桃色馬実験

2015-06-27 土曜日の予想

▼東京9R

◎オニノシタブル

◯モンドグラッセ


前走昇級戦でも小差の競馬。この条件ベストのオニノシタブルの降級を狙う。モンドグラッセは強力すぎるが、1倍台前半の大先生だしここは単勝でも攻める。◎の単複と◎◯の馬連一点で。

2015-05-31 日曜日の予想

▼東京12R 目黒記念

◎ダービーフィズ

◯オーシャンブルー

▲マイネルメダリスト

△レコンダイト

△ファタモルガーナ

△ムスカテール

△ステラウインド


ダービーもキングカメハメハ産駒の取捨が鍵となりそうだが、近年、キングカメハメハの子供が人気ほど活躍できてないのが東京2500重賞。目黒記念、アルゼンチン共和国杯に参戦したラブリーデイは共に5着だったし、ヒットザターゲット、アドマイヤブルー、ケイアイドウソジン辺りも馬券に絡めず、最高はカフナの3着。長距離質のスタミナ問われるレースになりやすい東京芝2500は、中距離質のスピードとキレを活かしたいキングカメハメハ産駒にとってあまり得意な条件とは言えない様子。


代わりに活躍しているのが、ステイゴールドやゼンノロブロイなどの切れないサンデーや、マヤノトップガン、マンハッタンカフェなど自身が春の天皇賞を勝っているスタミナ血統の馬。ダービーフィズはマンハッタンカフェの近親で、父がトーセンジョーダンやジャガーメイルを輩出したジャングルポケット。広いコースのスタミナレースでこそ持ち味開花しそうな血統馬。


相手で面白そうな気がするのが、ステイゴールドの7歳馬2頭。マイネルメダリストは昨年の覇者だし、オーシャンブルーはルメール騎乗にも関わらずまるで人気がない。高速決着になりそうもないメンバーなだけに、ナカヤマナイトのような激走があってもおかしくないかも。


あとは近年の春天で活躍馬出すハーツクライ産駒レコンダイト、長距離になればなるほど成績が落ちるディープ産駒にも関わらず、ステイヤーズステークスとダイヤモンドステークスで好走した異色のファタモルガーナ、このレースに実績あるマヤノトップガン&ゼンノロブロイを。馬連6点、三連複◎→◯▲→△、◎→◯▲のワイドで。



▼東京10R 日本ダービー

◎サトノクラウン

◯リアルスティール

▲ミュゼエイリアン

△サトノラーゼン

△タンタアレグリア

△ミュゼスルタン

△ドゥラメンテ


オークスが上位4頭ノーザンファーム独占だったので、ダービーもノーザンファーム独占だったりしてと思ったら1〜5番人気まで全部ノーザンファームとは凄い。馬柱から一番買いたくなるのはリアルスティールなんだけども、優等生の馬に優等生の福永というコンビでどうもここも勝ち切れないんじゃないかというイメージが強い。ドゥラメンテも皐月賞の勝ち方はたまげたけど、いかにも危なっかしいレースぶりで、素晴らしいパフォーマンスを見せた馬が、次走人気を背負ってあっさりコケるというここ最近の競馬の流れを見ると、これに飛びつくのも違和感アリ。


となると、他にダービーを勝てそうな資格のある馬はサトノクラウンただ一頭。凄まじいキレで勝利した東スポ杯、外外からねじ伏せた弥生賞、異なる資質を問われる2つのレースで無敗を守った内容は、この馬の総合力の高さを感じさせた。何より信じがたいのは、あれだけ高いパフォーマンスを示した馬が、日本競馬の主流ではない「非サンデー」であるということ。ラストタイクーンの系統である父マルジュは、ジャパンカップで好走したインディジェナスを輩出しているものの、日本のクラシックレースで通用するような馬をコンスタントに輩出するような種牡馬ではないはず。サンデーサイレンス、ディープインパクトが主流の現代日本競馬において、サンデーの血が1ミリも入ってないサトノクラウンは正に「異端の血脈」。たまにはこういうわけのわからん血統の馬が勝ってくれた方が面白い、という気持ちで本命にする。未だG1馬が誕生してないサトノ冠ということもあり、オッズもつくし。


