haru’s essay

2018-06-14

6月14日木

06:02

レバラン休みで夫が帰ってきました。

夫の里の山口県へ行って参りました。

当日は土砂降りでしたが、午後より晴れて

瀬戸内海の島々がとても美しい海でした!!

f:id:haru-leo:20180611190824j:image

夕刻の海に夕日の道が美しく輝き・・・

f:id:haru-leo:20180612081755j:image

露天風呂からの景色と風と鳶と燕飛び交う入江は圧巻!

f:id:haru-leo:20180614054636j:image

農繁期なので露天風呂も空いており独り占めでした・・・

夫の母の里の池の浦付近は・・・

寂れて、限界集落のような風情になってきましたが・・・

海や島はとても美しく・・・

かつては港で栄えていたであろう

室津半島の↓「四階楼」は文明開化の地方への普及がみられる歴史的建造物

http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/177212

小方謙九朗1879年に建造。(庄屋の温品良左衛門の二男25歳の時に小方家の養子になり幕末高杉晋作騎兵隊に入隊した人物)

彼の実子は長岡外史↓といい、民間航空・スキーを紹介した偉人だそうです。

f:id:haru-leo:20180616102152j:image

先見の明がある人だったのですね。

この近く、源平合戦のあった海があります。

夫の里近くの笠戸島の海はとても美しい風景でありました・・・。

海の幸はとても美味しく・・・ヒラメのお造りも美味しかったです。