしてみました(^_^)

    航製暦.180212

    hara-potter2018-02-12

    [][][]

    今日は、スーパーコルセアのコンパウンド磨きから・・・

    昨日クリアを吹いた塗装面をそのままタミヤの仕上げ用コンパウンドで磨いていきます。

    変に細め→仕上げと段階的に磨くよりも最初から仕上げ用で磨いた時の艶の方が個人的に気に入っているので(^_^)

    で、磨きあがったらキャノピーを仮止めしてその周りの黒塗装用のマスキングをします。

    細切りマスキングテープをメインにマスキングしてクレオスのC40番ジャーマングレー+黒を筆塗りします。

    で、塗装が乾いたらキャノピーを接着します。

    脚周りなどの小物を組んで、アルミパイプとピアノ線の組み合わせで作ったピトー管を接着。

    これを接着した後必要なところを赤や白でリタッチしていきます。

    あとは残しておいたキャノピー横のデカールを2枚貼ったら完成と思ったけど・・・・・・排気管を忘れてた。

    なので先に排気管の工作に入ります。

    排気管出口のスリットは、予めナイフで彫っておいたのですが、クリアで隙間が狭くなっているので改めて彫り直ししておきます。

    で、そこに釣具屋で買っておいたビニールパイプを排気管の形に切って1本ずつ接着していきます。

    接着剤が乾いたら自家製焼鉄色でリタッチしたっら完成・・・・・・って、思ったんだけど、デカールが2枚残っていたの忘れてた(~_~;)

    一度は完成したと思ったんだけど、改めて残っていたデカールを貼って今度こそ完成ですね(~_~;)

    f:id:hara-potter:20180212195617j:image

    f:id:hara-potter:20180212195557j:image

    完成すると、こんな感じ。

     

    スーパーコルセアも完成したので、先日から始めたミラージュF1の製作に入ります。

    エアインテークの奥になるところは、GXカラーの黒で塗装。

    あとのインテークコーンやインテーク内側は適当な作り置き自家調合のシルバーグレーで塗装しておきました・・・・・・って、ハセガワの胴体も黒を塗ったんだけど、画像に入れるの忘れてる(~_~;)

    エレールの方はイランのF1EQで組むので垂直尾翼の形状を変更する必要があります。

    なので、前縁が伸びた部分は5mmのプラ角棒から削り出し他物を接着。接着する際には補強の真鍮線を埋め込んでおきました。

    で、接合部に溶きパテを塗布しておきます。

    f:id:hara-potter:20180212195734j:image

    で、今日はここまでで時間切れ。

    航製暦.180211

    hara-potter2018-02-11

    [][]

    今日のスーパーコルせアは、クリア研ぎ出しから・・・

    で、研ぎ出しが終わったらしゃぶしゃぶに薄く溶いたクリアをエアブラシします。

    そして直ぐ様塗料カップのクリアを捨てて、拭き取らずに残った程度のクリアに大量の薄め液を加えた、限りなく薄め液に近いクリアで塗装面全体が塗れたような感じになるよう吹き付けます。

    あとは乾燥待ちして翌日コンパウンドで磨くまでそのまま置いておきます。

    で、待ち時間の間にヒュルクスの完成を目指します。

    先ずは機首上面の防眩塗装から。

    マスキングテープでマスキングして筆塗りしますがTAIのデカールがマスキングテープを剥がすときに持っていかれないよう、事前にデカール付近はミスプリコピーの切れ端でカバーしておきます。

    で、防眩塗装の黒はクレオスのC40番ジャーマングレーを使用。

    塗装が乾燥したら同色にほんの少し白を加えたもので軽くドライブラシをかけておきました。

    あとはコクピット内部や脚周りを塗装して順次組付け。

    脚回ろの塗装の時にはスーパーコルセアの分も一緒に塗装しておきました。

    プロペラの塗装は、キットのインストでは全く触れられていなかったので実機写真を参考に・・・・・・って、プロペラ先端の色が微妙〜!

    最初は白かと思ったけど白ではない。

    プロペラ本体も黒かと思ったら根元の極一部黒の所もあるけど、全体は黒に近いグレーですね。

    なので、プロペラ先端をマスキングして全体をC40番ジャーマングレー+黒で塗装。

    その後黒く残す所をマスキングして適当なグレーを塗装。

    最後にマスキングテープを剥がし、プロペラ先端はイスラエルの砂漠迷彩用下面色のC314番ブルーに大量の白を加えたもので塗装しておきました。

    スピンナーは、実機が金属の磨きあげられたピカピカのスピンナーだったのでGXカラーのブラックを下地にエアブラシし、メッキシルバーNEXTを極力薄くなるようエアブラシしておきました。

     

    f:id:hara-potter:20180211214709j:image

    f:id:hara-potter:20180211214724j:image

    これらを全て組付けたら完成ですね(^0^)

