haru’s essay

2018-09-27

9月27日

07:31

中秋の名月も終わりました・・・

綺麗なお月様も関西は曇りがちで見えませんでした。

長野撮るしんhttps://www.nhk.or.jp/shinshu-blog/

f:id:haru-leo:20180927072333j:image

松本城

友達奈良慈光院で恒例の茶会だったようです。

夜な夜な綺麗な月見とともに茶会とは風流ですね・・・

今年も、もう秋です・・・。

あっという間に年末に早変わり・・・

秋まつり・・・

秋のイベント・・・・

文化の日・・・・

年末へと・・・・

はてさて・・・・

私も50代・・・母は80代へと近くなり

そろそろ親の身が気になる年となりました。

いつまでも元気ではなく、年老いていく姿に少し寂しくもあり・・・

そろそろ・・・私も親も節目なのだと自覚する出来事がありました。

親もいつまでも元気ではないので、気をつけてあげなければいけない年に・・・

気が付いた時には遅いので、日ごろから声をかけてあげましょう・・・。

お医者様からいろいろとお薬をもらって飲んでいるようですが・・・

なにか薬漬けにされているようで・・・気になりました。

6月頃から飲み始めた高血圧の薬から少しずつ弱ってきたような気がします。

これって必要なのでしょうか・・・。異変に気付いて8月。

せめて、漢方薬に変えてあげたい気持ちになりました。化学薬品は怖い。

糖質をカットし、タンパク質を多くとり、酢やショウガ発酵食品などを取り入れ

食から改善していうと、私も再認識しながら、

食べ物は薬だと思って改善していこうと思いました。

また、血液を循環させる力に歩く事も強化していこうと思っています。

自然な味、食物にすると最近は甘い塩辛いに敏感になってきました。

高血圧には杜仲茶、柿の葉茶、どくだみ草茶も良いそうですね。

今から3か月後の細胞が入れ替わる頃には少しは健康をとり戻すだろうか・・・

私は、自然に任せて、薬臭くなく死にたいものです・・・。

と・・・しみじみと思うこの頃です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/haru-leo/20180927/1538001086