ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2019/06 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.160214

    hara-potter2016-02-14

    [][]

    今日は、スミ入れに入ります。

    とりあえず、スミの入れやすい凹モールドのJ−10から。

    使うのはタミヤのスミ入れ塗料のブラックとダークブラウン。

    で、一通りスミが入ったらクフィルも同じようにスミ入れをしますが、こちらは凸モールドなので、全てのモールドにスミは入れずに要所要所に描き込んでいく感じで・・・

    で、拭き取る時もモールドの所でスミを残すような感じで・・・

    で、スミが入ったらピトー菅やアンテナを接着、リタッチすれば完成♪

     

    f:id:hara-potter:20160214112535j:image

    f:id:hara-potter:20160214112609j:image

    クフィルC10

     

    f:id:hara-potter:20160214112638j:image

    f:id:hara-potter:20160214112652j:image

    クフィルC12

     

    f:id:hara-potter:20160214112723j:image

    f:id:hara-potter:20160214112733j:image

    J−10? ラビもどき?(~_~;)

    航製暦.160213

    hara-potter2016-02-13

    [][]

    今日は、脚周りの塗装の続きから・・・

    クフィルC10の脚周りや脚カバー内側などを下面色と同じC69番グランプリホワイトに艶消し材を加えて塗装。

    で、一通り塗れたらオレオのシリンダー部をタミヤ・ペイントマーカーのクロムシルバーで塗装してから組み立てていきます。

    で、脚柱を機体に接着したら接着剤乾燥待ちの間にホイールのタイヤを塗装していきます。

    で、これも塗れたら強制乾燥後に接着。

    脚カバーは、燃タンとの干渉もあるので先に燃タンを接着したから接着します。

    脚カバーの接着ができたら残っていた兵装類も接着していきます。

    で、これらと並行してシートと操縦桿も塗装後に接着して、最後にキャノピーを接着しておきます。エンジンノズルも合間に接着しておいたので、あとはスミ入れと細かいパーツの接着だけですね(^_^)

     

    で、背中にあるT字状のパーツ(アンテナ?)、適当な流用パーツを用意して仮組みしてみます。

    使ったパーツは、ハセガワのファントムのインテーク内のパーツ。

    このパーツ、ファントム組む時にはマスキングの邪魔になるし、組み上がったらほとんど見えないので、何時もオミットして組んでいたんですよね(~_~;)

    なので、このパーツは大量に在庫しているので、1つや2つ、失敗してもノープログレム(~_~;)

    先ずは、足の部分を0.7mmぐらいでカット。

    その後、接着用の芯になるピアノ線を埋め込む穴を開口するのですが・・・厚みが無いので0.2mmのピンバイスでザクるのが私の限界(~_~;)

    で、ザクった0.2mmの穴に0.2mmのピアノ線を差し込んで接着するんだけど・・・・・・目が辛いわ(~_~;)

    f:id:hara-potter:20160213105953j:image

    f:id:hara-potter:20160213110021j:image

    で、今日は、この仮組みで時間切れ。

    これを組んでいる時に気が付いたけど・・・・・・背中の涙滴型のアンテナ、位置が一個分前過ぎましたね(~_~;)

    航製暦.160212

    hara-potter2016-02-12

    [][]

    今日から脚周りに入ります。

    先ずは脚柱等の小物パーツのゲート&パーティングラインの処理から。

    普段は、作業の合間合間にある程度進めているんだけど、今回はほとんど手を付けていない(~_~;)

    しかも3機分だから・・・(~_~;)

    で、ゲート処理と並行して脚柱に付く透明パーツのライト類の方も進めていきます。

    先ず、レンズ部をマスキングゾルでマスキングしたらタミヤペイントマーカーのクロムシルバーで塗装。

    塗料を強制乾燥後、脚柱の所定の位置に接着しておきます。

    で、3機分のゲート処理が終わったら、脚収納庫と一緒に塗装していきます。

    で、今日はクフィルC12とJ−10の脚周りを塗装して時間切れ。

    脚周りは、下面色と同じ色で塗っています(^_^)

