ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2019/06 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.180331

    hara-potter2018-03-31

    [][]

    昨晩からクリアトップコート始めました。

    夜中にも一度起きてクリア吹いているので、ある程度のクリア層は出来ているでしょう。

    なので、今朝は2回ほどクリアを吹いたら半艶クリアを吹いて終わりですが・・・・・・途中で、何か柚子肌になっていました。

    なので、今朝は、最初のクリアを吹く前に軽く・・・・・・でもないな(~_~;)

    スポンジやすりで表面を均してからクリアを吹き付けておきました。

    う〜ん、クリアの希釈が足りなかったのか、真夜中に半分寝ぼけてクリアを吹いたのが悪かったか・・・(~_~;)

    ともあれ、クリアトップコートが終わったら金属色の塗装や脚周りの組み立てですね。

    脚収納庫や脚柱などは、GXカラーのホワイトで下塗りした後、クレオスのC316番特色ホワイトとGXカラーのホワイトを半々ぐらいで割ったもので塗装。

    タイヤやオレオのシリンダー部なども塗装したら組み立てに入りますが、タミヤのキットの脚カバーは凄いですね。

    接着位置確認の仮組みだけでピッタリ収まり外れなくなるんだから、正直今までのキットの苦労は何だったんだろう?って、思いますね。

    ピトー管もタミヤのキットのモールドが凄いけど・・・・・・絶対に折れるな(~_~;)

    なので、アルミパイプとピアノ線で作った物をエッシーとともに接着しておきました。

    ちなみにタミヤのピトー管の太い所をノギスで測ると0.6mm。

    なので外径0.6mmの真鍮パイプで作ることも考えたけど、少し細く感じたのでいつも通り外径0.7mmのアルミパイプを使っています(~_~;)

    キャノピーは、一度マスキングを剥がし、改めて表側をマスキング後、スモーク+イエローを薄く吹いてから接着しています。

    エッシーのキャノピーは、袴部分の窓枠が機体側にモールドされ、キャノピー側は透明部分だけなので、接着面を黒く塗装してからピットマルチで接着します。

    あとは、ギリシャ仕様のミサイルを塗装して接着。

    台湾仕様の燃タンは塗装済みなので、主翼側のダボ穴を浚ってから接着しておきました。

    あとは細々したパーツの接着、リタッチが終了したら軽くスミを入れて完成ですね(^_^)

     

    f:id:hara-potter:20180401224013j:image

    f:id:hara-potter:20180401224038j:image

    エッシー、台湾仕様


    f:id:hara-potter:20180401224058j:image

    f:id:hara-potter:20180401224111j:image

    f:id:hara-potter:20180401224139j:image

    f:id:hara-potter:20180401224125j:image

    タミヤ、ギリシャ仕様

    航製暦.180329

    hara-potter2018-03-29

    [][]

    今日は、レドームの塗装から・・・

    レドームの色は2機とも同じはずですが・・・・・・ギリシャ機の方は、随分と黒ずんで見える(~_~;)

    ギリシャ機って汚れが激しいから、その影響でレドームも黒っぽく見えるんでしょうね。

    で、エッシーの台湾仕様は、クレオスのC307番グレーにC305番グレーを加えたものを使用。

    タミヤのギリシャ仕様の方は、その色に更に黒を加えたものを使用しました。

    で、どちらも基本色に少しだけ白を加えたもので1段階だけドライブラシを施しておきました。

    で、レドームが塗れたらいよいよデカール貼りですね♪

    で、今日は台湾のデカールを貼ってギリシャのデカールを貼り始めたところで時間切れ。

    明日の朝のうちにデカールを貼ってしまえば、今月中に完成させられるかな?(^_^)

    航製暦..180328

    hara-potter2018-03-28

    [][]

    今日は、エッシーの下面色の塗装の続きから・・・

    で、今日は仕事がお休みなので、結構な時間作っています。

    なので、実際には塗装乾燥待ち等で交互に作業しているのですが、先ずはエッシーから。

     

    昨日、途中までだった下面色の塗装ですが、先ずは燃タンをサンディングして塗装できるようにしておきます。

    続いて、昨日確認した不要のパイロン・ダボ穴はタミヤ同様プラ板と伸ばしランナーで埋めておきます。

    で、下面色をクレオスのC306番で塗った後、これも昨日買い足してきた上面色の塗料を並べて・・・・下面色の色、間違ってた(~_~;)

    なので、塗装を一度剥がしてから改めてC308番グレーで塗装しますが・・・・ちょっと青味が強い?

