ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2019/06 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.090823

    hara-potter2009-08-23

    [][]

    昨日デカール貼りが終わったので、今日は各パーツを組み立てて終了の予定でしたが・・・

    スミ入れはしない予定だったのですが、やはり少し寂しい(~_~;)

    なので、急遽スミ入れをすることに・・・

     

    当初の予定ではスミ入れしないはずだったので、銀塗装は何もコーティングしていません。

    なので、銀塗装の表面を傷めないように注意深くスミ入れをします。

    スミ入れの塗料はエナメル系のタミヤのブラックにハンブロールの124番グレーを少し加えて使用しました。

    スミ入れ終了後、銀を舐めてしまったところは、再度銀をリタッチしてスミ入れ終了。

    最後に燃タンやミサイル、ピトー管などの小物を取り付けたら完成(^0^)

    f:id:hara-potter:20080822222018j:imagef:id:hara-potter:20080822222040j:image

     

    で、ヒメポの夏休みの宿題を見ながらバルカンの工作も・・・(~_~;)

    f:id:hara-potter:20080823050310j:image

    お盆休みから少しづつ下ごしらえしていたこともあり、意外と進み、ここまで出来ました♪

    気になっていた主翼後縁の薄々化は、胴体との繋がり等に影響がでない程度に接着面を削り、残りは表面から削り込み、消えてしまうモールドは事前に凸モールドをガイドにスジ彫りしておきました。

    ちなみに実機のフラップやエレボンはそれぞれ左右2枚づつに分かれているので、どちらにしろ、この分割ラインは別パーツに見えるよう凸モールドをスジ彫りに彫り直しておいた方が良いでしょう。

    左翼(画像右のもの)のみ上下パーツを接着していますが、この接着の際、いつものように瞬着を染み込ませたスポンジを2個補強に入れてあります。

    付け根側に入れたスポンジはかなり厚みのあるものを入れたのですが、それでも厚みが足りなかったのか少しパコパコします(~_~;)

    しかも、大量の瞬着をスポンジに染み込ませたため接着時にかなりの熱を持ち、パーツが熱変形しないか心配になるほどでした。

    なので、右翼はポリパテを買ってきてから接着することにしましょう(~_~;)

    航製暦.090821

    hara-potter2009-08-21

    []

    今日は、ミサイルと燃タンのデカール貼りから・・・

    キットにはミサイル用のデカールも用意されていて、カラーの塗装図にもデカールの指定が書かれています。

    で、この塗装図、ミサイルは左右それぞれファイアーストリークとレッドトップを装着した状態で描かれているので、どちらのミサイルもデカール指定が書かれていますが・・・デカールも塗装図どおりファイアーストリーク、レッドトップ各1発分しかない(ーー;)

    普通、ミサイルはファイアーストリークとレッドトップ1発づつではなく、どちらか2本ですよね。

    なので、破線のデカールは1発分はキットのものを、もう一発は不要デカールから流用しました。

    黄色と赤のラインは他キットから流用しました。

     

    燃タンのデカールは・・・キットでは用意されていません(~_~;)

    なので、こちらも適当なデカールから流用しました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    デカールを探すのに時間が掛かって、あまり進まなかった(~_~;)

    航製暦.090820

    hara-potter2009-08-20

    []

    今日は、デカール貼りの続きから・・・

    昨日、細いラインのデカールが貼り終えたので、今日は比較的スムーズに進行♪

    マーキング類のデカールは元々少ないので簡単ですが、現用機の常としてコーションデーター類のデカールが多い(~_~;)

    実機写真を見てもさほどコーション類は目立たないので、適当に間引いて(特に下面側)貼ることに・・・

    で、機体の方のデカールは貼り終えましたが・・・垂直尾翼の赤い鳥マーク、ちょっと小さいんじゃ〜(~_~;)

    実機写真を見るともう一回り以上大きいような気がしますねぇ(~_~;)

