ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

腹ポの航製日誌

2005 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2006 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2015 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2016 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2017 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2018 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2019 | 01 |
カレンダー
<< 2019/06 >>
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
  • 航製日誌 番外編
  • ベリーさんの日記
  • BBS
  • 航製暦.140705

    hara-potter2014-07-05

    [][][]

    今日は、ミグ2機のキャノピー接着から・・・

    ミグ15は、ウィンドシールド部の接着面に大きなダボがあるので、仮組してみると・・・・・・ダボがきつくて入らない(~_~;)

    なので、ダボ自体の長さを半分弱にカットし、改めて擦り合わせ調整後接着。

    ミグ17の方は、取り付け位置がファジー過ぎてどこにでも接着できるような状態(~_~;)

    なので、キャノピーも仮組しながら、ウィンドシールドの位置を決め流し込み系接着剤で接着。

    で、その後改めてキャノピーも接着して、全てのパーツの接着が終了♪

    あとは軽くスミ入れして完成です♪

    f:id:hara-potter:20130706063417j:image

    f:id:hara-potter:20130706063400j:image

    ミグ15bis

     

     

    f:id:hara-potter:20130706063443j:image

    f:id:hara-potter:20130706063509j:image

    ミグ17PF

     

     

    f:id:hara-potter:20130705053147j:image

    で、少しだけ時間があったので、次のキットに手を付けます。

    機銃窓の縁が分厚いので、薄く削ってから機内を塗装。

    で、今日はここまでで時間切れ(^0^)

    航製暦.140704

    hara-potter2014-07-04

    [][]

    今日はシートの塗装から・・・

    シートは、適当な黒に近いグレー2色で塗り分け・・・・・・って、コクピットに収まると黒一色にしか見えないか(~_~;)

    で、ミグ15のシートは、ホビーボスのキットとしたら収まりが悪いというか、上手く中央に来ないというか・・・

    簡イなら当然こんなもので済まないってレベルなんですが、異様と言っても善いほどパーツの収まりの善いこのキットの中では、唯一位置が決まりにく箇所でしたね。

    で、ミグ17の方は・・・・・・流石に簡イ。文字通りシートの幅が広すぎてコクピットに収まらない(~_~;)

    なので、塗装済みのシートの左右を削り込んでサイドコンソールの間に収まるようにします。

    で。削ったところを塗料でリタッチ後、無事コクピットに収まって頂きました。

    あとは細かいアンテナ等を接着。

    ミグ15には、胴体後部下面に透明パーツの窓があるので、これも接着しておきます。で、この窓は何?(~_~;)

    ミグ17の方は、コクピット右後ろにあるアンテナパーツがあまりにも分厚く、整形するのも面倒そうだったので、ピアノ線を通したシンチューパイプをバイスに挟んで扁平にしたものに変更。

    バイスで扁平加工後、ヤスリで削って先細りにし、胴体側には芯に通したピアノ線に合わせて取付け穴をピンバイスで開口して瞬着で接着しておきます。

    で、今日はこの後付けのアンテナ類をリタッチして時間切れ(^0^)

    航製暦.140703

    hara-potter2014-07-03

    [][]

    今日は、脚周り組み立ての続きから・・・

    先ず、ミグ17方は主脚支柱を未だ接着していなかったので、所定の位置に接着。

    接着位置がファジーでキットインストの図だけでは判りずらいので、こんな時はミグ15を参考に・・・(~_~;)

    で昨日塗っておいたホイールを接着すると、ミグ2機が大地に立ちました〜♪

     

     

    f:id:hara-potter:20140703050751j:image

    ・・・って、ミグ15の前輪、微妙なバランスで前輪が浮いてる(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20140703050809j:image

    前から見るとこんな感じ。

    丁度主脚タイヤを支点にした天秤みたいに2点で立ってる(~_~;)

    キャノピーを被せた(仮載せ)した状態で、これだから・・・・・・コクピットにシートを接着したら何とかなる?

    しかし、未だエアブレーキを接着していないから、これを接着したら・・・(~_~;)

    とりあえずエアブレーキを接着し、脚カバーも接着。

    この状態で再度尻餅を付くか確認すると、前脚カバーを付ける前の状態で、なおかつシートとキャノピーをコクピットに載せた状態でギリギリ前輪が浮きそうで浮かないぐらい。

    で、前脚カバーを接着してやっと、ちゃんとしっかり前輪が接地する状態になりました(~_~;)

    で、残った時間でミグ17のシートを組み立てて今日は時間切れ。

    スペホのシート、細切れ状態で組むのが面倒くさい(~_~;)


    航製暦.140702

    hara-potter2014-07-02

    [][]

    今日から脚周りの組み立てに入ります♪

    で、その前にミグ17の燃タンを接着しようとすると・・・・・・全然合わない(~_~;)