    なので、C305番グレーと白を加えて色味を調整したものを使用しました。

    で、乾燥後この基本色に白を加えたもので2段階ドライブラシを施したらマスキングして上面色の塗装に入ります。

    上面色はC306番グレーとC305番グレーですが・・・新しく買ってきたC306番と今まで使っていたC306番の色味が随分と変わっていますね。

    で、今回は赤味が少ない新版の方を上面色に使用。

    この2色をフリーハンドで塗り分け、乾燥後下面色と同様にドライブラシを施し、はみ出しなどをリタッチしておきます。

     

    タミヤの方は、ギリシャ迷彩塗装の色選びから。

    基本的には先日作ったミラージュF1の色を使うとして・・・

    f:id:hara-potter:20180329125529j:image

    ミラージュF1とプリントアウトした画像を比較してみます。

    明るい方のグレーは緑味が足りないかと思いましたが、いざ並べてみると全体に色が濃い?

    個人的なイメージでは、そのままでも悪くない感じなのでこの色はそのまま使用することに、他の2色をこのグレーに合わせて調整します。

    ブルーグレーは、ミラージュF1に使ったものに同量より少なめのファントムを作った時のブルーグレーを加えてみました。

    暗い方のグレーは、ミラージュF1に使ったものに旧グンサン時代のC37番RLM75(商品名はグレー75)、C13番ニュートラルグレーを加えたものにハーバートに使った赤で赤みを微調整、最後に白を少し加えたものを使用しました。

    で、この3色を薄くしたものでデカールのカラー図や実機画像を参考に迷彩パターンを描き込んでいきますが・・・

    f:id:hara-potter:20180329125526j:image

    機首の塗り分け、デカール・カラー図、明らかに実機画像と違う(~_~;)

    インストではキャノピーを挟んでスムーズなラインで塗り分けるようになっていますが、実機画像だと明らかに繋がらない(~_~;)

    なので、色の境目はキャノピーフレームの適当なところで塗り分けることにしました。

     

    f:id:hara-potter:20180329132345j:image

    で、このタミヤのキャノピーパーツが凄いですね。

    スライド金型を使ってΩ断面を再現してあるので、キャノピー中央にパーティングラインが有るのですが、それが凄く目立たない。

    部品を直接持って向きや光の当て方を変えながら見ていると明らかにパーティングラインが有るのが確認できるのですが、これぐらいならスモーク吹けばわざわざパーティングライン処理しなくても良いかも?

    と、いうわけで今回は「試し」ということでそのまま組むことにしました。

    で、今日は迷彩色の塗装をドライブラシまで済ませたところで時間切れ。

    時間の合間に垂直尾翼の黒塗装も塗ってありますが、これはGXカラーの黒にほんの少しC40番ジャーマングレーを混ぜたものを使用しました。

    あとは、レドームの色を塗れば大まかな塗装は終了ですね(^0^)

    航製暦.180327

    hara-potter2018-03-27

    [][]

    今日は、塗装前に接着してしまう、インテークやバルジをインストを確認しながら接着してしまいます。

    で、タミヤのギリシャ仕様機は翼端のランチャー以外にはパイロンも装着されていないようなので・・・

     

    f:id:hara-potter:20180327090712j:image

    プラ板と伸ばしランナーで埋めておきました。

    で、台湾の方は・・・・・画像を印刷しておくの忘れてた(~_~;)

    とりあえず、主翼左右の燃タンが装備されていたのでパイロンも塗装の用意をします・・・・・・って、昨日接着しておいた燃タンに溶きパテ塗布するの忘れてた(~_~;)

    なので、溶きパテを塗布して乾燥待ち。

    その間に塗装に入りますが・・・・・・先ずは色選びから。

    ギリシャ機の方は、ファントムとミラージュF1に使った塗料を引っ張り出してきたけど、もう少し色味を調整したい。

    なので、既製の塗料の使える台湾の方から・・・・・・って、塗料、ギリシャ機の塗料作る時に使い切って補充買うの忘れてる(~_~;)

