ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2019/06 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.170924

    hara-potter2017-09-24

    []

    スピードラン仕様のブードゥー、いよいよ最終組み立てに入ります♪

    先ずは脚周りの組み立て。

    脚柱を接着するダボ穴をレジンの主翼に開口。

    センターはモールドがあるので、あとは貫通しないように気を付けるだけ。

    で、メタル製の脚柱だけど、ダボ穴サイズをきっちりにしておいたので、差し込んだけでも大丈夫そう。

    なので、接着は瞬着でも大丈夫でしょう(^_^)

    キャノピーの窓枠はハセガワのミラーフィニッシュの細切りを貼ったもの。

    画像では写っていないけど、主翼下面にあるL字型のピトー管のようなもの(アンテナ)は、L字に曲げた0.4个離團▲寮に内径0.5mm、外形0.7mmの厚みパイプを被せたものをペンチで潰したものを接着しておきました。

    最後にプロペラ&スピンナーを接着して、全体をモデリングワックスで磨いておきました。

    f:id:hara-potter:20170925093647j:image

    f:id:hara-potter:20170925093644j:image

    ブードゥー、スピードラン仕様。

     

    f:id:hara-potter:20170925093640j:image

    せっかくなので、ダゴレッドクローン3姉妹で記念撮影しました(^0^)

    航製暦.170923

    hara-potter2017-09-23

    [][]

    昨晩のうちに何回かクリアを吹いておきました。なので・・・

    今朝チェックしてみると十分なクリア層は確保できているみたい(^_^)

    なので、今日から研ぎ出しに入ります♪

    先ずは800番の水ペーパーで研ぎ出し。

    で、次はタミヤの2000番のスポンジやすりで磨きます。

    800番から2000番だと番手が飛びすぎなような気もしますが・・・・どうもタミヤのスポンジやすり、書かれている番手ほども目が細かいような気がしないんですよね。

    なので、こんなもんかなで2000番を全体にかけたら最後に3000番で磨いて研ぎ出し終了。

    流水を使って綺麗に洗浄後、乾燥したら薄く溶いたクリアを吹き付けさらに乾燥待ち。

    3時間ほど置いたらコンパウンドで磨いておきました。

     

    f:id:hara-potter:20170925093408j:image

    で、合間のレガホも基本塗装終了。

    塗装前に先付けした方が良いパーツは接着しておきますが、迷ったのがLEX上面にあるフィン。

    キットのパーツは、少々分厚いのでエッジが薄く見えるよう削り込んでから接着しますが、ドライブラシで外れないかが心配(~_~;)

    航製暦.170922

    hara-potter2017-09-22

    [][][][]

    ブードゥーは、昨晩からクリア吹いたら乾燥待ちの繰り返し・・・ 

    で、その間にレガホを・・・

    f:id:hara-potter:20170922065312j:image

    結局、水平尾翼を接着しただけで、別のキットに手を出しちゃった(~_~;)

    手を付けたのはレベルとイタレリのファントム・・・・・・って、今年、5機目、6機目のファントムですね(~_~;)

    まあ、ファントムなら何機でも作りたいもの在るけどね。

    f:id:hara-potter:20170922065422j:image

    で、とりあえずコクピット周りを塗装して組立て。

    計器盤やコンソールはデカールを貼りますが、イタレリのキットにはコンソールのデカールが附属していないので、フジミのキットから流用・・・・・・って、これブリティッシュ・ファントムのだ(~_~;)

    しかも、何故か前席のサイドコンソール、異常に短いんですよね(~_~;)

    なので、この辺りは気にしないことに(~_~;)

    元々、このイタレリのファントム、キャノピー幅とかプロポーションも???なキットなので、あっさり素のまま作ろうかと・・・

     

    f:id:hara-potter:20170922065500j:image

    で、イタレリのキット、デカールがガビガビに劣化してたけど、リキッドフィルムとタミヤのデカール糊を併用したら何の仕様もなく貼れましたね。

    流石に機体塗装のデカールまで使う気はないけど(~_~;)

    航製暦.170921

    hara-potter2017-09-21

    [][]