    パイロンの背があり過ぎてV字の振れ止めが主翼に届かないので、パイロン側を削って調整。

    で、擦り合わせ、仮組みでOKならパイロンに補強兼位置決めのダボとして0.3のピアノ線を埋め込み、主翼に差込み接着します。

    ホイールは、いつものように自家製タイヤブラックでタイヤを塗装。

    脚柱は、シリンダー部を銀色で塗装後、それぞれ機体に接着しますが・・・

    ホビーボスのミグ15は組み立て済みキット風の大きな差込み口に主脚は支柱も一体成型と接着しやすいし位置決めも楽。

    スペホのミグ17は・・・・・・流石簡イ(~_~;)

    先ず、主脚柱の差込みダボ部分がランナーのゲートと一体化してるので、ランナーから切り出す時、間違ってカットしてしまわないように注意・・・・・・って、普通なら書くところですが、そもそもこのダボの位置が合わない(~_~;)

    なのでダボはカットして主脚柱の外側ぎりぎりの所に0.8mmの穴を開口して真鍮線を埋め込み、これをダボの代わりにします。

    更に、このミグ17の前脚柱は、インストでも脚柱を2mm切り詰めるように指示されています。

    私の場合、前脚収納庫のパーツ紛失でジャンクパーツを流用しているので擦り合わせながら長さを調整後、主脚柱と同じように0.8mmの真鍮線をダボ代わりに埋め込んで接着しておきました。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    主脚ホイールを接着するのに、少し時間が足りなかった(~_~;)

    航製暦.140701

    hara-potter2014-07-01

    [][]

    今日からデカール貼りに入ります♪

    と、言ってもどっちもデカールが少ないので早い♪

    ・・・なんて、油断していると指でミグ15の胴体側面国籍マークを潰しちゃった(~_~;)

    なので、適当なデカールを探すと、La−7用に買ってたプロパグチームのデカールがサイズ・色調ともドンピシャなので、これを使用。La−7に使う時は国籍マークをキット純正のものを使えば善いでしょう・・・

    それと今回初めて気が付いたけど、チェコの国籍マークで翼左右で左右反転になっているんですね(@_@;)

    で、デカールを貼り終えた後、翼端灯をクリアレッド、クリアブルーに塗って今日は時間切れ。

    この調子だと2機とも展示会に間に合いそうですね(^0^)

    航製暦.140629

    hara-potter2014-06-29

    [][]

    今日は、機首インテークリップの塗装から・・・

    ミグ15、17ともインテークリップは赤。なので同時に塗装。

    先ずは下地塗装にクレオスのC114番RLMレッド。上塗りは、何時もと色調を変えてくすんだ感じに・・・・・・て、思ったんだけど、デカールの赤が鮮やかなんで、そっち方向に振ってシャインレッドとも思ったんだけど、結局いつものようにC68番モンザレッドで塗装(~_~;)

    あとは、脚周りのパーツを整形。ミグ17の前脚柱はホイールなどを組んでから塗装。そして脚収納庫やエアブレーキの内側なども塗装しておきます。

    ちなみに先日使った適当なグレー、今回確認したらF21作った時の一番濃いブルーグレーがベース。なのでC72番ミディアムブルーをベースにC308番グレー、C337番グレイシュッブルー、GX6モウリーグリーンがそれぞれ少々となります。

    で、今日はここまでで時間切れ。

    そろそろデカール貼りに入れそう(^0^)

    航製暦.140627

    hara-potter2014-06-27

    [][]

    今日は、キャノピーマスキングの続きから・・・

    マスキングは、いつものように細切りマスキングテープの口の字作戦+マスキングゾル。

    マスキングが終わったら機体色で塗装に入りますが、今回はちょっといつもより重めの色合いの塗料と言うことでクレオスのC8番銀+C13番ニュートラルグレーを使用。

    で、機体や脚カバー等も同色で塗装して、今日は時間切れ(^0^)

    航製暦.140626

    hara-potter2014-06-26

    [][]

    今日は、ミグ15の小物の接着から・・・

    機首下面の銃口は面白いパーツ分割になっていますが、これらを接着していると・・・・・・一番太い機銃の銃身をピンセットで何処かに跳ばしちゃった(~_~;)

    なので、シンチューパイプで作る直し(~_~;)

    で、パテ塗布済みのスリッパタンクをサンディングして、主翼に仮組すると・・・・・・位置が変(~_~;)

    この位置じゃ、フラップに干渉してフラップが使えなくなるので、ちょっと外側に移動させることに(~_~;)

    主翼のタンク取付けのダボ穴は、ずらすと後ろ側だけ見えるので、これは伸ばしランナーで埋めておきました。あとはタンク側のダボを削り取って所定の位置より1mmぐらい外側に接着しておきます。

    あとは機体の塗装に控えてエアブレーキ、脚カバー等の小物を整形。

    続けてキャノピーも窓面を傷つけないよう注意しながらゲート処理。

    で、今日はミグ17のウィンドシールドをマスキングしかけたところで時間切れ。

    15の窓枠モールド、ウィンドシールド側方の枠のモールドがほとんど見えない(~_~;)