    航製暦.160211

    hara-potter2016-02-11

    [][]

    今日は、J−10のコーションデカールの続きから・・・

    と、言ってもエレボンとかのコーション類ぐらいで終了。

    イマイチ寂しい気もするけど、こんなもんかな・・・

     

    で、クフィルのは前脚カバーに描かれた2重丸のデカールが無かったので、適当な流用デカールを探しますが・・・

    f:id:hara-potter:20160210065720j:image

    ピッタリのものが無かったので、F−16の燃タン用デカールを流用。

    サイズは丁度良いけど、丸が4か所途切れているので塗料でリタッチして対応します。

    本当は、内側の丸がもう少し大きんだけど・・・・・・気が付かなかったことにしよう(~_~;)

    で、機体のコーション類が終わったらミサイルの組み立てと塗装。

    実際装備されている写真が手持ちの中には少なく、また在ってもほとんどブルーのダミー弾だったりするので、塗装は適当に(~_~;)

    一応、適当なラインも入れてみたけど・・・・・・コロンビアで使っているものには入らないのかも?(~_~;)

    で、夕方から寝るまでの間に何回かクリアコートして、最後は半艶クリアまで終了♪

     

    f:id:hara-potter:20160210064926j:image

    昨日数字の4のデカールが足りないって書いたけど、使わないともって退けてた方に入ってた(~_~;)

    航製暦.160210

    hara-potter2016-02-10

    [][]

    今日は、クフィルC10のコーションデカールの続きから・・・

    で、昨日のC12と基本的に同じものが多いので、昨日よりは早く貼れますね。

    f:id:hara-potter:20160209061630j:image

    で、足りない前脚カバーの44の機番デカールは、使わなかったブラッククフィルの機番デカールを流用して確保。

    ブラッククフィルの機番は、黄文字だけど主翼下面と前脚カバーが黒文字なので、ぎりぎり足りました(~_~;)

     

    で、残った時間でJ−10のコーションデカールを貼って時間切れ。

     

    クフィルのデカール流用でそれらしく・・・

    f:id:hara-potter:20160209061658j:image

    と、カナード下の四角い赤枠のデカール、丁度サイズの合うモールドがあったのでここに貼ったけど・・・これ、エアアウトレットのシャッターのコーションだから、ここに入るのはおかしい(~_~;)

    航製暦.160209

    hara-potter2016-02-09

    []

    今日から本格的にクフィルC12のデカール貼りに入ります。

    C10ではなくこっちを先に選んだのは、デカールの指定塗装だからだけど・・・

    デカールのインスト、コーション類について特段の指示があるわけでもなく、カラー図に描かれたコーションを探しながら貼っていくだけなんだけど・・・・・・このカラー図自体、実機と違うじゃん!(~_~;)

    目立つ部分でも全く違うとうか、イスラエル機の標準仕様のコーションをそのまま描いてあるだけだし・・・と、全く当てにならないのが判ったから実機写真を見ながら探していくことに(~_~;)

    で、個人の好みで一部省略・・・

     

    f:id:hara-potter:20160209122226j:image

    この写真で判るように、ライオンマーキングの鬣の間にクフィルのロゴマークが見えるんだけど,

    見た目にゴチャ着くので、これは省略しました。

    デカールには、このクフィルのロゴマークも用意されているんだけど・・・・実機とは違うクフィルC12のロゴマークになってるし(~_~;)

    で、更に同じコーションデカールの見つからないところは、それらしい似たものを貼って・・・

    主翼上下面のコーション類は、ハセガワのキットのものを使用しました。

    で、残った時間でC10のコーションに入りますが・・・・・・

    先日貼った主翼上面のFAC3044の文字、位置が後ろ過ぎた(~_~;)