    航製暦.180210

    hara-potter2018-02-10

    [][]

    今日は、スーパーコルセアのクリアトップコートから・・・

    で、クリア吹いたら乾燥待ちの合間にスペシャルメタルの塗装に入ります。

    先ずは塗り終えた主翼などのグリーンをマスキングして銀塗装に入ります。

    使った塗料は、クレオスのC8番銀+C97番灰色9号。これを筆で塗っていきます。

    で、乾燥後に機首上面や翼端の黒を同じく筆塗りします。

    f:id:hara-potter:20180210201807j:image

    f:id:hara-potter:20180210201756j:image

    一通り塗れたら脚周りを組んで完成ですね。

     

     

    スーパーコルセアの方は、プレシャスメタルの合間に何回かクリアを吹いて午後から乾燥待ち状態・・・

    なので、その間にプロペラを塗装します。

    このプロペラ、1翔だけ白いんですよね。

    なので、機体に使った白を下地も兼ねて吹き付け。

    その後先端と赤/白のラインをマスキングして黒を筆塗り・・・

    f:id:hara-potter:20180213130510j:image

    って、うっかり4枚とも黒く塗っちゃった(~_~;)

    なので、1翔だけ塗装を剥がして白の吹き付けからやり直し(~_~;)

    マスキングして赤ラインを入れておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    3連休初日に1機完成♪

    明日も完成するかな?(^_^)

    航製暦.180209

    hara-potter2018-02-09

    [][]

    スーパーコルセアは、昨晩のうちにデカールを貼っておきました。

    なので、今朝はそのリタッチから・・・

    で、リタッチが終わったらクリアトップコートですが・・・・・・乾燥時間が欲しいので先にプレシャスメタルのトップコートにかかります。

    既に吹いたクリアの表面がイマイチの所をタミヤの2000番のスポンジやすりで均してから、薄め液を加えてしゃぶしゃぶに溶いたクリアをエアブラシします。

    その後、塗料カップに残ったクリアを捨てて、そこに薄め液だけを加えたものでもう一度エアブラシしておきました。

    プレシャスメタルが終わったら改めてコルセアにクリアを吹き付けます。

    で、今日は2回ほど後から貼ったデカール付近に薄く吹き付けたところで時間切れ。

    で、画像を撮った後、1回だけ全体に薄くクリアを吹き付けておきました。

    今晩、帰るのが遅いんだけど・・・・・・クリア吹き付けできるかな?(~_~;)

    航製暦.180208

    hara-potter2018-02-08

    [][][]

    昨晩のうちに紅白塗装の黒縁デカールを貼っておきました。

    なので、今日はそのトリミングから・・・

    デカールが細いので剥がれないよう、そして塗装面を傷めないように余分なデカールをカットしていきます。

    ちなみに、今回はカッターではなくゲート処理などに使っている丸刃のナイフを使用しました。

    デカールが割と脆いので少し抑えるだけで良いみたいですね。

    で、デカールのトリミングが終わったら次のデカールを貼る前にクリアをエアブラシします。

    というのも、デカールが細くて水分含むとすぐに定着が解けちゃって、動いたり剥がれたりしそうだったので・・・

    で、最初は軽く軽くデカール付近だけエアブラシ。

    塗装面自体のクリアトップコートは全てのデカールを貼ってからなので、今は主翼だけでOKですね。

    当然水平尾翼も同様にエアブラシしますが・・・・・・垂直尾翼は良いか(~_~;)

    どうせ、この部分にはトリムラインの上に貼るデカールないし・・・(~_~;)

    で、スーパーコルセアのクリアトップコートをしながら他の2機もトップコートしていきます。

    で、今日はこのトップコートが終わったところで時間切れ。

    これで残りのデカールは普通に貼れそうですね(^0^)

    航製暦.180207

    hara-potter2018-02-07

    []

    今日からデカール貼りに入ります♪

    先ずは紅白塗りわけの黒縁のトリムラインから。

    とりあえず練習も兼ねて水平尾翼の下面から始めますが・・・・・・意外とヨレずに貼りやすい。

    けどちょっとデカールが切れやすい(~_~;)

    まあ、切れても継ぎ目が目立たないから、これでOKかな?(~_~;)

    水平尾翼が終わったら主翼下面からだけど、脚カバーが面倒くさい。

    まあ、短いから貼りやすいといえば貼りやすいけど・・・

    で、主翼上面も貼って・・・・・・この途中で時間切れ。

    この黒トリムだけでも貼ってしまいたかったけど、ちょっと時間が足りなかった(~_~;)

    航製暦.180206

    hara-potter2018-02-06

    []

