ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2019/06 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.180626

    hara-potter2018-06-26

    []

    今日は、最終組み立て段階に入ります♪

    先ずは機首先端のライトを接着。

    透明レジンのパーツの接着面にはハセガワのミラーフィニッシュを貼り付けてからゼリー状瞬着を使って接着。

    キャノピーの接着にはピットマルチを使用。

    脚周りは・・・ホイールの軸径が細いのでピンバイスで広げてから脚柱に接着。

    この時、片側の脚柱を機体にセットしてホイールの接地面になるところの位置を合わせておきます。

    あとはエッチングパーツも含めて脚周りをくみ上げ、これを胴体のダボ穴に差込うようにセットして組付け終了。

    ピトー管はアルミパイプとピアノ線を組み合わせたもので作り直すつもりだったけど・・・

    長さチェックのためキットのパーツを確認すると・・・・細くてシャープだし、ある程度の粘りも有るから簡単には折れなさそう。

    なので、レジンのパーツをそのまま接着してリタッチしておきました。

    最後に脚カバーの接着ですが・・・・・パーツの厚みで所定の位置に持ってこれない(~_~;)

    なので、内側を削って何とか所定の位置にせセットしました。

    f:id:hara-potter:20180626060647j:image

    f:id:hara-potter:20180626060633j:image

    DH.88コメット、完成♪

    航製暦.180625

    航製暦.180624

    hara-potter2018-06-24

    []

    今日から塗装に入ります♪

    先ずは吹き終わったサフをスポンジヤスリで軽く磨いてから塗装に入ります。

    塗料は、クレオスの40周年記念色のプリビアスシルバーを使用。

    これをエアブラシして塗りあがったら、同量のクリアを加えた同色を更に吹き付け、最後はほぼクリアだけのものをエアブラシしておきました。

    塗料が十分乾燥したら、次の明るいブルーの塗装のためにマスキングしていきますが・・・・・・

    デカールを型紙にして切り出したマスキングを貼っていると、これデカールでも行けるんじゃ・・・と、思い始め、結局途中まで貼ったマスキングテープを剥がしてデカールを使うことにしました。

    ダメならマスキングに戻るつもりで始めたデカールだけど、思った以上にスムーズに終了(^_^)

    で、塗装の合間などに小物の方も進めておきました(^_^)

    航製暦.180623

    hara-potter2018-06-23

    []

    今日は、胴体下面の接着から・・・

    で、これができたら主翼を接着していきます。

    ダボが折れた左翼は、真鍮線を植え込んで接着しておきました。

    あとは、垂直尾翼、水平尾翼、エンジンナセルを接着していき・・・・・・形になるのが早いですね。

    エンジンナセルには、事前に選択パーツのバルジを接着しておきました。

    このバルジ、インストでは接着するように指示されていますが、塗装図や箱絵には描かれていないんですよね(~_~;)

    で、調べてみたけど・・・・・・確信は持てないけど、どうやらこの時期にはバルジがあったようですね。

    あとはスピンナー、脚カバーの塗装の用意をして、サフを吹いていきます。

    1度目のサフ吹きで出てきた下地処理不良の部分には溶きパテを塗ってサンディング後、改めてサフを吹いておきます。

    で、今日はサフ吹きが終わったところで時間切れ。

    航製暦.180622

    hara-potter2018-06-22

    []

    今日は、コクピット周りの塗装と組み立てから・・・

    先ず実機の色ですが・・・・・・よ〜判らん(~_~;)

    ネットで調べると全て黒一色に近いものから暗いグリーン系+計器盤などが黒系のもの、ナチュラルウッドっぽいもの、灰色系などなど色々出てくる(~_~;)

    レプリカも多い機体だから、おそらくレプリカ機のものも混ざっているんでしょうね(~_~;)

    で、古そうなモノクロ写真見るとかなり暗い色の様なので黒に近いグレー単色で塗っておきました。

    計器盤はレジンのパーツとメーターが印刷されたフィルム、エッチングの組み合わせなので、メーターフィルムを貼る部分を白く塗って組み立て後、メーターごとエッチングパーツにはプライマーを塗ってコクピットと同じグレーで塗装しておきました。

    次は隔壁の一部を接着した胴体下面パーツが胴体左右貼り合わせ後に組付けられるか仮組みで確認して・・・・・・なんとかなりそうですね。

    なので、胴体左右を貼り合わせたら前席の計器盤を下からセットして接着ですが、結構位置決めがしにくいというか、所定の位置になかなか来てくれないというか・・・

    でも、上手く位置が合えばパチンと所定の位置に収まってくれますね。

    このまま接着しなくても大丈夫そうですが、計器盤の裏側で瞬着を流し込んで接着しておきました。

    次は胴体下面の接着ですが・・・・・・強引に接着すれば何とかなりそうでもあるけど、微妙に合わせがきついというか、どこかが干渉している(~_~;)

    で、干渉部分を探しながらすり合わせします。

    で、今日はこのすり合わせが終わったところで時間切れ(~_~;)

