haru’s essay

2017-10-09

10月9日月

19:41

体育の日もあって日本は3連休・・・・

大阪は祭りも多く・・・鳳の方はだんじりも・・・

今日は旅行の用意の買い物へ・・・

旅行前の寺社仏閣へお参り・・・墓参り・・・

日本橋恵比寿様へお参り、墓参り・・・

f:id:haru-leo:20171009125805j:image

住吉大社もお祭りでした・・・

黒門市場は朝から大賑わい!

f:id:haru-leo:20171009114240j:image

ついでに、黒門市場へ・・・

昔は、「歳の市」という感じで、お正月の魚の買い出しにきたものだ・・・

が・・・今は・・・・

日本の「ニュートンサーカス中国台湾韓国人の屋台となっている。

新鮮な魚介を焼いている。ふぐの店も増えた・・・・

立ち食いがふつうになっている。新鮮な魚介の焼くにおい、肉のにおい・・・

f:id:haru-leo:20171009114253j:image

↑おいしそうだった・・・・今はカニがおいしそうだった!!

いまや・・・物価の高いシンガポールに対抗できる大阪

大阪の方が人件費は今や安いし、GNPシンガポールに負けている日本。

シンガポールに対抗すべく・・・・昔のシンガポールを目指しては?

デューティーフリの大阪国となって・・・経済を巻き返してはいかがとも・・・

商売は、中国台湾人は漢字の筆談ができるそうだが、

お店の人も今や英語が必須だと言っていました。

黒門市場から国際化しそうな感じ、日本人も臆せず英語で商売の日が近い。

この際、大阪から英語、中国語韓国語などの無国籍商売都市にしてはどうか

シンガポールもかつて外国人がブランド品が安く買えると外国人が立ち寄った。

ふと・・・久しぶりに黒門市場へ行って思ったのであった。

ペッパー君が靴下屋中国語を話てた。

f:id:haru-leo:20171009114230j:image

大阪も外国人が増えて・・・国際化しているよう・・・

オリエンタルな大阪になる日も近いかも・・・

懐かしの黒門市場はいつもお祭り気分が味わえそうな地に変貌しています・・

帰りは「千日前」を通り、難波へ、ふと、「よしも新喜劇」の前を通ると、

NHKの朝ドラわろてんか」を思い出したのでした・・・