Hatena::ブログ(Diary)

はるかさん@はてなダイアリー

2011-05-23

はるかさん.jpをつくりました。

04:17 |

これまで、はてなダイアリーを放置してきましたが、このたびはるかさん.jpをつくりました。このサイトの更新間隔はさらに広がると思います。

これからもはるかさん、および、はるかさん.jpをよろしくお願いします。

2010-06-13

Mac OS XにPython、NumPy、SciPy、easy_install、iPython、matplotlibを(できるだけMacPortsを使って)インストールする

| 02:50 |

前回の方法でPython自体はちゃんと動いたんですが、自分でビルドしたパッケージがうまく動かない問題に直面しました。なのでPythonバイナリ版ではなく、MacPortsを使ってインストールすることに。


以下備忘録です。

1. Pythonインストール

インストールしてpython_selectを実行すると自動的にリンクを張ってくれます。

sudo port install python +universal +tkinter
sudo port install python_select
sudo python_select python26

2. NumPyをインストール

no_gcc43をつけないとエラーがでてインストールできません。

gcc44をビルドするのにすごく時間がかかります。

sudo port install py26-numpy +universal +no_gcc43

3. SciPyをインストール

sudo port install py26-numpy +universal +gcc44

4. iPythonなどをインストール

easy_installは/opt/local/bin/easy_install-2.6にインストールされてるとおもいます。

はいっていなければpy26-distributeをインストールすれば使えます。

sudo ln -s /opt/local/bin/easy_install-2.6 /opt/local/bin/easy_install
which easy_install 
=> /opt/local/bin/easy_install

sudo easy_install nose

sudo easy_install ipython
sudo ln -s /opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.6/bin/ipython /opt/local/bin/ipython
sudo ln -s /opt/local/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.6/bin/ipythonx /opt/local/bin/ipythonx

5.matplotlibをインストール

sudo port install pkgconfig

svn co  https://matplotlib.svn.sourceforge.net/svnroot/matplotlib/trunk/matplotlib
cd matplotlib
export PKG_CONFIG_PATH=/usr/X11/lib/pkgconfig
python setup.py build
sudo python setup.py install

# 忘れず設定ファイルをコピー
mkdir ~/.matplotlib
cp matplotlibrc.template ~/.matplotlib/matplotlibrc
vim ~/.matplotlib/matplotlibrc # Backend : MacOSX に書きかえ。

2010-06-12

Pythonがうまくいかない

| 22:10 |

このまえ書いたやり方でmatplotlibはうまく動いたんですが、

どうにもMacPythonだと動かないパッケージがあるので、macportsからインストールしてみることにします。

やりかたは下記記事を参照する。たぶん。

2010-06-08

Mac OS XにPython、NumPy、SciPy、easy_install、wxPython、iPython、matplotlibをインストールする

| 00:06 |

結局MacPortsを使ってインストールしなおしました。

なんかもう1回くらいおなじことしないといけない気がするので、忘備録です。

途中メモをとるのをさぼっていたので間違っている可能性があります。

非常に面倒だったので、素直にMacPortsとかでインストールしたほうが良いかもしれません。

でもこうすることで、X11じゃなくてネイティブなGUIを使えます。でも、滅多にGUIなんて使いません。

そもそも、数値計算でもしない限りこういうパッケージは必要ないと思います。

1. MacPythonをインストール

Macに標準でついてくるPythonとは別にPythonインストールします。

うまくやれば、MacPythonにもSciPyとかインストールできるかもしれませんが、あきらめました。

なので、以下からダウンロードします。

dmgファイルなので簡単インストールです。

終ったら、PATHを通しておきます。

# .zshenv or .profile
export PATH = /usr/local/bin:$PATH

2. NumPyをインストール

さきに、fftwをMacPortsインストールしておきます。

sudo port install fftw-3

あとは簡単です。

3. SciPyをインストール

dmgファイルから簡単インストールです。

4. easy_installをインストール

mv setuptools-0.6c11-py2.6.egg.sh setuptools-0.6c11-py2.6.egg 
sudo sh setuptools-0.6c11-py2.6.egg

cd /usr/local/bin
sudo ln -s /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.6/bin/easy_install ./easy_install
sudo ln -s /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.6/bin/easy_install-2.6 ./easy_install-2.6

5. 必要そうなパッケージをインストール

おこのみで。

easy_install nose # これないとnumpy.testが動きません。

6. wxPythonインストール

dmgファイルから(ry

7. ipythonをインストール

easy_install ipython

cd /usr/local/bin
sudo ln -s /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.6/bin/ipython ./ipython
sudo ln -s /Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.6/bin/ipythonx ./ipythonx