相手はやはりマイナスのないリアルスティール。穴としては近年のダービーで有利な1枠の2頭と、ミュゼの2騎。特にミュゼエイリアンは昨年人気薄で3着したマイネルフロストの母父グラスワンダーが入ってるし魅力。リアルスティールとドゥラメンテの両方吹っ飛ぶということはなさそうなので、サトノクラウン→穴馬→二強という組み合わせで三連複と三連単と、サトノクラウン単、印の馬への馬単を。

と思ってたけど、先行力が鍵になってきそうなので、結局◎キタサンブラック→三強→三強、サトノラーゼン、タンタアレグリア、ポルトドートウィユ、ミュゼエイリアン、アダムスブリッジ、ミュゼスルタンの三連複買いました。

2015-03-28 土曜日の予想

▼中山3R

◎ジーアイウォーカー

◯オケアノス

▲トーセンラムセス

△ムーンレンジャー

✕クラウンジーニアス

✕コパノアルディー

✕デルマサンダユウ

三走前、プラタナス賞と黒竹賞で3着だったスピリッツセカンドの2着。その未勝利戦は6着までの馬が全て勝ち上がるハイレベル戦だったジーアイウオーカーの巻き返し狙い。実力的にはすぐにでも未勝利脱出していいが、血統と厩舎が今ひとつの分、頭という感じではないかも。◎→◯▲△の馬連3点と、◎→◯▲△→印の三連複。


中山4Rのトラストルシファーの単複も買います。

2015-03-21 土曜日の予想

▼阪神10R なにわステークス

◎ベストルーラー

◯ルベーゼドランジェ

▲メイショウオセアン

△ドニカナルボーイ

△アンリヴィールド

△ワディ

ダートの勝ち鞍16勝の内、10勝をダート1200で上げている超短距離志向種牡馬ロマンルーラー。ベストルーラー自身は1400に勝ち鞍もあるが、超ハイペースを0.1差まで粘った2走前の走りっぷりを見てもやはり1200の方が集中ききそう。前走は行きっぷりが悪く馬群に沈んだが、気分よく行ければ差はないので、人気薄なら買ってみたいところ。単複と馬連5点で。

2015-03-01 日曜日の予想

後藤騎手の突然の訃報。ニュースの見出しを見た瞬間にガツンと殴られたような衝撃を受けて世界がグルっと回った。未だに現実感がないけど、自分が競馬を始めた15年前からすでに一線で活躍するジョッキーだったので、もうあのアグレッシブな騎乗が見れないのかと思うと喪失感は大きい。いつも気丈で、笑顔を忘れないエンターテイナーというイメージだったけど、相次ぐ落馬事故からは精神力と気力だけでやっていた部分もあったのかもしれない。出馬表を眺めていてもふとした時に後藤騎手のことを考えてしまってあまり集中できないが、とにかく今日も馬は走り、後藤騎手以外のジョッキーは命を賭けて馬に乗る。即座に割り切れるものではないが、ゆっくりと後藤騎手の不在を受け止めていきたい。



▼中山12R

◎マドリードカフェ

◯アールプロセス

▲エビスグレイト

△ラストダンサー

△コクリュウノマイ

△ヤンキーソヴリン

△エアラギオール

外差しの流れだった前走で唯一内で抵抗して0.2秒差のマドリードカフェだが、ベリーから柴山の乗り替わりで美味しいオッズに。二走前の勝ちっぷりも強く中山1800の適正はかなり高いと思われるのでこの人気は不当。外枠だが、行ってくれそうな馬も結構いるので巧く縦長の展開なれば。◎の複を抑えに使って、◎の単勝と◎からの馬連6点で。