Hatena::ブログ(Diary)

はるのブログ Twitter

2012-09-30 転職のご挨拶

転職のご挨拶

f:id:haruyuki0405:20120930180920j:image

2012年10月1日より、新しい会社で働くことになりました。

前職では会社の急成長期に関わる中で、修羅場も含めた様々な経験をさせて頂き感謝しています

そしてたくさんのご縁に恵まれました。

退職に際しては同僚のみなさんを驚かせたにも関わらず多くの応援の言葉を頂き、

少なから組織に良い関わりができたのではと実感するとともに、身が引き締まる思いです。

転職に関しては大いに悩みましたが、よりチャレンジングな環境ステップアップするために

必要な選択だったと考えています。

これまで以上の責任プレッシャーの中、明日から新しい会社に勤務しますが、

これまで支えてくださったみなさんのご縁を大切に、またご期待にはずかしくないよう

精進していく所存です。

今回、送別会お話を頂いたにも関わらず、一部の方には9月中に都合をつけることができず

申し訳ありませんでした。10月以降にご一緒できれば幸いです。

2012-08-04

写真家たちの日本紀行 長倉氏@対馬

長倉洋海(ながくらひろみ)さん。ドキュメンタリー写真家。

舞台は対馬。

人との自然な関わりから生き生きとした日常を切り取る姿に、さすが!と感じた。

関わりの中で自然に入りこむからいい写真が撮れるのか、写真を撮るからこそ自然に入りこんでいけるのか。

そんなことを感じました。

2012-07-16

グループ展、ギャラリー大作戦4終了

f:id:haruyuki0405:20120717004122j:image

自分の中では右脳をフル活用する珍しい機会が、創作活動で、そのイベントがギャラリー大作戦。かれこれいろんなシリーズ含めて通算四回目のグループ展でした。今回新しく参加された方は、賞の受賞者や仕事でやってる方もいてとてもハイレベル。でもみなさん気さくで、創作活動の参考になる話をたくさんさせて頂きました。