8. matplotlibをインストール

svn co  https://matplotlib.svn.sourceforge.net/svnroot/matplotlib/trunk/matplotlib
sudo port install pkgconfig
cd matplotlib
export PKG_CONFIG_PATH=/usr/X11/lib/pkgconfig
python setup.py build
sudo PKG_CONFIG_PATH=/usr/X11/lib/pkgconfig python setup.py install
easy_install pytz

# 忘れず設定ファイルをコピー
mkdir ~/.matplotlib
cp matplotlibrc.template ~/.matplotlib/matplotlibrc
vim ~/.matplotlib/matplotlibrc # Backend : MacOSX に書きかえ。

2009-11-10

Twitter九州忘年会'09の幹事がすこし疑問に答えてみる

| 11:44 |

Twitter九州忘年会'09の幹事をすることになりました。参加したい皆さんは是非公式ページから参加登録してください。このごろこういうノリで幹事とかになること多い気がします。

さて、参加したいけど、どうなのだろう、と迷ってる人もたくさん居るだろうから、Twitter九州忘年会がどんなかんじなのか、自分がわかる範囲で、疑問に答えてみようと思います。

Twitter忘年会ってそもそもなに?

Twitter忘年会というのは関東は東京、関西は大阪、そして九州福岡で1年か2年前くらいから始まったイベントです。なにするかっていうとみんなで集まってわいわい話したり、ご飯を食べたり、お酒を飲んだり、ジュースを飲んだりします。

オフ会初めてだけど大丈夫かな?

はじめてのオフ会は不安でしょう。うちも不安だったし。知らない人と会うわけだし、日常生活ではなかなか知り合えない人と会うのです。「いつもTwitterで会話してるけど、本当はどう思われてるのかな……」とか「あの人、Twitterだとあんなことばっかり書いてるけど、大丈夫かな……」と不安になることもあるかもしれません。

大丈夫、みんな良い人ばかりです、といっても説得力ないな。みんな同じことを考えてると思いますw。自分も会ったことない人がたくさんいるし、気楽に考えてて大丈夫、とりあえず参加してみるのが一番です。

どんなことはなすの?

おいしいお店のこととか、興味ある話題だったらなんでも。普段何してるの、とかネット上では聞けないこともいろいろ聞くことができます。自分よりいろんなことに詳しい人がたくさんいるので、いろいろおもしろい話が聞けるでしょう。

平均年齢ってどのくらいなの?

20代後半から30代の人が多いイメージかな?20代から30代までの人たちが中心ですが、いつも会わない年代の人と会って話をするも良いかもしれません。

4,500円って高くない?

ごめんなさい、ちょっと高いとおもいます。今回、皆さんにお楽しみ頂けるように時間を3時間に設定しています。さらに30分前からはお店の中に入れるようにしていますので、皆さんには快適にお過ごしいただけると思います。お店もとても素敵なところです。

さらにさらに、ちょっとしたイベントとか皆さんが楽しく交流できるように、幹事会でいろいろと準備をしています。

もろもろ含めると料金が4,500円になってしまったわけです。もちろん、けちるところはけちってますし、皆さんから頂いたお金は最大限皆さんに還元できるように、「4,500円は高かったな」と後で感じられないよう最大限に努力しています。ちゃんと何にお金を使ったのかは公表しますのでご心配なく。

ほかになんか言っておくことある?
  • できるだけたくさん来てください
    • たくさんの人と、会ったことない人と交流ができると良いと思っています。遠慮無くご参加ください。たくさん人数が居た方が運営としても助かりますw
  • 幹事会の人たちについて
    • 今回、幹事になってください!ってTwitterで発言したら4名の方が名乗りを上げてくれました。かるーくご紹介しておきたいと思います。
      • @mariage: 今回の主役みたいなひとですw。お店選びとかお店の予約交渉だとか、景品選びだとかいろいろとがんばってくださっています。
      • @HiStudio: ロゴデザインだとか、忘年会全体のデザインを担当してくださっています。
      • @no__land: たった一日で素敵なWebページを作ってくださいました。
      • @harukasan: えーと、自分です。今回の忘年会してくださいって言ってみたり、あれしてください、これしてください、とか言ったりしています。あとは必要なものを揃えたりする雑務全般をやったりしています。皆さん優秀な方々でとっても助かってます。
      • あとこれから手伝っていただく予定の方々です。

さてさて、ここまで長々と書きましたが、できるだけたくさんの人とお会いしたいし、皆さんと忘年会でお会いできるのを楽しみにしています。是非是非よろしくお願いします。