PHP,MySQL,Flex,JSな日々+イラストとか このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2008年11月19日

c/c++がFlashで動くAlchemyをWindowsで

なんともすばらしいc/c++がFlashで動くAlchemyをWindowsでやってみました。

Alchemyのサイト

自分の環境

  • cygwin
  • WindowsXP
  • Flex3.2

cygwinのインストール

Windows向けにはcygwin用のAlchemyが用意されています。

ってことでまずはcygwinをインストールします。

cygwinのインストールは簡単でsetup.exeから簡単にセットアップできます。

cygwinsetup.exe

Alchemyするのに必要なライブラリ(README.cygwinより)は

-perl
-java
-zip

っとのことなので、ポチポチ選択します。

perl    ⇒ perl
Devel   ⇒ gcc-g++
Archive ⇒ unzip
Archive ⇒ zip

AlchemySDKのインストール

次にAlchemySDKのダウンロードとセットアップ。

まずはAlchemySDKをダウンロードしてきます。

Download the Alchemy Toolkit for Cygwin on Windows (ZIP, 37.2 MB)

次にセットアップ

cygwinを起動し以下のコマンドを書きます。

$ unzip alchemy_sdk_darwin_p1_111708.zip -d AlchemySDK //解凍はWindows上でしといてもOK
$ cd AlchemySDK
$ ./config
$ source alchemy-setup
$ alc-on //逆はalc-off

Alchemyの使い方

とりあえずサンプルが用意されているのでそれを使用します。

コンパイル

$ gcc HelloFlash.c

実行

./a.exe

swcの作り方

gcc stringecho.c -Wall -swc -o stringecho.swc

stringecho.swcが作成されるのでここからは通常通りにFlexから使用できます。

以下のように配置すれば認識してくれます。

f:id:haru-komugi:20081119003729j:image

ソースはこんな感じ

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<mx:Application xmlns:mx="http://www.adobe.com/2006/mxml" layout="absolute"
     creationComplete="alchemyTest1()"
    >
<mx:Script>
<![CDATA[
import flash.display.Sprite;
import cmodule.stringecho.CLibInit;
public function alchemyTest1():void{
    var loader:CLibInit = new CLibInit;
    var lib:Object = loader.init();
    myText.text =lib.echo("foo");
}
]]>
</mx:Script>
<mx:Text id="myText"/>
</mx:Application>

来年はc/c++とpixel benderですなー。

スパム対策のためのダミーです。もし見えても何も入力しないでください
ゲスト


画像認証

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/haru-komugi/20081119/1227022725