    とりあえず、下面色に使うクレオスのC306番グレーは残っていたので、その塗装から入ります。

    燃タンは、溶きパテ塗っただけでサンディングできていないので、後で塗らないと・・・

    で、今日はここまでで時間切れ。

     

    f:id:hara-potter:20150704080346j:image

    事務所に来てから確認したら、こっちも両翼の燃タンのパイロン以外はパイロンを装備していなかった(~_~;)


    航製暦.180326

    hara-potter2018-03-26

    [][]

    今日は、タミヤのドラッグシュートの続きから・・・

    溶きパテ塗布済だった所を600番の水ペーパーで磨いたら出来上がり。

    なので、垂直尾翼をこの出来上がったフェアリングに接着しておきます。

    ちなみに、このドラッグシュートのフェアリングの右側面にセンサーがありますが、これはスーファか何かに流用できるパーツが有るでしょう<未確認。なければランナーから削り出しですね。

    エッシーの方は、胴体接合部に塗布済みだった溶きパテをサンディングしインテークを接着します。

    水平尾翼は、ハセガワの物に交換するので、元のダボ穴を1mmプラ板で埋めたあと、ハセの水平尾翼のダボピンに合わせてダボ穴をピンバイスで開口します。

    ついでに胴体の機銃口のモールドが浅いので、銃口をピンバイスで掘り下げておきます。

    次は主翼の接着ですが・・・仮組みの時に判っていたことですが、主翼側の接着面がヨレてて隙間ができます(~_~;)

    かといって擦り合わせで合わせると、削り過ぎになるので、そのまま接着して・・・

    f:id:hara-potter:20180326101256j:image

    隙間にはポリパテを摺りこんでおきました。

    で、少し時間をおいてからガイアののラッカー薄め液を染み込ませた綿棒で余分なポリパテを拭き取っておきました。

    あとはベントラルフィンなどの接着ですが、なぜかエッシーのインスト、ベントラルフィンの左右のパーツナンバーが入れ替わっています。

    まあ、仮組すればすぐに分かることですが(~_~;)

    航製暦.180324

    hara-potter2018-03-24

    [][][]

    今日はキャノピー接着の続きから・・・

    機首銃座窓は、接着済みのキャノピー側を擦り合わせてから接着。

    この時、機銃の爆撃手が少し干渉しますが・・・・・機銃は頭で支えてもらおう(~_~;)

    胴体背部の銃座窓も接着したら、動翼のヒンジパーツやアンテナ支柱なども接着してリタッチ。

    動翼ぐらいはスミを流そうかと思っていたけど・・・・このままでよさげだったので、これで完成とします。

     

    f:id:hara-potter:20180325222621j:image

    f:id:hara-potter:20180325222640j:image

    作っておいたスタンドにセットして、イモネジで固定したら完成ですね(^_^)

     

    He111も完成したので、本格的にF-16の製作に入ります。

    先ずは、瞬着を盛っておいたタミヤのドラッグシュートから。

    瞬着を金ヤスリで削って大体の形ができたら、320番のペーパーで形を作ります。

    基本的に平らに削るだけなので特に問題はないですね。

    形ができたら、消えそうなスジボリを彫り直してから瞬着を盛った所全体に溶きパテを塗布しておきます。

    で、エッシーのキットは最初からドラッグシュートのパーツが選択式で用意されているので、そのまま組めば・・・・・・と、思っていたんだけど、やっぱり後面がのっぺらぼうなのが気になる(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20180326100748j:image

    丁度タミヤの半丸断面のこのランナーがちょうどいい形しているし(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20180326100745j:image

    で、削り込んでドラッグシュートを再現してみました。

    ドラッグシュートの皺は目立てヤスリで入れてあります。

    これを所定位置に接着すると・・・・・・ちょっと後ろに出っ張りすぎ?(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20180326100922j:image

    なので、更に削り込んで、こんなもんかな?

