ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2019/06 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.110318

    hara-potter2011-03-18

    [][]

    今日は、フレットナーの最後の仕上げに・・・

    先ずは、排気管先端に機体色が付いちゃっているので、そのリタッチから。

    で、その後簡単にスミ入れして機体は完成♪

     

    尻餅対策には、前脚タイヤの接地面に0.2mmのピアノ線を埋め込み、タイヤから出ている部分の根元から斜め前方に少し折り曲げます。

    で、このピアノ線を差し込めるよう、ベース側にも穴を開けておきます。

    後は、この穴にピアノ線を差し込めば、ベースに置いても尻餅を付かなくなります。

    f:id:hara-potter:20100317062000j:image

    で、ローターも差し込んでフレットナー完成(^0^)

     

    で、残った時間で次のSR−71の下拵え。

    先ずはコクピット周りを塗装しますが、どうせ中は殆ど見えないだろうから簡単に。

    で、今日は計器盤のデカールを貼る途中で時間切れ。

    どうせ見えないだろうからデカールを貼る必要も無いような気がしますが・・・(~_~;)

    航製暦.110317

    hara-potter2011-03-17

    []

    今日は、デカール保護のクリアがけから・・・

    ローターと機体を別々にクリアがけしますが、後はいつもと同じ。デカール付近に薄く数回クリアをエアブラシし、、ある程度クリア層が出来たら全体にクリアを吹きつけ。最後に半艶クリアで艶調整します。

     

    で、問題の尻餅は・・・意外と微妙なバランスなので錘を仕込んでも何とかなったかも(~_~;)

    ・・・と、言っても後の祭りなので、当初から考えていたベースに固定の方向でいきます(~_~;)

    ベースは丁度手元に有ったヨーグルトのフタ。

    普段は、ちょっとした小物を置くお皿にしたり、エポキシ接着剤を混ぜ合わせたりするのに使っているのですが、今回はこれをそのままベースとして利用します。

    ベースは適当なグレーで塗装後、別のグレーでドライブラシ。

    白線は、長谷川デカールの白ラインを適当に・・・

    で、ベースの下部分は、グレーの部分をマスキングして黒く塗りますが・・・マスキングテープを剥がす時にグレーの塗料を持っていかれた(ーー;)

    なので、フリーハンドでリタッチして、今日は時間切れ。

    明日は、最後の仕上げになるかな(^0^)

    航製暦.110316

    hara-potter2011-03-16

    []

    今日は、脚周りの組立てから・・・

    先ず前脚柱はタイヤ周りだけ、先に下面色で塗装。所定の位置に接着後、残りの部分を同色で塗装しました。

    主脚柱はキットインストでは下面色が指定指定されていますが、実機写真では大多数が上面色で塗装されているようなので上面色で塗装しました。

    で、脚周りが出来上がったらデカール貼って今日は時間切れ。

    写真撮影用にローターを取付けてみましたが、予想通り尻餅をつきます。

    さ〜、どうする? ヨーグルトでも食べながら考えてみましょう(~_~;)

    航製暦.110315

    hara-potter2011-03-15

    []

    今日は、上面色のドライブラシから・・・

    ドライブラシには、基本色に使った自家調合のRLM71に白を加えたもの使用。

    ドライブラシ終了後、下面色のマスキングを剥がし、細部塗装、小物の取付けに入ります。

    メーターパネル類はC40番ジャーマングレーで塗装後、メーター類を白でちょぼちょぼと描き込み。

    シートは、実機の写真でもよく判りませんが、どうやら機体上面色と同じような感じ。

    なので、機体と同じRLM71で塗装後、ドライブラシの塗料の色味のみ変えてみました。

    で、こちらのドライブラシ用塗料は、基本色にガイアノーツのサンシャインイエローを加えたもの。ガイアの塗料を使ったのは、深い意味があるわけではなく、普段使い慣れないので、ついつい使うのを倦厭しちゃうから・・・

    ちなみにシートベルトはエッチングパーツが用意されていますが、面倒くさいので細切りマスキングテープ(~_~;) 色は、実機写真では機体色に対して随分と明るく見える色だったのですが、あまりにコントラストが強いのでC119番RLM79で塗装しました。

    主脚柱はパーツだけ見ると随分とひ弱に見えますが、全てを組み付け接着すると意外と丈夫ですね。

    で、今日はタイヤの塗装で時間切れ(^0^)

    航製暦.110314

    hara-potter2011-03-14

    []

    今日は、昨日塗った下面色のドライブラシから・・・

    ドライブラシには基本色で使ったクレオスのC115番RLM65に白を加えたものを2段階。

    で、乾燥後マスキングして上面色のRLM71に塗装しますが・・・塗料は正体不明(~_~;)

    多分、昔々にモデルアートのカラーチップを参考に調合したものと思われますが・・・

    で、上面色を塗装する際に持つところがなくなるので、ローター基部に逆V字に曲げたピアノ線を差込、持ち手としました。

    で、今日はローターを黒く(C40番ジャーマングレー)塗って時間切れ(^0^)

    航製暦.110313

    hara-potter2011-03-13

    []

    今日は、ローターのゲート処理の続きから・・・

    で、ローターは機体に固定せず、差込式にしたいので、機体には軸穴を開口。ローター側には、0.3mmのピアノ線を接着しておきました。

     