    このデカールだけでも自作デカールを作り直せば良いのですが、何分今の自宅PCの状態じゃ・・・って、ことで貼る位置も実機とちょっと違いますが、それらしく見える位置に調整したら結局キットの塗装図と同じ位置に(~_~;)

    それと先日の塗装のところで書くのを忘れていましたが、キットの塗装図では、ベントラルフィンの先端まで銀色になっていますが、先端のみ黒(若しくはグリーン系の暗い色)が正しいようです・・・と、言っても半分以上塗料が剥げてFRP地(乳白色にちょっと茶色味を加えたような色)が剥き出しになっているようですが・・・

    で、今日はここまでで時間切れ。

    このベントラルフィンには『NO STEP』のデカールを4枚貼るのですが・・・イギリス人は、こんなところからよじ登るのかな(~_~;)

    航製暦.090819

    hara-potter2009-08-19

    [] 09:22

    今日は、脚周りの組み立てから・・・の筈でしたが、一部塗装を間違っていたので、その塗り直しから(~_~;)

    機首の反射除けの黒塗装、どうもキットのカラー図を見てマスキングしたらしく、塗り分けを間違っていました(ーー;)

    これは、キットのカラー図が間違っているわけではなく、カラー印刷されたこのカラー図、曲面に合わせてシャドーまで描かれているんですよね。

    で、インテークリップの上面、シャドーに隠れて黒塗装されているのを見落としていました。

    う〜ん、良く見れば判ることなんですが、このキット、インストなどインフォメーションが悪く、判りづらかったり描かれていなかったり・・・(ーー;)

    で、改めてインテークリップ上面をマスキングしてC40番ジャーマングレーで塗装した後、ドライブラシをかけて後ろの部分と違和感が無いように仕上げます。

    その後に脚周りの組み立てに入りますが、脚カバーも含め、こういったところ接着面が確保されているところは良いですね。

    脚カバーの角度もピッタリ決まるし・・・と、こう言った工業製品的なところ良く出来たキットなんですが、それに見合うソフトが付いて来ていないって感じですね。(合いは良くても、愛は感じない?)

    ちなみに前脚の後ろに開くカバー脚柱からかなり離れた位置まで開くので、このままだと違和感があります。

    なので、ここだけは伸ばしランナーで脚柱からカバーに繋がるロッドを追加しておきました。

     

    脚周りが出来たらいよいよデカール貼りに入ります♪

    先ずは主翼上面の細いストライプから・・・

    最初はデカールの余白は全てカットしていたのですが、それしちゃうとどうも細いストライプがヨレ易い・・・

    幸い、キットのデカールは上質で余白もほとんど目立たないので、左翼は余白を残したままストライプのデカールを貼ることにしました。

    このストライプのデカールは長めに印刷されたものも多いですが、主翼前縁に剃って貼るストライプ、主翼付け根の方がキットのモールドとRが合いません(ーー;)

    なので、このRに合わせて貼るとデカールの長さが足りなくなりますが、足りない部分は後でリタッチすることに・・・

    f:id:hara-potter:20080818063523j:image

    胴体下面側のストライプデカールは、キットのインストを見ても線が多くて見辛い(~_~;)

    世傑を塗装側面図を見れば判りやすいかと思いましたが・・・デカールと違う(~_~;)

    実機写真を見ると世傑の図の方が間違っているようですね。

    なので、実機写真を参考に位置決めしました。

    で、ラウンデルのデカールを貼ったところで今日は時間切れ。

    このストライプのデカール貼りは辛かったわ(~_~;)

    航製暦.090818

    hara-potter2009-08-18

    [] 10:50

    今日は、銀塗装の続きから・・・

    筆ムラが気になるところを中心に2度目の銀塗装、その前に表面処理が気になるところはペーパーを当てておきました。

    塗り忘れていた燃タンも今日白く塗装。こちらはドライブラシなしでもOKかな?