    昨日作ったデカールデータ、結局使えなかったので、もう一度作り直し(~_~;)

    で、元々版下になるデータはワードから持ってきたものをjpegに変換して画像処理したんだけど・・・・・・文字間隔さえ何とかなればワードのままでも使えそう。

    なので、ワードで作ったものの文字間隔を設定で狭くして・・・いい感じだけど、最初のAの文字のところだけ、もう少し詰めたい。

    色々設定で何とかならないか試してみたけど・・・・・・上手くいかんな(~_~;)

    でも、この一文字だけならデカール貼る時に切り貼りすれば・・・・・って、ことで、そのまま刷りだすことにしました。

    f:id:hara-potter:20170921102216j:image

    刷り上がるとこんな感じ。

    デカール作り自体は昨日のお昼の間になんとかなったので、昨晩のうちにデカールを貼っておきました。

    なので、ちょっと乾燥時間が短めだけど、今朝からクリアトップコートに入りました。

    何回か砂吹きして、今日は、最後は軽く全体にクリア吹き付けたところまで。

    で、乾燥待ちの合間に小物の塗装も済ませておきました。

     

    f:id:hara-potter:20170921063415j:image

    まだ時間があったのでレガシーホーネットの製作も進めておきました。

    主翼を接着してインテーク周りを接着。

    インテークパーツは、少し合いが悪かったので指で扱いて強引にRを変えたり、一部接着面にプラ板を噛ましておきました。

    で、今日は塗布済みだった燃タンの溶きパテをサンディングして時間切れ(^0^)

    航製暦.170920

    hara-potter2017-09-20

    [][]

    デカール製作中・・・

    自宅PCが不調で寝たきりの起動せんしになっていたんだけど、なぜか今朝は上手く立ち上がってくれた(^_^)

    なので、ブードゥーのデカールを作ります。

    ・・・と、言っても版下になるデータを持って帰っていなかったので、ネット上にアップしておいた画像データを取り込んで製作。

    一通りできたらコピーして予備も含めた4枚分のデータに編集します。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    あとは、このデータを事務所に持っていて印刷するだけ・・・・・・の筈だったんだけど、データが小さくて使い物にならん(~_~;)

    航製暦.170919

    hara-potter2017-09-19

    [][]

    今日は、白塗装の続きから・・・

    埃が噛んだ所や、塗料が粒状に飛んでしまったところをサンディングして、表面を均します。

    で、均したら薄めの白を吹き付け・・・

    塗料乾燥後、全体を2000番のスポンジヤスリで研ぎ出し、最後にクリアと薄め液を加えたものをエアブラシして艶を出しておきました。

    プロペラは金属色に残すところをマスキングして、黒塗装に入ります。

    で、マスキングすると・・・・・・ミッチャクロンが曇ってきた」(~_~;)

    で、ティッシュで擦ると光の屈折か色味が出てきたので、もう一度コンパウンドで剥がしてしまいました。

    黒はC40番ジャーマングレー+黒を使用。

    f:id:hara-potter:20170919062852j:image

    組み立てる、こんな感じ。

     

    f:id:hara-potter:20170919062935j:image

    合間にレガホも少し・・・

    パーツ接合部に溶きパテを塗布しておいたので、そのサンディングをしておきました(^_^)

    航製暦.170918

    hara-potter2017-09-18

    []

    表面不良部分を研ぎ出し、部分的にサフを吹きなおしておきました。

    で、サフ乾燥後軽く2000番のスポンジヤスリで表面を磨いてから白塗装に入ります。

    塗装前にキャノピーをマスキングして、GXカラーのホワイトをエアブラシ。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    画像に入れ忘れたけど、ホワイトメタル製のプロペラ翼端の形状を変更すると同時に磨きだし

    スピンナーも磨き出して、ミッチャクロンを塗布しておきました。

    磨きだしには、レストア系自転車乗り定番のピカールを使用しました(^0^)。

    航製暦.170917

    hara-potter2017-09-17

    [][]

    サフを吹いたら表面不良の所が・・・・・・って、想定内ではあるけど(~_~;)

