ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2019/06 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.170228

    hara-potter2017-02-28

    [][][]

    昨日のうちに足りないデカールを刷りだし・・・

    データーそのものは、垂直尾翼のH文字をそのまま流用。

    あとは、印刷する際に色と縮尺率を指定するだけでOKですね。

    で、昨晩のうちにデカール保護液も塗っておいたので、今日は、そのデカールを貼ります。

    f:id:hara-potter:20170228062719j:image

    f:id:hara-potter:20170228062734j:image

    これでブルーテールも完成ですね。

     

    で、X−15の方は・・・・・・主翼や水平尾翼の後縁を薄く削った所に塗った色が、ここだけ艶が無くなってる(~_~;)

    なので、2000番のスポンジヤスリで磨いてから再塗装。

    なので、こちらは乾燥待ち・・・

     

    その間にコンクェスト1の主翼の整形・・・

    結局、左右の前縁と片方の後縁を砥ぎ出した所で時間切れ(~_~;)

    筋彫りは、消えない様彫り直しながら進行。

    所々プラの回りが悪い所は瞬着で盛り上げながら・・・・まあ、そのうち何とかなるだろう(~_~;)

    KAZUKAZU 2017/03/01 12:13 はじ目増して、いつもFaceBookでも拝見しています。
    今回のX-15、とても興味があって楽しみに拝見していましたが、ふと機になることが。主翼、水平尾翼の後縁を薄くされたとのことですが、実機のそこは当時流行りの「ナマクラ後縁」で厚みがあったと記憶しています。程度問題もあるかと思いますが、一度ご確認なさった方がよろしいかと思い、僭越ながらコメントさせていただきました。

    腹ポ腹ポ 2017/03/01 19:49 ★KAZUさん
    ご指摘、ありがとうございます。
    調べてみたら・・・・・・確かになまくらと言うか、何かテクスチャーの様なものまでありますね。
    キットのままとも、ちょっと違いますし・・・・・色が入っているので少し考えてみますm(_ _)m
    http://air-and-space.com/nb52/e881302%20l.jpg

    KAZUKAZU 2017/03/02 12:18 写真拝見しました、ハッキリ分かりますね。なんだかハニカム構造の断面みたいに見えますが、これって72で再現可能でしょうか?(^^;)

    腹ポ腹ポ 2017/03/02 12:27 ★KAZUさん
     私も段差か何かあるのかとも思ったけど、真っ黒なのも在るから・・・多分、違うと思いますね。
     なので、塗装で再現できたらと思っています(^_^)
     実際、48クラスなら塗装で再現された作品も在りますね。

    航製暦.170226

    hara-potter2017-02-26

    [][]

    今日は、デカール保護のクリアをエアブラシします・・・

    昨晩のうちに何回か薄くエアブラシしておいたので、今日は最初からそこそこの厚みで吹いていきます。

    で、2回目からは普通にエアブラシして、これを何回か繰り返したら午後からは金属色の塗装に入ります。

    先ずは、マスキングですが・・・・・・・

    f:id:hara-potter:20170226101552j:image

    デカールを貼った所は、マスキングテープを直接貼らない様、ミスプリのコピー用紙を適当に切ったものを当てがっておきます。

    これで大幅にマスキングテープにデカールを持って行かれることを防げます。

    f:id:hara-potter:20170226110146j:image

    マスキングが終わるとこんな感じ。

    同じ色だからと一回で塗ろうと考えず、マスキングがし易い方法で塗っています。

    金属色の塗装が終わったら、残っていたブルーテールのデカール貼りですが・・・

    f:id:hara-potter:20170226181318j:image

    主翼上面のHの文字を忘れてた(~_~;)

    Hの文字、作り忘れてたんじゃなく、機番の数字だけ確認して安心しちゃってたのね(~_~;)

    で、適当な流用デカールを探すと・・・・・・ゴールデンドラゴンと同じぐらいのサイズのデカールは、在ったんだけど、こっちの文字は一回り大きいのよね(~_~;)

    なので、Hの文字は週が明けてから事務所で作ることに(~_~;)

    ちなみに版下データは、垂直尾翼の物をそのまま流用し、サイズと色のみを変更するだけだから手間はかかりませんね。

    で、残った時間で軽くスミ入れもしておきました。

     

    f:id:hara-potter:20170227062604j:image

    f:id:hara-potter:20170227062614j:image

    ゴールデンドラゴン、完成♪


    f:id:hara-potter:20170227042931j:image

    X−15は、合間に主翼後縁を薄く削り、胴体接合部の溶きパテをサンディング。

    尾ソリ(・・・と、言うにはデカイ)や垂直尾翼の後面パーツなどを接着し、塗装が出来る所まで組立て。

    窓はマスキングテープでマスキングをしておきました。

    明日は、塗装に入れますね(^0^)

