haru’s essay

2018-07-28

7月28日 土

09:07

台風が接近している関西は・・・

2度ほど気温がさがってるものの・・・

暑いです・・・。曇っているので太陽の日差し分温度が下がっているのでしょう。

今晩あたり・・・台風の影響があるのでしょうか・・・

f:id:haru-leo:20180718084934j:image

昔は、シジミチョウは沢山いて見向きもしなかった蝶ですが・・・

今頃はあまり見なくなって・・・

この可憐さに・・・・懐かしくてシャッターを切りました・・・。

そういえば・・・川の小さなメダカもフナも見なくなり・・・

寂しいです。あの頃は自然が繊細だったのでしょうね・・・

さて・・・蝉時雨が盛んです・・・。

ですが・・・たくさんひっくり返って死んでいる蝉も多く・・・・

暑さでやられているのか・・・寿命なのか・・・どちらなのでしょう・・・

蝉も長年地中いいたのに・・・・

地上で成虫になっても・・・灼熱地獄で・・・

可哀想な現代です・・・。どちらも地獄?地中の方が天国だったのでしょうか。

さて・・・

昨日は、テレビで

バケモノの子」のアニメを見ました・・・。

いい年をしているのですが・・・

あのキャラクターが好みでなくて・・・・

面白くなかったらチャンネルを変えようと思っていましたが・・・

ボロボロと今年一番に泣けた映画となりました・・・

細田守監督の「おおかみこどもの雨と雪」もテレビで見て良かったのですが、

この、「バケモノの子」はもっと良かったです。

英語バージョンもあるみたいで・・・

世界の人に観てもらいたいと思いました。

次の世にあの「心の剣」を持って生きて行くことが

生きていく糧にもなり、勇気にもなり・・・武器となり・・・

「心の剣」を赤い鉄のように常に打っていなければ・・・と感動しました。

生きているうちにたくさんの師匠に出会います。親や上司、師匠・・・・

「直心是道場」ではありませんが・・・

心を磨く素直な場所こそ、己の心が道場という・・・

ことをフト思う映画でした。

成長する時はとても苦しいですが、

その苦しみがいつか自信となっていくのでしょうね・・・。

苦しむ事は時には大事です。

いい映画を観ました・・・。

あの・・・

バケモノの子で熊徹の声優は、役所広司(やくしょ・こうじ)さんでした・・・。

熊徹さんの声もすっごく良くて引き込まれまして・・・・(^^♪

映画『未来のミライ』も面白そうですね・・・。

監督は山下達郎さんのファンとか・・・。挿入歌も楽しみ、で私もファン

カンヌ映画祭でも上映されたとか・・・楽しみです。