    で、昨晩のうちに溶きパテを盛っておいたので、そのサンディングから。

    で、終わったらサフ吹いて・・・・・・表面不良には溶きパテ塗布・・・・・を何回か繰り返しておきました(~_~;)

    最後に、機首のパネルラインが綺麗に消えていない所があったので、ここに溶きパテを塗布して時間切れ。

     

    乾燥待ち等の合間にF/A−18の組立て。

    結構、胴体はバラバラのパーツ構成なので、段差が生じないよう1パートずつ組立て接着。

    場合によっては、一部未接着の状態でパーツを接着し、その接着剤硬化後未接着部分を力技で段差が生じないように抑え込んで、裏から瞬着で強引に接着している所もあります。

    f:id:hara-potter:20170917195845j:image

    で、レガホもここまでできました(^_^)

    航製暦.170916

    hara-potter2017-09-16

    []

    そろそろサフ掛けに・・・って、思ってたんだけど、昨晩実機写真見て気が付いた。

    ライエーターインテークの膨らみで尾輪カバーが半分隠れてるじゃん!

    他の写真も当たって、先日送ってもらった下面の写真も確認すると、明らかに後ろに伸びて、シャッターもその分長くなっていますね。

    なので、プラ板と瞬着盛りつけでインテークを伸ばしてみました。

    文字情報によると、ダゴレッドよりも全体に小さく長くなっているらしいので・・・前からちょっと気になってた主翼後縁辺りの厚みを削って薄くしてみました。

    で、角を丸くして・・・・・・こんなもんかな?

    機首もスラストラインから変わっているそうなので、あごを削って直線っぽく。

    上面も少し削って全体に細くしてみました。

    あと、カウリングパネルは大型化されて枚数が減っているので、不要なパネルラインのモールドを埋めておきました。

    他にも主翼上面や水平尾翼上面のモールドも同様に消してあります。

     

    f:id:hara-potter:20170919092143j:image

    f:id:hara-potter:20170919092140j:image

    f:id:hara-potter:20170919092301j:image

    サフ吹き前に改修か所が判るよう写真を撮っておきました。

    左翼下面の翼端付近に在るバルジもプラ片で追加してあります。

    右翼下面にL字状のpピトー菅のような物(アンテナ?)があるので、取付け用の穴だけ開口してあります。

    で、今日はサフを吹き付け始めたところで時間切れ(^_^)

    航製暦.170915

    hara-potter2017-09-15

    []

    今日は、インテークの工作から・・・

    先ずはインテーク周りのフランジ状のモールドを削りま落とします。

    やっぱりこの辺りは、最後に作られただけあってダゴレッドやストレガよりもクリーンな感じですね。

    で、インテクー口の前が削れたら、インテーク内を黒く塗りラジエーターパーツを接着してからインテークパーツを接着します。

    そして両サイドのフランジも削り落として、最後はインテークの形状を整形・・・・・・と、これがよく判らんのだ(~_~;)

    ダゴレッドの時と形が変わっているような変わっていないような・・・

    結局3方向からの写真を参考にしながら、断面形を整える感じで整形。

    最後にペーパー当てて滑らかに均しておきました。

    印象としては両サイドのRがキットの状態よりも丸くなっているかなぁ・・・と。

    次は水平尾翼を接着しますが、パーツを切り出す時にダボが欠けたので真鍮線を芯に通して瞬着で接着。

    書けと言えば左翼主翼後端も少し欠けていたので瞬着を盛って整形しておきました。

    で、ここにきて・・・・・・胴体後半の断面、おかしくない?(~_~;)

    以前ダゴレッドやストレガ作った時には気にならなかったんだけど、どうも下側の幅が広がりすぎの様な気がしたので、一部足りない所は瞬着を盛って下側は削って形を整えてみました。

    ついでにサフ吹く前の表面仕上げと言うことで全体にもペーパーを当てておきました。

    f:id:hara-potter:20170915090230j:image

    f:id:hara-potter:20170915090225j:image

    f:id:hara-potter:20170915090220j:image

    もうちょっと手を加えるかもしれないけど、インテークは、こんな感じで(^_^)

    最新コメント一覧