    航製暦.170225

    hara-potter2017-02-25

    [][]

    改めてゴールデンドラゴンの実機写真を調べると・・・・・・見つからない(~_~;)

    前にモノクロ写真見た覚えがあるんだけど・・・・・・それも見つからない(~_~;)

    その代わりにググったらダイキャストモデルの画像が・・・・・・で、おかしいと思ったけど、やっぱり色が違ってた(~_~;)

    なので、フィンチップは白に塗り直し。

    チップタンクの先端はシルバーグレーで塗り直しておきました。

    塗り直しは、マスキングはそのまま、間違って塗った色も剥がさずに、そのまま重ね塗りしました(~_~;)

    次は、ブルーテールのレドームの塗装。

    こちらクレオスのC97番灰色9号+C316番特色ホワイトに、正体不明のサンドを加えたものに少し赤味が欲しかったので何かの下地塗装に使ったピンクをほんの少し加えてみました。

    で、ドライヤーで強制乾燥させたら、基本色に使った既に何だか判らない調合色にC97番灰色9号+C316番特色ホワイトを増量したものでドライブラシしておきました。

    ここまできたら、いよいよデカール貼りに入ります。

    先ずはゴールデンドラゴンから。

    マイクロのインスト通り貼っていきますが、一部位置が怪しい所は資料見ながら修正。

    次はブルーテールですが、この機体用のデカールは入手できなかったので、流用デカールや流用デカールの切り貼りなどで対応。

    垂直尾翼のHの文字は適当なデカールが見つけられなかったので、予め自作デカールを用意しておきました。

    デカールが貼れたら乾燥待ちの間に小物の塗装。

    今回、ゴールデンドラゴンは兵装類無し。ブルーテールは爆装にしたかったんだけど・・・・・

    ストックに同じ爆弾が6つ無かった(~_~;)

    実機写真見てると、爆弾は内側パイロンに2個だけで、あとはロケット弾を装備した写真があったので、その仕様でいくことにしました。

    キャノピーは・・・・・・実機はちょっと長くなっているみたいだけど塗装で誤魔化すことに(~_~;)

    先日塗ったキャノピーのマスキングを剥がし、フレームを1本追加。

    ガラス面の前後長が短くみえないような位置を探しながらマスキングして塗装しておきました。

    f:id:hara-potter:20170225183006j:image

    で、小物の塗装も一通り終わったので・・・・新しいキットに手を付けました。

    今度のお題はモノグラムのX−15。

    パーツ数も少ないし、プロペラントタンクやロケットブースターを付ける気もないので、ますますシンプルに・・・

    なので、サクッと作れそう(^_^)

    とりあえず、コクピットとキャノピーを仮組みして確認すると・・・・・・小さな窓からは、ほとんど中は見えない。

    なので、あっさりコクピットは省略することに(~_~;)

    これで更に工程が減ったので窓だけ接着したら胴体上面にキャノピーパーツを接着し、胴体上下を接着。

    これで十の字になりましたね。

    水平尾翼は後縁が分厚いので、モールドをマスキングテープで養生してから薄く削っておきました。

    f:id:hara-potter:20170226060534j:image

    で、今日はここまでで時間切れ。

    明日は、パンサーのクリアトップコートに入ります。

    しかし・・・・・・半分以上未塗装の機体にデカール貼るって変な感じですね(~_~;)

    航製暦.170224

    hara-potter2017-02-24

    []

    今日は、ブルーのドライブラシから・・・

    基本色に使った調合色にほんの少しC20番ライトブルーを加えたもので1段階目のドライブラシ。

    更に、この塗料にC20番ライトブルーを増量したもので2段階目のドライブラシを施しておきます。

    ブルーのドライブラシが終わったらブルーテールの銀塗装に入りたいところですが・・・・・・銀は、デカール保護のクリアトップコート後に塗りたいので、フィンチップ等の塗装に入ります。

    ブルーテールの方は垂直尾翼上端をマスキングしてC323番ライトブルーに塗装。

    ゴールデンドラゴンの方は・・・・・・色がよ〜判らん(~_~;)

    一応金色のようですが・・・・・デカールのドラゴンの色も金色が黄色になっちゃっているので黄色に塗装(~_~;)

    こちらは垂直尾翼上端と主翼の燃タン先端をマスキングして塗装します。

    下地にC8番銀+GXカラーの白を加えたもので塗装し、次はC114番RLMイエロー+GXカラーの白。

    上塗りにはガイアの005番サンシャインイエローを塗ってみましたが・・・・・・ちょっとイメージが違う?