    航製暦.140625

    hara-potter2014-06-25

    [][]

    今日は、ミグ17の主翼接着から・・・

    主翼と胴体は既に擦り合わせ済みなので、プラ用接着剤と瞬着を併用してガッチリ接着しておきます。

    で、この時下面側に少し隙間ができるので、正面から見て主翼が垂れないよう水平をチャックしながら暫く手で押さえておきます。

    で、しばらくすると瞬着が硬化して位置がずれなくなるので、あとはそのままプラ用接着剤の硬化を待ちます。

    下面側にできた隙間は、プラ用接着剤硬化後、溶きパテで埋めて半乾の時に余分をラッカー薄め液を染み込ませた綿棒で拭き取ればOKです。

    水平尾翼は、後縁も薄くシャープなのでそのままでOKですが、一部表面が荒れている所があるので軽くペーパーを当てた後接着。接着の際には0.8mmの真鍮線を補強&位置決め用にダボとして埋め込んでおきました。

    エンジンノズルは、かなり削り込んで擦り合わせしないと所定の位置に収まらない(~_~;)

    で、収まる様になったら胴体内側にゼリー状瞬着を盛って接着しておきました。

    あとはレジンパーツに被せる機首レーダーコーン(何で別パーツなのか不思議)、機銃、フィン等の小物を接着。

    続けて、接着、溶きパテ塗布済みの燃タンのサンディング後、(揺れ止めの?)V字のステーを接着しますが・・・・・・ホビーボスのミグ15の燃タン、パイロンパーツが無い?(~_~;)

    キットインストにも描かれていないし、それらしいパーツも見当たらない・・・・・・

    なので、箱絵のキット完成写真を見ると、やっぱりV字のステーだけで留まってる(~_~;)

    パイロン自体は、プラ板で作れば簡単だけど、折角選択パーツでスリッパ型の燃タンも付属しているので、こちらを使用することに(~_~;)

    ちなみにキットのパーツには燃タン側、主翼側ともにパイロンを接着するためと思われるダボ穴が開いているんだけど・・・(~_~;)

    で、今日は、このスリッパタンクのパーツ接合部に溶きパテを塗布したところで時間切れ。

    スリッパ型タンク作るほうが、パイロン自作するよりも手間はかかりそうだけど、17と見た目を変えるのには、こっちの方が良かったかと・・・

    航製暦.140622

    hara-potter2014-06-22

    [][]

    今日はミグ15の胴体のパーツ接合部に塗布しておいた溶きパテのサンディングから・・・

    で、これが終わったら水平尾翼を接着して士の字になりました。

    あとは脚カバー等の小物を整形すれば塗装に入れますが、これらはとりあえず置いといてミグ17PFの方へ・・・

     

     

    先ずは主翼上下貼り合わせ。

    f:id:hara-potter:20140622062508j:image

    接着後、主翼がパコパコするのを防ぐため、内側に伸ばしランナーをゼリー状瞬着で仕込んでおきます。

    先ず上面側パーツの内側にゼリー状瞬着をたっぷり使って接着。

    で、この伸ばしランナーの上に更にゼリー状瞬着をたっぷり塗ってから、普通のプラ用接着剤を使って主翼下面側のパーツも接着。

    で、しばらく下面側を下にしておいておけば下面側パーツにもゼリー状瞬着で伸ばしランナーが接着され、上下パーツを繋ぐブリッジとなります。

     

     

    次は、胴体左右を貼り合わせるためにコクピットを塗装。

    ちなみに塗料はミグ15のコクピットに使ったものにGXカラーのグリーンを少し加えたもの使用。

    ミグ15に使った塗料は・・・・・・何かの時に作った調合色だったけど、何だったっけ?(~_~;)

      

    で、コクピットが塗れたら胴体に組み込みですが・・・・・・説明書通りでは組めない(~_~;)

    キット・インストでは、組み上がったコクピットを胴体内側の壁に接着するよう指定されていますが、実際には胴体内側の幅の方がコクピットフロアよりもはるかに幅広で、キットインスト通り組むと極端に片側に寄った状態になってしまいます(~_~;)

     

    f:id:hara-potter:20140622064923j:image

    なので、適当に切ったランナーで足を作ってコクピット接着。

     

     

    f:id:hara-potter:20140622071912j:image

    更にインストでは触れていないけど、そのまま組むと絶対に尻餅をつくので、水平尾翼まで仮組した状態で必要な錘を計って、コクピット前に仕込んでおきます。

    当然、そのままではインテークから丸見えになるので、錘量に合わせてプラ板で目隠しの隔壁を接着しておきます。

    で、今日は各パーツ接合部に溶きパテを塗布したところで時間切れ。  

     

      

    f:id:hara-potter:20140622080747j:image

    しかし、主翼下面のパーツ分割ライン、こんなので善いのか?<AZ

    フラップのモールドを斜めにまたぐようにして、パーツ分割されているので、隙間埋めるとサンディングでモールドが消えそう・・・(~_~;)

    最新コメント一覧