Prosaic notes 別館 RSSフィード

Web日記Prosaic notesの別館。日記よりはネタ寄り、特殊更新用。
「鬼うた。」応援キャンペーン開催中!
 | 

2009-11-29 スパイカ

てわけでNOG先生に連れて行ってもらって、スパイクとチュンソフトの新作発表会に行ってきました。

http://news.dengeki.com/elem/000/000/216/216643/

しかし大きく寝過ごしてNOG先生には大変なご迷惑を……どうもすいません。

内容は、喧嘩番長の新しいのの紹介。これの途中から入場しました。なんかアイドル?みたいな人がステージに乗ってた。誰かは知らん。

次に、風来のシレン4の紹介。中村光一がトーク。やはり伝説の人だけに一度は見ておかねばなるまい、と思ったが、プレゼンやトークが面白いということもなく、別にフツーの人だった。当たり前だけど(でも任天堂の岩田さんとかは雰囲気あるわけだし……)。このあたりから、司会進行の女性と、出演者とのトークのかみ合わなさが気になってくる。ニコニコの実況プレイで有名らしい人が実況プレイして紹介していた。どうかと思う。実況プレイ動画をうpするというのはブラックに近いグレーだと思うので、おおっぴらなところでやらないで欲しいし、メーカ側も積極的に活用しないで欲しい。

続いて、セイクリッド2のムービーをみて、極限脱出999の紹介。で、プロデューサ、打越、ノベライザの人が登場。打越といえばEver17のひと。これも普通のおじさんだった。なんかあんまり紹介として機能していない。まあ、ネタばれ出来ないから仕方ないね。

そして、WiiなのにCERO Z指定の、MADWORLDというゲームの紹介。なんかアイドル?の女性がえろくさい衣装を着て登場してた。開発者の人と、そのアイドルの人でトーク。アイドルの人が実際プレイして見せてた。なんとなくモノクロな世界で、ばりばり人を殺したりするゲーム。面白そうだが、アクション難しそうだし、Wiiだから疲れそうだ。

その後、体験プレイが出来たので、近くにあった風来のシレン4をやる。10分だったが、それなりに雰囲気はわかった。まあ、いつものとおりで、いつもの風来のシレンだと思う。実は榛名さんは1〜3まで全部やっているのだった。MADWORLDもやりたかったが、18歳未満禁止ということもあってか、早々と打ち切りになってしまっていた。残念。

----

そんで、六本木だったので、ちょい回り道をして、加藤君に頼まれていた東京タワーのご当地ボールペンを買う。それから、蒲田に移動してドイツ料理を満喫。最後にふくろうでアブサンとモルトを呑んで締め。アブサンを初めて飲んだわけだが、これがうまい・なるほど中毒になって生産が禁じられるわけだ(今は製法が変わって合法になった)。また呑んでみよう。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/haruna/20091129
 |