    なので、その上から沈殿した白成分を完全に混ぜない状態のクレオスC4番イエローを軽く重ねてみました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    航製暦.170223

    hara-potter2017-02-23

    []

    今日から製作再開・・・・・・って、月曜日自転車通勤から帰ってきて着替えようとしたら腰がギクッっと(~_~;)

    で、火曜日に医者行って、昨日も一応大事をとっていたんですよね(~_~;)

    で、製作再開ですが・・・・・・どっちかと言うとリカバリーですね(~_~;)

    先ずは、キャノピーですが・・・・・・キットの2型と作ろうとする5型では、キャノピーが少し違う(~_~;)

    長さもちょっと違うようですが、幸い見た目的にはそれほども変わらない・・・

    フレームは1本増えているようなので、これを描き足すことで対応しますが・・・このフレームが機体色ではなく、白っぽいパッキンみたいな感じなんですよね。

    で、今回は不精してパッキンの塗装は省くつもりだったけど、急きょマスキングしたガラス面の周囲だけ、クレオスのC97番灰色9号+C316番特色ホワイトで塗装。

    この塗料が乾燥したら、ガラス面の周囲を0.4mm幅のマスキングテープで機体色に塗装します。

    で、この塗装前の乾燥待ちの間に、垂直尾翼に塗布したパテをサンディングして綺麗に均しておきます。

    で、これが終わったらキャノピーと一緒に塗装に入ります。

    で、今日は一通り塗装できたところで時間切れ。

    とりあえず、腰も大丈夫のようですね(~_~;)

    航製暦.170219

    hara-potter2017-02-19

    []

    今日は、2機目の垂直尾翼整形から・・・

    昨日は番手を320番まで上げて削った改造パーツですが・・・・・それでもなかなか埒が上がらなかったので、今日は180番から。

    う〜ん、パーツの段差調整に使うような番手じゃないな(~_~;)

    因みに、この180番、何時もは主翼などの後縁を薄く仕上げるのに接着面を削るのに使っているもの。

    木片に貼った180番で粗削りしたら、今度は180番を当て木に当ててサンディング。

    更に320番を挟んで600番でサンディング。

    段差が無くなったら主翼と水平尾翼を接着して士の字になりましたね。

    元々パーツも少ないので、脚カバー等機体色と一緒に塗装するパーツのゲート処理などができたら塗装に入ります。

    先ずはキャノピーをマスキングしてから塗装入り。

    塗料はシーマスター作った時のブルーを使用。

    で、塗り始めたら・・・・・ん?境界層板が在る?

    塗装の資料に用意しておいた側面図を見るとインテーク横に境界層板が追加されているみたいですね。

    で、ここまで来てから資料漁って2型と5型の相違を確認(~_~;)

    エンジンが変わって機体が伸びた以外にインテークも少し大きくなっているようですね。あとキャノピーも変わってる(~_~;)

    インテークや境界層板は、幸い銀色に塗る所なので、塗装は未だこれから・・・

    なのでマスキングテープでカットラインをマーキングしてから削って、インテーク口を一回り大きく。

    境界層板はエッチング鋸の2枚重ねで主翼前縁に切れ込みを入れ、使い古しの磁気カードで境界層板をセットしておきました。

    あと、塗装したら表面処理不良の出てきた垂直板には溶きパテを塗布して今日は時間切れ。

    さて、キャノピーが変わっているのは、どうしよう(~_~;)

    塗装前なら、塗装で誤魔化せたんだけどね・・・

    航製暦.170218

    hara-potter2017-02-18

    [][]

    今日は、残っていたスタビレーターの金属色の塗装から・・・

    で、これが終わったらシートを塗装してキャノピー接着・・・・・・と、その前に後席キャノピーにバックミラーを接着しないと(~_~;)

    このバックミラー、透明部分に接着することになるので、接着剤代わりにクリア塗料を使用。

    で、ウィンドシールドの中央部分はクリアブルーに塗装してから接着。

    あとは翼端灯とかチマチマ塗装したら、スミ入れをして完成ですね(^0^)

    f:id:hara-potter:20170219224822j:image

    f:id:hara-potter:20170219224908j:image

    f:id:hara-potter:20170219224923j:image

    f:id:hara-potter:20170219224951j:image

    f:id:hara-potter:20170219225012j:image

     