    色味を変えたかったインテークリップは細切りマスキングテープでマスキングし、ガイアの銀を塗って見ましたが・・・う〜ん、この銀が手持ちの銀で一番明るいかなと使ってみましたがイメージがイマイチ(~_~;)

    それにガイアの塗料って、筆に付けるとちょっと粘る感じで馴染めないんですよね。

    結局、一度は剥がしたマスキングテープを再度マスキングし、タミヤのペイントマーカーのクロムシルバーをパレット(と、言っても卵パックを使用)に取り出して筆で上塗りしておきました。

    つでにミサイルのシーカー部分も一緒に塗装。

    で、後になって気が付きましたが・・・キャノピー前の黒塗装、塗り分けが間違っている(ーー;)

    航製暦.090817

    hara-potter2009-08-17

    [] 11:57

    今日は、白塗装のドライブラシから・・・

    ドライブラシにはクレオスC62番つや消しホワイトを使用。

    今回銀塗装はドライブラシを施さないつもりなので、ドライブラシは控えめに。

    ドライブラシ後、垂直尾翼上端の黒の部分をフリーハンドで塗装。塗料はキャノピーと同じくC40番ジャーマングレーを使用しました。

    機首のショックコーンはC319番薄松葉色に白を加えたものでドライブラシ。

    白、黒、緑の部分をマスキングテープでマスキング後、全体をC8番銀+C13番ニュートラルグレーで塗装して今日は時間切れ

    お盆休み中、思ったよりも製作が捗りました(^0^)

    航製暦.090816

    hara-potter2009-08-16

    [][] 11:57

    今日は、キャノピーのマスキングから・・・

    マスキングにはいつものように細切りマスキングテープとマスキングゾルの併用。

    基本的に塗り分けになる部分はマスキングテープを使用しますが、キャノピー側面窓の後ろ端のような小さなRの塗り分けになる部分は、そこだけマスキングテープを短めにカットし、その続きになる部分はマスキングゾルを爪楊枝で塗ってマスキングしました。

    表面張力を上手く利用すると、思った以上に上手くキットのモールドに合わせてマスキングできるので、この方法はおススメです(^_^)

    マスキングゾル乾燥待ちの間に白の部分を塗装。

    いつもは白い部分にはクレオスのC316番特色ホワイトを使うことが多いのですが、今回はいつもと趣向を変えちょっと冷たい感じのC107番キャラクターホワイトを使用しました。

    あとキャノピー&キャノピー前の黒はC40番ジャーマングレーを使用。色味を変えるため、キャノピー前の反射よけのみジャーマングレー+灰色9号でドライブラシ。

    ショックコーンは最初C319番薄松葉色に塗ったもののイメージが合わなかったので鉄道色のC96番オリーブグリーンを使用・・・って、この色既に廃盤?(~_~;)

    残った時間で脚柱やタイヤを塗装し、今日は時間切れ。

    あ!燃タンを白く塗るの忘れてた(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20080816050247j:image

    次に製作予定のバルカンも下ごしらえを(^0^)b

    航製暦.090815

    hara-potter2009-08-15

    [] 13:59

    今日から本格的にライトニングの製作に入ります♪

    先ずは、胴体左右を早く貼り合せてしまいたいので、コクピットの製作から入ります。

    フロアやシート、計器盤を塗装し、デカールを貼りますが・・・

    f:id:hara-potter:20090815063649j:image

    この計器盤のデカール、ツートン逆じゃ・・・(~_~;)

    f:id:hara-potter:20090815064515j:image

    とりあえず貼ってみたけどやっぱり変!

    この後、デカール剥がして、ツートン逆に塗装しました(~_~;)

    ちなみにライトニングのコクピット内、前期型が黒一色、後期型はグレーだそうです。

     

    胴体パーツは左右を貼り合せる前に、一部パネルやお腹の張り出し部の選択パーツを接着しておかないといけませんが・・・ここで問題!