    機体の方は、むき出しのコクピットを何処まで組むかが問題ですが、とりあえずフットバー、操縦桿、メーター類を接着。

    フットバーには、エッチングパーツでつま先を入れるベルトが用意されていますが、これはどうしましょ?(~_~;)

     

    で、いよいよ塗装♪

    機体下面にクレオスのC115番RLM65を塗ったところで、今日は時間切れ(^0^)

    航製暦.110311

    hara-potter2011-03-11

    []

    今日は、胴体の整形から・・・

    昨日溶きパテを塗布した胴体を当て木をしたペーパーで綺麗に均します。

    で、この時背面と下面の表面に施されたモールドが消えてしまいますが・・・気にしないことに(~_~;)

    この部分のキットのモールド、雰囲気としては良いんですが、まるでパイプフレームの上に布を貼ったような表現になっていますが、実機写真を見る限り薄いベコベコした金属のようなので、模型表現としてもこの方が良さそうです・・・っと、言いながら胴体側面のモールドを落としていませんが(~_~;)

     

    胴体のサンディングが出来たら尾翼を接着します。

    で、イモ付けになる脚柱もゲートやパーティングラインを処理して、一度仮組みをして見ます。

    強度的には若干不安があるけど、まあなんとかなりそうですね。

    で、この時に気が付きましたが・・・・・・このまま組むと確実に尻餅を付く(~_~;)

    錘を入れるにしてもモーメントが稼げないので、かなりの量を仕込まないと尻餅を付きそうですね。で、錘を沢山入れると確実に脚柱の強度が足りない(~_~;)

    単純な形なので、脚柱を金属線で作り直すのが一番良さそうですが、あえて今回はこのまま組んで見ましょうか(~_~;)

     

    このキット、エッチングパーツや透明シートに印刷されたメーター類が付属しますが、できればエッチングパーツは使いたくない。だって面倒くさいし<バキ!

    なので、プラパーツが用意されている所は、できるだけそちらを使うことにしますが・・・コクピットフロア(とは、いえないようなフレーム)はエッチングパーツしか用意されていないのでこちらを使います。

    f:id:hara-potter:20110311052200j:image

    プラ製のパイプフレームが少々左右に広がり気味なので、少し幅を詰めて接着する必要があります。

    なので、所定の位置にエッチングパーツをマスキングテープで仮付けし、キッチリ場所が定まったら瞬着で接着しました。

    で、今日はローターのゲート処理の途中で時間切れ。

    このローターも強度の不安が・・・(~_~;)

    腹ポ腹ポ 2011/03/15 12:21 胴体後半、実機でも布張りでしたm(_ _)m

    航製暦.110310

    hara-potter2011-03-10

    []

    今日は、エンジンの組立ての続きから・・・

    昨日接着した排気管は、焼鉄色に塗装。

    で、次はエンジン架ですが・・・当初はエンジン側に接着してから隔壁に接着するつもりでしたが、バリ取りして仮組みすると案外隔壁側、エンジン側のどちらとも収まりが良い。

    なので、先に隔壁に接着し、胴体と仮組みしてみる・・・・・・と、案の定エンジンが胴体内に納まらない(~_~;)

    どうやら左右のシリンダーヘッドが胴体内側と干渉しているようです。

    どうせ殆ど見えないところなので、シリンダーヘッドの方を削って擦り合わせ。で、このお陰でエンジンそのものを胴体に接着することが出来るようになりました。

    この状態で仮組みすると・・・エンジン位置と言うか、排気管の出る位置が胴体と合わない。

    ほんの少しエンジン架が短いようで、そのまま組むとエンジンの位置(排気管の位置)が少し後ろ気味になります。

    なので、エンジン架とエンジンは接着せず、それぞれ単独で胴体と接着し位置合わせすることにしました。

    下面側から見ると、エンジン架からエンジンが浮いているのが判りますが、言われないと判らない程度なのでこれでOKとしましょう<バキ!

    で、胴体左右を接着し、接合部には溶きパテを塗布しておきました。

    で、今日は尾翼等のパーティングラインを処理したところで時間切れ。

     

    f:id:hara-potter:20110310045943j:image

    エンジンは見えなくなる前に記念撮影しておきました(^0^)

    航製暦.110309

    hara-potter2011-03-09

    []

    今日から新しいキットの製作に入ります♪

    まだ展示会テーマ機のSR−71が残っていますが、小さいものが作りたかったのでフレットナー282を作ることにしました。

    で、先ずは胴体左右の貼り合せの下拵えですが・・・中にエンジンを組み込むことになっているので、そのエンジンから・・・

    また機体の一部がむき出しなので、その開口部のエッジを薄く仕上げてから機体内部色を塗っておきます。

    エンジンパーツは・・・・・・後ろ側の穴が変なところに開いてると思ったら、盛大に穴が埋まっているのね(~_~;)

    まあ、元々パーツ精度には期待していなかったけど、予想以上悪そうな悪寒(~_~;)

    と、言ってもエンジンなんか殆ど見えないだろうから(<たぶん)、そのあたりは適当に<バキ!

    で、今日は排気管パーツを(なんとか)接着したところで時間切れ(~_~;)

    最新コメント一覧