     

    f:id:hara-potter:20180326100917j:image

    タミヤのドラッグシュートは、仮組みするとこんな感じ。

    で、これもドラッグシュートのパーツが足りないので・・・

    f:id:hara-potter:20180326100914j:image

    3mmプラ角棒を2本接着したものから削り出しました。

     

    f:id:hara-potter:20180325222353j:image

    で、今日はここまでで時間切れ。

     

    f:id:hara-potter:20180326100920j:image

    タミヤのキット、これは組みやすいですね。

    パテがいらないから乾燥のための待ち時間なくサクサク組めるし、ドラッグシュートの工作が無かったら、もう塗装に入れますね(^_^)

    tochi_hangertochi_hanger 2018/04/01 22:48 腹ポ様
    完成おめでとうございます&#127881;あの…拝見していた変な面倒なフロッグのキットも見事に形にされましたね&#128076;✨流石です&#128077;☺️

    腹ポ腹ポ 2018/04/02 13:30 ★tochi_hangerさん
     ありがとうございます。
     He111、古いキットでヒケもありますが、作っている分には楽しかったですよ(^_^)

    航製暦.180321

    hara-potter2018-03-21

    [][][]

    今日は、残っていたグレーのドライブラシから・・・

    他の迷彩色同様、基本色に使ったC324番ライトグレー+C60番RLM02グレーに白を加えながら2段階施しておきました。

    で、その後リタッチ修正などをしたらラダーの塗装に移ります。

    ラダーの塗装は、下地にC97番灰色9号+C311番グレー、上塗りにC316番特色+C62番つや消しホワイトを使用しました。

    この塗料が乾いたら、軽くGXカラーのホワイトでドライブラシを施しておきます。

    これで基本的な塗装が終わったので楽しいデカール貼りに入ります。

     

    f:id:hara-potter:20180322092955j:image

    で、この機番、白縁が有ったのね(~_~;)

    気が付かずに余白カットの時に4の数字の白縁までカットしちゃったので・・・

     

    f:id:hara-potter:20180322093021j:image

    不要部分の白デカールとリタッチで修正しておきました(~_~;)

    まあ、元の印刷のズレたデカールよりはマシかと・・・(~_~;)

    因みにちょっと目立つ1の数字の太すぎる後ろ側の白縁は、この後トリミングで少し細くしておきました。

    で、デカールが貼れたらトップコートまで乾燥待ち。

    その間に人形の塗装に入ります。

    フィギアは先日完成したJu52の物をそのまま使用。

    パイロットは足の角度が合わなかったので、膝裏で切り込みを入れて角度を調整しています。

    で、角度が合ったら、切れ込みの所は瞬着で接着しておきました。

    あとは、シートに合わせて上半身を少し前のめりに、右腕は操縦桿を握るよう内側に角度を修正。左手は少し手を上げて動きを演出・・・・・・は、付帯効果(~_~;)

    本当はハンドルを両手で持たせるのが難しかったので、何かを操作している風手を少し上げてもらいました。

    で、色塗りは・・・・・パイロットスーツの色が判らん(~_~;)

    f:id:hara-potter:20180322093018j:image

    ググってみるとカーキー系やブルーグレー系の物があったようなので(モノクロなのでよく判らない)、適当にドイツ兵風のブルーグレー系で塗装しておきました・・・・・・って、内戦終わってから仕様だけど(~_~;)

    あとは、本当に乾燥待ちなので・・・

     

    新しいキットに着手♪

    次のお題はF−16。

    今作りたいF−16がたまっているのですが・・・とりあえずハセガワは数機纏めて作りたいので、ハセガワ以外のキットをチョイス。

    なので、エッシーとタミヤのキットの製作に入ります。

    まず気になるのが、エッシーのインテーク。

    形状そのものは悪くないけど、インテークの中に前脚収納庫が見えるのはちょっと・・・

    f:id:hara-potter:20180322093239j:image

    なので、ポリパテを盛って収納庫周りをインテーク風になだらかに仕上げておきました。

    あとは白く塗ってドンツキを黒く塗装します。

    タミヤも同様に色を塗りますが、こちらはインテークダクトが別パーツなので、そのままでOKですね。

    メインは、コクピットの塗装、組立てをし胴体上下を貼り合わせ・・・・・って、エッシーの主脚収納庫の隔壁を接着し忘れてた(~_~;)

    なので、流し込み系接着剤を接着面に流し込みながら切開し、ある程度胴体を広げられる状態になったらピンセットで所定の位置に接着しておきました。

     

    f:id:hara-potter:20180321230212j:image

    あとは垂直尾翼のドラッグシュート部を接着して時間切れ・・・

    f:id:hara-potter:20180321230338j:image

    タミヤのキットにはドラッグシュートが付いていないので、レベルのキットの選択パーツで余るものを接着しておきました。

    ただ、断面形が全然違うので、ドラッグシュート側の細い部分はゼリー状瞬着で太らせておきました(^_^)

    最新コメント一覧