    キットはF3とF6のコンパチキットになっており、デカールも両方の型のものが用意されていますが、どのカラーリングがどの型、どのパーツがどの機体のパーツなどの説明が一切ありません(~_~;)

    私は全面銀で主翼上に燃タンを装備したF6が作りたかったので、先ずキットの銀バージョンのデカールがF6かどうか確認します。

    ・・・と、調べると同じ機体のカラー図(側面のみですが・・・)が世傑に掲載されています。

    但し、時期が違うのが、それともキットのインストが間違っているのか、ちょっとカラーリングが違います。

    幸いデカールはキットのものがそのまま使えそうなので、世傑を参考に塗装することにします。

    選択パーツも自分の作る型が何型か判れば、世傑だけを資料に作ることが出来そうです。

    胴体左右が接着できたら、接合部に溶きパテを塗布。乾燥待ちの間に昨日溶きパテを塗布しておいた、主翼や燃タンをサンディングします。

    いつもは細切れの時間で製作しているので、乾燥待ちなどの時間も気にならないのですが・・・お休みの日に作ると溶きパテがなかなか乾燥しない(~_~;)

    なので、その間に小物などの整形して午前中の製作終了(~_~;)

     

    午後からお出かけして、夜、やっと溶きパテが乾燥したようなので胴体のサンディング開始。

    上面は綺麗に仕上がったので主翼や水平尾翼を接着し、士の字になりました〜♪

    胴体下面の選択パーツの部分に整形不良の部分があったので、ここには再度溶きパテを塗布しておきました。

    上面側は問題が無かったので、早速キャノピー後ろから垂直尾翼までの白い部分の塗装に入ります。

    先ずは下地にクレオスのC97番灰色9号を塗ったところで時間切れ。

    同じく白に塗る燃タンとミサイルも一緒に塗装しておきました(^0^) 

    航製暦.090814

    hara-potter2009-08-14

    [][] 11:53

    今日は、脚柱の接着から・・・

    キットのままでは脚周りの機体への接着はイモ付けになっているので、このままでは強度的に不安があります・・・って、まあ簡易インジェクションのキットでは当然のことですが・・・(~_~;)

    なので、脚柱の機体への接着は真鍮線を補強に通して接着することにします。

    前脚は、機首に脚収納部があるので問題ありませんが、主脚側は1枚成形された主翼に取り付けることになるので、真鍮線を通す穴を貫通させてしまわないよう注意しましょう。

    幸い今回は左右とも貫通することなく、寸止めが出来ました(^_^)

    プロペラは、翼端の黄色の部分をマスキングし、黒い部分を定番のC40番ジャーマングレーで塗装。

    その後マスキングテープを剥がし、下地にC97番灰色9号→C113番RLMイエローを塗った後、本番色のC329番特色イエローを塗ります。

      

    f:id:hara-potter:20080813063033j:image

    XP−77の塗装乾燥待ちの合間に次のライトニングの製作も開始♪

    とりあえず、接着できるところだけ接着して、接合部に溶きパテを塗布。

    主翼の接着の際には、いつものように100均で買ったゼリー状瞬着をタップリと仕込んで補強にしておきました。

    で、午前中はここまでで時間切れ〜♪

    f:id:hara-potter:20080813062834j:image

    今日は、この状態でオフ会参加

     

     

    で、明日には完成と思っていたXP−77ですが、オフ会に参加したらモチベーションUP♪アップ♪アップップ〜♪

    帰宅後そのままで勢いで製作開始(笑)

    主脚柱の作動用シリンダーを接着・・・って、キットこのパーツ、単なる段付きの棒でしかないので、接着面を考えてちょっと削り込んでから接着。

    前脚のシリンダーは、キットのパーツを整形するのが面倒だったので真鍮線に交換しておきました。

    後はデカールを貼って完成です(^0^)b

    f:id:hara-potter:20090815073229j:image

    最新コメント一覧