haru’s essay

2017-10-06

10月6日金

06:58

ノーベル文学賞の受賞が決まった!

日本生まれのイギリス人作家、カズオ・イシグロ氏です。

村上春樹さんからも学ばせてもらったと、村上氏の事も賞賛もされていました。

日本人のDNAを十分に感じさせる、イギリス育ちの作家に、

日本人としてとてもうれしい・・・。

日の名残りイギリスブッカー賞

わたしを離さないで綾瀬遥のドラマ化などの本があるみたい。

朝のニュースキャスター辛坊さん曰くわかりやすく読みやすい感じの本だそうだ。

ぜひ読んでみたいと思った。

日本人として、やはり、嬉しいです。

英語で文章を書けるということは、海外にも広く読んでもらえるという事で

羨ましいなぁ・・と思います。

さて、日本は読書の秋も深くなり・・・

NHK長野・撮るしん http://www.nhk.or.jp/shinshu-blog/

f:id:haru-leo:20171006065015j:image

↑八方尾根八方池・池の濃いブルーが美しいこんな色の着物が欲しい・・・

f:id:haru-leo:20171006065030j:image

中央アルプス 濃ヶ池・・・燃えるような秋です・・・。

昨日、俳句の友人から栗の渋皮煮の手作りをいただいた・・・

句会の時は手作りのお菓子をいつも差し入れてくれる。

大きな栗の渋皮も見事に残し、おいしそうである・・・

秋を十分に感じました。入れ物もかわいく・・・

センスがある・・・

f:id:haru-leo:20171005182038j:image

その方の俳句も自然の植物の句が多く素敵だ・・・

先日の俳句会では、面白い句があった。

「前世は今の我なり・・・」という風な句だった・・・

そうだなぁ・・・前世はきっと今の私なんだと思うと・・・

懐かしいような、今を謳歌して生きないと、

前世の私が可哀想な気がした・・・。

前世に感謝しつつ・・・今を大切に生きたいそして・・・

生まれ変わって、死ねない地獄?を新しく楽しく生きたいとも・・・

また、コンビニの本が最近でているのだけど、

指名される・・・」というHow to本があり、

その本が、若い女の子が書いているのだが、

すごく、驚いた・・・

今の若い人のドライな感覚と賢さとしたたかさ・・・

人間の精神も進化しているのだとも感じる・・・。

人の好き嫌いで生きていると躓くと・・・

ビジネスライクというとマイナスイメージだが・・・

本来、人は好き嫌いで生きるべきではない、何かが存在するという

潜在的な意識を感じた・・・・。

ビジネスの成功は、人の話をよく聞く、人の望むことを読みとり実践、

自分の目的がはっきりしっかり持てているなら

何事もマイナスもプラスに考えていくポジティブさに変えられると

気がつかされる内容であった。

この秋、本って面白い・・・

さて、秋は旅の季節でもある・・・

そろそろ私も旅に出ます・・・

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/haru-leo/20171006/1507240722