f:id:haruyuki0405:20120717004243j:image

山岳女装家という意味不明なおじさんをモチーフにしました。

今回の自分の展示の主旨は、来てくれたお客さんと一体になって何か作り上げること。

山岳女装家との記念撮影コーナーはそのシンボル存在で、インターネットには個人情報関係で載せられない素敵な写真をたくさん撮らせて頂きました。

f:id:haruyuki0405:20120717004808j:image

平たく言えば『ウケたい』という自分勝手な願望にみなさんにお付き合い頂き、とても楽しく充実した時間を過ごさせて頂きました。

色々仕切ってくれたO君、Aちゃん本当にありがとう

今度は二月ごろに、笑いなしのガチなグループ展(初めてのオール写真展示)を予定しています。粘土キャラ頼みではなく、写真の表現力で勝負できるようしばし修行です。

f:id:haruyuki0405:20120717005239j:image

2012-06-27 さよならレバ刺し、ありがとうレバ刺し

f:id:haruyuki0405:20120627183006j:image

2012年7月からレバ刺し提供が全面禁止になる。

今日は、禁止前の駆け込みで近所の焼き肉店に行き、人生最後になるかも知れないレバ刺しを食べた。

例の食中毒事件以来、それまでレバ刺しを出していた店でも取り扱いがなくなり、思えば久しぶりに口にした。

食べる前に「確かこんな味だよなー」なんて思い出していたが、それを上回るうまさで嬉しくなった。

レバ刺しとの出会いは、第二の故郷新橋」のガード下周辺だと思う。新橋は新卒入社した会社がある街だ。

当時大変お世話になっていた先輩とよく飲みにいったが、そのときに初めて食べた。

焼いたレバーのパサパサ感からは想像もつかない舌触り、甘み、とろみ。

こんなうまいものがあったのか!と感激し、そのうち一人一皿ずつオーダーすることが定番となるほどだった。

「自宅では食べられない一品」の代表格でもあった。

一つの事件をきっかけに世の中はどんどん不便に、さみしいものになる。

たった0.01%のミスや悪意の再発防止のために、残り99.99%を非効率で味気ないものにしてしまう。

そこに新たなチャンスが生まれる事もあるが、大半の人にとってはマイナスの影響の方が大きいはずだ。

守りに偏り過ぎることが、知らず知らず別のリスクにつながっている。

どっかの組織のようだ。

社会人になると同時に出会ったレバ刺しは、自分に取って大人の仲間入りをしたあの頃を思い出す食べ物だ。

レバ刺しを口にする時間は、社会人としての初心に返る時間だったのかもしれない。

将来、禁止以外の免許制等の手段を始めることで、また流通してくれることを祈りたい。

しばらく食べられなくなる事実は受け入れるしかないから、これまでたくさん楽しませてくれたレバ刺しに

ありがとうを言って、しばしのお別れとしたい。

2012-06-23

06/22のツイッター

2012-06-21

06/20ツイッター

2012-06-20

06/19のツイッター

2012-06-19

06/18のツイッター

2012-06-17

06/16のツイッター

2012-06-16

06/15のツイッター

2012-06-13

06/12ツイッター

2012-06-12

2012-06-11

2012-06-09

06/08のツイッター

2012-06-08

06/07のツイッター

2012-06-05

06/04のツイッター

2012-05-27

大山登山2012.5.26

神奈川県伊勢原市にある大山へ登ってきました。

標高は1252m、丹沢の山々の中でも都心からアクセスが良く、初心者でも登りやすい山ではないでしょうか。

少しガスっていたので眺望はそれほど良くなかったですが、新緑の中を汗をかきかき歩いて最高のリフレッシュになりました。

今回はケーブルカー阿夫利神社まで上がり、そこからの登山です。

いきなりの急階段で出鼻をくじかれます。早くもダウン寸前の山ガールもいました。

f:id:haruyuki0405:20120526100141j:image:w640

新緑の中を突き進みます。勾配の急な登りが続きますが、マイナスイオンが気持ちよい。

f:id:haruyuki0405:20120526102209j:image:w640

f:id:haruyuki0405:20120526095355j:image:w640

f:id:haruyuki0405:20120526103428j:image:w320

f:id:haruyuki0405:20120526135933j:image:w320

f:id:haruyuki0405:20120526103134j:image:w640

野生の鹿!3m先まで来ました。人間に慣れていますね。

f:id:haruyuki0405:20120526113630j:image:w640

山頂からの景色は少しガスってました。

f:id:haruyuki0405:20120526121448j:image:w640

コケやその他の植物にも目が止まります。

f:id:haruyuki0405:20120526135035j:image:w640

f:id:haruyuki0405:20120526135338j:image:w640

締めくくりはおでんと冷や奴とビール

おでん5本盛り頼んだんだけど、こんにゃく3本とちくは2本。

種類偏り過ぎだろ!w

f:id:haruyuki0405:20120526141736j:image:w640

アクセスもよく手頃な山でした。

今度はヤビツ峠、秦野方面から丹沢の山を登ってみたいです。

2012-05-26

05/25のツイッター

2012-05-10

05/09のツイッター

2012-05-07

05/06のツイッター

2012-05-06

05/05のツイッター

2012-05-05

05/04のツイッター

2012-05-04

05/03のツイッター

2012-05-03

05/02のツイッター

2012-05-02

05/01のツイッター

2012-04-30

04/29のツイッター

2012-04-29

陣馬山へ靴ならし

f:id:haruyuki0405:20120429210232j:image

新しく買った靴の靴ならしのつもりで登った陣馬山。高尾山から縦走もできる低山で家族連れも多く気軽な気持ちでいきました。

f:id:haruyuki0405:20120429210423j:image

が、想像以上の暑さと勾配、帰りはアスファルトの車道が続きへとへとでしたw

f:id:haruyuki0405:20120429210542j:image

f:id:haruyuki0405:20120429210635j:image

f:id:haruyuki0405:20120429210656j:image

日頃のストレスを汗と共に洗い流し、なおかつ自然マイナスイオンをたくさん吸い込んできました。

f:id:haruyuki0405:20120429210822j:image

f:id:haruyuki0405:20120429210858j:image

f:id:haruyuki0405:20120429210923j:image

f:id:haruyuki0405:20120429211021j:image

f:id:haruyuki0405:20120429211138j:image

この山は山頂が360度パノラマなのが特徴です。茶屋も何軒かあり、高尾山よりも広々しています。

f:id:haruyuki0405:20120429211320j:image

f:id:haruyuki0405:20120429211345j:image

f:id:haruyuki0405:20120430173151j:image

靴ならしという目的は果たされました。

日帰り登山で、高尾山では物足りない人におすすめです。ただし、バス必須なので高尾山よりもアクセスは不便なのでご注意を。

04/28ツイッター

2012-04-28

04/27のツイッター

2012-04-26

04/25のツイッター

2012-04-25

04/24のツイッター