ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2019/06 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.180917

    hara-potter2018-09-17

    []

    今日は、塗り忘れてたウィンドシールドの塗装から・・・

    で、マスキングしてたらパーツ割っちゃった(~_~;)

    なので、割れたパーツから型取りし、透明なブリスターパックから切り出し。

    で、少し大きめにカットした状態から少しずつすり合わせ。

    すり合わせができたら塗装して接着しておきます。

    これでいよいよでデカール貼りに入ります。

    先ずは銀と白塗装の境目になる緑のピンストライプから貼っていきます。

    機首下面側から側面の割り込んだ辺りは、本当に細いストライプだけのデカールなので、そのまま貼ってOKですが、その後ろ側になる側面のほとんどの物は上下のストライプが一枚のデカールになっています。

    一枚のデカールなのでピンストライプがヨレたり、幅が歪んだりしないのは良いんだけど・・・・・・その間に窓があるのよね(~_~;)

    なので、一枚物のまま貼ってから、間の余白は後でカットすることにしますが・・・・・・・上側のデカールの方が少し長めですね。

    デカールの長さ自体は普通に下側と一緒なのですが、どうも胴体の曲面分長さが変わってきたみたいですね。

    後から考えたら真ん中の余白部分に切れ込みを入れてから貼れば良かったみたいですが・・・・その時は気が付かなかったので、モールド部分に何ヵ所か切れ込みを入れて調整できるようにして貼りました。

    で、デカール乾燥後にカッターで切れ目を入れて余白を剥がしてあります。

    一通りデカールが貼れたらプロペラや脚周りも塗装して接着。

    アンテナやレドーム、灯火類の小物は接着してリタッチしておきます。

    f:id:hara-potter:20180918064246j:image

    f:id:hara-potter:20180918064317j:image

    最後にアンテナ線を貼って完成♪

    あきみずあきみず 2018/09/18 20:16 きれいな塗装の機体です 垂直尾翼の花がポイントに
    なっています。72ですから大きいでしょう 細い
    デカール貼りが、上手くいって 良かったです。

    腹ポ腹ポ 2018/09/21 09:19  
    ★あきみずさん
     コメント、遅くなってすみませんm(_ _)m
     ピンストライプ、ちょっと心配でしたが上手くいって良かったです。
     あとは、剥がれてこないかが心配ですが・・・

    航製暦.181916

    hara-potter2018-09-16

    []

    金曜日の晩にコンパウンドで磨いた辺りを中心に洗剤と流水で洗っておいて、土曜日丸一日乾燥させておきました。

    なので、今日から塗装に入ります。

    先ずは窓をマスキングし、白と赤く塗る所の下地塗装に入ります。

    下地塗装には、クレオスGXカラーの白を使用。

    あとで銀塗装する時の下地は綺麗なまま残したいので銀塗装する所をマスキングして塗装しました・・・マスキングの2度手間だけど(~_~;)

    下地塗装が終わったら白部分はC316番特色ホワイトに3倍ぐらいのGXカラーの白を加えたもので塗装。

    赤く塗る所は、間にC114番RLMレッドを挟んでからGXカラーの赤で塗装。

    塗装が乾いたら今度は逆にマスキングして銀塗装に入ります。

    使った塗料は前にグレーとC8番銀を混ぜたものが残っていたので、それに同量ぐらいの現行のC8番銀を加えたものを使用。多分前のC8番銀は旧版の方だと思う。

    銀が塗れたら、主翼前縁とキャノピー前アンチグレアの黒塗装。塗料はC40番ジャーマングレーを使用しました。

    で、前縁の黒は筆ムラを押さえるのと艶をもっと落としたかっらので、マスキングした状態のまま2000番のスポンジやすりで軽く表面を研磨しておきました。

    つや消し塗料とはまた少し違ったテクスチャーが良い感じになったと思うけど・・・・・・どうだろう?

    で、アンチグレアの方は、C40番ジャーマングレーに少し白を加えたものでドライブラシ。

    これで一通り基本塗装は終わったと思ったら、垂直尾翼前縁の黒を塗るの忘れてた(~_~;)

    なので、主翼前縁と同様マスキングして塗装、研磨しておきました(~_~;)

    航製暦.180914

    hara-potter2018-09-14

    []