    なので、お湯を塗って糊を溶かしてから正しい位置に貼り直しておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    ちなみに、このデカールにセットされている機番、ブラッククフィルのFAC3034、ライオンマーキングのFAC3041、それとJ−10のフェイク塗装に使った垂直尾翼にライオンマークが入る機体のFAC3051の3機は、ちゃんと機番デカールが用意されていますが、それ以外の機体についてはFAC30のデカールに0〜9まで用意された番号デカールを組み合わせて使うようになっています。

    で、私が作っているC10のFAC3044の機体もC7仕様時代のカラーリングでデカールが用意されていますが・・・・・・C7(明るいグレー)、C10、どちらで作っても4の数字が足りなくなるのよね(~_~;)

    航製暦.160208

    hara-potter2016-02-08

    [][]

    今日は、J−10のデカール貼りの続きから・・・

    で、寂しく感じたロービシのラウンデル、結局剥がしてしまいました(~_~;)

    で、代わりに青の所が黒になったバージョンのコロンビア・ラウンデルを貼ってみました。

    青バージョンの自作デカールも、クリアデカールバージョンが1機分、白ベタデカールに印刷したバージョンが2機分残っていたのですが、目先を変えるにはこっちの方が良いかなぁ・・・と。

    で、こっちの方は国籍マークと機番以外のマーキングと言うと垂直尾翼のライオンマークぐらいなので簡単に貼り終えましたね。

    むしろ前に貼ったロービシラウンデルのデカール剥がすのに時間がかかってたりして(~_~;)

    デカールを剥がすのにはマスキングテープを使って剥がすのですが、何故か1っヶ所だけ凄くピッタリと言うか強固に貼りついてて何度マスキングテープを貼って剥がしてもデカールが剥がれなかんたんですよね。

    で、あまりに剥がれないので、結局その部分はロービシの上にハイビシのラウンデルを重ねて貼っています(~_~;)

    ちなみに機番は元にした・・・

    f:id:hara-potter:20160207063714j:image

    この機体のFAC3051の順番を変えてFAC5130としました。

    どうも最初の30がクフィルを表す番号みたいなので・・・

     

    で、残った時間でクフィルのコーション類のデカールを貼っていきますが・・・

    今日は、貼り始めたところで時間切れ。

    垂直尾翼に貼る国旗のデカールも通常の青バージョンのものが1機分しかなかったので、黒バージョンの黒部分を塗料でリタッチしておきました。

    で、塗料乾燥待ちの間に・・・・・貼るのを忘れてた(~_~;)

    航製暦.160207

    hara-potter2016-02-07

    [][]

    今日からデカール貼りに入ります♪

    先ずは、ライオンマーキングのC12からかかりますが・・・・・・

    先に面倒くさい主翼の赤ラインを先に2機とも片付けます。

    と、いうのものデカールに赤バージョンのラインデカールが2機分、白バージョンのもの1機分、せまい間隔で並べて印刷されているので、2機分纏めての方が切り出しの手間がかからないんですよね。

    で、赤ラインが貼れたらライオンマーキングのデカールを貼っていきます。

    C12の方を先に貼るのは、別売りのデカールにこの機体その物のデカールが用意されているからですが・・・

    このデカールセット、ハイビシのコロンビアのラウンデルが1機分しか用意されていないんですよね。

    デカール自体には3機分のハイビシカラーのものが用意されているのに(~_~;)

    ちなみにロービシ仕様のものは3機分のカラーリングに対してラウンデルは2機分付属。

    あともう一機、カラーズには描かれていないモノクロ版のインストにのみ表示されているのが、今回作ったC10のFAC3044の機体その物なんだけど・・・・・・C10仕様に改修される前の明るいグレーのC7仕様。

    で、この時の国籍マークは、何故か青の部分が黒の仕様なんですよね(~_~;)