    で、次のお題はハセガワのF9Fパンサー。

    ブルーテールが作りたいということで、頂いてきたマイクロの改造パーツを使用して5型に改修します・・・・・・と、言っても垂直尾翼のパーツが入っているだけですが。

    幸い、改造パーツは2機分付属するので、もう1機、マイクロのデカールにセットされているゴールデンドラゴンも作ることに。

    ブルーテールの方はデカールが入手できなかったので、流用デカールと自作デカールで対応する予定です。

    で、接着済みだった改造パーツの垂直尾翼の継ぎ目に整形ですが・・・

    本来、下端から上端にかけてテーパーで薄くなっていくんだけど、改造パーツは、太い部分に合わせた同じ厚みに板になってる(~_~;)

    なので、削ってテーパーを入れるんだけど・・・・・・硬い(~_~;)

    硬くて粘っこい、不思議な材質なので削りにくいわ(~_~;)

    で、なんとか1機分削った所で時間切れ(~_~;)

    f:id:hara-potter:20170218225833j:image

    航製暦.170204

    hara-potter2017-02-04

    [][]

    今日は、垂直尾翼のピトー菅の工作から・・・

    シムを挟む都合でカットしちゃったピトー菅をアルミパイプとピアノ線で作り直します。

    で、取付けにはピンバイスで差込み穴をザクるのですが・・・元のパーツの切欠きで開口しにくい(~_~;)

    なので、前縁の所に目立てヤスリでピトー菅位置をマーキングしたら、パーツの切欠きを瞬着で埋めてサンディングしておきます。

    綺麗に均せたらピンバイスで差込み穴をピンバイスでザクって接着したら隙間に溶きパテを塗布しておきます。

    外翼やスタビレーターの筋彫りのはみ出しに塗布した溶きパテをサンディング。

    続けて燃タンも・・・そしてトラベルポッドも・・・って、思ったら溶きパテが足りてなかった(~_~;)

    で、今日はここまでで時間切れ。

     

    f:id:hara-potter:20170204211624j:image

    明日の例会用にパンサーも始めました(^_^)

    航製暦.110710

    hara-potter2011-07-10

    [][][][]

    今日は、スミ入れから・・・

    スミ入れには、タミヤエナメルのブラックとハルレッドを使用。

    と、言ってもほぼブラックだけでスミ入れしていますが(~_~;)

    でもブラックだけでは単調になるので、所々少しハルレッドを加えたブラックでスミ入れしています。

    で、スミ入れ後、キャノピーを接着。

    更にピトー管やアンテナ支柱などを接着してリタッチすれば完成〜♪

    f:id:hara-potter:20100709092109j:image

    f:id:hara-potter:20100709092120j:image

    ファントム1

     

    f:id:hara-potter:20100709092201j:image

    f:id:hara-potter:20100709092216j:image

    パンサー。

     

     

    で、残った時間で次のキットの製作♪

    次は、イスラエルのF−16Iの予定でしたが・・・予定は、未定で違うキットに手を出しちゃった(~_~;)

    なので、次の製作はエマーのFJ−4フューリーとマッチのF−86Aセイバーになりました。

    キット(エマーとマッチボックス)も実機(フューリーとセイバー)も兄弟みたいな関係なので、同時進行で行ってみましょう♪

     

    f:id:hara-potter:20100710051829j:image

    フューリーは、時間があるときに少しづつ彫っておいたスジ彫りが、内翼終了、外翼途中の段階だったので、外翼のスジ彫りを終わらせてから接着。

    内翼上下を貼り合せる時には、中にゼリー状接着剤を盛って、上下を繋ぐ補強としておきました。

    その後、分厚い後縁を盛大にヤスリがけ。途中、スジ彫りが消えそうになるので、その都度彫りなおし。

    セイバーの方もマッチお得意の運河彫りはないものの、スジ彫りの周りにカエリが出てたり、パネルごとの表面に段差があったりするので、後で表面を一皮剥く必要がありそうです。

    胴体は、インテークから中が丸見えなので、コクピットまでの間にプラ板の仕切りを作って黒く塗装。フューリーのインテークは底が塞がっていますが、これを開口する予定なので、同じように仕切りを追加してあります。

    で、今日はコクピット内部をグレーに塗装して時間切れ(^0^)

    航製暦.110709

    hara-potter2011-07-09

    [][]

    今日は、小物の塗装の続きから・・・

    塗りかけだったタイヤを塗ったり、脚柱のシリンダー部をペイントマーカーのクロムシルバーで塗装後、組立て。

    ファントム1のアレスティングフックは、キットインストでは白/赤の塗り分けが指定されていますが、実機画像では白/黒しかなかったので、白黒の縞々塗装。

    で、取付ける際には、ちょっと長さが余るので、胴体のスリットに併せてアレスティングフックを切り詰めています。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    あとはスミ入れすれば、ほぼ完成(^0^)

    最新コメント一覧