    今日は、主翼の整形の続きから・・・

    で、一通りサンディングができたら着陸灯の工作に入ります。

    キットには透明のカバーが別パーツで用意され、主翼の取付側にはライトらしき丸いモールドが在ります。

    なので、この直径を計って、同径のクリアパーツに置き換えました。

    ライトのレンズに使ったパーツの接着面にはハセガワのミラーフィニッシュを貼ってから瞬着で接着、その後にキットに用意されているカバーを接着します。

    カバーは隙間もほとんどないけど、完全には面一にならず、ほんの少し主翼面から浮いた感じなるのでペーパー掛けで面一に仕上げ、最後にコンパウンドで透明度を復活させておきました。

    主翼ができたら胴体と接着して十の字ですね。

    あとはナセルとナセル上面のオイルクーラーを接着して時間切れ。

    胴体に一部不要なモールドとヒケが有ったので、そこには溶きパテを塗布しておきました(^_^)

    航製暦.180913

    hara-potter2018-09-13

    []

    今日は、パーツ接合部の整形から・・・

    で、今日は胴体が終わって主翼パーツのナセル周りを残して時間切れ。

    航製暦.180912

    hara-potter2018-09-12

    []

    今日は内翼から・・・

    内翼の接着ですが、補強も兼ねて下面側の内翼と外翼の接合部の内側にゼリー状瞬着を充填しておきました。

    で、硬化スプレーで位置がずれなくなったら接合部に溶きパテを塗布しておきます。

    次はエンジンナセル左右の接着ですが・・・・・・エンジンを後付けできないか確認してみましたが無理のようですね(~_~;)

    なので、先にカウル内側を黒く塗装し、エンジンも塗装して組んでおきます。

    で、隔壁に組みあがったエンジンを接着してナセル左右を貼り合わせ。

    こちらも接合部には溶きパテを塗布しますが・・・・・・

    その前にカウルフラップのモールド気になったので彫り直して置きました。

    キットのモールド、Uの字状で底の丸い所が見えるので、目立てヤスリでVの字状になるように彫り足しておきました。

    主車輪左右も貼り合わせて、大まかなパーツの貼り合わせは一応終わったかな。

    で、残った時間で胴体のセンディングに入りますが、今日はその途中で時間切れ。

    ウィンドシールドの合わせを確認のため仮組みしてみましたが、パチンと気持ちよく隙間なく所定の位置に収まりますね。

    なので、そのままの状態で写真を撮っておきました(^0^)

    航製暦.180911

    hara-potter2018-09-11

    []

    今日は、胴体の続きから・・・

    尻尾のコーン部分が別パーツになっているので、それを接着。

    70年代の古いキットらしいけど、こういったところの合わせは今どきのイタレリキットよりも良いような気がしますね。

    あと、背中にアンテナ支柱用の取付穴があるけど、どうも今回作る機体とはアンテナ支柱の位置が違うようなので、伸ばしランナーと瞬着を使って埋めておきました。

    あとはパーツ接合部に溶きパテを塗布して整形に備えます。

    主翼、水平尾翼は後縁を薄く削ってから接着しますが、主翼は厚みもあるのでランナーの補強を入れて、上下パーツを接着した時に上下のブリッジになるようにしておきました。

    で、今日は外翼上下の接着で時間切れ。

    内翼を接着するには、少し時間が足りなかった(~_~;)

    航製暦.180910

    hara-potter2018-09-10

    []

    今日から新しいキットの製作に入ります♪

    次のお題は・・・・・・Fー16の筈だったのですが、違うものに手を付けちゃった(~_~;)

    そんなわけでイタレリのC−47の製作に入ります。

    ちなみに箱に書かれたメーカー名を見ると「ITALERI」ではなく「ITALAEREI」と、なっています。

    昔は「イタレリ」の事を雑誌などでも「イタラエリ」って、表記されてたけど、これって発音表記が変わったんじゃなくてメーカー自体が変わっていたんですね(~_~;)

    で、早速胴体左右を貼り合わせられるよう胴体に挟み込むパーツの塗装から入ります。

    仕様は別売デカール

    f:id:hara-potter:20180910123441j:image

    を使ってワールド・ワイド・エアウェイズにしますが・・・・・・内部の色とか判らない(~_~;)

    エアライナーだし白辺りが順当だと思うけど、隠ぺい色の問題もあるし、どうせ中なんてほとんど見えないし・・・・・・でシルバーグレーで塗装しておきました。

    座席も軍用の輸送機タイプのまま横一列に並んだタイプ(普通電車の座席と同じだね)だけど、気にしないことにします(~_~;)

    で、中に挟み込むパーツの用意ができたら、側面のカーゴハッチを接着し、垂直尾翼後縁側の接着面を削って薄く仕上げてから胴体左右を接着します。

     

    f:id:hara-potter:20180910065540j:image

    で、今日はここまでで時間切れ(^_^)

    最新コメント一覧