    で、デカールセットには、この機体のためだけに黒仕様のラウンデルが付属しているけど、そのお蔭でか通常の青バージョンのものは1機分しか付属しない。

    でも、今作ってるC10のラウンデルは青バージョンの方なので・・・・・・ラウンデルが一組足りない(~_~;)

    なので、1機分は自作デカールで対応します。

    今回は、版下をウィキペディアの画像から流用。

    これだとスキャナーで読み取った版下と違い、余分な余白カットや色の部分の塗り直しなどの手間が要らないので簡単に印刷データが作れます。

    今回は、デジタルカラーコピー機(当然、プリンターとしても使える複合機)で白ベタデカールに印刷したものと、クリアデカールに印刷したものを用紙しました。

    当然、クリアデカールに印刷したものは隠ぺい力が弱くてそのままでは使えないですが、それは別途MDプリンターで下地用の白ベタ印刷したデカールを用意することで対応します。

    白ベタ印刷の版下も先ほどのウィキのデータから余白のみを選択し、選択部分を反転させた後、黒ベタに塗れば出来上がりだから手間はかからないです。

     

    MDプリンターの下地デカールとの組み合わせでデジタルコピー版デカールを使うのは初めてなので、万が一の場合に備えて白ベタデカールに印刷したものも用紙しましたが・・・・・・これは必要なかったかもしれませんね(^_^)

    で、一通りC12のデカールが貼れたらC10のデカール貼り。

    こちらはデカールインストのモノクロ図と実機写真を確認しながらなので、ちょっと余分な手間がかかりますが、それでもマーキング自体が少ないのでほどなく終了。

    残った時間でJ−10のデカール貼りに入りますが、こちらはフェイク塗装なので、あまり細かいことは気にしないで進めていきましょう。

    で、とりあえず参考にしているクフィルの機体に準じてロービシ版のラウンデルを貼ってみました。

    f:id:hara-potter:20160207042344j:image

    で、今日はここまでで時間切れ。

    う〜ん、ロービシ版のラウンデル、やっぱり色味が無いのは寂しいですね(~_~;)

    航製暦.160205

    hara-potter2016-02-05

    [][]

    今日は、クフィルのフィンチップの塗装から・・・

    下地の白塗装は終わっているので、中間にクレオスのC113番RLMイエローを塗ってから上塗りのC329番特色イエローを塗装。

    C10のレドームは、基本色に使ったグレーに白を増量したもので軽くドライブラシをしておきました。

    あとは背中と垂直尾翼のレーダーアンテナをC316番特色ホワイト+C62番つや消しホワイトで塗装し、追加しておいたセンサーのシーカー部を黒く塗っておきました。

    f:id:hara-potter:20160204061647j:image

    これでデカール貼りに入れますが・・・・・残ってたJ−10の塗装に戻ります。

    で、今日は下面色のマスキングをしてキャノピーのゲート処理をしたところで時間切れ。

    クフィルは、カナードを接着して土の字になりましたね(^0^)

    航製暦.160204

    hara-potter2016-02-04

    []

    今日は、上面色のドライブラシから・・・

    先ずはC10の上面色から。

    第一段階目のドライブラシは、基本色で使った自家調合グレーにC20番ライトブルーをほんの少し加えたものを使用。

    更にC20番ライトブルーを増量したもので2段階目のドライブラシを施しておきました。

    C12の方は、基本色で使ったC305番グレーに白を加えたもので1段階目のドライブラシ。

    更に白を増量したもので2段階目のドライブラシを施しておきました。

    上面色のドライブラシが終わったら、フィンチップとC10のレドームの塗装に入ります。

    それぞれマスキングテープでマスキングしたら、垂直尾翼のフィンチップはGXカラーのホワイトで下地塗装。

    レドームの方はC306番グレーに白を加えたもので塗装しておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    もう少しでデカール貼りに入れますね(^0^)

    最新コメント一覧