    今日はキャノピーと脚カバーの赤塗装から・・・

    キャノピーパーツの後端、本来は機体側に固定されている部分が赤なのでマスキング。

    脚カバーは、塗りあがっている主翼下面の塗装に合わせてマスキングしていきます。

    で、マスキングが終わったらエアブラシで塗装して、またマスキングテープを剥がして・・・・・・リタッチに入ります(~_~;)

    点みたいな小さな面積ですが、何カ所かマスキングテープに塗膜を持っていかれたので、その部分をリタッチします。

    赤の剥がれたところも白でリタッチして、その後に赤でリタッチしておきました。

    ここまでくればデカール貼りですが・・・・・・デカールが貼りやすいようにクリアを2回ほど吹き付けて今日は時間切れ。

    ついでにプレシャスメタルとヒュルクスにもデカール付近だけ薄くエアブラシしておきました(^_^)

    航製暦.180205

    hara-potter2018-02-05

    []

    赤塗装の続きから・・・

    ここも1っカ所ずつ塗っていくことにしてマスキングします。

    一つの三角がマスキングできたらエアブラシ。

    主翼の塗装乾燥待ちの間に水平尾翼も同じように塗装しますが・・・

    水平尾翼は小さいからいいとしても、主翼側は、塗りわけの周りに養生が面倒ですね(~_~;)

    う〜ん、一度で塗るのとどっちが良かったか考えどころですね。

    で、水平尾翼が塗れたら、主翼の赤塗装の続きをマスキングして塗装します。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    次は主脚カバーとキャノピーの塗りわけですね。

    航製暦.180204

    hara-potter2018-02-04

    [][][]

    今日は、コルセアのマスキングから・・・

    で、主翼の日章旗のような塗りわけのマスキングは一度で済まそうとすると大変なので、分割する方に変更しました。

    マスキングが終わったら、ヒュルクスにエアブラシした塗料が少しだけ残っていたのでそのままGXカラーの赤を加えたものをエアブラシしておきました。

     

    で、同時に次のキットも手を付け始めました。

    今度は、ミラージュのF1です。

    キットはハセガワとエレール。

    コクピットを簡単に塗装して胴体左右貼り合わせ。

    接合部には溶きパテを塗布しておいて、午後のクラブ例会でサンディング。

    その後、エレールのレドームを組んで、主翼上下貼り合わせ。

    ちなみにハセガワは、左右それぞれ一枚物の構成になっています。

    f:id:hara-potter:20180204220701j:image

    ミラージュF1は、ここまでだけど・・・・・・エレールとハセガワ、胴体の断面形が全然違うのね(~_~;)

    航製暦.180202

    hara-potter2018-02-02

    [][]

    今日はヒュルクスのデカール貼りの続きから・・・

    昨日貼ったキャノピーフレームのパイロットネームのデカール、昨日撮った画像で気が付いたけどいつの間にか歪んでた(~_~;)

    なので、今日はその貼り直しからかかります。

    歪んでたのは後席のパイロットネーム。なので、このデカールの上にお湯を付けて暫く待ったら剥がしにかかりますが・・・・・・なかなか浮いてこない(~_~;)

    で、そうこうしてたら前席のパイロットネームデカールが剥がれた(~_~;)

    なので、デカール糊を使って貼り直し、ようやっと後席のデカールも剥がれたので正しい位置に貼り直しておきました。

    で、一通りのデカールが貼れたら最後に垂直尾翼のデカールを貼ります。

    この垂直尾翼の赤塗装のデカール、後縁の一部がインテリアグリーンなので、その分切りかけたクランク状の塗りわけになるはずなのになぜか一直線(~_~;)

    どっちのラインに合わせているんだろう?と思ったけど、

    f:id:hara-potter:20180202062133j:image

    インテリアグリーンの方に合っていたのね。

    タブ側のラインに合ってたら余分をカットするだけで済んだんだけど、これは後でリタッチが必要ですね。

    リタッチはデカールが十分乾いてからすることにして、次はコルセアの塗装に入ります。

    で、プロペラを白く塗るの忘れてたので、先にエアブラシで白塗装しておきました。

    あとは紅白の塗りわけのマスキングですが、今日は少しかかったところで時間切れ。

    このマスキング、面倒くさそう(~_~;)

    航製暦.180201

    hara-potter2018-02-01

    []

    デカール貼り中・・・

    クレオスのマークソフターよりモデラーズの物の物の方がデカールとの相性がいいみたいですね。

    で、赤塗装のデカールが上手く貼れなかったら塗装も考えていたけど、デカールでいけそうですね。

    あと赤塗装で残っているのは垂直尾翼だけど、垂直尾翼はよく指で摘まむので最後に貼る予定。

    エルロンの赤デカールは一枚物を折り込んで裏表に貼るようになっているけど、デカールが固いので表と裏面に2分割して貼りました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    最新コメント一覧