    航製暦.180621

    hara-potter2018-06-21

    []

    今朝は寝坊したんであんまり進んでいない・・・・(~_~;)

    とりあえず、残っていたメインパーツの尾翼関係をゲート処理して仮組み。

    きっちり合わなくても、そこそこOKなら先に進んで、コクピットに移ります。

    とりあえず胴体左右を早く貼り合わせたいので、コクピットフロアを切り出して胴体下面パーツに接着。

    あとは隔壁やシートも同様に接着し・・・・・・コクピット壁面に接着する部品をどうするか(~_~;)

    正直、小さなパーツを切り出して接着するのも面倒だし、コクピットの中は出来るだけ省略したい派なんだけど・・・・・何故か今回は切り出して接着している(~_~;)

    スロットルレバーは、レジンパーツ2個とエッチングのスロットルレバー6本の組み合わせで作るようになっているんだけど・・・・・・こんな窓越しでは見えないような細いエッチングパーツは要らんわ(~_~;)

    ということでレジンのパーツだけ壁面に接着しておきました。

    で、塗装に備えてプライマーを塗ったところで時間切れ。

    明日はコクピットの塗装だけど・・・・・色は何色なんだろう?(~_~;)

    航製暦.180620

    hara-potter2018-06-20

    [][][]

    今日は、脚周りの塗装、組み立てから・・・

    といっても、リンドバーグのキットは極楽とんぼ仕様なので、脚周りは不要ですが・・・(~_~;)

    で、スペホのキットは主脚柱を接着しますが、ダボ穴が小さくて主脚柱を差し込めないのでピンバイスでダボ穴を広げてから接着します。

    で、収納用のシリンダーも接着して角度の確認をしたら主脚柱に瞬着を流し込んで固定してしまいます。

    あとは、タイヤを塗った尾輪や主車輪を接着して、脚カバーを接着します。

    で、この合い間にキャノピーを接着しているんだけど・・・・

    f:id:hara-potter:20180620093944j:image

    接着してから気が付いたけど、後ろ側の窓は外板に変わっていたのね(~_~;)

    f:id:hara-potter:20180620094001j:image

    なので、銀色でリタッチしておきました。

    ピトー管は、レコードブレーカーではキットインストでも選択パーツになっているし、箱絵にも描かれていないので装着せず。

    リンドの方も手間をかけたくないので省略しています。

    あとはプロペラ&スピンナーを接着して完成ですね。

    スミ入れは両方とも今回は無しで組んでいますが、レコードブレーカーの動翼のみコピックのウォームグレーのスミ入れペンで軽く影を入れておきました。

     

    f:id:hara-potter:20180620065821j:image

    完成♪

     

    f:id:hara-potter:20180620065841j:image

    f:id:hara-potter:20180620065851j:image

    スペシャルホビーのHe100V8レコードブレーカー

     

    f:id:hara-potter:20180620065923j:image

    f:id:hara-potter:20180620065940j:image

    f:id:hara-potter:20180620065953j:image

    f:id:hara-potter:20180620070013j:image

    リンドバーグのHe100

     

    で、思ったより早くできたので次のキットの準備が間に合っていない(~_~;)

    とりあえず次のお題はデハビランドのHD.88コメット。

    とりあえず仮組ができるように主なパーツのゲート処理から。

    変なバリも少ないし、整形がはっきりしていてパーツとゲートも見分けやすいので、後は淡々と削って仮組。

    f:id:hara-potter:20180620070144j:image

    で、今日はここまでで時間切れ。

    基本的に合いの良いキットだけど、左翼の仮組の際、少し隙間ができてると押し込んだら主翼の取付ダボを折っちゃった(~_~;)

    0-sen(零銭)0-sen(零銭) 2018/06/21 10:50 He100の2キット完成おめでとうございます。両キットとも古いキットですが、古さを感じさせない仕上がりはさすがですね。
    リンドバーグの塗装のアイデアもグッドです。私も、貴殿を真似て製作してみたくなりました。Ho229なんてどうですかね?

    腹ポ腹ポ 2018/06/21 12:51 ★0-senさん
     今回は、クラブ展示会の小コーナーで古いキットや未塗装作品とかを並べるので、それに合わせての製作になりました。
     Ho229なら、半分迷彩s塗装、半分木目塗装でも面白そうですね。

    あきみずあきみず 2018/06/27 17:26 He100 2機とも完成されたのですね リンドバーグの
    キットはいアイデアです スペホのキットは速度記録機
    ですから209と並びます コメットも完成ですから
    凄いスパートを掛けられたようです 持ち込みも大変そうです

    腹ポ腹ポ 2018/06/28 12:46 ★あきみずさん
     リンドのキット、意外と良かったので、これなら全部モールド彫り直して普通に作っても良かったかも?(~_~;)
     荷物の用意も今朝終わって・・・
     車から一度に運べるよう手提げ2つと背負い1つに纏めました(^_^)
     http://f.hatena.ne.jp/hara-potter/20180628074943

    最新コメント一覧